バイオテクノロジー

biotechnology

生命工学

サイバネティックスから発展して、1970年代から注目されるようになった、生命活動を科学的に解析し、その科学技術を産業技術に応用するために登場した技術の総称。遺伝子のDNA(デオキシリボ核酸/Deoxyribonucleic Acid)を操作する遺伝子組み替え技術などが、どんどん活用されるようになり、新産業として注目されるようになった。ライフサイエンスのリソースやツールを公開している、テキサス大学細胞/遺伝子生 物学研究所(University of Texas Institute for Cellular and Molecular Biology)のバイオテクノロジー関連ページ「Biotech」がある。詳細情報はURL(http://biotech.icmb.utexas.edu/)で知ることができる。米国のFAO(FOOD AND AGRICULTURE ORGANIZATION OF THE UNITED NATIONS/農務省)はバイオテクノロジーを開発している国のデータベースFAO-BioDeC(Biotechnology In Developing Countries Database)を公開した。詳細情報はURL(http://www.fao.org/biotech/inventory_admin/dep/default.asp)で知ることができる。The Strategic Framework for FAO 2000-2015(2000年 2015年までの計画)はURL(http://www.fao.org/strategicframework/)に、2002年8月に発表した中間計画「Medium Term Plan 2002-2007」はURL(http://www.fao.org/mtp)にある。ドイツのチュービンゲン大学(University of Tuebingen)にはEU(欧州連合/European Union)からの援助によって設立された、425の企業や研究所が参加しているバイオ・チップ技術の情報センター「BioChipNet」がある。詳細情報はURL(http://www.biochipnet.de/)で知ることができる。日立製作所機械研究所は2003年6月19日に、バイオとMEMS(Micro Electro Mechanical Systems)を融合した バイオMEMS技術を用いて、遺伝子検査デバイスとして「カートリッジ型前処理デバイス」と「マイクロ検査チップ」の開発に成功したと発表した。詳細情報はURL(http://www.hitachi.co.jp/media/New/cnews/030619c.html)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2003年9月9日に、Keith A.Rhodesによるバイオメトリックスを利用した情報セキュリティ実験報告書「Information Security: Challenges in Using Biometrics, by Keith A. Rhodes, chief technologist, before the Subcommittee on Technology, Information Policy, Intergovernmental Relations, and the Census, House Committee on Government Reform. GAO-03-1137T」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-1137T)で知ることができる。外務省は2003年11月21日に、「生物の多様性に関する条約のバイオセーフティに関するカルタヘナ議定書」の加入についてを公開した。詳細情報はURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/15/rls_1121a.html)で知ることができる。ヨーロッパのシンクタンクとして有名なSIPRI(ストックホルム国際平和研究所)は2004年6月9日に、「SIPRIは2004年版の年鑑(SIPRI YEARBOOK 2004 - ARMAMENTS, DISARMAMENT AND INTERNATIONAL SECURITY)」で、ヒトゲノム地図の作成をはじめとするバイオテクノロジーにより、特定の人種やある国における大部分の人々を標的にして危害を加えるような、新たな生物兵器が生まれる可能性がある(The free access to genetic sequence data for the human genome and a large number of other genomes, including those for pathogenic micro-organisms, is a great scientific resource, but it could pose a significant threat if misused.)と警告した。これはまさに第2次世界大戦でナチが実施したゲルマン民族の繁栄と、ユダヤの抹殺行為であり、ハリウッドが行う、日本人悪人説、ロシア人悪人説、アラブ人悪人説など、映画の中で行われる洗脳映像が、イラクのアブ・グレイブ刑務所(Abu Ghraib prison)で米軍が起こした人種のプライドまで無視した行為として表れ、次の暴走として選ぶ、ホロコーストの可能性を完全に否定できないことも想像させた。経済産業省は2004年12月20日に、平成15年5月に公布された「個人情報の保護に関する法律」が平成17年4月に全面施行されることから、産業構造審議会化学・バイオ部会個人遺伝情報保護小委員会で、個人遺伝情報の取り扱いに係る円滑な実施を図るための対応について審議し、その結果として、「経済産業分野のうち個人遺伝情報を用いた事業分野における個人情報保護ガイドライン」を告示した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/press/20041217010/20041217010.html)で知ることができる。ENS World Newsは2005年2月24日に、NASAの宇宙生物学者Dr. Richard HooverがFox, Alaskaで5年前にU.S. ArmyのCRREL(Cold Regions Research and Engineering Laboratory)のトンネルで発見した氷のサンプルから3万2000年間眠り続るバクテリアを見つけ、アラバマ大学(the University of Alabama in Huntsville)のDr. Elena PikutaとNASA's Marshall Space Flight Center in Huntsvilleが共同で生き返らせたと報告した。そのバクテリアは「Pleistocene Age」に凍ったことから、「Carnobacterium pleistocenium」と名付けられた。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/ens/feb2005/2005-02-24-05.asp)で知ることができる。2005年3月26日にカナダ保健省(PHAC)からWHOに対して、カナダの地方研究所でA/H2N2亜型インフルエンザウイルスを検出したと報告があり、このH2N2亜型ウイルスの出所はCAP(College of American Pathologists/米国臨床病理医協会)から2005年2月に受領したA型インフルエンザおよびB型インフルエンザウイルスを含む一連の検査室の精度管理試験用検体(proficiency test)であることがさかのぼり判明し、その後の調査により、H2N2亜型ウイルスを含む同様の精度管理試験用検体が、18ヵ国(Bermuda、Belgium、Brazil、Chile、France、Germany、Hong Kong Special Administrative Region of China、Israel、Italy、Japan、Lebanon、Mexico、The Republic of Korea、Saudi Arabia、Singapore、Taiwan, China)の3747施設へ送付されたことが判明した。厚生労働省は2005年4月14日に、「H2N2型インフルエンザウイルスを含む検体の廃棄について」を公開し、国内の該当9施設に対して、検体の保管状況等について聞き取り調査を行ったところ、いずれも適正に廃棄または管理されている状況であったと報告した。詳細情報はURL(http://www.mhlw.go.jp/houdou/2005/04/h0413-2.html)または、WHOのURL(http://www.who.int/csr/disease/influenza/h2n2_2005_04_12/en/)または、国立感染症研究所感染症情報センターのURL(http://idsc.nih.go.jp/disease/influenza/050412h2n2.html)で知ることができる。米国の法廷で指紋捺印の信頼性についてテストしているが、驚いたことに指紋押捺が貴重で一般に信頼できるツールであるということについて、これまで十分に議論されてこなかった。そして、1つの主要な欠点に苦しみ、人生を台無しにしている人がいるということで、newscientist.comは2005年9月15日に、誤認逮捕で投獄され、自ら犯さなかった犯罪によって人生を台無しにしている人がいることから、1世紀以上に渡って使用されてきた指紋を再検証し始めたと「How far should fingerprints be trusted?」を報告した。指紋試験官がどれくらいの頻度で間違った報告をしたかという研究が皆無に近いと報告し、この禁断の分野に踏みいって、指紋捺印の信頼性テストは重要な科学的研究になる。今コンピュータ分野でも多くのバイオメトリックス技術を導入してきているが、まず信用できるという概念が先行し、「負」の要素である間違い頻度の科学的検証をどれほど実施されているのかといえば、一世紀以上に渡って使用されてきた指紋でも、このような調査はほぼ初めてということから、再度考える必要がある研究といえる。科学者は取りあえず、肯定的理論だけを優先することが多く、それは科学の発展途上時期に認めさせるために使用されてきた考え方で、そろそろ「負」の要素から、科学的な検証をする時期になってきたといえる。詳細情報はURL(http://www.newscientist.com/article.ns?id=mg18725174.500)で知ることができる。NTTは2006年9月29日に、人体にカルシウムやナトリウム、モリブデン、バナジウム、セレン、クロムといったごく微量だが金属元素が含まれ、必須金属元素の多くは特定のタンパク質や有機分子を従え、1つの金属元素を中心にして、その周囲にさまざまな分子を従える分子の形「金属錯体」を形成している。これは生物は進化の過程で、代謝を大幅に効率化する元素として活動している。この考え方を光ファイバーに導入し、微量元素を採り入れて進化する基幹系光ファイバー技術を開発し、今回は1本の光ファイバーに微量のリンを添加することで14Tbpsという超大容量のデータ伝送実験に成功したと発表した。この考え方で最初に希土類元素のエルビウムを光ファイバーの石英に混ぜ込むことで、EDFA(Erbium-doped Fiber Amplifier/エルビウム添加光ファイバー増幅器)の実現という画期的な技術進化を果たした。詳細情報はURL(http://www.ntt.co.jp/news/news06/0609/060929a.html)で知ることができる。
MIT Technology Reviewは2007年12月28日に、Emily Singerによる「バイオテクノロジーの年(The Year in Biotech)」を公開し、この1年で紹介した紹介した皮膚細胞の熱気、無数の細菌、US$35万の個人的なゲノムについて、振り返った。詳細情報はURL(http://www.technologyreview.com/Biotech/19982/?nlid=777)で知ることができる。
真実の個人ゲノムの確保(Genomics Gets Really Personal)
2007年は、個人でないかどうか、広い遺伝子テストが最終的に範囲に含まれたときであり、個人的なゲノミックスにおける転機として覚えていられるかもしれない。
DNAの構造の発見者ジェームス・ワトソン(James Watson)と、個人的なゲノム配列を解析するためのリーダーであるクレイグ・ベンター(Craig Venter)は、顕な個人的な病気リスク自身のゲノムの系列を発表した。ジェームス・ワトソン(James Watson)の「The $2 Million Genome(US$200万のゲノム)」のURL(http://www.technologyreview.com/Biotech/18809/)
クレイグ・ベンター(Craig Venter)の「Craig Venter's Genome(クレイグ・ベンターのゲノム)」のURL(http://www.technologyreview.com/Biotech/19328/)
消費者にとって、人間のゲノミックス・データの爆発的な利用について、数社はアルツハイマー病、糖尿病、および癌を含んださまざまな病気に関係するという個人の遺伝的危険率を分析し、ダイレクトな遺伝子を検査するサービスに着手した。
「Your Future, on a Chip(チップ上のあなたの未来)」のURL(http://www.technologyreview.com/Biztech/19856/)
「Your Personal Genome(あなた個人のゲノム)」のURL(http://www.technologyreview.com/Biotech/19824/)
評論家は、そのようなテストが病気を予防する際にどれくらい役に立つかが、まだ明確でないと言っている。
したがって、完全なゲノム系列において、正札が100万回の遺伝的変異を分析するマイクロアレイ分析のためで約US$1,000ドルからUS$35万ドルまで及んでいて、待つ価値があるかもしれないと言っている。
つまり、個人レベルでのゲノム分析をすることは、究極の個人情報の把握と言うことになるのかもしれない。
そしてそれを政府が集め始めようとしている。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8254)で知ることができる。
また、科学者は2007年に、全体の顕微鏡コミュニティの分析を許す技術を配列することのおかげで、メタゲノミクス(metagenomics)として知られているアプローチで、これまで以上密接に微生物の世界を記録したと報告している。
過程で、彼らは再生可能エネルギーから薬までのすべてに適用することができた豊富なゲノム多様性の覆いを取った。
例えば、白アリの腹の中に住む細菌として見つけられた酵素は、cellulosicをエタノールにするより効率的な方法を奮い立たせるかもしれない。
「Termite Guts Could Boost Ethanol Efficiency.(白アリの腸はエタノール効率を上げるかもしれない)」のURL(http://www.technologyreview.com/Energy/19745/)
免疫機能と栄養として私たちの中で暮らして、決定的な役割を果たす細菌を記録するために国立衛生研究所によって後援された大規模なプランとして、私たち体内に住むの微生物は新たに発表されたHuman Microbiome Projectの一部として特別な注意を得ている。
「Our Microbial Menagerie(我々の体内微生物動物園)」のURL(http://www.technologyreview.com/Biotech/18889/)
「The Next Human Genome Project: Our Microbes.(次のヒトゲノム計画: それは私たち体内の細菌)」のURL(http://www.technologyreview.com/Biotech/18618/)
これまで知ることがなかった自分自身の体内にも未知の微生物が無数に住み着いていたことが、細菌になってどんどん発表されている。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8255&catid=4)で知ることができる。
しかし、特に治療的クローニングに関する胚幹細胞研究は2007年に、継続的な基金制限、専門的な問題、および生命倫理の問題のおかげでもがき苦しんだと報告した。
例えば、ハーバード大学(Harvard University)の科学者で、クローンのチャンピオンと呼ばれるユーザケビン・エガン(Kevin Eggan)は、およそ2年前に人間クローン実験を始める許可を与えられたが、ヒトの卵細胞の不足のためまだ始めていない。
「Human Therapeutic Cloning at a Standstill.(人間の治療的クローニングの限界)」のURL(http://www.technologyreview.com/Biotech/19488/)または、URL(http://www.mcb.harvard.edu/Faculty/Eggan.html)
しかし、2007年11月に、ウィスコンシン大学(Wisconsin University)と日本の科学者は、胎児のために必要性としない胚幹細胞や卵子のように振る舞うように大人の細胞にプログラムを変える比較的簡単な方法おもしろい潜在的代替手段を発表した。
「Stem Cells without the Embryos.(胎児のいない幹細胞)」のURL(http://www.technologyreview.com/Biotech/19742/)
米国は、進化論を認めていない数少ない国であり、そこでクローンを治療に役立てようと言う発想は、最悪な結果になるかもしれない。
イラク戦争から戻る白衣の勇士は脳障害が酷かったということから、より良い救急医療のおかげで、激しい頭蓋骨損傷を伴う患者は、より生き残る可能性が出てきたと報告した。
しかし、能力を禁止する激しい認知障害と共に、外の世界に対応できるようになるかと言う問題が残されるかもしれない。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8256&catid=4)で知ることができる。
ベトナム戦争では、戦場の恐怖をぬぐい去るため、戦闘機のパイロットは、音速に対応させるため、多くの薬が開発され、それらは通常時に使用すると完全な麻薬であったことが明らかになってきている。
イラク戦争などでは、多くの「PTSD」患者が見つかり、彼らは今後もそれらの治療を受け続けることを考えると、米国がしようとしているのは何かという大きな疑問が残る。
そして、そのような闇の苦痛の世界で生きるのは、ほとんどが感性が高い若者である。
ベトナム戦争以降、多くの凶悪事件がそれらの患者によっても起こされてきた。
ニューヨーク市ワイルコーネル医科大学の神経科医ニコラス・シフ(Nicholas Schiff)は、これらの主に忘れられた患者の家族に関する新たな希望を提供した。
彼は、これらの患者が電気が脳の特定の部分に渡されるパーキンソン病を扱うのに使用されるテクニックである脳深部電気刺激法(deep brain stimulation)が、環境に応じる方法を助けることができると発見した。
「Raising Consciousness」のURL(http://www.technologyreview.com/Biotech/18092/)
「Jump-Starting the Damaged Brain」のURL(http://www.technologyreview.com/Biotech/19136/)
しかし、経験をしたことを忘れ、完全に社会に対応できるとは考えにくい。
まだまだ実験段階で、不確実性が高い!
ある経験から、私は夜の風音で現在も苦しめられている。
人に不要なことは、死の恐怖を経験して生き続けることです。
若者の人権を無視して、戦場に送り出し、彼らを英雄だと言いながら、自分は国の利益と自分の名誉を守ろうとする大統領が、米国にいる。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8257)で知ることができる。
人間は前の考えより遺伝学的にさまざまなことが起こっているのかもしれないとも報告した。
DNAの大きい塊が頻繁にコピーされるか、削除されるか、または転移すると発見した、そして、それらが病気における大きな役割を果たすかもしれないことも判り始めた。
「Deciphering Human Differences(人間の違いを解読)」のURL(http://www.technologyreview.com/Biotech/19472/)
さらに、糖尿病、クローン病、心臓病などのように病気が、SNPsのために全体のゲノムをスキャンする遺伝子アレイを使用する多くの研究から、一塩基変異多型が一般的で複雑な遺伝病にリンクされた変化を特定した。
「Genes for Several Common Diseases Found」のURL(http://www.technologyreview.com/Biotech/18834/)
遺伝は、永久的なことであったと言う考えから、遺伝は削除、移転すること判ってきたことから、それを解明することで、多くの遺伝病と言われる治療も可能になるかもしれないが、同時に誰もが同じ病に冒される可能性も明確になってきている。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8258)で知ることができる。


米国の国境で利用されているバイオメトリックスに関するレポート
2002年8月に米国のFAOが発表した中間計画表紙
2002年8月に米国のFAOが発表した中間計画-1
2002年8月に米国のFAOが発表した中間計画-2
2002年8月に米国のFAOが発表した中間計画-3
2002年8月に米国のFAOが発表した中間計画-4
「カートリッジ型前処理デバイス」と「マイクロ検査チップ」
GAOが2003年9月9日に公開した、バイオメトリックスを利用した情報セキュリティ実験報告書
「生物の多様性に関する条約のバイオセーフティに関するカルタヘナ議定書」の加入について
Privacy Internationalが2004年4月27日に公開したIDカードとテロリズムに関するレポート
SIPRIは2004年版のリリース
SIPRIは2004年版の年鑑のハイライト紹介
アブ・グレイブ刑務所で起こった人権を無視した行為に対する最終報告書
経済産業分野のうち個人遺伝情報を用いた事業分野における個人情報保護ガイドライン
3万2000年間眠り続け、生き返ったバクテリア
Dr. Elena PikutaとDr. Richard Hoover
Illustrirte Zeitung1856年1月26日に掲載された化学者Justus von Liebig
ミュンヘンのJustus von Liebig研究所
Justus von Liebigの階段教室
Illustrirte Zeitung1856年4月19日に掲載された当時の最新技術を駆使した世界最長の砲身
厚生労働省が2005年4月14日に公開した、「H2N2型インフルエンザウイルスを含む検体の廃棄について」
NTTが2006年9月29日に公開した1本の光ファイバで14Tbpsの光伝送に成功報告

バイオニクス
DNA鑑定チップ
XPORT
ベトナムのシリコンバレー構想
ヒューマン・インタフェース
バイオメトリックス
バイオミメティックス
バイオ・コンピュータ
中勢北部サイエンスシティ
サイバネティックス
関西学研都市
DNAチップ
サイボーグ
Robot-ism 1950-2000
PONG
FES(Fanction ElectoroStimulation)
Palm Pilot Robot
GEML(Gene Expression Markup Language)
プライマー
顔面認識
Fsasバイオ認証システムSF2000 Bio
ハプティックス
BUI(Bio-adaptive User Interface)
Robo-roach
SlugBot
MEMS(MicroElectroMechanical Systems)
生命情報工学
シンギュラー・ポイント
組織培養と芸術
バイオテクノロジー戦略会議
先進医工学センター
GeneIndex Delivery
鉄腕アトムのロボット法
バイオMEMS
バイオメトリクスセキュリティコンソーシアム
BION
Biogeochemical
Biocomplexity
Intelligent Island
ゲノム分析
ゲノム分析-2
ドイツで禁じられたナチス用語
ドイツで禁じられたナチス用語/2001年
ドイツで禁じられたナチス用語/2002年
ドイツで禁じられたナチス用語/2003年
ドイツで禁じられたナチス用語/2004年
ドイツで禁じられたナチス用語/2005年
ドイツで禁じられたナチス用語/2006年
ドイツで禁じられたナチス用語/2007年
ホロコースト関連のURL
情報リテラシー
戦場ジャーナリスト
デジタルカメラ
ニュース・オン・デマンド
イラク人の自由作戦の後-4
カメラ付き携帯
ローテク・ハイコンセプト・テロ-11
情報操作
情報操作/2001年
情報操作/2002年
情報操作/2003年-1
情報操作/2003年-2
情報操作/2004年-1
情報操作/2004年-2
情報操作/2004年-3
情報操作/2004年-4
情報操作/2004年-5
情報操作/2004年-6
情報操作/2004年-7
マスメディアの崩壊と存続への道
マスメディアの崩壊と存続への道-2
マスメディアの崩壊と存続への道-3
マスメディアの崩壊と存続への道-4
マスメディアの崩壊と存続への道-5
マスメディアの崩壊と存続への道-6
デジタルカメラが戦争を変えた!
戦争が生み出す新しいマッド・サイエンティスト
This World: One Day of War
冷凍「方舟」プロジェクト
ジェノサイド法
性とメディア
性とメディア2000年
性とメディア2001年/2002年
性とメディア2003年
性とメディア/2004年-1
性とメディア/2004年-2
メディアザウルス
BWC(Biological Weapons Convention)
バイオハイブリッド
FUD
スピン・ドクター
E! Online
Cat and Dog
Def Tech
昆虫サイボーグ
脅し、恐怖を与え、稼ぎ出すビジネス