インターネットの父

Father of the Internet


米国のMCIコミュニケーションズ(MCI Communications)社(MCI WorldCom社/米国内で活動中のすべての子会社は2002年7月21日に米国連邦破産法11条/チャプター・イレブン/Chapter 11 of the U.S. Bankruptcy Codeの適用を申請した)で上級副社長を努めていたビント・サーフ(Vinton G. Cerf)の俗称。米国国防総省(U.S. Department of Defense)のDARPA(高等研究計画局(U.S. Department of Defense's Advanced Research Projects Agency )で1976〜1982年に、インターネットと、インターネット関連のデータ・パケット、およびセキュリティ技術の開発をリードする重要な役割を果たした。Professor Vinton G. Cerfが執筆したインターネットの歴史(A Brief History of the Internet and Related Networks)が参考になる。また、RFCの著者で、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(University of California campuses at Los Angeles)在籍中に米国国防総省(DOD/Department Of Defence/ペンタゴン)のプロジェクト(ARPANET)に参加し、IPアドレスの管理業務を政府より委託され、IANA(Internet Assigned Numbers Authority)を創設するなど、インターネットの本当の先駆者の一人といえる南カリフォルニア大学(USF/University of South California)のジョン・ポステル(Dr.Jonathan B. Postel)博士はドメイン問題が解決できる方向に向いた1998年10月16日に、もともと心臓を患って人工の弁を着けていたが、心臓手術後の経過不調のためロサンゼルスの病院で息をひきとった。URL(http://memex.org/meme4-01.html)には多くのコメントやインタビュー記事が掲載されている。ロイター通信は2000年10月16日に'Father of Internet' Endorses Al Goreというタイトルで、Vint CerfがAl Goreの大統領選出馬を承認したことを報道し、同時にVinton G. Cerfは、「Al Gore自身はインターネットを発明しなかったが、数年前に、その誕生を支援したことで名誉を主張するなど、大きな失言をしたことがある(one of his biggest mistakes was when he was seen as claiming credit a few years ago for helping invent the Internet)」という表現でからかった。Vinton G. Cerfは2001年12月12日に、ブッシュ大統領(President Goerge W. Bush)政権のGOVNETにはセキュリティに難点があると発言した。1983年1月1日に始まったインターネットが2003年1月1日に二十歳の成人を迎えるにあたって、その直前にルート・サーバーが襲われ、IDCは2003年に2〜3日の間インターネット が止まる可能性を予測しているが、インターネットのパイオニアBob Braden(Robert Braden)は2002年12月14日に、「Subject: The 20th anniversary of the Internet」を公開した。詳細情報はURL(http://www.interesting-people.org/archives/interesting-people/200212/msg00058.html)で知ることができる。Robert BradenによるInternet RFCsに関してはURL(http://www.isi.edu/news/isifellows2000webpage/bradenrfcs.htm)で知ることができる。HostReview.comは2004年10月28日に、Covad Communications Group社とthe Commonwealth Club Silicon Valleyがカリフォルニア・マウンテンビューにあるコンピュータ歴史博物館(Computer History Museum in Mountain View, California)で、インターネット誕生35周年イベント(35th Anniversary of the Origins of the Internet)を開催し、またカリフォルニア大学ロサンゼルス校ではインターネット誕生35周年会議(35th anniversary of the Internet's birth conference)も開催されたと報告した。詳細情報はURL(http://www.hostreview.com/news/news/041028Covad.html)または、URL(http://www.covad.com/companyinfo/pressroom/pr_2004/102804_news.shtml)で知ることができる。Googleは2005年9月8日に。「インターネットの父」とも呼ばれ、TCP/IPプロトコルの共同開発者であるビント・サーフ(Vinton/Vint Cerf)は1982年以来勤めていたMCI社を離れ、チーフ・インターネット・エバンジェリスト(Chief Internet Evangelist)として迎えたと発表した。ビント・サーフは、NASAのJet Propulsion Labプロジェクトの惑星間(planet-to-planet communications)ネットワーク研究、およびICANN(Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)会長の職について、そのまま継続すると報告している。詳細情報はURL(http://www.google.com/press/pressrel/vintcerf.html)で知ることができる。
イギリスのThe Timesは2008年9月25日に、世界はコンピュータが互いを特定して、交信するインターネット・アドレスを使い果たそうとしているために、このシステムを発明した男性が警告したと報告した。
世界の主なコンピュータ科学者のひとりで、インターネットの父親('father of the internet)と呼ばれているビント・サーフ(Vinton G. Cerf)までが、ビジネスと消費者が、現在ネット・アドレスを次世代に切り替えるように行動することが必要だったと言った。
いや、ビジネスに公開すると決めたとき、その行動は必要であった。
そして、できればビジネスと消費者を区分けすることも必要だったとも言える。
彼は、今すぐに準備をしなかったら、いくつかのコンピュータはオンラインで行くことができないかもしれない。そして、インターネットの接続性は破損されているかもしれません。と言っている。
それはすでに、日本人科学者が何度も行ってきたが、金儲けと戦争に明け暮れる国が聞こうとしなかった。
IPv6では、各アドレスが128ビットになるので、アドレスは340,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000を提供できる。
これであれば、人類の需要を満たすと思われると言っている。詳細情報はURL(http://technology.timesonline.co.uk/tol/news/tech_and_web/article4819803.ece)で知ることができる。
米国はいつも、永久に完成しないものでビジネスをし、崩壊寸前になると、新しいビジネスを始める。
例えば、コンピュータがよい例である。
現状のまま行くと、中国のIPv4アドレス・リソースは830日間の需要にこたえることができるだけであると報告している。
急速な中国のインターネット普及と、さらに多くの待ち受けるユーザーかからいって、さらに短期化する可能性は高い。
もしかすると、中国のインターネットが崩壊することを待っているのかもしれないとまで勘ぐりたくなる。
しかし、すでに中国経済は国際社会に組み込まれ、その崩壊は、中国だけではすまされない。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11137)で知ることができる。

[Bob BradenのThe 20th anniversary of the Internet]
From: Bob Braden (braden@ISI.EDU)
Date: Sat, 14 Dec 2002 10:08:38 -0800 (PST)
To: ietf@ietf.org
Cc: internet-history@postel.org
Subject: The 20th anniversary of the Internet

We ought not to let pass unnoticed the impending 20th anniversary of the Internet. The most logical date of origin of the Internet is January 1, 1983, when the ARPANET officially switched from the NCP protocol to TCP/IP. Six months later, the ARPANET was split into the two subnets ARPANET and MILNET, which were connected by Internet gateways* (routers).

The planning for the January 1983 switchover was fully documented in Jon Postel in RFC 801. The week-by-week progress of the transition was reported in a series of 15 RFCs, in the range RFC 842 - RFC 876, by UCLA student David Smallberg.

There may still be a few remaining T shirts that read, ''I Survived the TCP/IP Transition''. People sometimes question that any geeks would have been in machine rooms on January 1. Believe it!! Some geeks got very little sleep for a few days (and that was before the work ''geek'' was invented, I believe.)

So, on New Year's Eve, hoist one for the 20th anniversary of the Internet.


ジョン・ポステル博士の写真-1
ジョン・ポステル博士の写真-2(Photo by Chris Pizzello)
ジョン・ポステル(Jon Postel)博士の死去を報じるISOCのホームページ
別れを告げるジョン・ポステル博士の写真
神になったジョン・ポステル博士の写真
世界のインターネット・ユーザー(Computer Industry Almanac Inc.より/1998年末現在)
世界のWeb内容(Nature/8.July 1999,from NEC Research Instituteより)
サーチ・エンジンの実体比較(Nature/8.July 1999,from NEC Research Instituteより)
個人ユーザーのインターネット利用目的
米国国民のインターネット利用目的
米国国民で毎日利用している人のインターネット目的
米国国民のインターネット利用者の内訳
米国国民のインターネット内訳別目的
米国国民のインターネット利用率
米国国民のインターネット成長率
米国国民1日のインターネット利用時間
米国国民のインターネット利用者と未使用者の内訳
米国国民のインターネット利用者と未使用者の社会的接触
米国国民のインターネット利用のきっかけ
米国国民の家族と友人のインターネット利用
米国国民の家族間のインターネット利用
米国国民の家族でのインターネット利用環境
米国国民のインターネット利用の場所
米国国民のインターネット利用場所別時間
米国国民の電子メール利用数
米国国民のインターネット利用ベテランと初心者の違い
恋愛電子メールの利用率
日本のインターネット利用者予測
1998年〜2000年の日本人インターネット利用者の伸び
米国における両親のインターネット利用の推移
米国の子供達がインターネットで情報を知る先
A Brief History of the InternetのTimeline
2000年8月の地域別、国別インターネット・ユーザー
ドイツのドメイン数の伸び
ドイツの種類別ドメイン数の伸び
ドイツのドメイン数の伸びと、必要な金額
ドイツのホスト数の伸び
ドイツのホスト数の伸びと金額
言語別世界のインターネット・ユーザー
言語別ユーザーの円グラフ
意外と多いインターネットを利用しない米国人
Goldmann Sachs and PC Data Onlineの年末商戦情報
米国の1999年と2000年年末商戦で購入できなかったサイトの数
2000年年末米国における日曜ごとの売り上げ比較
米国のパソコンユーザーとインターネット環境確保の比率
Al Gore元副大統領とColumbia UniversityのGeorge Rupp学長
ビント・サーフ(Vinton G. Cerf)-1
ビント・サーフ(Vinton G. Cerf)-2
ビント・サーフ(Vinton G. Cerf)-3
ビント・サーフ(Vinton G. Cerf)-4
ビント・サーフ(Vinton G. Cerf)-5
ビント・サーフ(Vinton G. Cerf)-6
ビント・サーフ(Vinton G. Cerf)-7
ビント・サーフ(Vinton G. Cerf)-8
ビント・サーフ(Vinton G. Cerf)-9
NASAのJPLが公開したTerraによるLos Angelsの画像
NASAが実施している火星と地球のTelecommunication
GAOが公開した米国国防省のにおける無駄、無能、無効な仕事のプロセス例
GAOが公開し正当な予算とインフォメーション・システムの適切な向上
WorldCOMによるChapter 11の解説
インターネットのパイオニアBob Braden(Robert Braden)
Nielsen//NetRatingsが2002年12月20日に発表した2002年末商戦の動向
Amazon.comが2002年12月26日に発表した年末商戦結果
UCLA Surveying the Digital Future 2000
UCLA Surveying the Digital Future 2001
UCLA Surveying the Digital Future 2002
Covadのインターネット誕生35周年イベント・リリース
GAOが2006年7月28日に公開した、インターネットのDHSプランに関するレポート
GAOが2006年7月28日に公開した、David A. PownerとKeith Rhodesによる技術セキュリティに関する連邦政府上院委員会における証言

インターネット
RFC
ポステル博士の死去に対するISOCのコメント
ポステル博士の死去に寄せられた多くの弔文
ドメインネーム白書
電子メール
TCP/IP
Archie
バックボーン・ネットワーク
ハイパーメディアの父
マルチメディアの父
CIX
Finger
Gopher
Mosaic
SLIP
PPP
T.1
T.3
USENET
WWW
WAIS
インターネット・エデュケーション・プログラム
機械翻訳
ホームページ
プロバイダ
HTML
VRML
HotJava
サイバースペース
インターネット・パソコン
ハッカー
Be-Box
ホーム・オフィス
ハイパーメディアの父
移動エージェント
エージェント指向
April
pSOS
インターネット・アドレス
SIPC
インターネットなんでも百科
ISOC
IAB
IRSG
IRTF
IESG
IETF
インターネット翻訳サーフィン
専用回線
JavaOS
インターネット用ソフトのダウンロード・サイト
ホームページ制作ツール
ビットポリス
NETSCAPEのプラグイン
RealAudio
メトカルフェの予言
Webpublisher
c|net
AL-Mail
マイキャッチャー
有線放送プロバイダ事業
i.Share
インターネット上にある個人情報
Network Monitoring Attack
ネットスケープ
InternetExplorer
英語deめーる
インターネット「テレ・メイル」システム
HyperWave
メール転送ツール
WIDEプロジェクト
欧州へインターネット直接接続
POP3
IMAP4
電子メール翻訳サービス
インターネット関連のアドレス・リスト
VBNS
Smart World Communications
NC
Twister
ドメインジャック
GetAdmin
電子メール爆弾
日本語Java
Nua's How Many Online?
Attack
Network Quality of Service
MathML
リモート・アクセス
コンプレンデ・ウェブマスター
イスラエルのソフトウェア
NGI
MAPOS
Green Paper
1998年1月30日に発表されたGreen Paper
Green Paperに対するEUとECの見解
ローカライズ
RMON
コンピュータ・インターネット関連の調査会社
IAA
アンケートのパラドックス
情報操作
レンダリング・エンジン
IBMご利用ガイド
AgentAction
Handy-Karte
電子公証システムガイドライン
ALTFRASH
MHTML(Multilingual HTML)
MHTML(MIME Encapsulation of Aggregate HTML Documents)
メンバーズチャンネル
RealEncoder
RealPublisher
デガルス
1998年6月5日に米国商務省が発表した最終案-1
1998年6月5日に米国商務省が発表した最終案-2
IANAのホワイトペーパー賛成表明
情報関連10事業の1000億円のプロジェクト公募
IFWP
インターネット関連の調査結果のURL(海外)
インターネット関連の調査結果のURL(国内)
リモート・コントロール・ソフト
IAAプロジェクト
APAN
NSI社のドメイン管理委託2年延長のリリース
1998年10月7日にInterNICが発表した回復報道
IANA
IANAからのポステル博士の思い出
NCSA(National Center for Supercomputing Applications)
GEMnet
VRML97
オスロ大学ハッキング事件
Babylon
KQML
Theta
CROSSROAD
C-STAR
Windows Media Technologies
インターネットの誕生日
日本語ホームページの無料英語化サービス
衛星間通信技術
インターネット上のお墓
偽銀行サイト警報
IANA
音声ドメイン
Amikai
Digital Media Revolution
WTS(WebStore Translation Server)
Mobeet
PAN(Planetweide Area Network)
スクリーン・スクラーピング
インターネットやコンピュータの歴史があるURL
GOVNET
インターネット上にあるインタビュー
インターネット上での翻訳と文字化け修正
誤解を招く、単語の並べ方
情報鎖国空間の病院
Pharming
Google/2005年
Google/2006年
Google/2007年
ネット・ユートピア思想
世界的(経済・自然)危機は、世界で50の航空会社を殺す!