鳥インフルエンザ

Avian influenza>>bird flu


なぜ、典型的なアナログ感染である「鳥インフルエンザ」を取り上げるのかという疑問も多いのですが、これは電子ウイルスである「コンピュータ・ウイルス」との比較、現代社会の高速移動手段とインフルエンザ拡張の関係、電子会議など、IT社会での「鳥インフルエンザ」への対応などの進化などを知る資料として、「オリンピック情報」や「同時多発テロ(ローテク・ハイコンセプト・テロ)」などとともに、その実際を追いかけることにしました。

>> さらに詳細な情報はこちら


WHOが2004年1月15日に発表した「Avian influenza - fact sheet」
中新網が2004年1月27日に報告したニュース
GAOが公開した限定した牛の検査を指示し調査報告書
「家きん疾病の現状に関する閣僚級会議」:とりあえずの概要
家きん疾病の現状に関する共同閣僚声明(仮訳)
WMD IN IRAQ--Evidence and Implications
Biologiocal and Chemical Terrorism: Strategic Plan for Preparedness and Response
A Guide for Explosion and Bombing Scene Investigation
Method for Developing Arrangements for Response to a Nuclear or Radiological Emergency
2004年1月18日に公開した中国の鳥インフルエンザに関する情報専門サイト
WHOが2004年2月5日に再確認したガイドライン
FAOが公開した FAO/OIE/WHO Technical Consultation on the Control of Avian Influenza
2003年にアップデートされたHarvard BSE Risk Assessment Study
セーフティネット保証2号(米国BSE)の発動について
高病原性鳥インフルエンザ発生による関連中小企業対策について
政府が実施している東南アジア地域における鳥インフルエンザ対策支援
首相官邸が公開した国民の皆様へ(鳥インフルエンザについて)
農林水産省の鳥インフルエンザ緊急総合対策について
動物衛生研究所の高病原性鳥インフルエンザのQ&A
国立感染症研究所(感染症情報センター)の鳥インフルエンザに関するQ&A
農林水産所が2004年3月19日に公開したリリース
高病原性鳥インフルエンザ関連のセーフティネット保証5号発動について
セーフティネット保証5号(高病原性鳥インフルエンザ)の対象拡大について
外務省が2004年7月23日に公開したBSEに関するWG報告書の主要ポイント
日本語版BSEに関するWG報告書
英語版BSEに関するWG報告書
GAOが2004年11月18日に公開したインフルエンザ・ワクチンの供給不足情報
GAOが2005年2月24日に公開した、インフルエンザ・ワクチンの最新動向情報
厚生労働省が2005年3月8日に公開した「牛海綿状脳症(BSE)の検査結果について」
厚生労働省が2005年3月8日に公開した「変異型クロイツフェルト・ヤコブ病の感染ルートの調査結果を踏まえた献血に係る対応等について」
変異型クロイツフェルト・ヤコブ病に関するQ&A(アップデート)
GAOが2005年3月15日に公開した、狂牛病の検査見落としに関するレポート
厚生労働省が2005年3月23日に公開したBSE検査結果報告
厚生労働省が2005年3月27日に公開したBSEの牛吐血論を出したリリース
USTRの2005年貿易障壁報告書
USTRの2005年貿易拡大販売促進権威議会レポート
厚生労働省が2005年4月9日に公開した「変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)」報告
厚生労働省が2005年4月13日に公開した「海綿状脳症(BSE)の検査結果について」
厚生労働省が2005年4月14日に公開した、「H2N2型インフルエンザウイルスを含む検体の廃棄について」
変異型クロイツフェルト・ヤコブ病の診断及び二次感染の防止に係る留意事項等の周知について
厚生労働省が2005年5月13日に公開したOIE/BSEコード改正案に対するコメント
2005年5月13日現在の世界のBSE発生状況(OIE)
牛海綿状脳症(BSE)等に関するQ&A
GAOが2005年3月15日に公開した、食品安全活動の見落としに関するレポート
米国及びカナダにおけるBSE対策に関する現地調査結果報告
GAOが2005年5月26日に公開した、Marcia G. Crosseによるインフルエンザに関する報告書
厚生労働省が2005年6月2日に公開した「牛海綿状脳症(BSE)確定診断の結果について」
厚生労働省が2005年6月6日に公開した「牛海綿状脳症(BSE)確定診断の結果について」
USDAが2005年6月24日に公開したリリース
農林水産省が2005年6月26日に公開したリリース
Marcia Crosseによる世界的な流行の兆しがうかがえるインフルエンザに関する報告書
厚生労働省が2005年7月5日に公開したと畜場法施行規則の一部改正について
厚生労働省が2005年7月5日に公開した牛海綿状脳症対策特別措置法施行規則の対象を1ヶ月以上に改正した情報
イギリスの漫画雑誌Punchに登場した政治家を風刺するMad Bull
厚生労働省が2005年9月13日に公開した「牛海綿状脳症対策基本計画の変更案」
厚生労働省が2005年9月22日に公開した「伝達性海綿状脳症検査実施要領」
WHOが2005年9月29日に公開したリリース
議会民主党のリーダーHarry Reid
外務省は2005年10月25日に公開した「インドネシアにおける鳥インフルエンザの感染被害に対する緊急援助の実施について
GAOが2005年11月3日に公開したインフルエンザ・ワクチンの在庫
インフルエンザ・ワクチンのサイクル
Marcia Crosseによる2004-2005年のインフルエンザ・ワクチン報告
厚生労働省が2005年11月15日に公開した鳥インフルエンザQ&A
外務省が2005年11月21日に公開した「インフルエンザ流行への備え及び影響の軽減に関するAPECイニシアティブ(概要)」
GAOが2005年12月12日に公開した、家畜市場報告
厚生労働省が2005年12月27日二校解した、インフルエンザ流行シーズンに入った報告

鳥インフルエンザ/2005年
鳥インフルエンザ/2006年
鳥インフルエンザ/2007年
鳥インフルエンザ/2008年
鳥インフルエンザの国際協力臨戦体制
SARS(Severe Acute Respiratory Syndrome)
パンデミック
RFID(Radio Frequency Identification)タグ
流通経歴情報
トレーサビリティ
牛肉トレーサビリティ法
牛肉トレーサビリティ法/2004年
牛肉トレーサビリティ法/2005年
牛肉トレーサビリティ法/2006年
Be-Tracer
e-Transit
情報操作に関連するURL
情報操作
情報操作/2001年
情報操作/2002年
情報操作/2003年-1
情報操作/2003年-2
情報操作/2004年-1
情報操作/2004年-2
情報操作/2004年-3
情報操作/2004年-4
情報操作/2004年-5
情報操作/2004年-6
情報操作/2004年-7
虚報
虚報/2004年
虚報/2005年
虚報/2006年
虚報/2007年
フードファディズム
風説の流布
Viral Marketing
デマ・メール
セーフティネット保証
ID SNIPER
u-Japan構想
プロパガンダ
国民保護計画
ローテク・ハイコンセプト・テロ
ローテク・ハイコンセプト・テロ-2
ローテク・ハイコンセプト・テロ-3
ローテク・ハイコンセプト・テロ-4
ローテク・ハイコンセプト・テロ-5
ローテク・ハイコンセプト・テロ-6
ローテク・ハイコンセプト・テロ-7
ローテク・ハイコンセプト・テロ-8
ローテク・ハイコンセプト・テロ-9
ローテク・ハイコンセプト・テロ-10
ローテク・ハイコンセプト・テロ-11
ローテク・ハイコンセプト・テロ-12
ローテク・ハイコンセプト・テロ-13
ローテク・ハイコンセプト・テロ-14
ローテク・ハイコンセプト・テロ-15
ローテク・ハイコンセプト・テロ-16
Asymmetric Warfare
NTSB(National Transportation Safety Board)
ドクトリン
The Rolling Requiem
RMA(Revolution of Military Affairs)
The Colder War
米国同時多発テロ事件補足資料
Al Jazeerah TV
大事件と、先生が生徒に取るべき行動
大事件と、大人が子供に取るべき行動
愛国心を見せろ!
ユニラテラリズム
サイバー・テロ
インターネット暴動
Carnivoreシステム
脅し、恐怖を与え、稼ぎ出すビジネス
The Light of Al-Aqsa
ポンプ・アンド・ダンプ
毎日jp
MSN産経ニュース
ANY