パーソナライズド広告

personalized advertising


アンケートなどに答えた情報を分析し、そのユーザーの趣向にあった広告を提供する手法の総称。オンライン広告の業界団体IAB(Interactive Advertising Breau)は2001年2月27日に、バナー広告の新ガイドラインを公表した。詳細情報はURL(http://www.iab.net/news/content/newunits.html)で知ることができる。
オンライン広告研究会は2001年4月24日に、日本オンライン広告年表ver.1を公開した。FlontLine.jpはバナー広告などの広告効果測定サービスを提供している。詳細情報はURL(http://www.flj.co.jp/service/to-main8.html)で知ることができる。
CMRが2002年11月18日に、米国の広告マーケット状況として2001年の1 9月と2002年 の1 9月に比較情報を公開した。詳細情報はURL(http://www.cmr.com/news/2002/111802.html)で知ることができる。米国の調査会社Global Insight社は2002年11月25日に、2002年から2006年まで米国の広告市場予測として、年平均成長率は、ラジオ広告が10%、CATV広告が7%、インターネット広告は16%になると予測を発表した。詳細情報はURL(http://www.globalinsight.com/Highlight/HighlightDetail208.htm)または、URL(http://www.globalinsight.com/About/PressRelease/PressRelease209.htm)で知ることができる。
オンライン広告業者の団体NAI(Network Advertising Initiative)は2002年11月26日に、「Webバグ」をサイトや企業が使用する際のガイドラインを発表した。詳細情報はURL(http://www.networkadvertising.org/Release.pdf)で知ることができる。米国のヤンキーグループ(Yankee Group)は2003年9月22日に、PVR(Personal Video Recorder)として、ハードディスク・レコーダーなど新しい技術の波が到来したことにより、広告収入を前提としたテレビ産業に大変動が起こり、テレビのスポット広告が消える可能性があることから、「New Technology Threatens to Undermine the Value of Television Advertising」というレポートを公開した。詳細情報はURL(http://www.yankeegroup.com/public/news_releases/news_release_detail.jsp?ID=PressReleases/news_09222003_mes.htm)で知ることができる。
ただし、広告量(広告料)の絶対量は削減されないことから、それまでテレビが独占してきた広告がどこかに流れることになる。そこで注目されるのが、これまで不安視されてきたインターネットの広告や企業のWebサイト構築に向けられる可能性は高いといえる。ロイター(Reuters)は2003年10月21日に、ヨーロッパでインターネット広告が急激に伸び、2004年にはアテネでオリンピック(2004 Summer Olympics in Athens)が開催され、2006年にはドイツでサッカーのワールドカップ(2006 World Cup in Germany)が開催されることから、数年で10億ユーロになることが充分予測できるとして、「ヨーロッパ、オンライン広告の夜明け(Online advertising rise in Europe)」というコラムを公開した。詳細情報はURL(http://www.reuters.com/newsArticle.jhtml?type=internetNews&storyID=3661039)で知ることができる。また、2004 Summer OlympicsについてはURL(http://www.athens2004.com/Page/default.asp?la=2)で、2006 World CupについてはURL(http://fifaworldcup.yahoo.com/06/en/loc/)で知ることができる。
米国のメディアと広告の実情についてPDFで公開されました「Fact Pact 2004 (via Ad Age)」がURL(http://www.adage.com/images/random/FactPack2004.pdf)で、また個別として2003年度版米国の新聞と広告の「Facts About Newspapers 2003 (via Newspaper Association of America)」はURL(http://www.naa.org/info/facts03/index.html)で、カナダの新聞広告データベースの「Canadian Newspapers Facts Database (Canadian Newspaper Association)」はURL(http://www.cna-acj.ca/client/cna/ult.nsf/CnaSearch)で、米国のラジオ広告2003 2004年の「Radio Advertising: 2003-2004 Marketing Guide and Fact Book (via Radio Advertising Bureau)」はURL(http://www.rab.com/station/marketing_guide/rmgfb2004.pdf)で、米国のテレビ広告調査センターの「Television Advertising: Research Central (via Television Bureau of Advertising)」はURL(http://www.tvb.org/rcentral/index.html)で、米国のCATV広告2004の「Cable Television Advertising: 2004 Cable TV Facts (via Cabletelevision Advertising Bureau)」はURL(http://www.cabletvadbureau.com/02facts/FactsIntro.htm)で知ることができる。
broadcastingcable.comは2004年5月26日に、2004年度第1四半期の米国におけるTV広告は10.2%上昇し、US$11,182,931,600になり、ネットワークTVは第2番目の10.4%の上昇率を記録し、US$6,174,535,800、ローカルTVは8.7%の上昇率でUS$4,060,594,200であったと報告した。広告が増えたのは健康関連、不動産、自動車、自動車販売、家具、レジャー関連などで、とくに日本の自動車産業日産、ホンダ、トヨタがトップ3を記録し、落ち込んだのは情報通信関連、食品関連、レストラン関連であったと報告した。詳細情報はURL(http://www.broadcastingcable.com/article/CA421298?display=Breaking+News&promocode=SUPP)で知ることができる。
Ageは2005年11月14日に、世界の広告市場トップ100「AD AGE GLOBAL MARKETING REPORT 2005---Top 100 Marketers Spend $94 Billion」を公開した。詳細情報はURL(http/:/www.adage.com/news.cms?newsId=46667)または、URL(http://www.adage.com/images/random/globalmarketing2005.pdf)で知ることができる。社団法人日本広告主協会Web広告研究会は2005年11月28日に、ネット・プロモーション委員会ブランド・プロモーション研究ワーキンググループが実施した「ブログ書き込み調査」と「消費者メディア調査」の研究結果を公表した。 詳細情報はURL(http://www.wab.ne.jp/pdf/2005112801.pdf)または、URL(http://www.wab.ne.jp/pdf/2005112802.pdf)で知ることができる。
米国の広告協会AAF(the American Advertising Federation)は2007年2月6日に新しい調査報告書「The AAF Media Investment Survey 2007」を公開し、米国企業の約90%は、テレビゲームや仮想共同体のようなニューメディアに広告を出すために、マーケティング予算の一部を使用し始めていると報告した。AAFは多くのメディア選択が利用可能になったことから、多くの企業はテレビからシフトし、新聞はひどく減退している流通が欠点になり、雑誌、および特に新聞が急下降していると報告している。応答者の12%以上は、予算の最大40%を実験とニューメディアに費やすと言い、応答者の約半分が最も革新を必要とするメディア・カテゴリとして新聞をんだ。そして、出版社は、ブログとビデオなど、より多くのコンテンツでオンラインの存在を強化したと報告している。詳細情報はURL(http://www.aaf.org/news/press20070206_01.html)で知ることができる。
2008年3月18日にCenter for Media Researchは、CMO(Chief Marketing Officer)の2008年版パーソナライズド・マーケティング調査レポートを紹介し、2006年に、最適レベルの顧客洞察と親密さを実現するために、 26%以上の幹部社員が、組織の資料とシステム・インテグレーション不足を示したが、2008年の現在、CMO Councilの「2008 Marketing Outlook」調査研究によって、トップ5のソリューション投資のうち唯一CRMツールと顧客分析法の2つだけを確保したことが判ったと報告した。
このレポートは、MarketingChartsの2008年3月5日版最新レポート紹介で、CMOsによる「個人化されたコミュニケーション (Underutilized)実験のマーケティング・レポート」として紹介した。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8996)で知ることができる。
The Power of Personalizationのエクスクルシーブ・ディレクターDonovan Neale-MayはCMO Councilで、「データに投機し、利用して、そのためにどう個人化ツール、サービス、および最大限の解答が判るかという可能性に関してマーケターはまだ的を外しています。」と言っている。
つまり、データ確保に投資したが、その利用方法が十分に理解されていないから、生かされていないと言うことでしょう。
そして、そのデータはどんどん劣化していく!
企業が影響を見るとき、分化、カスタム設計されたコミュニケーションの忠誠と会話単語の結果から、テクニックを売り出すパーソナライズド・ライフスタイルの新しい強調と重要性は徐々に拡大している、とレポートには書かれている。
現在の研究から、パーソナライズド・コミュニケーションの影響でサポートされたこと、
*Winterberry Groupは、パーソナライズド・コミュニケーション・アプリケーションで不可欠な部分であるダイレクトメール広告に費やすことが減少の兆候を全く示さないと言い、マーケターによる投資は2007年に合計でUS$584億になった。そして2011年までにUS$700億以上に増加すると予想された。
*The EmailInsiderのレポートから、単独でUS$30億以上が米国のメール・マーケティングで費やされた。
*The Power of Personalizationは、マーケターの56%が伝統的な大衆市場配送より、パーソナライズド・コミュニケーションが優れていると信じている。伝えられるところによれば、デジタルでメール、Webはセンターに接触するデータベースが効果チャンネルとして、最も多く上昇の可能性にカスタム設計されたコミュニケーションへの従事を出そうと申し出た。
研究調査は、パーソナライズド・マーケティング・テクニックがまだ多くの企業で、販売運動と統合され、予算の初期段階にあると結論を下した。
また、有効性とROIを測るための定量化ツールの必要性が存在して、マーケターは正確で高信頼の顧客データ送信端末不足で採用が遅れていると指摘している。
結果として、
*顧客維持と忠誠を改良することは、パーソナライズド戦略のプライマリ・ドライバーで、カスタム設計されたコミュニケーションで高く評価されたが、何年も経験したにもかかわらず、用法はまだ非常に低い。
*マーケターの56%以上は、パーソナライズド・コミュニケーションが伝統的なmassmarket配送より優れていると信じている。伝えられるところによれば、デジタルで、データベースの効果チャンネルとして、メール、Webはセンターに接触する最も多く上昇する可能性にカスタム設計されたコミュニケーションへの従事を出そうと申し出た。
*マーケターの38%は、パーソナライズド・コミュニケーションが、これまでのマーケッティング・コミュニケーションのテクニックより優れていたかどうかを知らない。
*マーケターのおよそ50%は、ほとんど顧客に関する知識不足を報告しない。そして、およそ47%は不十分で、または改良を必要としている会社のデータ統合能力を評価した。
*専門職業的業務では、56.2%が「非常に良い」か「合理的に信頼できる」として、顧客データを評価した。
*応答者の10%だけが顧客データの精度と信頼性を非常に良いと評価した。
*マーケティング最高責任者はパーソナライズド・マーケティング・イニシアチブのプライマリ・チャンピオンで、販売とカスタマー・リレーションシップ・マネージメント・グループは最も頻繁にこれらのキャンペーンのための基礎的な入力を提供するデータのコントロールを維持した。
*多くのマーケターは現在、それらの予算の10%未満をパーソナライズド・コミュニケーションに費やし、55%は、10%以上を費やすと言った。
*応答者のおよそ40%は、彼らが「非常に効果的で測定できるROI」か「他のプログラムより良い回答率」のどちらかを生成していると言った。
*個性化された手紙とメールは断然、最も一般的なフォームのパーソナライズド・コミュニケーションとして、パーソナライズド・プリント・オン・デマンドと可変なデータ印刷が、多くの牽引として示していなかった。
*現在、変換と販売契約成約率は、メール行動で密接に続く、成功のプライマリ測定になっている。詳細情報はURL(http://blogs.mediapost.com/research_brief/?p=1662)または「MARKETING OUTLOOK 2008 EXECUTIVE SUMMARY & FULL REPORT」のPDFがあるURL(http://www.cmocouncil.org/news/pr/2008/011408.asp)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9138)で知ることができる。
LA Times(Los Angeles Times/ロサンゼルス・タイムズ)は2008年8月12日に、2008年8月11日にUS House Energy and Commerce Committee(米国下院エネルギーおよび商業対策委員会)で発表されたレポートによると、複数のインターネット企業とブロードバンド企業が、明らかに顧客に知らせないで、個人を狙っている広告技術を使用することを認めたことが明らかになったと報告した。
これはとんでもないことが明らかになった。
現在のところ、米国のGAO(Government Accountability Office/米国政府監査機関)では公開していないが、もうすぐ、US House Energy and Commerce Committee(米国下院エネルギーおよび商業対策委員会)で発表されたレポートが公開されることでしょう。
詳細を調査し、プライバシー法に払拭していないか、多くの団体が報告することでしょう。
日本でも消費者庁ができたので、経済産業省や厚生労働省などをあてにしないで、徹底的に調査すべきテーマになることでしょう。
Googleは、系列サイトに対し、より正確にWebサーフィンする振舞いに続くことを可能にするインターネット追跡技術を使用し始めると述べた。
両党連立の問い合せに対応して、現在のところ、30社以上のインターネット企業が顧客を狙うために、いずれかの資料を取り集めたかもしれないことを報告している。
ここで一番大切なことは、むやみに禁止するのではなく、そのデータの管理方法と再利用の規制、同時に違反した場合の罰則規定、及び罰金の制定である。
つまり、国民の個人情報を利用したビジネスで得た収益で、違反行為があった場合は、その罰金は全国民に還元するという考えである。
LA Timesによれば、プライバシー擁護派と議員の中には、その公開が、オンライン・プライバシー法を立件する為のアーチをかけることに利用できると言った人もいた。
この考え方は、非常に常識的で、これまでのように意味も理解しないで反対する時代は終わりにしたい。
これからはデータベースの時代であり、それには膨大の重要情報を抽出できる可能性を含んでいる。
問題は、そのデータの管理であり、そのためにはITが判らない議員には、規制すべき内容も理解できないし、中には利権と考える議員も登場することから、そのような議員を閉め出すことから始めなくてはならない。
すでに米国ではマーキー議員と彼の同僚が、2009年に法律「一種のオンライン・プライバシー権利の章典」を紹介することを計画していると言い、消費者自身が個人的なデータからオンライン行動の追跡、収集、および共有に加わらなければならないことを必要とすることを指摘している。
しかし、何人かの委員会のリーダーは、小会社が顧客に届くことを防ぐことによって、そのような法律が経済を破損する場合があると警告した。詳細情報はURL(http://www.latimes.com/technology/la-fi-privacy12-2008aug12,0,3765444.story)で知ることができる。
この考え方は重要で、両方の考えが正しいといえる。
複数のインターネット企業とブロードバンド企業が、秘密裏に個人情報を収集し、それを消費者の知らない間に倍々されていることが危険であり、複数のインターネット企業とブロードバンド企業が、集めた個人情報は消費者からの情報であり、それらの資産は消費者のものであるという基本に立ち返れば、その個人情報は消費者も共有利用できることが重要になる。
つまり、消費者が知ることができない消費者情報を、民間企業だけに管理させるから危険なのである。
そして、企業と消費者の間で、どのデータを取るべきではないかを随時検討する環境が必要な時代になった。
古くさい法律に振り回されるのではなく、随時時間軸と共に修正でき、納得できる環境が企業と消費者の間で求められる時代になったといえる。
これらを明らかにできる環境を提案するだけで、消費者庁初代庁官になった野田聖子議員の価値はある。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10665)で知ることができる。
Washington Postは2008年9月4日に、プライバシー問題が指摘されていたNebuAdの消費者をオンラインで追跡する広告技術として、ウェブクリック(Web click)を配布する計画を保留にしたと報告した。
シリコンバレー会社は、チーフエグゼクティブのボブ・ダイクス(Bob Dykes)が辞職したことも同時に報告した。
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/09/03/AR2008090303566.html
多くのインターネット会社が 、Webユーザーを追跡し、広告を狙うことに興味を示し、同時に深いパケット点検として知られているNebuAdは、論議を呼んだ追跡テクニックの試験を中断するか、または取り消した。
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/09/03/AR2008090303566.html
スポークスウーマンのジャネット・マクグロー(Janet McGraw)は、NebuAdが「プライバシーがオンライン行動の広告に関連している問題と方針で扱うのに、議会が追加時間を費やすことができるように、トライアル展開を保留にした」と言った。詳細情報はURL(http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/09/03/AR2008090303566.html)で知ることができる。
最も先を突っ走っていたNebuAdの決定は、今後すでに参入を計画していたインターネット企業に大きく影響しそうである。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10917)で知ることができる。


各メディアが5000万人ユーザーを獲得するまでの年数
2005年頃のニュースの入手先割合
メディアにおける広告収入の割合とユーザー(1998年現在)
ホームページの活用世代の変遷
世界のインターネット・ユーザー(Computer Industry Almanac Inc.より/1998年末現在)
世界のWeb内容(Nature/8.July 1999,from NEC Research Instituteより)
サーチ・エンジンの実体比較(Nature/8.July 1999,from NEC Research Instituteより)
Web広告のタイプ別比較
1999年の分野別Web広告
米国のWeb広告会社の比較
隙間広告とバナー広告の効果比較
米国における両親のインターネット利用の推移
米国の子供達がインターネットで情報を知る先
1996〜2004年の米国オンライン広告売り上げの流れ
地域別2003年のWeb広告予測
1999〜2005年のオンライン広告成長予測
米国における2000年1月〜2月のオンライン広告ターゲット
家庭向けオンライン広告Top18
2000年8月の地域別、国別インターネット・ユーザー
1999年〜2005年のインターネット広告予測
米国の1999年〜2004年のインターネット広告予測
バナー広告のクリック率の歴史
2000年の代理店別インターネット広告売り上げ予測
Communications Industry Forecastのオンライン広告1999〜2004年予測
インターネット広告のカテゴリーとタイプ、歴史
米国のインターネット広告掲載タイプ要求と提供タイプの比較
2000年3月〜6月末までのオンライン広告状況
2000年6月〜9月末までのオンライン広告状況
Goldmann Sachs and PC Data Onlineの年末商戦情報
米国の1999年と2000年年末商戦で購入できなかったサイトの数
2000年年末米国における日曜ごとの売り上げ比較
ドット・コム企業が1999年から広告で得た収入
ヨーロッパの2005年オンライン広告予測
電子メール広告とHTML電子メール
2000年の月別オンライン広告分析とその動向
1998年からのパーソナライズド技術の動向
ストリーミング・メディアと広告代理店
ドット・コム企業に対する米国の男女の考え方の違い
Clientizeの500電子メール・ニュース調査
Double Clickが報告したeAdsの動向
LemobdAdが公開したイギリスのeAdsの動向
2000〜2006年の米国オンライン広告予測
ヨーロッパにおける2001年前半年のeAD状況
2001年の年末商戦とパーミッション・メール
CMRが公開した2000年と2001年の広告費比較
米国の広告の歴史年表
CMRが公開した2001年と2002年の1〜9月米国の広告マーケット状況
Global Insight社の2002年から2006年までの米広告市場予測概要
「Webバグ」をサイトや企業が使用する際のガイドラインのリリース
「Webバグ」をサイトや企業が使用する際のガイドライン
Nielsen//NetRatingsが2002年12月20日に発表した2002年末商戦の動向
Amazon.comが2002年12月26日に発表した年末商戦結果
テレビや印刷物で提供された米国政府広告の2001年報告書
2004年の米国のメディアと広告の実情
米国のラジオ広告2003〜2004年
Ad Ageが2005年11月14日に公開した、世界の広告市場トップ100
日本広告主協会Web広告研究会が2005年11月28日に公開した「ブログ書き込み調査」結果
日本広告主協会Web広告研究会が2005年11月28日に公開した「消費者メディア調査」結果
The AAF Media Investment Survey 2007
MARKETING OUTLOOK 2008 EXECUTIVE SUMMARY & FULL REPORT