インターネット/2002年


米国商務省は2002年2月5日に、総インターネット人口が1億4300万人になり、米国のインターネット人口が全人口の54%と過半数になったと発表しました。

>> さらに詳細な情報はこちら


Nielsen//NetRatingsが2002年3月6日に公開した「世界の家庭インターネット利用者人口」
CyberAtlasが提供している世界の人口と電子マーケット情報
DOC(米国商務省)が2002年4月12日に公開した米国の2000年出資報告書
Nielsen/NetRatingsが2002年4月22日に発表した世界の家庭インターネット人口
The Canadian Internet Fact Pageが公開したカナダのオンライン人口
総務省が2002年5月21日に公開した、「平成13年通信利用動向調査の結果」
2002年第1四半期の州別/米国の人口情報「TANF families and recipients」
GAOが公開した米国国防省のにおける無駄、無能、無効な仕事のプロセス例
GAOが公開し正当な予算とインフォメーション・システムの適切な向上
GAOが公開した米国国防総省の無駄使い
2002年5月末のインターネット接続サービスの利用者数等の推移
サウジアラビアのインターネット・フィルタリング・ドキュメント
NSTC/NSET/NSF/DOCが公開したレポート「人間の能力を成長させるための技術」
総務省2002年7月31日の「インターネット接続サービス利用者数等の推移」
米国国勢調査100周年を記念で公開された年表
CMRが公開した2001年と2002年の1 9月米国の広告マーケット状況
eTForecasts社が公開した2002年末の各国のインターネット人口
インターネットのパイオニアBob Braden(Robert Braden)
Nielsen//NetRatingsが2002年12月20日に発表した2002年末商戦の動向
Amazon.comが2002年12月26日に発表した年末商戦結果
2000年の米国国勢調査の総額と、学ぶべきこと
UCLA Surveying the Digital Future 2000
UCLA Surveying the Digital Future 2001
UCLA Surveying the Digital Future 2002
米国の2002年国勢調査
10年間の米国国勢調査からホームレスや家を必要とする人達の変化
10年間の米国国勢調査からヒスパニック系人口の変化
GAOが2006年7月28日に公開した、インターネットのDHSプランに関するレポート
GAOが2006年7月28日に公開した、David A. PownerとKeith Rhodesによる技術セキュリティに関する連邦政府上院委員会における証言