ドルビー・プロ・ロジック・サラウンド

Dolby Pro logic surround

ドルビー方式

1966年にドルビー研究所(Dolby Laboratories)が開発した技術で、録音したノイズの少ない音、または、録音方式で、録音時にテープ・ノイズと同じ周波数帯域の入力信号を持ち上げて録音し、入力信号とテープ・ノイズの差を広げ、再生するときに録音時とは逆に、持ち上げた音の部分をもと通りに下げて再生することにより、ノイズ・レベルを低下した状態にしています。

>> さらに詳細な情報はこちら