認知科学

cognitive science


人間などの生体における認識の情報処理に関する科学研究の総称。認識、行動、思考、言語、感情、コミュニケーションなど生体の諸機能にかかわる統合的な分野で、認識の情報処理機構を脳機能の面からとらえる理学的な研究、認識機能をコンピュータ上に実現する工学的な研究、また意味や意識、感情や心、環境に関する人間学的研究も認知科学である。また、思考するということはどのようなことかをテーマにしたInquiring Mindsも登場している。詳細情報はURL(http://www.fnal.gov/pub/inquiring/matter/)で知ることができる。
また、インターネット上には脳について知ることができるBrain Explorerもある。詳細情報はURL(http://www.brainexplorer.org/)で知ることができる。
理化学研究所は2004年2月27日に、理研ニュース別冊として、「なるほど!脳の中身が見えてきた!」のPDF版を公開した。詳細情報はURL(http://www.riken.go.jp/r-world/info/release/news/special/pdf/0402.pdf)で知ることができる。ソニーは2004年7月28日に、脳科学を応用し、自分で考えて行動するロボットの開発など人工知能を研究し、ロボットを含むエレクトロニクス製品に応用可能な研究に取り組む「ソニー・インテリジェンス・ダイナミクス研究所」を設立した。詳細情報はURL(http://www.so-net.ne.jp/news/yomiuri2/economics/html/20040728ib02.html)で知ることができる。
疲れたコンピュータ・ユーザーのために、いつやめるかを指示してくれる「はちまき」をInformationWeekが2007年10月12日に紹介してきた。詳細情報はURL(http://www.informationweek.com/news/showArticle.jhtml?articleID=202401723&subSection=News)で知ることができる。
タフツ大学(Tufts University)のコンピュータ・サイエンスロバート・ヤコブ(Robert Jacob)教授と医用生体工学セルジオ・ファンティニ(Sergio Fantini)教授チームは脳の感情的な状態を測定するため、近赤外分光法センサーを使用して、脳で血液酸素処理レベルをモニターするハイテク鉢巻きを開発した。タフツ大学(Tufts University)チームが開発した「はちまき」を利用することで、パソコンを使っている人のストレス尺度を測定し、ひどく疲れているか、意識散漫になり始めているか、まだ明確に反応できるかを示してくれ、この研究は「 ACM Symposium on User Interface Software and Technology」として、NSF(National Science Foundation/米国科学財団)からUS$445,000の交付金を受けて開発された。
この技術は、脳の感情的な状態に関するリアルタイムの洞察を獲得するためにMRIのような「はちまき」の使用が伴い。この技術は、研究の長期目標として、普通のコンピュータ・ユーザーのためにユーザー・インタフェースを改良することで、コンピュータ・ユーザーだけではなく、もちろん航空管制官、軍事作戦本部、パイロットなどにも利用できるかもしれない。技術解説は、URL(http://www.cs.tufts.edu/~jacob/papers/uist07.poster.pdf)で知ることができる。
チームは、機能的な近赤外分光法(fNIRS)を使用して、技術が安全で、携帯用の非観血であると言っている。「はちまき」の上のセンサは追跡されるために額への赤外光、そして、可能な酸素処理を送るレーザー・ダイオードが取り付けられている。
VNUnet UKは2008年2月22日に、米国の科学者が21年以内に人間レベルの人工知能マシンが達成できると主張したことを報告した。
米国科学振興協会(American Association for the Advancement of Science)でレイ・カーズウィル博士(Dr. Ray Kurzweil)は、コンピュータが自分たちの中で教え、模写することを学ぶ、マシン・インテリジェンス(machine intelligence/機械知能)が人間の脳を凌ぐ未来について説明しました。
カーズウィル博士は18人の有力な思想家のひとりで、Google創設者ラリー・パージ(Larry Page)とゲノムパイオニアのクレイグ・ベンター博士(Dr Craig Venter)と共に、21世紀のthe US National Academy of Engineering(米国エンジニアリング・アカデミー)で、人類が直面しているかなりの技術的な挑戦を特定するために選ばれている。
健康と知性を上げるために身体に植えつけられた装置のおかげで、生物学的分子から作られた広大に改良された性能がある小型化された3Dチップは、人とマシンを合併して作動する。
カーズウィル博士は、「3D分子コンピューティングは2020年代までに'強い人工知能'という人間のレベルのためのハードウェアを提供するでしょう」「すでに進行中の過程、人間の脳のリバース・エンジニアリングから、より重要なソフトウェア洞察を一部獲得するでしょう。」「人間の脳の24カ所は、既に、モデル化されて、シミュレートされました。」と言った。詳細情報はURL(http://www.merit.unu.edu/i&tweekly/ref.php?nid=3252)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8889)で知ることができる。


1986年のノーベル物理学賞受賞者紹介のページ
世界で初めてナノの世界を視覚化したエルンスト・ルスカと電子顕微鏡
電子顕微鏡の細胞(撮影:広島大学医学部工田昌也/画像処理:井原潤)-1
電子顕微鏡の細胞(撮影:広島大学医学部工田昌也/画像処理:井原潤)-2
電子顕微鏡の細胞(撮影:広島大学医学部工田昌也/画像処理:井原潤)-3
電子顕微鏡の細胞(撮影:広島大学医学部工田昌也/画像処理:井原潤)-4
電子顕微鏡の細胞(撮影:広島大学医学部工田昌也/画像処理:井原潤)-5
電子顕微鏡の細胞(撮影:広島大学医学部工田昌也/画像処理:井原潤)-6
Polaroido社のDigital Microscope Camera
Polaroido社のDigital Microscope Cameraで撮影された画像GIFアニメーション
日立が開発した透過電子顕微鏡と高感度TVカメラシステム
日立が開発した走査電子顕微鏡S-3500N
Poyetが19世紀に考えた万能コンピュータThe Forget-Me-Not Computer
Boris Artybasheffが1966年に描いた自動人間
A.M.チューリング
ロシアとヨーロッパのインターネット・ユーザーの伸び
イギリスのナショナル・アーカイブにある1943年のColossus
イギリスのナショナル・アーカイブが提供するVirtual museum
ヨーロッパの2000年インターネット・ユーザー
1950年に出版されたWhittaker's Almanackの1023にあるMechanical Brain
Walter Benjamin著The Work of Art in the Age of Mechanical Reproduction, 1935
ロボットマーケット市場報告書「2003 World Robotics survey」
Illustrirte Zeitung1856年1月26日に掲載された化学者Justus von Liebig
ミュンヘンのJustus von Liebig研究所
Justus von Liebigの階段教室
「脳」の疲れを測定する「はちまき」の技術解説