インターネットの終焉?

the End of the Internet?


The Nationが2006年2月1日に、Verizon、Comcast、Bell Southおよび他のコミュニケーション巨人は、サイバースペースでの広大なデータ収集におけるにおける私たちのあらゆる移動に関する情報を追跡し、保存する戦略と、その展開と流通機構の範囲は、国家安全保障局と競い合うことができるところまで来てしまったと報告したJeff Chesterのコラムのタイトルの名称。
そういえば、以前雑誌「TIME」で日本の民間企業のスパイ活動は、CIAをしのぐこともあるという特集を組んだことがあり、現在ではインターネットを利用した情報収集で米国司法省が、GoogleやYahoo!などの集めたアクセスリストを要求するようになっている。現在ケーブル、電話、および電気通信事業で循環する白書によると、最も深いポケットがある会社、利益団体、および主要な広告主は、都合のよい処理を行い、全米の国民をコントロールできるようになると予測し、これらのプロバイダからのコンテンツは、私たちのコンピュータとテレビ画面に最優先を持ち、情報P2Pコミュニケーションなどのように望ましくないのを見るか、低速車線に左遷されたか、または単に入らないようにすることまでコントロールできるようになった。
彼らが考えているプランの下では、コンテンツプ・ロバイダーから個々のユーザーまでの私たちは皆、オンラインでサーフィンするか、ビデオを流すか、またはメールを送るのさえさらに支払うことになる。業の立案者はさらに、オンライン経験を制限する新規申込みプランを熟考させて、「プラチナ」を設立して、送ったか、または受け取ることができたダウンロード、メディアストリームまたはメールメッセージさえの数で制限を加える「ゴールド」と「シルバー」レベルのインターネット・アクセスを考えている。彼らは連邦政府に、私設のネットワークとしてインターネットと他のデジタル通信サービスを操作するのを許可を要求し、 本当に、議会と連邦通信委員会の両方がインターネットの未来に広範囲な影響を持っている提案を検討していると報告し、1996年のあさはかな通信関連法「Telecommunications Act of 1996」の10年後に、電話とケーブル企業は、ターボチャージャを取り付けられたデジタル小売のマシンにインターネットを打倒するように感染しているか手掛かりのない議員を説得するのに、同じ政治上のいんちき薬を使用していると言っている。政府に逆らうと、高速インターネット接続の利用権まで規制されるようになる。詳細情報はURL(http://www.thenation.com/doc/20060213/chester)または、URL(http://www.democraticmedia.org/issues/netneutrality.html)または、URL(http://www.wirelesscommunity.info/2006/01/31/grand-rapids-requires-network-neutrality-in-municipal-wireless-network/)または、URL(http://gigaom.com/2006/02/01/just-say-nothing/)または、URL(http://techdirt.com/articles/20060202/024219_F.shtml)で知ることができる。
ここでクレームを付けている中には、単に自社の利益が危険になることから発言している、新しい豚も含まれている。Washington Postは2006年1月22日に、Medley Global AdvisorsのChristopher Sternによるコラム「The Coming Tug of War Over the Internet(インターネットの来たべき綱引き)」を公開し、「Google or Yahoo?」「Amazon or eBay?」と、我々は1日間に、何かに基づいて何度かこれらの種類の決定をしているが、国の最も大きい電話会社には、新しい経営計画があり、それが起こるなら、Yahooが突然はるかに速く検索結果にこたえること発見し、Googleへの親近感をくつがえしかねない。その逆もあり、または、eBayと比べて、そのAmazonのウェブサイトはのろく見えるかもしれなし、その逆もあると報告していた。詳細情報はURL(http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/01/21/AR2006012100094.html?nav=rss_technology)で知ることができる。
Washington Postは2006年3月13日に「The Eden Illusion」を公開し、22年前のAT&T分割時には想像もできない現象が起こっている。それはAT&TとBellSouthが合併するに当たって、さらにすべてのウェブサイトを等しくアクセスしやすくするべきであるという原則「ネット中立」という根本的な問題にまで波及したと報告した。Washington Postの編集者は、AT&Tの合併において「ネットの中立」を約束させるのは、誤りだと判断し、同時にロン・ワイデン上院議員(Ron Wyden/D-OR)のが提出した「ネットの中立」を実施するという立法上の提案は残すべきだという矛盾を起こしている。
「ネットの中立」の提案者は、サイバースペースの純粋さについて誇張し、規則のコストを控え目に言い、ケーブルと電話会社が高速インターネット接続の資金を請求することができないと、それらは利益の1つの源を奪われ、高品質なビデオを届けることができる次世代に向けて造る超高速インターネットのパイプラインの資本を集めることが、より困難になる。そのうえ、「ネット中立」のどんな定義も法廷で争われ、法的な不確実性はさらに投資を思いとどまらせることになる。その結果、「ネット中立」は結局、すべてのウェブサービスが同様に比較的遅い配信スピードで提供されることになるかもしれない。この2つの矛盾した現象は、超高速通信を誰でも利用できるという絵に描いた幻想の「エデンの園」になる可能性がどんどん現実化していると分析している。詳細情報はURL(http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/03/12/AR2006031200808.html)で知ることができる。
米国の下院司法委員会(House Judiciary Committee)は2006年5月25日に、20対13で高速インターネット・ネットワーク・プロバイダが属しないサービス、コンテンツ、およびアプリケーションを差別するのを防ぐ法律「Internet Freedom and Nondiscrimination Act」を承認したと発表した。詳細情報はURL(http://judiciary.house.gov/media/pdfs/Ifreedomcmtepass52506.pdf)で知ることができる。
SFGate(San Francisco Chronicle)はAP通信からの情報として2008年9月3日に、調査会社TeleGeographyが2008年9月3日水曜日に国際的なインターネット・トラフィックは、過去1年間成長し続けたが、拡大ペースが以前より遅くなり始めたと報告した。
TeleGeographyは、トラフィックが2006年中頃〜2007年中頃の61%の成長率から、2007年中頃〜2008年中頃に53%もどした報告した。
多大な増加はインターネットがそれほど熟していない領域に入った。
例えば、米国57%から54%に成長率が低下したのに対し、ラテンアメリカの間のトラフィックは94%から99%に成長している。
日本や韓国、台湾、中国が含まれる東アジア地域では、さらに59%から52%に低下して、最も成長率が低かった。詳細情報はURL(http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/n/a/2008/09/03/financial/f123350D08.DTL)または、URL(http://www.telegeography.com/cu/index.php?day=03&month=09&year=2008)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10916)で知ることができる。