脳磁計


脳内の神経活動にともなって発生する微弱な磁場を、高感度の磁気センサーであるSQUIDで検出する装置で、脳内興奮個所を1つと仮定して興奮部位を同定することを目的とし、この手法で、てんかん患者のてんかん発生部位の推定が可能なため、焦点部位推定の有効な検査機器として病院でも多く使用されています。

>> さらに詳細な情報はこちら