バーチャル・ジャーナリスト

Visual Journalist

仮想記者

分野によっては、自社内でも書けない記事が多くなってきている現状で、それぞれの国の言葉を使いこなし、それぞれの国の事情に精通した正規社員の記者を全世界に派遣し、全世界から正確に記事を集めることは大手マスコミでも不可能になってきていることから、全世界にいる優秀な記者に依頼し、採用された記事に対して、取材費などを支払うシステムが少しずつ現実化しつつあり、そのような契約記者の総称。このようなバーチャル・ジャーナリストが書いた記事は、裏付けを明確にする必要があり、同時に、記事にでてくる土地名や団体名を確認し、記事に利用する写真や映像、図面なども入手する必要がある。今後、このようなバーチャル・ジャーナリストが利用して、シャープでスリムなマスコミに変身できない、太ってハングリーを忘れたマスコミは、衰退することだろう。Silicon Valley.comは2002年12月9日に、カメラ付き携帯電話の登場により、Web journalismのあり方が変わろうとしていると報道した。詳細情報はURL(http://www.siliconvalley.com/mld/siliconvalley/4693890.htm)で知ることができる。
これからのジャーナリストは写メールの映像版国際携帯電話を持って、ビデオ取材の時代が来るのかもしれない。すでに衛星TV回線が不安定なアフガニスタンからの中継では、しばしば携帯電話からの音声だけを伝える情報提供が頻繁に行われていた。米国のMedia Centerが2004年3月10日にカメラ付き携帯電話が作り出した新しい文化として3.6Mバイトのレポート「Make way for The Mobile」を公開しました。表紙は日本人の若者が一斉にカメラ付き携帯電話で撮影している風景で、多くのタレントが海外から来日し、そこで受けるショックは!こんな風景だろうと想像できる。詳細情報はURL(http://www.mediacenter.org/content/4478.cfm)で知ることができる。
dotJournalismは2004年8月8日、フリーランスなどの報道写真から、映画、音楽、アート、イベント、製品情報などのパブリシティ素材を「The Times」や 「Le Mond」「El Pais」「Independent」「the Guardian」などマスコミ・媒体各社にデジタル配信するB2Bサービスを提供している「Image.net」を運営しているGettyImages社がUS$2000万の売上げを計上したと報告した。詳細情報はURL(http://www.journalism.co.uk/news/story1021.shtml)または、Getty ImagesのURL(http://creative.gettyimages.com/source/home/home.aspx)、またはimage.netのURL(http://www.image.net/)で知ることができる。
Editor and Publisherは2004年8月8日に、NAHJ(The National Association of Hispanic Journalists)がメディア会社で働くニュース専門家に関する第1次の調査の予備結果調査報告書を2004年8月7日に発表し、その結果から、ジャーナリストの92パーセントおよびマネージャーの87パーセントはスペイン語圏の出身者で、スペイン語が話せ、そのうち半分以上が米国人の市民権を持っていることが判明したと報告した。詳細情報はURL(http://www.editorandpublisher.com/eandp/news/article_display.jsp?vnu_content_id=1000602536)または、URL(http://www.nahj.org/nahjnews/articles/2004/august/spanish-languagesurvey080704.shtml)または、URL(http://www.nahj.org/professionaldevelopment/Spanish-languageMediaSurvey.pdf)で知ることができる。
53年間政府からのコントロールを拒否してきたイギリスのNCTJ(National Council for the Training of Journalists)が、主流教育制度の一部として今初めてNCTJエントリーおよび上級のジャーナリストNCEテストに形式上の政府認識を与える認可を求めて、政府認可組織になるため、最も大きな刷新を求められているとPressgazetteが報告した。もし、政府認可組織と認められなかった場合、継続教育大学(further education colleges)として実行される多くのNCTJコースのために、the Learning and Skills Councilからの特殊法人資金の提供が受けられなくなる。まさに板挟み状態であると報告した。詳細情報はURL(http://www.pressgazette.co.uk/News.aspx?Action=View&ID=48262)で知ることができる。
MediaChannel.org のTimothy Karrは2004年8月26日に、選挙報道にあり方について、共和党全国大会をカバーするビッグ・メディアに対して、ジャーナリストがすべき立場について、1) How does the media's consolidation under a handful of politically involved corporations affect the quality of their political reporting, especially when questioning the government line?(政府に質問する場合、政治に影響を与える1握りの企業団体などは、どのように政治的な報告の質にメディアは影響されるか?)2) Should mainstream news outlets do more to inform the public about their corporate owners' efforts to write media policy and influence elections?(主流ニュースは、メディア政策および選挙に影響を与える企業所有者の努力に関して、公に通知するためにもっと取材すべきか?)3) Should the FCC require broadcasters to devote a portion of their programming to candidates and other civic and electoral affairs as a condition of receiving their government-granted licenses?(FCCは、政府から与えられるライセンスを受け取る条件として、候補者および他の市民と選挙人の間にあるプログラミングの部分をキャスターに要求すべきか?)4) Should news organizations have to reveal their corporate ties when ''inter-sourcing'' stories from affiliated media outlets?(ニュース組織は 情報の発信元を明らかにしなければならないか?)5) Should a new Fairness Doctrine be put in place to guide broadcasters that bill their news coverage as ''fair and balanced'' and for those that transmit their news programs over publicly owned airwaves?(新しい公正の原則は、「公平で平衡を保たれた」ものとして、ニュースを報道するガイド・キャスター、および公に所有された電波上のニュース番組を送信するもののために適所に置かれるべきか?)という質問を提出した。詳細情報はURL(http://www.mediachannel.org/views/dissector/affalert247.shtml)で知ることができる。
Media for DemocracyとMediaChannelは2004年9月3日に、16,000人のジャーナリストに向けた非公式ガイドを公開した。詳細情報はURL(http://www.mediafordemocracy.us/ct/e1LYuUn1M7JG/ )または、URL(http://www.mediachannel.org/views/dissector/affalert246.shtml)で知ることができる。
Aarthi SivaramanがOnline Journalism Reviewで2005年1月12日に、イギリスのNational Union for JournalistsがWebサイトでフリーランスの料金ガイドラインを公開したと報告した。詳細情報はURL(http://www.ojr.org/ojr/blog/Events/63/)で知ることができる。イギリスのNational Union for JournalistsはURL(http://www.nuj.org.uk/)で、The NUJ Freelance DirectoryはURL(http://www.freelancedirectory.org/)で、NUJ Freelance Fees GuideはURL(http://media.gn.apc.org/feesguide/)で知ることができる。
I Want Mediaの創設者パトリック・フィリップス(Patrick Phillips)は2005年2月5日に、「学生はデジタルジャーナリズムにおけるどんな話題を探るべきか?」ということで、メディア総括サイトで、今春のニューヨーク大学(New York University)のデジタル・ジャーナリズムの大学生コースで、インターネット文化、オンライン雑誌、ブログ、およびその他をカバーすることを公表し、guest speakerとして作家/エディターのKurt Andersen、SlateエディターのJacob Weisberg、WSJ.comマネジング・エディターのBill Grueskinとブロガーを招待することを予定していると報告した。詳細情報はURL(http://www.iwantmedia.com/)で知ることができる。
米国のJournalism.orgが2004年から発行を始めた米国のニュースメディア年間(An Annual Report on American Journalism)「State of the News Media」の第2版として「State of the News Media 2005」が発行された。詳細情報はURL(http://www.stateofthemedia.org/2005/index.asp)で知ることができる。
IJ Netは韓国タイムズからの情報として2005年12月6日に、オーストラリアで2005年12月2〜3日に開催された、IFJ (the International Federation of Journalists国際ジャーナリスト連盟)の経営委員会は、AJA(the Asian Journalists Association)とJAK(the Journalists Association of Korea)の支援により北朝鮮のリゾート地「Mt. Kumgang」で開催することに合意したと報告し、2006の後半から2007年前半に北朝鮮が歴史的な国際ジャーナリズム会議(international gathering of journalists)を主催する計画があると報告した。IFJのクリストファー・ウォレン(Christopher Warren)会長は、臨時会議が「平和のためのグローバルなジャーナリストの関心と、朝鮮半島の再統一を反映する重要性な役割を担う(reflects the growing importance of the role and concern of global journalists for the peace and reunification of the Korean Peninsula.)」と報告している。
これまで、RSF(Reporters Without Borders/Reporters sans frontieres/国境なき記者団)などではジャーナリストにとって最悪な国のトップ北朝鮮で、国際ジャーナリズム会議が本当に開催されれば、凄いことになる。詳細情報はURL(http://www.ijnet.org/FE_Article/newsarticle.asp?UILang=1&CId=304120&CIdLang=1)で知ることができる。
EFF(Electronic Frontier Foundation/電子フロンティア財団)は2006年5月26日に、AppleInsiderとPowerPageに未発表製品に関する情報をリークした人物を相手取り、Apple社が氏名不詳のままオンラインジャーナリストを訴えていた裁判で、カリフォルニア州の控訴裁が2006年5月26日に、「情報源秘匿に関してオンラインジャーナリストはオフラインの記者と同じ権利を持つ」との判断を下したと報告した。詳細情報はURL(http://www.eff.org/news/archives/2006_05.php#004698)で知ることができる。
IWPR(the Institute for War and Peace Reporting)はジャーナリストのためにハンドブック「Reporting Justice: A Handbook on Covering War Crimes Courts(裁判所レポート:戦争犯罪裁判ハンドブック)」と「Handbook for the Radio Journalism Course in Political Reporting(政治レポートにおけるラジオ・ジャーナリズム.ハンドブック)」を無料でダウンロードできるように公開した。ハンドブック「Reporting Justice: A Handbook on Covering War Crimes Courts(裁判所レポート:戦争犯罪裁判ハンドブック)」は、基本的なトライアル報告、戦犯裁判の歴史、および既存の国際的な人権法について書かれたハンドブックで、Part 1が48ページ、Part2が18ページになっている。
「Handbook for the Radio Journalism Course in Political Reporting(政治レポートにおけるラジオ・ジャーナリズム.ハンドブック)」は、ウガンダで行われた政治上の報告におけるラジオ講座で使用されたハンドブックで、フリーランサー・ジャーナリストのために公開され、Section 1: Radio Journalism、Section 2: Politics, Elections And The Media、Section 3: Radio Productionに分割されている。詳細情報はURL(http://www.iwpr.net/index.php?apc_state=henh&s=o&o=special_index1.html)で知ることができる。
PaidContent.orgは2007年1月10日に、「Excellent Journalists Start Website. Heard That One Before?」を公開し、本当にお金があるときはジャーナリストは休憩しているが、現在の米国はバブルだということを知っているか?この経済情勢に気づき、Bubble1.0時代の1999年に「Salon」や「Inside」で活躍したジャーナリストが、2007年1月末に始まる政治ニュースWebサイト「Politico」で帰ってくると報告した。詳細情報はURL(http://www.paidcontent.org/entry/excellent-journalists-start-website-heard-that-one-before/)で知ることができる。
ニューヨークタイムズ(New York Times)のKatharine Seelyeは、新しいサイトの見通しとして、「Insideの幽霊(the ghost of Inside)」を呼び出し、仲間ジャーナリストが密接にカバーして、コアを始めると報告している。最近の「Salon」や「Inside」は新鮮さを感じなくなったが、確かに1999年頃の「Salon」や「Inside」は新鮮だった。Katharine Seelyeはレポート「For Journalists, Politics Not as Usual」で、Politicoは一つのアウトレットで、レポーターやジャーナリストがほかの場所で仕事をすることを促進し、奨励していることから、彼らは地方のケーブル通信社、いくつかのCBS News番組、およびローカルなどのニュース放送局に現れる。
Politicoでは「相乗作用」という単語は使用していないが明確に「Politico」の後援者達は「相乗作用」期待していると報告した。「Time」から「Politico」に来た1人のレポーターが、「Time」のために今後も書き続け、そして、別のコラムニストの仕事は様々な新聞で同時に配給される。詳細情報はURL(http://www.nytimes.com/2007/01/08/business/media/08washington.html)で知ることができる。
PaidContent.org News Dayは2007年1月23日に、The Washingtonianからの情報として、ニューヨークタイムズ(New York Times)などで大きく扱われていた「Politico」を、Robert Albrittonが自信満々で開始したと報告した。詳細情報はURL(http://www.paidcontent.org/entry/ambitious-politico-opens/)または、URL(http://www.washingtonian.com/articles/mediapolitics/3148.html)または、URL(http://www.politico.com)で知ることができる。
NSI(the International News Safety Institute)は2007年3月6日にレポート「Killing the Messenger.」に発表し、情報として、ジャーナリストとアシスタント・スタッフは過去の10年間で仕事中に1,100人以上が殺されたと報告した。これは2週間で1人のジャーナリストが殺されていることになり、また別のレポートでは、1944年から2000人のジャーナリストが死亡しているが、この10年間でその半数以上ということになり、非常に異常な状態といえる。詳細情報はURL(http://www.newssafety.com/stories/insi/globalinquiry.htm)または、URL(http://www.newssafety.com/stories/insi/KillingtheMessenger.pdf)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=5538)で知ることができる。
ONI(Open Net initiative)に所属し、共同で活動してきているトロント大学(University of Toronto)のMunk Centre for International Studiesが、Citizen Labプロジェクトがこれだけインターネット検閲があるなら、それを通過できる裏技ガイド「Everyone's Guide to By-Passing Internet Censorship for Citizens Worldwide」を公開してしまえということから、その手法をPDFで公開したと、International Journalists Networkは2007年10月22日に紹介した。
このガイドは、技術系の人ではないジャーナリストでも十分理解できるように作られ、その中には、中国、イラン、米国などでの利用の仕方も掲載されている。詳細情報はURL(http://ijnet.org/Director.aspx?P=Article&ID=306825)、裏技ガイド「Everyone's Guide to By-Passing Internet Censorship for Citizens Worldwide」はURL(http://deibert.citizenlab.org/Circ_guide.pdf)で知ることができる。
BBC Newsは2007年12月10日に、BBC World Serviceのために行われた投票結果「World Divided on Press Freedom」から、国際世論は自由出版の重要性で完全に2分割化されたと報告した。
56%は、言論の自由が自由社会を確実にするために非常に重要であると答え、40%は、社会の調和と平和を維持するために、報道の自由を制限することを意味したとしても正確にニュースを報告することがより重要であると答えた。
この調査は、「Brazil 」「Egypt」「Germany」「Great Britain」「India」「Kenya」「Mexico」「Nigeria」「Russia」「Singapore」「South Africa」「UAE」「USA」「Venezuela」の14カ国で1万1,344人を対象に行われた。
調査された14カ国の大部分では、放送するのを含んで報道の自由は社会の安定より重要であると答えている。
最も強い反応は北米と西ヨーロッパで、最大70%が最初に自由を置き、続いてベネズエラ、ケニア、および南アフリカが60%以上であった。
対照的に、インド、シンガポール、およびロシアでは、より多くの人々が報道の自由の上で安定性を支持した。
それらの国では、応答者のおよそ48%が、平和と安定を確実にするために報道の管理を支持した。
また、強く報道の自由を信じたいくつかの先進国は、それら自身のメディアの正確性と精度に批判的であった。
米国、イギリス、およびドイツでは、インタビューされた約29%だけが正確にニュースを報告する際にメディアは良い仕事をしたと答えた。詳細情報はURL(http://news.bbc.co.uk/2/hi/in_depth/7134918.stm)または、URL(http://news.bbc.co.uk/1/shared/bsp/hi/pdfs/10_12_07_worldservicepoll.pdf)で知ることができる。
日本のジャーナリストは、ここで調査対象にはならなかったが、一番信用できない政治家や官僚の真似をして、定年後大学や企業に天下りし、そこでもまだジャーナリストだと言っているようでは、世界のジャーナリストから信用は無いでしょうね〜
とくに、それらのジャーナリストが天下り先を探し始めた頃の記事には信憑性、平等性、正確性、思想的が疑われる。未来学者が予測する、次の15年!で、ヘイゼル・ヘンダーソン(Hazel Henderson)が、どこにも所属しないで、独立して、自営である必要を訴えている。
それは、当たり前のことで、だれかに雇われていれば、そこの部分で彎曲した意見になる。とくに政治、ビジネスなどで組織に所属していると、あまりにも頻繁に、調査を狭くすることになると指摘している。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=7465)で知ることができる。
EJC(European Journalism Center)は2008年6月6日に、ENJN(European Neighbourhood Journalism Network)の苦境を全面的に支援することにしたと報告した。
EU(European Union/ヨーロッパ連合)の話で真実を掴むのは非常に難しく、ブリュッセルのお役所流はとくに難しいと言っている。
ENJNの最前の目的地は、地中海南岸からのジャーナリストを助けることで、東欧であり、南コーカサス山脈国はEUである。
同時に、ENJNは、調停するという目標のために、これらの領域からジャーナリスト間をネットワークでつなぐのを容易にする。
このWebサイトはヨーロッパのNeighbourhood Policyとジャーナリストとして、同僚、トレーナー、学校、およびネットワークにかかわる主要な人々に接するのを助ける申し出ツールとして、基礎的な情報を含んでいる。
プロジェクトは、40の地方でトレーニング・セッションが行われ、6月にはアルメニア、ヨルダン、エジプトなどの国で始まる。
ENJNはメディアの専門家の国際借款団によって運用され、イギリスのトムソン財団()、オランダのEJC(European Journalism Centre)、ベルギーの国際ジャーナリスト連盟(International Federation of Journalists)、イギリスのManagement Partners、ベルギーのBBJと協力してプロジェクトを推進する。
プロジェクトは、EC(European Commission)からの基金で、European Neighbourhood Policyのフレーム・ワークの中で進められ、Europe for Mediterranean Journalistsもフォローしていくと報告している。詳細情報はURL(http://www.ejc.net/media_news/new_website_reaches_out_to_eu_neighbourhood_journalists/)または、URL(http://www.journalismnetwork.eu/)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9985)で知ることができる。
イギリスのJournalism.co.ukが2008年6月20日に、イギリスのジャーナリストについて、ブログとビデオをどのように活用しているかを調べた新しい調査「European Digital Journalism Study」の結果を公開したと報告した。
「European Digital Journalism Study」によると、ヨーロッパ諸国のジャーナリスト応答者の41%がブログかビデオのコンテンツを提供したと答えたのに対し、イギリスのジャーナリスト応答者の61%がブログかビデオのコンテンツを提供したと答えたと報告した。
イギリスの応答者の4分の3以上が、Webで追加マルチメディア・コンテントを生産することが、彼らの仕事で最も大きい挑戦であると言った。
欧州諸国で9カ国347人のジャーナリストについて調査した「European Digital Journalism Study」では、イギリスのジャーナリスト85%が、ジャーナリスト・ブログが現在、それらのWebサイトの特徴であると言い、ブログを作りながら先端を行っていることを示した。
やっぱり、ジャーナリストは時代に遅れている!
しかし、総合的な応答者の10%だけが、マルチメディア・コンテントを生産するためのトレーニングを受けたと言い、イギリスは14%がトレーニングを受けたと答えた。
PR会社のBrands2LifeとヨーロッパのパートナーOriella PR Networkによって、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、スウェーデン、およびイギリスで行われた調査研究「デジタル世代(digital age)」は、国、そして地方の放送とメディア・ジャーナリストに、どう仕事に障ったかに関して尋ねた。詳細情報はURL(http://www.journalism.co.uk/2/articles/531784.php)または、「European Digital Journalism Study」がダウンロードできるURL(http://www.europeandigitaljournalism.com/%5Cdefault.asp)または、ジャーナリストの写真が多く有るURL(http://www.flickr.com/people/adders/)または、Social Media Caf , LondonのURL(http://www.flickr.com/photos/adders/sets/72157603919590044/)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10165)で知ることができる。
IJNet(International Journalists Network)は2008年9月22日に、欧州委員会(European Commission)がEU(European Union/ヨーロッパ連合)として、科学コミュニケーションで利用可能なトレーニングの機会の認識を増加させることを意図するリソース「European Guide to Science Journalism Training」を支給したと報告した。
ガイドはEUの27加盟国に対し、科学ジャーナリズムをサポートする交流事業、奨学金、および他のイニシアチブと科学ジャーナリズムでのトレーニング・コースが含まれている。
これは最初に2007年12月に発行され、情報を確認してアップデートされた。
科学ジャーナリストは、科学的基礎知識が求められる。詳細情報はURL(http://www.ijnet.org/ijnet/training_opportunities/guide_informs_eu_science_journalists_about_training_opportunities)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11093)で知ることができる。
IJNet(International Journalists Network)は2008年9月24日に、世界中の学生ジャーナリストが書き込み、潜在的雇い主に示すことができる無料のオンライン・ポートフォリオを提供し始めたと報告した。
このオンライン・ポートフォリオは、1年間の資格で登録できるようになっている。
このWebサイトは、「Writer's Residence」と言い、学校によって提供された正当な電子メール・アドレスと共に、大学と大学生に会員資格を提供している。
「Writer's Residence」は、オンラインで履歴などをテキストで書き込むことで成立する。
登録は、URL(https://writersresidence.com/signup)ででき、1年間が終わると、1ヶ月あたりUS$8.29が必要になる。詳細情報はURL(http://www.ijnet.org/ijnet/training_opportunities/free_online_portfolios_available_for_university_journalism_students)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11109)で知ることができる。


ジャーナリスト・プロデューサー
ジャーナリストのためのURL
オンライン・ジャーナリスト
ビデオジャーナリスト
20人のビデオジャーナリスト
the Wireless Backpack
Xing
可搬型衛星地球局
PLANET 1
サイバー・ジャーナリズム
フォトジャーナリスト
メディア・アクティビスト
video vigilante
クオリティモーション
TMN
E-Wire
デジトラ
DV STUDIO1394
テレコム・ベンチャー投資事業組合
NetAction
インターネットデジタル猿岩石
ライブ・カメラ
ゴビ砂漠での恐竜発掘調査プロジェクト
ルータ・ケツァル・アルゼンタリア探検隊
MP3
FreeAmp
国際ジャーナリストの仕事と技術
Cut'n'Mix
AiR
災害ジャーナリスト
IFJ
CPJ
ICIJ
PrimeCast
EJC
The Visual Journalist
MVP
ネイチャー・ネットワーク構想
ip2000
DSS(Digital Speech Standard)
AAP
U2
プラネット・プロジェクト
インターネットはクラブではない
SCP(Survellance Camera Players)
Remote Lounge
Backpack journalism
サイバー・ジャーナリスト
Peer-to-Peer Piracy Prevention Act
MRE(Military Reporters and Editors)
写メール
MMS(Mobile Multimedia Service)
ピューリッア賞
0半レポーター
統計関連情報があるURL
Webカメラ
デジタル万引き
カメラ付き携帯
W2F(Wireless World Forum)
携帯電話ジャーナリスト
ONA(Online News Association)
マルチ・ランゲージとジャーナリズム
マルチメディア・ジャーナリズム
This World: One Day of War
韓流熱波
ハードディスク搭載携帯電話
著者と出版社の力関係と著作権
フォト・ブログ
インタラクティブ・ジャーナリズム研究所
Bastiat Prize
ファインゴールド賄賂規制法案
検証ジャーナリズム
Annual report on American Journalism
フリー・ジャーナリストのマルチメディア探検旅行
バーチャル・ホログラム・レポーター