脳機能計測


人間の脳は地球の生命が約40億年架けて開発したバイオ・コンピュータであり、それぞれの神経細胞の情報伝送は電気信号で、神経細胞同士いろいろな化学物質を介して、情報をやりとりしていることから、脳を知ることが21世紀に向かう大きなテーマであ留ことから開発されている、人間の脳の働きを調べる機械です。

>> さらに詳細な情報はこちら


1986年のノーベル物理学賞受賞者紹介のページ
世界で初めてナノの世界を視覚化したエルンスト・ルスカと電子顕微鏡
脳機能計測技術の背景と展望
電子顕微鏡の細胞(撮影:広島大学医学部工田昌也/画像処理:井原潤)-1
電子顕微鏡の細胞(撮影:広島大学医学部工田昌也/画像処理:井原潤)-2
電子顕微鏡の細胞(撮影:広島大学医学部工田昌也/画像処理:井原潤)-3
電子顕微鏡の細胞(撮影:広島大学医学部工田昌也/画像処理:井原潤)-4
電子顕微鏡の細胞(撮影:広島大学医学部工田昌也/画像処理:井原潤)-5
電子顕微鏡の細胞(撮影:広島大学医学部工田昌也/画像処理:井原潤)-6
Polaroido社のDigital Microscope Camera
Polaroido社のDigital Microscope Cameraで撮影された画像GIFアニメーション
日立が開発した透過電子顕微鏡と高感度TVカメラシステム
日立が開発した走査電子顕微鏡S-3500N
液晶の分子配列の模型
1877年10月6日にScience Americaで発表されたBell's New Telephone
BMDOとVIGILANTE projectが開発した3DANNプロセッサ
Illustrirte Zeitung1850年2月16日に掲載された測量機器-1
Illustrirte Zeitung1850年2月16日に掲載された測量機器-2
Illustrirte Zeitung1850年2月23日に掲載された測量機器-1
Illustrirte Zeitung1850年2月23日に掲載された測量機器-2
Illustrirte Zeitung1850年2月23日に掲載された測量機器-3
Illustrirte Zeitung1850年2月23日に掲載された測量機器-4
Illustrirte Zeitung1850年2月23日に掲載された測量機器-5
Illustrirte Zeitung1850年2月23日に掲載された測量機器-6
Illustrirte Zeitung1850年2月23日に掲載された測量機器-7
Illustrirte Zeitung1850年2月23日に掲載された測量機器-8
Illustrirte Zeitung1850年9月7日に掲載された測量風景
Illustrirte Zeitung1850年9月7日に掲載された測量幾何学棒-1
Illustrirte Zeitung1850年9月7日に掲載された測量幾何学棒-2景
Illustrirte Zeitung1850年9月7日に掲載された測量幾何学棒-3
Illustrirte Zeitung1856年1月26日に掲載された化学者Justus von Liebig
ミュンヘンのJustus von Liebig研究所
Justus von Liebigの階段教室
「脳」の疲れを測定する「はちまき」の技術解説