難聴者のためのURL

Deaf Sources

聴覚障害者のためのURL

福祉用具の利用者がサービス内容の比較ができず、十分なサービスが得られない場合があったことから、メーカー、卸、小売業にアンケート調査、ヒアリングをした結果、利用者に合わせて福祉用具の調整などを行うフィッティングサービスや福祉用具の消毒・保管などのメンテナンス・サービスに業界標準規定を設けるべきであるという回答を多く得た。そこで経済産業省商務情報政策局流通政策課は2003年11月10日に、福祉用具産業の流通に関する商慣行改善調査についての資料を配付した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0004681/)で知ることができる。
外務省は2004年7月9日に「障害者権利条約に関する国連総会アドホック委員会における条約作成のための議論概要」を公開した。詳細情報はURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/jinken/shogaisha.html)で知ることができる。
外務省は2005年2月9日に、障害者権利条約に関する第5回国連総会アドホック委員会(概要)を公開した。詳細情報はURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/jinken/shogaisha0502_g.html)で知ることができる。FCCは2003年にデジタル無線電話を補聴器(hearing aids)、人工耳(cochlear implants)と互換性を持たせるようにする規則を採用しているが、2005年6月9日には再度、補聴器と互換性があるデジタル携帯電話の開発と販売、および付則変化が聴力損失の人々に合理的なアクセスがあるのを保証することが、デジタル無線技術にとって必要であることを要求し、開発予定を明確にすることを要求した。詳細情報はURL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/DOC-259248A1.pdf)または、Commissioner CoppsのコメントがあるURL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/DOC-259248A3.pdf)、Commissioner AbernathyのコメントがあるURL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/DOC-259248A2.pdf)、Commissioner AdelsteinのコメントがあるURL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/DOC-259248A4.pdf)で知ることができる。
米国のFCC(Federal Communication Commission/米国連邦通信委員会)は2005年7月20日に、米国の補聴器コンパチブル規則(The Hearing Aid Compatibility Act of 1988/HAC Act)が2005年9月13日から始まることから、携帯電話サービスを提供している5社に対して、ネットワーク技術が対応しているかをテストし、携帯電話機の25%が補聴器互換性があることが義務づけられると報告した。これからは、補聴器コンパチブル携帯電話は、受話器の技術的な格付けを示すためラベリングをして、パッケージの中により詳細な情報を含んでいなければなりならない。 この情報で、どの携帯電話があなたの補聴器と互換性があるかの確認が容易にできるように義務付けされ、2008年2月18日までには、すべての無線のキャリヤーの受話器モデルの50%が補聴器互換性があるのを保証しなければならなくなる。詳細情報はURL(http://www.fcc.gov/cgb/consumerfacts/hac.html)で知ることができる。
ICDRI(International Center for Disability Resources on the Internet/国際インターネット身体障害者対応センター)は2008年9月3日に、米国大統領候補者のバラック・オバマ(Barack Obama)、ジョン・マッケイン(John McCain)、ボブ・バール(Bob Barr)、アラン・ケイズ(Alan Keyes)、ラルフ・ネーダー(Ralph Nader)のそれぞれが関係しているWebサイトで、米国の障害者がアクセスしやすいかをテストし、失望したと報告した。詳細情報はURL(http://www.icdri.org/WebAccess/Pres08/PResidentialPR08.htm)で知ることができる。
もし、掲載を拒否される方、またはURLが変更された方は、電子メールでjiten@jiten.comにご連絡ください。

●厚生労働省が2005年5月10日に公開した「障害者自立支援法案について」のURL(http://www.mhlw.go.jp/topics/2005/02/tp0214-1.html)
●経済産業省が2003年6月17日に公開した、高齢者・障害者への配慮に係る標準化の進め方について(提言書)-ISO/IECガイド71と新しいルール作りに向けて-のURL(http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0004153/)
●経済産業省が2003年3月20日に発表した、「高齢者・障害者に配慮した国際指針「ガイド71」のJIS規格の制定について」のURL(http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0003831/)
●サイバーエージェントが発行しているHTMLメールマガジン「MailVision(メールビジョン)」の心の病に関する情報や臨床心理士による相談サービスなどを提供する「ハートセラピー」があるURL(http://www.mailvision.jp/index.html)
●聴覚障害者の目の歴史情報がある「History Through Deaf Eyes」のURL(http://depts.gallaudet.edu/deafeyes/)
●サイン言語として活用される手話事典(Hand Speak)のURL(http://www.handspeak.com/)
●難聴の子供に関する情報があるBeginnings - deaf and hard of hearing childrenのURL(http://www.beginningssvcs.com/)
●Deaf Resource LibraryのURL(http://www.deaflibrary.org/)
●難聴の子供達に関する教育情報があるBeginnings - deaf and hard of hearing childrenのURL(http://www.beginningssvcs.com/)
●米国における難聴者の歴史があるHistory Through Deaf EyesのURL(http://depts.gallaudet.edu/deafeyes/)
●手話のアルファベットを知ることができるURL(http://where.com/scott.net/asl/abc.html)
●日本ビクターが2002年3月28日に発表した、ラジオなどの話し手の声をデジタル信号処理技術により、クリアーで聞き取りやすい音声に変換する「聴取補助システム」の情報があるURL(http://www.jvc-victor.co.jp/products/others/cyousyuhojyo.html)
●手話の歴史や手話の方法の情報があるURL(http://library.thinkquest.org/J002931/dev.thinkquest.org/sign_language.htm)
●アニメーションで解説した米国語手話事典「Animated American Sign Language Dictionary」のURL(http://www.bconnex.net/~randys/)

[バリア・フリー関連のURL]
●バリアフリーの街かどのURL(http://www2.interbroad.or.jp/nob/free/free.html)
●車椅子で利用出来るレストランガイドのURL(http://www.asahi-net.or.jp/~SK6K-YSD/oji1.html)
●福井県車椅子の会のURL(http://www.mitene.or.jp/~poppo/)
●二分脊椎症のためのページのURL(http://www.asahi-net.or.jp/~WC4N-SZK/)
●遊歩王のURL(http://www.big.or.jp/~baron/asobo/index.html)
●「福祉関係者のホームページ」のURL(http://www.asahi-net.or.jp/~LC1T-KYM/)
●和歌山県難病団体連絡協議会のURL(http://www2s.biglobe.ne.jp/~wananren/)
●慶応大学金子研究室と野村総合研究所などが進めている情報コミュニティー作りの実験プロジェクトVCOMのURL(http://www.vcom.or.jp/)
●アルキメデス・プロジェクトのURL( http://archimedes.stanford.edu/)
●1999年5月5日にW3Cが勧告した障害者向けコンテンツ・ガイドラインの「W3C Web Content Accessibility Guidelines 1.0」のURL(http://www.w3.org/TR/WAI-WEBCONTENT/)
●2000年2月3日にW3Cが勧告した障害者向けオーサロング・ツール・ガイドラインの「W3C's Authoring Tool Accessibility Guidelines 1.0」のURL(http://www.w3.org/TR/ATAG10/)
●2002年12月17日にW3Cが勧告した障害者向けソフト開発者・ガイドラインの「User Agent Accessibility Guidelines」のURL(http://www.w3.org/TR/2002/REC-UAAG10-20021217/)


1840年〜1847年にLaas d'Aguanが製作した世界最初の視覚障害者用地図
米国のインターネットを使う子供と、使わない子供の比較
子供達がよく使うソフト
米国のシニア・マーケット予測と、ほかの世代の比較
米国における8〜12歳の子供とインターネット
1470年にニュールンベルグで制作された「知識の塔」
1548年にベルリンで制作された「法則の塔」
1500年頃に制作された鞭を持つ先生と8人の生徒
1592年に制作されたW.L.Schreiber Potsdamの教育現場
ロバに例えられた17世紀の教育
高年齢層が多いカナダのインターネット・ユーザー
GAOが公開した米国のHighway Projects
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1997
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1998
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1999
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1999の付録
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2000
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2000の付録
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2001
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2002
GAOが2003年1月23日に公開したハイウェイ管理開発税に関する統計調査報告書
GAOが公開したシニアの労働に関する米国とその他の国々の比較レポート
高齢者・障害者に配慮した国際指針「ガイド71」のJIS規格の制定
GAOが2003年5月8日に公開したハイウェイ建設管理支援に関する実験レポート
GAOが2003年5月14日に公開した、高速道路の安全確保計画レポート
高齢者・障害者への配慮に係る標準化の進め方について(提言書)概要
高齢者・障害者への配慮に係る標準化の進め方について(提言書)
GAOが2003年6月23日に公開した、高速道路のインフラ整備プロジェクトのレポート
経済産業省が公開した福祉用具産業の流通に関する商慣行改善調査についての資料
Illustrirte Zeitung1845年3月1日号に掲載された1838年崩壊したPesthの視覚障害者施設
Pesthの視覚障害者施設再建に努力したAnton Dolezalek
Pesthの視覚障害者施設再建に努力したValentin Hauy
再建されたPesthの視覚障害者施設
Pesthの視覚障害者施設にある視覚障害者訓練装置-1
Pesthの視覚障害者施設にある視覚障害者訓練装置-2
Illustrirte Zeitung1851年8月23日号に掲載された義手-1
Illustrirte Zeitung1851年8月23日号に掲載された義手-2
Illustrirte Zeitung1851年8月23日号に掲載された義手-3
Illustrirte Zeitung1851年8月23日号に掲載された義手-4
Illustrirte Zeitung1851年8月23日号に掲載された義手-5
Illustrirte Zeitung1851年8月23日号に掲載された義手-6
Illustrirte Zeitung1851年8月23日号に掲載された義足-1
Illustrirte Zeitung1851年8月23日号に掲載された義足-2
Illustrirte Zeitung1851年8月23日号に掲載された義足の足首
Illustrirte Zeitung1851年8月23日号に掲載された義足や義手の関節部分
Illustrirte Zeitung1852年12月11日号に掲載された蒸気を利用した公共食堂のボイラー
Illustrirte Zeitung1852年12月11日号に掲載された蒸気を利用した公共食堂のキッチン
Illustrirte Zeitung1853年4月16日に掲載された蒸気タービン・エンジンを開発したJohann Criessen
Illustrirte Zeitung1853年4月16日に掲載された蒸気タービン・エンジン図
Illustrirte Zeitung1853年4月16日に掲載された蒸気タービン・エンジン室
Illustrirte Zeitung1853年4月16日に掲載された蒸気タービン・エンジン船
Illustrirte Zeitung1853年6月25日に掲載された米国で開発されたミシン
Illustrirte Zeitung1853年6月25日に掲載されたミシンの糸巻き器
Illustrirte Zeitung1853年11月19日に掲載されたファラディーの機器
外務省が2004年7月9日に公開した障害者権利条約の作成議論概要
障害者権利条約に関する第5回国連総会アドホック委員会(概要)
厚生労働省が2005年5月10日に公開した「障害者自立支援法案について」
FCCが2005年6月9日に公開したリリース
Commissioner Coppsのコメント
Commissioner Abernathyのコメント
Commissioner Adelsteinのコメント
FCCは2005年7月20日に公開したHAC Actの概要

バリア・フリー
バリア・フリー関連のURL
ボランティアに関するホームページ
シニア関連のURL
WAI Accessibility Guidelines: Page Authoring
WAI Project
WAI Accessibility Guidelines: User Agent
Web Content Accessibility Guidelines
UAAG
仮想現実感
マイムハンド
手話アニメーション編集ツール
いくお〜るinTokyo
家庭用インターフェイス委員会
シルバー・ホットライン
シニア・ネット
マルチメディア・モデル住宅
インタフェース
MR(Mixed Reality)
D-pal
シルバー・チャンネル
サイバーフォレスト
遠隔授業
CABIN
CAVEシステム
老テク
VCOM
アルキメデス・プロジェクト
谷汲村バリアフリー・テレワークセンター
BrookesTalk
Win-BES 99
パソマルマルチ
トーキングエイド
手話データベース
APPETIE
クロスエイジング・ウィーク
AOLに対する全米視覚障害者連合の抗議文
DID
歩行者ITS
障害者・高齢者等情報処理機器アクセシビリティ
Jini
オリンピックとメディア
シルバー世代のためのアクセス環境
中国愛心インターネット学校
中国のインターネットサービス内容管理方法
Braille reader
交通バリアフリー法
スマートクルーズ21
ウェルエイジ
TeleOlympics
コミュニティ・レストラン
ガイド71
Siemens Westinghouse Science & Technology Competition
交通バリアフリー化促進バーチャル協議会
コレクティブ・ハウジング
読唇携帯電話
シルバーハウジング
Einfach fuer @lle
高齢者向けTV/FM/AMラジオ「RA-BF1」
eラーニング
ハッスル倶楽部
パソパル
コミュニティメディアシステム
PSS(Personal Sound System)
自由利用マーク
EYEマーク
EYPD(European Year of People with Disabilities)
ISO/IEC ガイド71
WCAG(Web Content Accessibility Guidelines)
My IP Relay Number
HAC Act(Hearing Aid Compatibility Act)
JAWS
ストックホルム渋滞税計画
RoboBraille
ICDRI(International Center for Disability Resources on the Internet)