インターネット・ピアノ

Internet Piano


インターネットから音楽データを取り込んだり、自分の演奏をインターネット上に発信できる機能などを持つマルチメディア対応型のピアノの総称。インターネット・ピアノを利用することで、自分の演奏データを音楽教師手などに送り、在宅レッスンや仮想コンサートが可能になる。ヤマハは1996年12月1日から、自動演奏機能や消音機能など1台でいろいろな弾き方々が楽しめるタイプのピアノに、ケーブルでパソコンに接続できる機能を加え、インターネットのホームページやCD-ROMなどから名ピアニストの演奏データを取り込み、二重奏や連弾が楽しめるHQ100SXGなど4種類を発売した。またヤマハでは、最新情報をオンラインマガジン「Kamonegi Delux」で公開している。ヤマハは新旧のマニュアルがPDFでダウンロードできる「マニュアルライブラリ」を提供している。詳細情報はURL(http://www2.yamaha.co.jp/manual/japan/menu_f.html)で知ることができる。


個人ユーザーのインターネット利用目的
米国国民のインターネット利用目的
米国国民で毎日利用している人のインターネット目的
米国国民のインターネット利用者の内訳
米国国民のインターネット内訳別目的
米国国民のインターネット利用率
米国国民のインターネット成長率
米国国民1日のインターネット利用時間
米国国民のインターネット利用者と未使用者の内訳
米国国民のインターネット利用者と未使用者の社会的接触
米国国民のインターネット利用のきっかけ
米国国民の家族と友人のインターネット利用
米国国民の家族間のインターネット利用
米国国民の家族でのインターネット利用環境
米国国民のインターネット利用の場所
米国国民のインターネット利用場所別時間
米国国民の電子メール利用数
米国国民のインターネット利用ベテランと初心者の違い
恋愛電子メールの利用率
日本のインターネット利用者予測
1998年〜2000年の日本人インターネット利用者の伸び
米国における両親のインターネット利用の推移
米国の子供達がインターネットで情報を知る先
2000年8月の地域別、国別インターネット・ユーザー
意外と多いインターネットを利用しない米国人
UCLA Surveying the Digital Future 2000
UCLA Surveying the Digital Future 2001
UCLA Surveying the Digital Future 2002
NCESがまとめた教師追跡調査結果2000-01
GAOが2006年7月28日に公開した、インターネットのDHSプランに関するレポート
GAOが2006年7月28日に公開した、David A. PownerとKeith Rhodesによる技術セキュリティに関する連邦政府上院委員会における証言