インターネット白書

Internet White Paper


インターネット関連ビジネス企業で組織する任意団体の日本インターネット協会が監修していた、インターネットの動向と 将来の展望、関連諸団体の活動、最新技術、そして統計データなどを盛りこんだ白書で、インプレスより発売されている。買い求めるには書店またはインプレスダイレクトで購入できる。詳細情報はURL(http://www.impress.co.jp/)で知ることができる。インターネット白書'98の調査によると、1年間に176.6%の大幅な伸びを見せて日本のインターネット人口は、1,000万人を突破した。インプレスは2000年6月12日に、「インターネット白書」の英語版を発行し、2000年7月18日から横浜で開催されるインターネット関連の国際会議「INET2000」で発売する計画を明らかにした。これで、世界中から日本で発行されている「インターネット白書」の数字が、独自の調査によるか、またその数字が国際標準として認識されている数字と、どこまで違うかなど、海外からの意見で確認できるようになる。インターネット白書 2000では、日本のインターネット人口が2000年2月時点で1937万7000人であり、2000年6月19日に出版された時点では2,000万人を突破しることが確実になり、2年間で倍増したことになる。このようにドッグイヤーと呼ばれる急激な変化の時代に、1年間をまとめた白書のデータでは古すぎて使い物にならないという不満の声も聞こえ、政府のこのような体質自体が問われるようになってきている。日本経済団体連合会は 2004年1月20日に、「戦略的な国際標準化の推進に関する提言」を公開した。詳細情報はURL(http://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/2004/007.html)で知ることができる。


個人ユーザーのインターネット利用目的
米国国民のインターネット利用目的
米国国民で毎日利用している人のインターネット目的
米国国民のインターネット利用者の内訳
米国国民のインターネット内訳別目的
米国国民のインターネット利用率
米国国民のインターネット成長率
米国国民1日のインターネット利用時間
米国国民のインターネット利用者と未使用者の内訳
米国国民のインターネット利用者と未使用者の社会的接触
米国国民のインターネット利用のきっかけ
米国国民の家族と友人のインターネット利用
米国国民の家族間のインターネット利用
米国国民の家族でのインターネット利用環境
米国国民のインターネット利用の場所
米国国民のインターネット利用場所別時間
米国国民の電子メール利用数
米国国民のインターネット利用ベテランと初心者の違い
恋愛電子メールの利用率
日本のインターネット利用者予測
1998年〜2000年の日本人インターネット利用者の伸び
米国における1998年〜1999年の本の販売場所別比較
米国における両親のインターネット利用の推移
米国の子供達がインターネットで情報を知る先
2000年8月の地域別、国別インターネット・ユーザー
Web経由でオンライン販売とオフライン販売に比較
意外と多いインターネットを利用しない米国人
CyberAtlasが提供している世界の人口と電子マーケット情報
UCLA Surveying the Digital Future 2000
UCLA Surveying the Digital Future 2001
UCLA Surveying the Digital Future 2002
戦略的な国際標準化の推進に関する提言(概要)
戦略的な国際標準化の推進に関する提言
Illustrirte Zeitung1849年9月1日に掲載されたF.HirtのNaschmarkt書店風景
GAOが2006年7月28日に公開した、インターネットのDHSプランに関するレポート
GAOが2006年7月28日に公開した、David A. PownerとKeith Rhodesによる技術セキュリティに関する連邦政府上院委員会における証言