ニューヨーク大停電

NY Grid Operator Unclear>>NewYork A major power outage struck


米国東部時間2003年8月14日午後4時11分(日本時間15日午前5時)に、ニューヨーク、オハイオ州クリーブランド、ミシガン州デトロイト、マサチューセッツ州ボストン、ノースカロライナ州、コネティカット州、オンタリオ州のトロントやオタワなどカナダ東部など広範囲に渡って、都市で大規模な停電が起き、信号が消え、地下鉄や公共バスなどが運航を停止し、エレベーターに閉じこめられ、市内中心部では一般電話約10万回線が不通になり、阪神大震災では大活躍した携帯電話も、利用者が殺到して通常の2.5倍に増えたため、かかりにくくなり、エリー湖の南岸に位置するオハイオ州クリーブランドでは、エリー湖から水をくみ上げ、150万人の市民に給水する上水道システムがとまった。ウォール・ストリートのシステムまで停電し、ニューヨークだけで約1900万人の市民が被害を受けた。全体では5000万人の被害と言うことで、今回送電が停止された電力は約6000万Kワットで、東京電力全体の供給量に匹敵する史上最大の停電ということになった。ただし、ニューヨーク証券取引所は取引が終わった10分後であり、15日の取引開始前にでんきが復旧したことから被害に遭わなかったため、大混乱を避けらることができた。一部ではテロではないかという噂もあったが、この地域はカナダからの電力供給でまかなわれていることから、その送電管理システムがダウンし、これまでにもニューヨークでは何度も大停電が起こっていることから、テロ説はホワイトハウスが否定し、多くのマスコミも否定した。ニューヨーク・タイムズ(New York Times)紙は、「N.Y. Grid Operator Unclear When Power Will Be Restored(ニューヨークのグリッド・オペレーターは、いつ電力が回復できる判らない)」と報道した。この場合の「Grid」は、インターネットの世界で話題になっている「Grid」ではなく、イギリスで起こった産業革命のときに多く利用された「電力の配電網」とか「高圧線送電網」という意味で、生活の基盤になっている格子のように構築された電力供給網のことである。詳細情報はニューヨーク・タイムズ紙のURL(http://www.nytimes.com/2003/08/14/nyregion/14WIRES-RESTORE.html)または、URL(http://www.nytimes.com/2003/08/14/nyregion/14WIRE_POWER.html?8bl)または、URL(http://www.nytimes.com/2003/08/14/business/14WIRES-FINANCE.html?8bl)で知ることができる。ニューヨーク・マンハッタンでは2003年8月15日夜になって、電力供給が完全に復旧し、ブロードウェーは公演を再開し、一部の映画館も営業を再開し、タイムズスクエアの広告塔やエンパイアステートビルのネオンにも明かりがともり、ニューヨーク市民から歓声があがり、2003年8月16日には地下鉄も一部で動き出した。ミシガン州では2003年8月16日未明になっても、約5万世帯には電力が届かなず、工業都市デトロイトでは電力不足のため、ガソリンスタンドでの給油も止まった。ただし、1965年にはニューヨークとニュー・イングランドで1日停電になり、約2500万人が電気を使えなかったし、1977年には落雷により、ニューヨーク大規模停電が起こり、復旧に手間取り3日間も停電しつづけ、大きな混乱を招き、900万人が被害を受け、さらに街中が闇夜に紛れた窃盗や強盗が多発し、数1000人が逮捕された。また、その9ヵ月後にはベビーブームが起きたことから話題になった。シリコンバレーを中心とした西海岸の停電につづいて、今回のニューヨーク大停電と、先進国であるはずの米国のこの状況から、米国の電力自由化のゆがみは、電力インフラに置いて発展途上国にしたと指摘されることだろう。ニューヨーク便の航空機は全体に遅れ気味で、お盆の夏休みで大リーグなどを見にニューヨークへ出かけた日本人も2003年8月16日には、疲れた顔で成田空港に到着していた。詳細情報はURL(http://www.bo-sai.co.jp/newyorkteiden.htm)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2003年8月25日に、米国のエネルギー・ポリシーに関して「Energy Task Force: Process Used to Develop the National Energy Policy. GAO-03-894」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-894)で知ることができる。米国のGAOは2003年8月27日に、エネルギーの安定供給を保持するためにエネルギー市場でFERC(The Federal Energy Regulatory Commission)が全体的に俯瞰し、それを支援する組織とシステムの確立を訴えたレポート「Energy Markets: Additional Actions Would Help Ensure That FERC's Oversight and Enforcement Capability Is Comprehensive and Systematic. GAO-03-845」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-845)で知ることができる。WIREDNEWSは2003年9月11日に「北米大停電でリニューアブル・エネルギーへの転換は進むか」で、1935年に制定された公益企業の合併を制限する「公益事業持ち株会社法(Public Utilities Holding Company Act)」の廃止や、各州政府が十分に機能していない場合にFERC(Federal Energy Regulatory Commission/米国連邦エネルギー規制委員会)が介入できるように、より強力な権限の付与を謳う条文が盛り込まれて、上下院をそれぞれ通過した別個のエネルギー法案の内容をすりあわせには行っていると報道した。また、どちらの法案にもリニューアブル・エネルギー(renewable-fuel standard)の利用量に関する達成基準を定める条項があり、2012年または2015年(法案により異なる)までにエタノール燃料の使用量を年間50億ガロン(約1900万キロリットル)、にまで増やすよう義務付けているということである。詳細情報はURL(http://www.hotwired.co.jp/news/news/20030911103.html)で知ることができる。FERCは2003年9月10日に、2004〜2008までの開発計画である「FERC will work new Strategic Plan」、LPGの輸入計画「New LNG Import Terminal, First to be Built in U.S. in 20 Years」、2003年8月14日にカナダと米国で起こった大停電に対して、行われた議会でのヒヤリングとその対処法案として「Chairman Wood testifies at Senate Hearing ''Keeping the Lights on: The Federal Role in Managing the Nation's Electricity''」を公開した。詳細情報はURL(http://www.ferc.gov/whats-new/hd-current/09-10-03-strat-plan.pdf)または、URL(http://www.ferc.gov/press-room/pr-current/09-10-03-hackberry.pdf)または、URL(http://www.ferc.gov/press-room/ct-current/09-10-03-wood.pdf)で知ることができる。ニューヨークで起こった大停電は、送電管理システムがダウンし、それが連鎖反応を起こしたことが原因であったことから、今後発電所や変電所にコンピュータ・ウイルスやクラッキングによる攻撃で、大停電が起こる可能性が一気に高まった。ZDNetは2003年9月16日に、米国、カナダ、およびイギリス政府のために働く研究者らは既に、デジタル継電・制御技術のバックドアーを発見していると報道した。詳細情報はURL(http://www.zdnet.co.jp/enterprise/0309/12/epap01.html)で知ることができる。Oil&Gas Journalは2004年4月6日に、ワシントンでFERC(Federal Energy Regulatory Commission)とUS-Canada Power System Outage Task Forceの研究者が2004年4月5日に、2004年の夏にもSCADA(Supervisory Control and Data Acquisition) systemsが外部からサイバー・アッタクされ、再度大停電が起こる可能性があり、法律で規制する必要があることを示唆したと発表した。詳細情報はURL(http://ogj.pennnet.com/articles/web_article_display.cfm?ARTICLE_CATEGORY=GenIn&ARTICLE_ID=202238)で知ることができる。The Baltimore Sunは2004年6月10日に、メリーランド大学の研究者グループ(University of Maryland researchers)は米国東部時間2003年8月14日午後4時11分に、ニューヨーク、オハイオ州クリーブランド、ミシガン州デトロイト、マサチューセッツ州ボストン、ノースカロライナ州、コネティカット州、オンタリオ州のトロントやオタワなどカナダ東部など広範囲で起きた大停電の後の24時間に航空機が採取した空気は、二酸化硫黄(SO2)が90%減少し、オゾン濃度が半減し、視界は40km(25マイル)以上向上していたと報告した。詳細情報はURL(http://www.baltimoresun.com/news/local/bal-md.blackout10jun10,0,4986596.story)で知ることができる。オリンピックを間近に控えたギリシャのアテネ首都圏やギリシャ南部で2004年7月12日に、最高気温40度以上が続いたことから、送電システムに不具合があり、大規模な停電が発生した。大停電は、1時間足らずで首都圏の70%は回復したが、アテネ国際空港から市中心部を結ぶ鉄道の試運転が途中で停止し、交差点では車が入り乱れて動きがとれなくなり、オリンピック記者証を発行する受付センターも作業が中断した。ただし、オリンピック会場は自家発電装置ですぐに復旧したと、多くのマスコミは報道し、同時にオリンピック開催中は大丈夫かと騒ぎ始めたが、ギリシャは以前から、大停電が日常茶飯事で、オリンピック会場が自家発電装置を設置していることから、大停電になれば復旧するまで世界中から集まった観客は待つことくらいの我慢は必要な地域であることを認識すべきといえる。競技中に停電で記録がとれなければ、もう一回競技をやり直す。停電で競技が継続できなければ中断するくらいの余裕が欲しいものである。オリンピックは祭典であり、文化を知ることも大きなテーマであることから、世界中がデジタル化の波に飲み込まれ、どこでもスイッチを入れれば電気が来て明るくなり、クーラーも付いて涼しくなり、蛇口をひねれば水が出る。全てが時間通りに進行するとは限らないことをオリンピック発祥の地で知る良い機会になる。とくにオリンピックで競われる多くの競技は、デジタル化にはそぐわない戦場での戦いが変化した競い合いであり、生死を掛けた葛藤であり、矛盾のるつぼから誕生していることから、それらの全てを無理矢理デジタル社会に持ち込もうとするのであれば、コンピュータの入力競争や高速通信競争、無線環境でのデジタル交換などデジタル・オリンピックでも開催すれば良いともいえる。リシャのレストランでは、いつ停電になっても客が困らないようにろうそくが用意してあるのが常識で、オリンピックも松明とろうそくが活躍する場面があってもいいのではないだろうか。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2004年9月13日に、電気市場での消費者動向レポート「Electricity Markets: Consumers Could Benefit from Demand Programs, but Challenges Remain. GAO-04-844」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-844)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2005年3月24日に、証券取引委員会が実施した財政的機密のデータの情報セキュリティに関するレポート「Information Security: Securities and Exchange Commission Needs to Address Weak Controls Over Financial and Sensitive Data. GAO-05-262」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-05-262)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2005年5月10日に、ガソリン価格と潜在的将来の傾向についてのレポート「Energy Markets: Understanding Current Gasoline Prices and Potential Future Trends GAO-05-675T」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/new.items/d05675t.pdf)で知ることができる。


ニューヨークで1965年11月9日に起こった大停電のLIFE
ニューヨークで1977年7月13日に起こった大停電のTIME
ニューヨークで2003年8月14日に起こった大停電の衛星写真
ニューヨーク・タイムズが報告した停電地域
郵政研究所月報2002/9米国の電力事業改革とカリフォルニア州の電力危機
米国の電力需給状況について
電中研ニュースの自由化時代の電力会社のマーケティング戦略
電気が付かないエンパイア・ステートビルCopyright 2003 The New York Times Company
停電前日の夜の光Copyright 2003 The New York Times Company
世界全体の夜の光
GAOが2003年8月25日に公開した「Energy Task Force」
ネルギーの安定供給を保持するための米国エネルギー市場
ERC will work new Strategic Plan
New LNG Import Terminal, First to be Built in U.S. in 20 Years
The Federal Role in Managing the Nation's Electricity''
Illustrirte Zeitung1847年1月30日号に掲載された蒸気エンジン飛行機
蒸気エンジン飛行機の構造
Illustrirte Zeitung1847年7月27日号に掲載されたHanisch-Bucher飛行マシン
Illustrirte Zeitung1848年3月4日号に掲載された産業革命の精錬所
Illustrirte Zeitung1848年3月4日号に掲載された産業革命の旋盤工場
Illustrirte Zeitung1848年3月4日号に掲載された産業革命の組み立て工場
Illustrirte Zeitung1848年11月25日号に掲載された陶器工場-1
Illustrirte Zeitung1848年11月25日号に掲載された陶器工場-2
Illustrirte Zeitung1848年11月25日号に掲載された陶器工場-3
Illustrirte Zeitung1848年11月25日号に掲載された陶器工場-4
Illustrirte Zeitung1849年3月10日に掲載された機械工場
Illustrirte Zeitung1849年3月10日に掲載された機械旋盤工場
Illustrirte Zeitung1849年3月10日に掲載された機械組み立て工場
Illustrirte Zeitung1849年8月11日に掲載された麻糸紬機
Illustrirte Zeitung1849年10月6日に掲載されたベルリン興行見本市会場
Illustrirte Zeitung1850年1月12日に掲載された救助ボート
Illustrirte Zeitung1850年1月12日に掲載された船の舵図面
Illustrirte Zeitung1850年1月12日に掲載された船の舵
Illustrirte Zeitung1850年1月12日に掲載された鉄の鍬図面
Illustrirte Zeitung1850年1月12日に掲載された鉄の鍬
Illustrirte Zeitung1850年3月9日に掲載された120の大砲を装備した帆船軍艦
Illustrirte Zeitung1850年3月9日に掲載された帆船軍艦の甲板
Illustrirte Zeitung1850年3月9日に掲載された帆船軍艦の船倉
Illustrirte Zeitung1850年4月20日に掲載されたStaiteの電気発光器-1
Illustrirte Zeitung1850年4月20日に掲載されたStaiteの電気発光器-2
Illustrirte Zeitung1850年4月20日に掲載されたStaiteの電気発光器-3
Illustrirte Zeitung1850年4月20日に掲載されたStaiteの電気発光器-4
Illustrirte Zeitung1850年4月20日に掲載されたStaiteの電気発光器-5
Illustrirte Zeitung1850年4月27日に掲載された電気メッキ機の構造図
Illustrirte Zeitung1850年4月27日に掲載された電気メッキ機
Illustrirte Zeitung1850年5月11日に掲載されたコーヒー・メーカー
Illustrirte Zeitung1850年5月11日に掲載されたシャワー・システム
Illustrirte Zeitung1850年5月11日に掲載されたジョーロ
Illustrirte Zeitung1850年6月8日に掲載されたAlexanderが開発した血圧計
Illustrirte Zeitung1850年6月15日に掲載されたLeipzigの産業見本市
Leipzigの産業見本市に出品されたF.I.Wolffの蒸気薬剤器
Leipzigの産業見本市に出品されたF.L. & G.Jacobiの野戦工廠
Leipzigの産業見本市に出品されたGoetze & Compの紡績プレス
Leipzigの産業見本市に出品されたI.A.F. Huentenのコンパス
Leipzigの産業見本市に出品されたI. Manuhartbtの鉄道運転器
Leipzigの産業見本市に出品されたSommermeyerの金庫
Leipzigの産業見本市に出品されたG.A. Raabeの旋盤
Leipzigの産業見本市に出品されたH. Burowの金庫
Leipzigの産業見本市に出品されたRichard Hartmannの紙裁断機
Leipzigの産業見本市に出品されたRichard Hartmannの機関車
Leipzigの産業見本市に出品されたRichard Hartmannの絞り器
Illustrirte Zeitung1850年6月29日に掲載されたJohann Mannhartの塔時計
Illustrirte Zeitung1850年8月17日に掲載されたシャワー・ルーム・システム
Illustrirte Zeitung1850年9月14日に掲載された海戦風景
Illustrirte Zeitung1850年9月14日に掲載されたKielに帰港した軍艦
Illustrirte Zeitung1850年9月14日に掲載されたロンドンに届いた植民地からの戦利品
Illustrirte Zeitung1850年12月7日に掲載されたDirschau景観
Illustrirte Zeitung1850年12月7日に掲載されたDirschauトンネル
Illustrirte Zeitung1850年12月7日に掲載されたDirschau機械工場
Illustrirte Zeitung1850年12月7日に掲載されたDirschau水車
Illustrirte Zeitung1850年12月14日に掲載されたRemondの封筒製造器-1
Illustrirte Zeitung1850年12月14日に掲載されたRemondの封筒製造器-2
Illustrirte Zeitung1850年12月14日に掲載されたRemondの封筒製造器-3
Illustrirte Zeitung1850年12月14日に掲載されたRemondの封筒製造器-4
Illustrirte Zeitung1850年12月14日に掲載されたバキューム・システム
Illustrirte Zeitung1850年9月28日に掲載された英国製コーヒー焙煎器
Illustrirte Zeitung1850年9月28日に掲載されたPaternoster社コーヒーミール
Illustrirte Zeitung1850年9月28日に掲載された顕微鏡画像
Illustrirte Zeitung1850年9月28日に掲載された
Illustrirte Zeitung1850年9月28日に掲載されたコーヒー豆の断面
Understanding SCADA System Security Vulnerabilities
Illustrirte Zeitung1851年1月2日に掲載された小麦粉製粉器-1
Illustrirte Zeitung1851年1月2日に掲載された小麦粉製粉器-2
Illustrirte Zeitung1851年1月4日に掲載されたマイセンの製陶器工場-1
Illustrirte Zeitung1851年1月4日に掲載されたマイセンの製陶器工場-2
Illustrirte Zeitung1851年1月4日に掲載されたマイセンの製陶器工場-3
Illustrirte Zeitung1851年1月4日に掲載されたマイセンの製陶器工場-4
Illustrirte Zeitung1851年1月18日に掲載された小麦挽き機-1
Illustrirte Zeitung1851年1月18日に掲載された小麦挽き機-2
Illustrirte Zeitung1851年1月18日に掲載された小麦挽き機-3
Illustrirte Zeitung1851年3月1日に掲載されたテルモ電池
Illustrirte Zeitung1851年4月5日に掲載された蒸気コンデンサー
Illustrirte Zeitung1851年4月26日に掲載された手紙折り器
Illustrirte Zeitung1851年4月26日に掲載された蒸気エンジン
Illustrirte Zeitung1851年5月3日に掲載されたガス調理器
Illustrirte Zeitung1851年5月10日に掲載されたコーヒー紅茶マシン
Illustrirte Zeitung1851年8月16日に掲載されたCasperSchmidtの調理器具
Illustrirte Zeitung1851年8月23日に掲載された小麦挽き機-1
Illustrirte Zeitung1851年8月23日に掲載された小麦挽き機-2
Illustrirte Zeitung1851年8月23日に掲載された鉄の針
Illustrirte Zeitung1851年11月22日に掲載されたガラス機器
Illustrirte Zeitung1851年12月6日に掲載されたメガネ
Illustrirte Zeitung1851年12月6日に掲載された聴診器
Illustrirte Zeitung1851年12月18日に掲載された垂直測量器
Illustrirte Zeitung1851年12月18日に掲載された水平測量器
Illustrirte Zeitung1851年2月8日に掲載された科学物理機器
Illustrirte Zeitung1852年2月15日に掲載されたFreudenbergの飛行機モデル図-1
Illustrirte Zeitung1852年2月15日に掲載されたFreudenbergの飛行機モデル図-2
Illustrirte Zeitung1852年11月13日に掲載された鋳造師Daniel
Illustrirte Zeitung1852年11月13日に掲載された鋳造風景
Illustrirte Zeitung1852年11月13日に掲載された鋳造師Daniel
Illustrirte Zeitung1852年11月6日に掲載されたChronometer-1
Illustrirte Zeitung1852年11月6日に掲載されたChronometer-2
Illustrirte Zeitung1852年11月6日に掲載されたChronometer-3
Illustrirte Zeitung1853年12月17日に掲載されたパリの公共鉄道バス
Illustrirte Zeitung1853年4月16日に掲載された蒸気タービン・エンジンを開発したJohann Criessen
Illustrirte Zeitung1853年4月16日に掲載された蒸気タービン・エンジン図
Illustrirte Zeitung1853年4月16日に掲載された蒸気タービン・エンジン室
Illustrirte Zeitung1853年4月16日に掲載された蒸気タービン・エンジン船
Illustrirte Zeitung1853年6月25日に掲載された米国で開発されたミシン
Illustrirte Zeitung1853年6月25日に掲載されたミシンの糸巻き器
Illustrirte Zeitung1853年11月19日に掲載されたファラディーの機器
The Baltimore Sunが公開した大停電の衛星写真
The Baltimore Sunが公開した全米の2003年8月15日19新聞巻頭ページ
The Baltimore Sunが公開した1977年と1963年の大停電Sunの記事
GAO2004年9月13日に公開した、電気市場での消費者動向レポート
GAOが2005年3月24日に公開した財政的機密のデータの情報セキュリティに関するレポート
Illustrirte Zeitung1856年5月31日に公開されたロンドンの窃盗犯
GAOが2005年5月10日に公開した、ガソリン価格と潜在的将来の傾向についてのレポート