鳥インフルエンザの国際協力臨戦体制


米国国務省は、11カ国で鳥インフル・エンザウイルスが発見された国からの広がりを防ぐ目的で、65のカ国以上と国際的組織からの関係者が2日間のミーティングを2005年10月6日に主催したと報告しました。。これは、世界中が本格的な鳥類インフルエンザの国際協力臨戦戦闘戦闘体制に入り始ったと言うことです。

>> さらに詳細な情報はこちら