バイオメトリクスセキュリティコンソーシアム

BSC


ニューメディア開発協会、日本自動認識システム協会、三菱商事、日立製作所が、バイオメトリックス(生体認証)技術の導入を促進する市場環境の整備や国際標準化への提言などを目的として、2003年7月19日に設立した団体の名称。ホームランド・セキュリティ、ヘルスケアと医療分野、ユビキタス・コンピューティングのセキュリティなど新市場の創出、国際標準化への提案活動の強化と、国内企業の国際市場の開拓、バイオメトリクスの利用に関する個人情報保護ガイドライン、医学的な安全性などの検討による利用者アカウンタビリティの明確化の3つを目的として、関係省庁、学会及び研究機関との協力体制作りを推進するということである。設立と共に、日本電気、三菱電機、KDDI、凸版印刷、JCB、情報処理振興事業協会、電子情報通信学会、バイオメトリクスセキュリティ研究会、YRP、ユビキタス研究所などが参加することを表明している。また、コンソーシアム内には、新しいアプリケーションに対する業界共通課題の検討及び国際標準化組織との連携を行う基盤技術グループと、新市場創出のためのアプリケーション仕様の明確化を行う運用仕様策定グループの2つの部会を設け、国際標準化活動と環境整備の両面から推進し、実証試験から普及型のビジネスモデルの提案、市場の健全な育成のための広報活動も行い、ベンダー、SI、商社、販売会社、通信キャリア、セキュリティ事業会社、印刷、航空、金融、流通、保険などユーザー企業も含めた幅広い参加企業を募り、活性化を図っていくということである。米国のAMD Consumer Research Groupは2003年7月7日に、 GCAB(Global Consumer Advisory Board)が行った会合で、中国、日本、イギリス、米国で1,500人以上の消費者を対象に行った調査から、専門用語に疎い人の層では、新しい技術を使った製品の購入を遅らせる傾向が見られ、専門用語をよく知っている層でも「複雑すぎる」と感じるために購入を見送ってという調査結果を発表した。詳細情報はURL(http://www.amd.com/us-en/Weblets/0,,7832_9237,00.html)また、専門用語テストに関してはURL(http://www.amd.com/us-en/gcab/lt/exam/0,,,00.html)で知ることができる。このような調査結果から、「ユビキタス」といった言葉を企業などが利用することは、学識経験者などと呼ばれる人達が使う理解しにくい言葉で、本来の「ユビキタス」環境の導入をもっともユーザーに拒ませているというパラドックスを起こしていたと、実に滑稽な調査結果が報告されたことになった。矢野経済研究所は2003年7月25日に、ユビキタス・コンピューティングについて一般消費者を調べた結果として、認知度は3割弱であったことを公表した。詳細情報はURL(http://www.yano.co.jp/press/2003/030725.html)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2003年9月9日に、Keith A.Rhodesによるバイオメトリックスを利用した情報セキュリティ実験報告書「Information Security: Challenges in Using Biometrics, by Keith A. Rhodes, chief technologist, before the Subcommittee on Technology, Information Policy, Intergovernmental Relations, and the Census, House Committee on Government Reform. GAO-03-1137T」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-1137T)で知ることができる。日本経済団体連合会は 2004年1月20日に、「戦略的な国際標準化の推進に関する提言」を公開した。詳細情報はURL(http://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/2004/007.html)で知ることができる。Steve Yelvingtonは2004年4月2日に、この10年間のニューメディアを振り返って、「Ten Years in New Media: Looking Back, Looking Forward: A wish list for new media sector」を公開した。よく評論家はニューメディアという言葉を死語のようにいうが、新しいメディアはどんどん登場し死語と表現する評論家は、その新しいメディアに付いていけなくなったことから、その評論家の存在意義が薄れたことを弁解したに過ぎない。技術や環境が進化するように言葉も進化し、意味も拡張している。詳細情報はURL(http://www.yelvington.com/item.php?id=404)で知ることができる。Guardian reportは2004年4月27日に、EDRiのメンバーであるPrivacy Internationalは、1986年から25カ国で起こった事件を調査し、IDカードでテロを防ぐことはそれほどできないことを証明したIDカードとテロリズムに関するレポート「Mistaken Identity; Exploring the Relationship Between National Identity Cards & the Prevention of Terrorism」を公開したと報告した。つまり、政府はIDカードで個人情報を集め、管理したいだけになる。詳細情報はURL(http://politics.guardian.co.uk/attacks/story/0,1320,1204623,00.html)または、URL(http://www.privacyinternational.org/issues/idcard/uk/id-terrorism.pdf)で知ることができる。逆に、イギリスのコンピュータ・コンサルティング会社デティカ(detica)社の依頼で、MORI(Market & Opinion Research Internetional/マーケット&オピニオン・リサーチ・インターナショナル)社がイギリスの成人1000人を対象に2004年3月18日から23日に行なった調査では、不法入国やID窃盗への懸念から、約80%がバイオメトリックスIDカードの導入を望んでいるという結果を2004年4月22日に発表し、2004年4月27日にはイギリスで約6000万人のバイオメトリックスIDカード導入が始まると発表した。詳細情報はURL(http://www.detica.com/display_news/display_news.asp?id=142)または、MORIが2004年4月23日に公開した「British 'Favour ID Cards'」のURL(http://www.mori.com/polls/2004/detica.shtml)または、URL(http://www.detica.com/display_news/display_news.asp?id=144)で知ることができる。米国上院は2004年7月27日に、VWP(ビザ免除プログラム)対象国に対して、パスポートへのバイオメトリックス機能導入を義務付けている問題で、導入期限が2004年10月26日に迫っていたが、導入を1年間延期する法案「US-VISIT act」が米上院で可決されたと報告した。これで米国上院と下院で1年間延期する法案が可決したことになる。外務省は2004年10月1日に、新しい技術の導入及び国際標準化作業等を行っている国際民間航空機関機械読取渡航文書専門家会合新技術作業部会(ICAO/TAG - MRTD/NTWG)が新技術の調査の一環として、3年毎に情報提供依頼(RFI)を行っているが、生体認証技術、情報記録媒体、電子商取引、RF(無線)技術、セルフサービス装置、渡航文書印刷装置、渡航文書読取装置について、応用可能な情報を募集していると報告した。詳細情報はURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/shocho/chotatsu/rfi.html)で知ることができる。経済産業省は2004年12月20日に、平成15年5月に公布された「個人情報の保護に関する法律」が平成17年4月に全面施行されることから、産業構造審議会化学・バイオ部会個人遺伝情報保護小委員会で、個人遺伝情報の取り扱いに係る円滑な実施を図るための対応について審議し、その結果として、「経済産業分野のうち個人遺伝情報を用いた事業分野における個人情報保護ガイドライン」を告示した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/press/20041217010/20041217010.html)で知ることができる。独立行政法人情報処理推進機構(IPA/Information-technology Promotion Agency)は2005年3月31日に、「コンピュータ・セキュリティ〜2004年の傾向と今後の対策〜」を公開した。詳細情報はURL(http://www.ipa.go.jp/security/vuln/20050331_trend2004.html)で知ることができる。米国の法廷で指紋捺印の信頼性についてテストしているが、驚いたことに指紋押捺が貴重で一般に信頼できるツールであるということについて、これまで十分に議論されてこなかった。そして、1つの主要な欠点に苦しみ、人生を台無しにしている人がいるということで、newscientist.comは2005年9月15日に、誤認逮捕で投獄され、自ら犯さなかった犯罪によって人生を台無しにしている人がいることから、1世紀以上に渡って使用されてきた指紋を再検証し始めたと「How far should fingerprints be trusted?」を報告した。指紋試験官がどれくらいの頻度で間違った報告をしたかという研究が皆無に近いと報告し、この禁断の分野に踏みいって、指紋捺印の信頼性テストは重要な科学的研究になる。今コンピュータ分野でも多くのバイオメトリックス技術を導入してきているが、まず信用できるという概念が先行し、「負」の要素である間違い頻度の科学的検証をどれほど実施されているのかといえば、一世紀以上に渡って使用されてきた指紋でも、このような調査はほぼ初めてということから、再度考える必要がある研究といえる。科学者は取りあえず、肯定的理論だけを優先することが多く、それは科学の発展途上時期に認めさせるために使用されてきた考え方で、そろそろ「負」の要素から、科学的な検証をする時期になってきたといえる。詳細情報はURL(http://www.newscientist.com/article.ns?id=mg18725174.500)で知ることができる。Statewatchは2005年12月5日に、AEDH(European Association for Human Rights/ヨーロッパ人権協会)がバイオメトリー電子IDカード(R.F.ID/Radio Frequency Identification)として導入される「EU biometric ID Card」に対して、2005ステートメントを公開したと報告した。詳細情報はURL(http://www.statewatch.org/news/2005/nov/aedh-biometric-ID-card.pdf)で知ることができる。野村総合研究所は2005年12月7日に、2010年までの国内IT主要7市場の市場分析および市場規模予測を行い、家庭向け光ファイバーは6,483億円市場になるなど、「FTTH」「ケーブルテレビインターネット」「ADSL」「公衆無線LAN」「IP-VPN、広域イーサネット」「ISP」「IP電話」「地上デジタル放送」「BSデジタル放送」「ケーブルテレビ」「移動体向け放送」「ネット放送」「VOD」「ウイルス対策」「情報漏えい対策ツール」「バイオメトリクス(生体)認証機器」「セキュリティサービス」のブロードバンド市場7分野、放送市場6分野、セキュリティ市場4分野の2010年までの市場規模予測結果を発表した。詳細情報はURL(http://www.nri.co.jp/news/2005/051207.html)で知ることができる。YRPユビキタス・ネットワーキング研究所と沖電気は2006年2月9日に、国土交通省が進めている自律移動支援プロジェクトの一環として、神戸空港ターミナル内に約1,200個のRFIDと約30個のZigBeeアクセスポイントを設置し、利用者に貸し出す端末「ユビキタス・コミュニケータ」と無線で接続する「ユビキタス空港情報提供サービス」の実証実験を2006年3月中旬に実施すると発表した。 詳細情報はURL(http://www.oki.com/jp/Home/JIS/New/OKI-News/2006/02/z05127.html)で知ることができる。ロイターは2006年3月29日に、イギリス議会が住民の生体識別を含むIDカード法案を可決し、2010年からパスポート取得・更新者を対象に顔の形や眼球の虹彩、指紋などの生体情報を氏名や住所、写真などとともにデータベースに登録し、ICチップに個人情報を記録したカードの発行することになったと報告した。IDC Japanは2006年6月15日に、2005年の国内セキュリティソフトウェア市場の規模は、前年比21.9%増の1324億円に達すると、調査レポートを発表した。詳細情報はURL(http://www.idcjapan.co.jp/Press/New/20060615Apr.html)で知ることができる。イギリスの新聞サンデー・タイムズ(The Sunday Times)が2006年6月8日に公開したレポート「Emails from Whitehall officials in charge of ID cards」は、イギリスの見かけの失敗としてOffice of Government CommerceのIDカード・プロジェクトのディレクターDavid FoordとIPS(Identity and Passport Service)のacting commercialディレクターPeter Smithの間で交わされた電子メールで明らかになったと報告し、さらに新しい情報がそれをどんどん裏付け、イギリス中のメディアが騒ぎ始めた。そのメールは、David Foordが6月に、大臣が2008年までにカードを紹介する締め切りに間に合うようにやむを得ずプランを再考すると示唆したと送信された。Peter Smithは、スタッフが大臣から全体で身分証明書計画を中止する可能性のために用意ができていたと返答した。また、彼は、内務省が、身分証明書計画にリンクされたプロジェクトのために、より大きい契約が身分証明書プランの最後の沈没を補うために計画されているのを確実にしていたとかいている。ナショナルIDカードプログラムは2006年7月11日に困っていたというクレームを否定したが、内務省は、身分証明書の導入に新しいジョン・リード(John Reid)内務大臣による内務省の操作のレビューに依存していると書いている。BBCレポートは、内務省からの情報として、提供が無期限に延期されたと伝えた。内務省のスポークスマンは「私たちが身分証明書の導入を捨てたというどんな提案も間違っています。」 「計画は以前のままで残っています。」まだ過程であり、スタート段階にあることを明らかにした。 詳細情報はURL(http://www.timesonline.co.uk/article/0,,2087-2261631,00.html)で知ることができる。2006年7月9日にthe Registerが公開した「UK ID card scheme near collapse, as Blair pushes cut-down 'variant'」のURL(http://www.theregister.com/2006/07/09/st_id_cards_doomed_emails/)または、2006年7月11日にthe Registerが公開した「Home Office stands by ID cards」のURL(http://www.theregister.co.uk/2006/07/11/id_card_project_not_troubled/)または、2006年7月12日にthe Registerが公開した「Not delayed, not sleeping, dead - UK ID card scheme goes under 」のURL(http://www.theregister.com/2006/07/12/idcards_getting_elbow/)または、2006年7月17日にthe Registerが公開した「Does Reid plan to punish businesses mean ID card for immigrants?」のURL(http://www.theregister.co.uk/2006/07/17/reid_migrant_hire_plans/)で知ることができる。


GAOが2003年9月9日に公開した、バイオメトリックスを利用した情報セキュリティ実験報告書
Illustrirte Zeitung1845年3月1日号に掲載された当時最新のミュンヘンの図書館
ミュンヘン王立図書館の階段
戦略的な国際標準化の推進に関する提言(概要)
戦略的な国際標準化の推進に関する提言
Privacy Internationalが2004年4月27日に公開したIDカードとテロリズムに関するレポート
Detica社が2004年4月22日に公開したリリース
MORI社が2004年4月23日に公開したリリース
Detica社が2004年4月27日に公開したリリース
Illustrirte Zeitung1854年9月23日号に掲載されたアレキサンドリア図書館跡
Illustrirte Zeitung1854年10月28日号に掲載されたFerdinand Hirt伯爵の資料室
Illustrirte Zeitung1854年10月28日号に掲載されたFerdinand Hirt伯爵の雑誌資料室-1
Illustrirte Zeitung1854年10月28日号に掲載されたFerdinand Hirt伯爵の雑誌資料室-2
外務省が2004年10月1日に公開したリリース
国際民間航空機関機械読取渡航文書専門家会合新技術作業部会の情報提供依頼
経済産業分野のうち個人遺伝情報を用いた事業分野における個人情報保護ガイドライン
Illustrirte Zeitung1856年1月26日に掲載された化学者Justus von Liebig
ミュンヘンのJustus von Liebig研究所
Justus von Liebigの階段教室
Illustrirte Zeitung1856年5月31日に公開されたロンドンの窃盗犯
IPAが2005年3月31日に公開した「コンピュータ・セキュリティ〜2004年の傾向と今後の対策〜」
AEDが2005年11月に公開した「EU biometric ID Card」に対する2005ステートメント
野村総合研究所は2005年12月7日に、2010年までの国内IT主要7市場の市場分析および市場規模予測
沖電気が2006年2月9日に公開した神戸空港での「ユビキタス空港情報提供サービス」の実証実験報告
UKPS Biometrics Enrolment Trial
FCO(Foreign and Commonwealth Office)とUKPS(UK Passport Service)のBiometric Passport leaflet

バイオメトリックス
U.S. VISIT system
SC37
警察関連のURL
BioAPI
マルチモーダル
バイオミメティックス
ネットワーク・セキュリティ・サービス
暗号技術
ネットパス
ICカード・インターネット認証システム
VoiceGATE
電子印鑑証明書
電子商取引
ヒューマン・インタフェース
音声認識
仮想現実感
隠れマルコフ・モデル
チョムスキー理論
関西学研都市
Speechnavi
コモン・ヒューマン・インタフェース・サービス環境
インタフェース
秘書エージェント
電子秘書
MR(Mixed Reality)
MilliCent
IOTP
CPS
電子取引法制の中間報告書
指紋による本人認証
電子サミット
GROUP OF SEVEN STATEMENT ON ECONOMIC
デンヴァー・サミット7ヵ国声明
3001年のコンピュータ「HAL」
Pandesic
電子商取引等検討部会
電子商取引等検討部会の中間とりまとめ
FBI長官の不安と願望
消費者取引研究会
Speech Mail
CABIN
CAVEシステム
BAPI
ViaVoice
トライリニアCMOSイメージ・センサー
NSAFER
成長する鍵
VerSecure
でんわなび
シングル・サインオン
SecureVision
B to C
50ドル・ルール
富士通ネットワーク監視センター
テラマック
自己回復テクノロジー
音声認証システム
Talking Head
VIRTUAL WORLDS 98
鍵長
全数探索法
差分解読法
安全性評価指標
E2
スクラッチカードタイプの決済システム
特徴相関法
アイリス認識システム
人間の顔を認識した個人認証
Microsoft Cordless Phone System
ポインティング・デバイス
JSAPI
状況変動特徴
弱直交化法
バイオテクノロジー産業の創造に向けた基本方針
CyberTranscriber
AppleEvent over IP
電子顕微鏡
MAXITATERU
バイオテクノロジー
BellSouth Info by Voice
e-@ction Natural Language Speech Assistant
PAA(Protected Access Architecture)
CCIPS
VeriPat
FIU-700
航空機内インターネット接続
TNTY 2000
旅客機内で使用できるACアダプタ
入退室管理システム
HTK(Hidden Markov Model Toolkit)
GEML(Gene Expression Markup Language)
警察の組織犯罪を告発するネットワーク
メモリースティック
Half Keyboard
Fsasバイオ認証システムSF2000 Bio
DataHand ergonomic keyboard
eLiza
Oculus
大阪ボイスポータル実証実験サービス
パーソナライズド・ガン
Motorola iBoard
ハプティックス
BUI(Bio-adaptive User Interface)
MEMS(MicroElectroMechanical Systems)
Cisco IOS
電子図書館
電子図書館/2003年
電子図書館/2004年
電子図書館/2005年
電子図書館/2006年
SmartCity EMS
ハイテク移民
米国内の通信改革法案
DSR(Distributed Speech Recognition)
SALT(Speech Application Language Tags)
National Integrated Security Suite
XML
XCBF(XML Common Biometric Format)
シンギュラー・ポイント
組織培養と芸術
NIST
バイオテクノロジー戦略会議
Multi-University Research Laboratory
AG(Augmented Reality)
先進医工学センター
e-AMUSEMENT
OCLC(Online Computer Library Center)
手の平静脈パターン個人認証
SEVIS(Student and Exchange Visitor Information System)
NeoFace
歩き方認証
DSpace
FlyNet
Look Device
TIA(Total Information Awareness) System
FISA
orbiTouch
Fastap Keypad
Webカメラ
携帯電話の鍵
SPT(Sympliflying Passenger Travel)
SymPhone System Network
ジェスチャ感知入力装置
バイオMEMS
血流認証装置
情報操作
情報操作/2001年
情報操作/2002年
情報操作/2003年-1
情報操作/2003年-2
情報操作/2004年-1
情報操作/2004年-2
情報操作/2004年-3
情報操作/2004年-4
情報操作/2004年-5
情報操作/2004年-6
情報操作/2004年-7
米国入国査証の取扱変更について
MRP
Terror Market
PAM(Policy Analysis Market)
HoloTouch
指静脈認証技術
Biogeochemical
Biocomplexity
Pay-as-you-go
Current Cites
Intelligent Island
SANS(SysAdmin, Audit, Network, Security)
CVE(Common Vulnerabilities and Exposures)
VIS(Visa Information System)
Asymmetric Warfare
ICパスポート導入反対声明
RFID(Radio Frequency Identification)タグ/2006年
ユビキタス・コンピューティング
自律移動支援プロジェクト
UC(Ubiquitous Communicator)
EU-PNR(passenger name record)
21st Century Competitiveness Act, 2007
暗号の2010年問題