印象派

Impressionnisme

印象主義

19世紀後半にフランスで写実主義を受け継いだ画家が、戸外制作を重視し、マネに誘発された明るい色彩を使いながら、対象の色や形を絶えず変動するモノとしてとらえ、対象そのモノより、対象が光を浴びて空気に包まれている印象をそのままキャンバスに写し取ろうということで起こった美術運動です。

>> さらに詳細な情報はこちら