ビット・リテラシー

bit literacy


情報リテラシー、インターネット・リテラシー、テクノロジー・リテラシー、メディア・リテラシーなど、それぞれの能力を高めるために使われてきた言葉が有機的に合体し、デジタル生態系として動き出したビット社会に対応できる能力として生まれた言葉。日本では渋谷を起点に日本のシリコンバレーとして、ビット・リテラシーを高めるためのBit Valley構想が持ち上がっている。ただし、すでにNTTやApple社、AOL(America OnLine/アメリカ・オンライン)、Microsoft社などが集まっている京王帝都線の初台から笹塚などを含んだ地域を日本のシリコンバレーと呼ぶこともあり、渋谷を中心とした地域をBit Valleyとして構築し、明治通りと山手通りをパイプラインに、サイバー社会とリアル社会、オンラインとオフライン、大手企業とベンチャー、SOHOまでを飲み込んだ世界を有機的に融合するBig Valleyになりそうである。また、システム・リテラシーとしてURL(http://www.MicrocomputerTrainer.com)などもある。また、ニューヨークで開催されている2002 Biennial Exhibitionで、Josh on & Futurefarmersが、コンピュータとインターネットを利用してPepsi、Coca-Cola、Microsoftなど米国主要各企業の周囲にはそれぞれの経営陣が並ぶ。各経営者が持つ書類ケースをクリックすると、Googleなどを使って経歴や寄付など様々な情報を検索できる力関係を表現した「They Rule」という作品を公開した。詳細情報はURL(http://www.theyrule.net)で知ることができる。2002年3月7/8日にドイツのベルリンで、21世紀を生きるためのリテラシー会議(Defining 21st Century Summit)が開催され、「Defining 21st Century Literacy(何が21世紀を生きるためのリテラシーとして必要か?)ホワイトペーパー」が採択された。ガールスカウトは、「女の子がどのようにインターネットを使ったら便利か?」の情報や、「みんなはどのように利用しているかの調査報告」をちょっとファンキーなPDFで提供しているGirls and the Internetが公開されている。詳細情報はURL(http://www.girlscouts.org/about/PDFs/NetEffects.pdf)で知ることができる。デジタル化されたデータは劣化することなく、無限に広がっていく可能性があることから、デジタル化されたビット・データが放射状に拡散して情報が伝達していく様子「ビット・レディエーション」という言葉も生まれたが、現実的には、数千年前の石碑が現在も読め、世界最初のグーテンベルグが紙に印刷した本を読むことができるにも係わらず、たった30年前に起こったベトナム戦争当時のデジタル・データが読み出せないなど、情報管理の方法が問題になり始めている。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2002年6月17日に、NARA(米国国立公文書館)などにおける貴重な電子コードをはじめとする、デジタル・データの管理について「Information Management: Challenges in Managing and Preserving Electronic Records. GAO-02-586, June 17.」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-02-586)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office)は2002年5月24日の米国内におけるエレクトリックシティ・マーケット動向情報調査報告書「Restructured Electricity Markets: Three States' Experiences in Adding Generating Capacity. GAO-02-427, May 24.」を2002年6月25日に公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-02-427)で知ることができる。ABC Newsが2003年9月15日に、ベネズエラの大統領Hugo Chavezがテレビやラジオを2時間確保してリテラシーを高めるためのキャンペーン番組を提供すると報道した。詳細情報はURL(http://abcnews.go.com/wire/World/ap20030915_1897.html)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2002年11月14日に、情報の安全管理とその必要性を訴えたレポート「Information Security: Improvements Needed in Treasury's Security Management Program. GAO-04-77」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-77)で知ることができる。米国のサンタクララで2004年6月24 25日に、ブログ(Weblogs)、Wi-Fiなどの登場により、社会や技術進歩の変化に伴うメディアおよびコミュニケーションの増加と流動性に注目して、Lawrence Lessig、Esther Dyson、Doc Searlsを招いてコミュニケーション、メディアおよびソフトウェアの権力と分散について話し合う「Supernova 2004」が開催されることになった。詳細情報はURL(http://pulver.com/supernova/index.html)で知ることができる。経済産業省は2004年11月23日に、卸売業と小売業の加工食品、日用品分野における取り引きを対象に検討してきた、インターネットに対応した流通システムの次世代標準に関する方式による電子商取引を支援するシステムを開発し、イオン、菱食、花王販売、カゴメ等、8社の協力を得て実証実験を実施していることを報告した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/press/0005834/index.html)で知ることができる。ALA/ACRL/STS特別委員会は2005年5月に、科学技術のための情報リテラシースタンダードとして「Information Literacy Standards for Science and Technology (DRAFT)」を公開した。詳細情報はURL(http://www.ala.org/ala/acrl/acrlstandards/infolitscitech.htm)で知ることができる。米国のNCES(National Center for Education Statistics)は2005年12月15日に、1992年と2003年を比較した、大人の読み書きリテラシー調査レポート「A First Look at the literacy of America's Adults」を公開した。詳細情報はURL(http://nces.ed.gov/naal/PDF/2006470_WebDoc.pdf)で知ることができる。International Herald Tribuneは2006年2月21日に、Pew Charitable Trustsによる研究「Truly A World Wide Web: Globe Going Digital」から、コンピュータの購入価格と、もっとも安いブロードバンド環境、いくつかで減税で武装していたオランダの住居者が、世界のパソコンとインターネット・リテラシーを先導していると報告した。17カ国の1万7766人を調査した結果、オランダ人の居住者の82%は家庭、または仕事でパソコンを使用してした。そして、72%はインターネットを使用していた。カナダでは、71%が家庭、または仕事でパソコンを使用し、79%はインターネットを使用していた。米国は76が家庭、または仕事でパソコンを使用し、 70%はインターネットを使用していた。専門家はオランダのパソコンとインターネットの使用は事実上、1997年から2004年8月まで実施された40%のオランダ・パソコン減税が生活費を落としても購入した結果と考えた。また、装置がビジネスに使用されるなら、オランダの労働者は税込みのユーロで家庭用パソコンを買うことができたと報告している。詳細情報はURL(http://unu-merit.nl/i&tweekly/ref.php?nid=2527)または、URL(http://www.pewtrusts.com/news/news_subpage.cfm?content_item_id=3257&content_type_id=7&page=nr1)で知ることができる。Multichannel Newsは2006年12月11日に、カリフォルニアの将来のテレコミュニケーション方針を決定する知事のアーノルド・シュワルツェネッガー (Arnold Schwarzenegger)州知事によって指定された特別委員会の一部として、21人の産業リーダーの中にVerizon Communications社、AT&T、Cox Communications社の幹部が参加し、シュワルツェネッガー州知事による知事命令に従うことになったと報告した。カリフォルニアの全通信事業者を特別委員会に取り込み、逆らうことをできなくしてシュワルツェネッガー州知事が命令した内容に従う環境を構築したと言うことになる。
1) 光ファイバー・インストールを調整するために、私設のブロードバンド会社を州のトラフィック代理店にリンクし、州のBusiness、Transportation、およびHousing Agencyの中でデータベースを作成させる。
2) プロバイダが道路にアクセスするとき、実際に状態をどれほどさせることに基づいて、方法の権利の使用のための価格決定方針を確立する。
3) 手順を可能にしながら、その方法の権利を作成する。
4) 両党連立のパネルによって集められ、現在の状態から広帯域リソース情報を使用する。市民へのブロードバンドを通じて利用可能な公共ミーティングと述べるため、知事に必需なものとして、利用可能なトレーニングを配置したBTHの目標に達するように一般のサービス代理店と協力する。また、シュワルツェネッガー州知事によると、州のすべてのビルに無線のホットスポット(Wi-Fi)を備え、州機関によるすべてのインフラストラクチャ計画で、VoIP技術を可能にする広帯域の導管を含めることを望んでいる。一見すると、州の主導で事業者とともにインフラ整備を確実にすることなのですが、それを州政府が完全に把握できる環境の整備を税金でやろうと言うことになりま、まさに、情報インフラを利用した政治のパラドックス!映画のような、通信帝国の独裁者になりたいよう計画になった。詳細情報はURL(http://www.multichannel.com/article/CA6398567.html?display=Top+Stories)で知ることができる。米国のPew Internet & American Life Projectは米国人が様々な科学情報と、それに関連する新聞記事項目について調査するとき、何を利用しているかを調べ、2006年11月に調査結果として、米国人はその調査方法として、インターネットを使用する傾向があることを示した42ページのレポート「The Internet as a Resource for News and Information about Science」を公開した。米国人はインターネットからかなりの情報を得ることができることが証明された。そして、最近の調査で、それらは彼らの日の一部としてウェブの周りのかなりの時間をブラウジングに費やすようになっている。レポートは、サンフランシスコにある科学博物館「Exploratorium」の支援によって共同で行われ、4000万人の米国人が彼らの「科学に関するニュースと情報の一次資料」として、完全に、インターネットを使用することを明らかにした。レポートは他の多くのおもしろい調査結果を含んでいる、87%のオンライン・ユーザーが科学的概念の意味を調べるか、特定の科学質問に答えるか、または科学的真理の精度をチェックするのにインターネットを使用したという観測まで含まれている。確かに、レポートは非常に情報科学と関連した話題に関する科学の教育者にとって役に立つ。これはインターネットの調べ方によって、その科学者の情報量まで限られてくることになり、昔は大学教授が情報の元を把握し、情報ターミナル的な役割を担っていて、レポートや論文を書くときに教授に指導を受けて調査していたが、今では教授より学生の方がインターネット・リテラシーが高くなり、古くさい教授の情報では良いレポートや論文は書けなくなったということになる。詳細情報はURL(http://www.pewinternet.org/pdfs/PIP_Exploratorium_Science.pdf)で知ることができる。


QFRONT
米国10代のインターネット利用状況
米国とヨーロッパの10代オンライン生活と両親とのコミュニケーション
Pew IALが発表した10代の米国少年インターネット環境と利用状況
e-Learningとして利用されているツールや状況
Euro RSCGの1945〜1954年と1955〜1964年生まれの技術に対する考えの違い
米国の教育とメディアに関するIDCの調査報告(2001年9月現在)
米国のカリフォルニアで1848年に金を発見したJames Marshallの雇い主Johann August Sutter
Defining 21st Century Literacy
ガールスカウトのGirls and the Internet
GAOが2002年6月17日に公開した情報管理のレポート
米国エレクトリックシティ・マーケット動向情報調査報告書2002/05/24
GAOが2002年11月13日に公開した米国のビットとアトムとしての郵政事業レポート
1991年に米国で成立した「National Literacy Act of 1991」
Success and Survival in Silicon Valley
GAOが2002年11月14日に公開した、情報の安全管理と必要性レポート
GAOが2003年12月17日に公開した、タイムリーで確実な個人情報管理に関するレポート
Illustrirte Zeitung1845年1月4日号に掲載された有機化学を体系化したJustus Liebig
Justus Liebigが研究していたGiessenn化学研究所の外観
Justus Liebigが研究していたGiessenn化学研究所の研究室
Illustrirte Zeitung1849年1月20日に掲載されたカリフォルニアの金鉱
Illustrirte Zeitung1849年1月20日に掲載されたカリフォルニアの金採取風景
Illustrirte Zeitung1849年1月20日に掲載されたカリフォルニアで発見された金の結晶
Illustrirte Zeitung1849年1月20日に掲載されたカリフォルニア金鉱石
Illustrirte Zeitung1849年1月20日に掲載されたカリフォルニア金粉
Illustrirte Zeitung1849年1月20日に掲載されたカリフォルニア石英と金鉱石
Illustrirte Zeitung1849年1月27日に掲載されたカリフォルニアのWillard Fillmore II
Illustrirte Zeitung1849年1月27日に掲載されたカリフォルニアのZscharias Taylor I
Illustrirte Zeitung1849年1月27日に掲載されたカリフォルニアの金が採掘された場所の地図
Illustrirte Zeitung1849年1月27日に掲載されたサクラメントにいたインディオ
Illustrirte Zeitung1849年1月27日に掲載されたサンフランシスコ沖
Illustrirte Zeitung1849年1月27日に掲載された金の固まり
Illustrirte Zeitung1849年2月10日に掲載された移民船の甲板
Illustrirte Zeitung1849年2月10日に掲載された移民船の中で見る米国の地図
Illustrirte Zeitung1849年2月10日に掲載された移民船の中で行われた料理
Illustrirte Zeitung1849年2月10日に掲載された移民船の昼中の風景
Illustrirte Zeitung1849年2月10日に掲載された移民船の朝
Illustrirte Zeitung1849年3月3日に掲載されたSolnhosen
Illustrirte Zeitung1849年3月3日に掲載されたインディオの供え物
Illustrirte Zeitung1849年3月3日に掲載されたナイヤガラの滝
Illustrirte Zeitung1849年3月3日に掲載されたナイヤガラの滝遠景
Illustrirte Zeitung1849年3月17日に掲載されたナイヤガラの滝近景
Illustrirte Zeitung1849年3月24日に掲載されたフロリダ沖の嵐で沈没する船
Illustrirte Zeitung1849年12月15日に掲載されたカリフォルニアを取材したFriedrich Gerstacker
Illustrirte Zeitung1849年12月15日に掲載されたカリフォルニア地図
Illustrirte Zeitung1850年9月14日に掲載されたサンフランシスコの街
Illustrirte Zeitung1850年9月14日に掲載されたサンサクラメントの
Illustrirte Zeitung1850年9月14日に掲載されたUS$500の金の固まり
Illustrirte Zeitung1850年8月24日に掲載されたサンフランシスコの大火
Illustrirte Zeitung1850年8月31日に掲載されたDubois Reymond物理実験
Illustrirte Zeitung1850年8月31日に掲載されたウサギの電気実験
Illustrirte Zeitung1850年9月7日に掲載された物理学者Christian Friedrich
Illustrirte Zeitung1850年9月7日に掲載されたBainの電子化学コピーTelgraphシステム
Illustrirte Zeitung1851年2月1日に掲載された金分別機
Illustrirte Zeitung1852年12月18日に掲載された金採掘風景-1
Illustrirte Zeitung1852年12月18日に掲載された金採掘風景-2
Illustrirte Zeitung1852年12月18日に掲載された金採掘風景-3
Illustrirte Zeitung1852年12月18日に掲載された金採掘風景-4
Illustrirte Zeitung1852年7月24日に掲載された当時のサンフランシスコ全景
Illustrirte Zeitung1852年11月20日に掲載されたニューヨークで開催される工業博覧会計画案
Illustrirte Zeitung1853年8月27日に掲載されたニューヨーク工業博覧会場クリスタルパレス
Illustrirte Zeitung1853年8月27日に掲載されたサンフランスシスコのDolores湾
Illustrirte Zeitung1853年8月27日に掲載されたサンフランスシスコのMission Dolores
Illustrirte Zeitung1853年4月2日に掲載されたニューヨークの地図
Illustrirte Zeitung1853年4月2日に掲載されたニューヨークの鳥瞰図
Illustrirte Zeitung1853年3月26日に掲載されたニューヨークの聖書協会
Illustrirte Zeitung1853年11月5日に掲載されたニューヨークの地下水脈
Illustrirte Zeitung1853年11月5日に掲載されたニューヨークのAmerican Museum
Illustrirte Zeitung1853年8月13日に掲載された世界中で流行りだしたガラスとクリスタルの店
Illustrirte Zeitung1854年4月8日に掲載されたLouis Lacombe
Illustrirte Zeitung1854年4月8日に掲載されたBreslau王立化学研究所
経済産業省が2004年11月23日に発表した流通システム次世代標準化の実証実験について
Information Literacy Standards for Science and Technology (DRAFT)
1848年1月24日に金鉱を見つけたJames Marshall
NCESが2005年12月15日に公開した、1992年と2003年を比較した、大人の読み書きリテラシー調査レポート
Pew Charitable Trustsによる研究「Truly A World Wide Web: Globe Going Digital」の報告
Pew Charitable Trustsによる研究「Truly A World Wide Web: Globe Going Digital」本体

メディア・リテラシー関連のURL
インターネット・リテラシー
テクノロジー・リテラシー
メディア・リテラシー
情報リテラシー
コンピュータ・リテラシー
メディア・リテラシーを知るために-1
デジタル・フェミニズム
Beginners' Central
クリントン大統領(当時)が1998年6月5日にMITでした演説
HTML
コンテンツ
ホームページ制作ツール
インターネット
アイコン
NETSCAPEのプラグイン
RealAudio
マルチメディア・ワープロ
Macromedia Flash
縦書きHTML
レンダリング・エンジン
日経BPの制作会社一覧
普通科高校の情報教科書
インターネットの父
情報視覚化技術
Humorous 'letter'
Macromedia Generator
学習環境デザイン研究工房
大川センター
オンライン・ジャーナリズム(Journalism 2/11/99)
ブロードキャスト・ジャーナリズム(Journalism 2/11/99)
新聞(Journalism 2/11/99)
教育とジャーナリズム(Journalism 2/11/99)
Theta
ビット・レディエーション
ビットとアトム
ビット社会
ビットキャスティング
フランス文化通信省、公共図書館の「ネット化」提言
韓国版シリコンバレー
日本のスパイ衛星打ち上げ計画
グラモーガン大学の科学とSF研究課程の内容
インターネット入試
KIDS AND TELEVISION-1
情報デザイン
ウェブサイト・ユーザビリティ
PIC(Peripheral Interface Controller)
テトリス
シリコン・ビニヤード
利己的な遺伝子
International Literacy Day
サンドヒルロード
シリコンバレーの開拓者
教えて!インターネット
e-learning
WISE(Web-based Inquiry Science Environment)
.kids.us
Media Design
包括的産学融合アライアンス
NIFL(National Institute for Literacy)
エントロピー
情報エントロピー
ITフルーエンシー
CATaC(Cultural Attitudes towards Technology and Communications)
EU Transport Research Knowledge Centre
MORANE(Mobile Radio for Railways Networks in Europe)
GSM-R(GSM-Railway)
GDL(Global Digital Literacy) Council
Digital Cultural Institutions Project
マスメディアの崩壊と存続への道
マスメディアの崩壊と存続への道-2
マスメディアの崩壊と存続への道-3
マスメディアの崩壊と存続への道-4
マスメディアの崩壊と存続への道-5
マスメディアの崩壊と存続への道-6
自民パロディ削除要求問題
ジャーナリスト・プロデューサー
放送法
SiC(Silicon Carbide)チップ
明らかにされた読者の目の秘密
Creative Archives
メディアザウルス
FUD
スピン・ドクター
E! Online
Cat and Dog
デジタル女神
私たちはインターネットとパソコンの奴隷?!
Editorial Shorts Digital Animation Competition
GRIID(The Grand Rapids Institute for Information Democracy)
検証ジャーナリズム
Enronic software
空間リテラシー
デジタル・リテラシー