ネットアイドル

Net Idol


実に芸能界という世界はしたたかで、以前はパソドルが話題になったが、インターネットが話題になったことから登場した、インターネットを使って、話題を振りまくアイドルの総称。現在自称他称のネットアイドルといわれる人は、約120名ほどいるといわれる。インターネットのアイドルサイト「FUN・FAN・ファン!」では、2000年2月15日から3月31日までネットアイドル候補者も募集し、「ネットアイドルコンテスト2000」を開催している。詳細情報はURL(http://www.justnet.ne.jp/fun_fan/)で知ることができる。
また、ついてテレビや雑誌などで、インターネットについて訳の分からない、知ったかぶりを語る評論家はインターネットタレントを縮めてインタレまたは、ネットワークタレントを縮めてネッタレというべきなのかもしれない。Broadcasting & Cableは2005年6月6日に、米国でもっともポピュラーなTV番組ショーと知られるFOXの「American Idol(アメリカン・アイドル)」が、これまでのアイドル番組から宗旨替えして、2006年はコメディとバラエティーのジャンルで視聴率を狙うと報告した。「American Idol」のクリエイターであるサイモン・フラー(Simon Fuller)もそれを切望していると報告している。詳細情報はURL(http://email.BroadcastingCable.com/cgi-bin2/DM/y/emOP0I46zt0Olt0CVZg0Ej)または、URL(http://idolonfox.com/)で知ることができる。一般にアイドルが受けるときは景気が成長期で、コメディとバラエティーが受けるときは景気が後退期に向かうときだと言われていることから、次に米国の景気も後退期に向かい始めるのかもしれないと噂が出始めた。
イギリスのBBC Newsは2008年9月19日に、インド政府がリアルTV番組に対して子供の参加を規制する新指導法案を提案したと報告した。
この法案が承認されると、すべての放送局はガイドラインに従わなければならない。
過去数年間で子供が出演する実録番組「indian Idol」は巨大なヒットになり、数千人が参加するために待っている状態になっている。
NCPCR(National Commission for Protection of Child Rights/国立子供保護委員会)メンバーの専門化のSandhya Bajajは、「子供がリアリティTV番組によってどのように誤用されていたか、そして、私たちが十分に管理しなかった問題に関して私たちはいくつかの苦情を受けた。」と言っている。
委員会は法律専門家、児童心理学者、および教育理論家と共にワーキング・グループを設立し、そして、マニュアルを推薦した。
それらの中には、最低年齢限界を12歳に修理する提案がある。
現在、7歳か8歳が参加するとき、幼い同じくらい子供は注目してきた。
またガイドラインは、非常時に対処するために、医師とカウンセラーをセットにして、いつも出席していることを勧めている。
当局は、また、これまで否定できなかったことから、自分達のも規制が必要であると言っている。
アメリカン・アイドル(American Idol)の対応者と他のコンテストのように、より良い視聴率を引き付けるために、争う人に失礼であることも多く、裁判官は、時々起訴してきた。詳細情報はURL(http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/7622847.stm)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11078)で知ることができる。