イラク人の自由作戦の後-4

After Operation Iraqi Freedom-4>>After secound Iraq war>>After Iraq war II-4


イラク攻撃で、ブッシュ大統領が勝利宣言をした後に起こったイラク関連の現象や事象を紹介しています。イラクのファルージの近くで2004年3月31日に、軍事アウトソーシング民間企業ブラックウォーター社で働く民兵組織社員が乗った車両が銃撃を受け、米国人民兵3人を含む外国人民兵4人が殺されました。日本人のボランティアが拘束されたときに、「自己責任論」も登場しました。

>> さらに詳細な情報はこちら


国際平和に向けた日本の協力-1
国際平和に向けた日本の協力-2
国際平和に向けた日本の協力-3
国際平和に向けた日本の協力-4
国際平和に向けた日本の協力-5
国際平和に向けた日本の協力-6
国際平和に向けた日本の協力-7
国際平和に向けた日本の協力-8
英語版Al Jazeeraの2004年4月10日版に掲載された日本人救出嘆願報道-1
英語版Al Jazeeraの2004年4月10日版に掲載された日本人救出嘆願報道-2
英語版Al Jazeeraの2004年4月10日版に掲載された日本人救出嘆願報道-3
英語版Al Jazeeraの2004年4月11日版に掲載された日本人開放報道
Saraya al-Mujahideenというグループの声明文
イラクにおける邦人人質事件に関する川口大臣メッセージの発出予定について
Illustrirte Zeitung1851年4月6日に掲載された夫婦用ピストル
Illustrirte Zeitung1851年5月31日に掲載されたJosephPergerのピストル
Illustrirte Zeitung1851年6月21日に掲載された飾り銃
Illustrirte Zeitung1851年6月21日に掲載された世界最初の6連発銃コルトと当時の貴族向け飾り銃
Illustrirte Zeitung1851年8月9日に掲載された兵士用背負子
イラクで展開している米国軍事行動と手紙や荷物の問題
川口外務大臣の談話「イラクにて人質とされていた邦人の無事保護」
奥参事官が2003年5月11日に発表した、「イラク便り〜頑張れ日本のNGO!〜」
川口外務大臣の2004年4月17日談話「イラクにて行方不明となっていた邦人2名の無事保護」
小泉総理とチェイニー米副大統領の会談の概要
外務省が2003年6月16日に公開した「ヨルダンに対する債務救済措置について」
イラクにおける草の根・人間の安全保障無償資金協力の実施について
パンフレット「テロリズムと日本の取り組み」-1
パンフレット「テロリズムと日本の取り組み」-2
Illustrirte Zeitung1852年3月20日に掲載された海難救助用浮き
Illustrirte Zeitung1852年4月3日に掲載されたKirtlandのモルモン教会
Illustrirte Zeitung1852年4月3日に掲載されたミズーリのモルモン教徒
Illustrirte Zeitung1852年4月3日に掲載されたモルモン教の教会
Illustrirte Zeitung1852年4月3日に掲載された北米を旅するモルモン教徒
Illustrirte Zeitung1852年4月17日に掲載されたモルモン教徒の隊列
Illustrirte Zeitung1852年4月17日に掲載された北米のモルモン教徒の村
Illustrirte Zeitung1852年6月19日に掲載された北米の黒人司教
Illustrirte Zeitung1852年8月7日に掲載された足を洗う米国の信仰儀式
The Memory Holeが公開した米兵のイラク戦死者のサイト
The Memory Holeが公開した米兵のイラク戦死者が星条旗で被われた棺桶の写真-1
The Memory Holeが公開した米兵のイラク戦死者が星条旗で被われた棺桶の写真-2
The Memory Holeが公開した米兵のイラク戦死者が星条旗で被われた棺桶の写真-3
The Memory Holeが公開した米兵のイラク戦死者が星条旗で被われた棺桶の写真-4
The Memory Holeが公開した米兵のイラク戦死者が星条旗で被われた棺桶の写真-5
The Memory Holeが公開した米兵のイラク戦死者が星条旗で被われた棺桶の写真-6
The Memory Holeが公開した米兵のイラク戦死者が星条旗で被われた棺桶の写真-7
2004年4月27日にLakhdar Brahimiが発表した新提案
Illustrirte Zeitung1854年12月8日に掲載された当時の救命胴衣-1
Illustrirte Zeitung1854年12月8日に掲載された当時の救命胴衣-2
Illustrirte Zeitung1854年12月8日に掲載された当時の救命胴衣着用風景ブレア首相への
イギリスの元外交かなど52名連盟の公開書簡
Illustrirte Zeitung1856年1月19日に掲載された市販されたレボルバー
Illustrirte Zeitung1856年2月2日に掲載されたPuerta del Solplatz
Illustrirte Zeitung1856年9月13日に掲載された射撃練習風景
狙撃銃の解説
狙撃銃弾の解説

イラク人の自由作戦
イラク人の自由作戦-2
イラク人の自由作戦の後
イラク人の自由作戦の後-2
イラク人の自由作戦の後-3
イラク人の自由作戦の後-5
イラク人の自由作戦の後-6
イラク人の自由作戦の後-7
イラク人の自由作戦の後-8
イラク人の自由作戦の後-9
イラク国民会議創立宣言
ほっかいどうピースネット緊急声明
イラク日本人拉致に対する緊急行動提起
イラク日本人拉致に対するJVJAの緊急のお知らせ
イラク日本人拉致に対するJVJAの声明文
イラク日本人拉致に対するAPAJの英文ニュース
国際占領監視センターのイラク人との連帯行動呼びかけ
イラク日本人拉致に対するNNAFJ要望書
イラク人質事件:海外の報道と日本の報道管制/情報操作
イラク日本人拉致に対する「地球村」緊急合同声明
イラク日本人拉致に対するAPAJの緊急声明
イラク日本人拉致に対するピースふらっしゅ緊急声明
Al Jazeerah TV
ICTA・イラク人質事件緊急声明
イラク人質事件〜ピースボート3つの行動〜
イラク日本人拉致に対するWOMEN IN BLACK東京緊急声明
イラク日本人拉致に対するRAFIQ声明文
イラク日本人拉致に対する三大学からの声明
私たちのメッセージを悪用する日本政府
イラク日本人拉致に対する3人の家族の声明
イラク日本人拉致に対する平和をめざす翻訳家連合声明
イラク日本人拉致に対するレジスタンスへの手紙
イラクの邦人誘拐犯への手紙
グローバル・ウォッチの緊急声明
グローバル・ウォッチの緊急声明2
グローバル・ウォッチの緊急声明3
グローバル・ウォッチの緊急声明4
グローバル・ウォッチの緊急声明5
グローバル・ウォッチが2004年4月14日配信した近況
イラク日本人拉致に対する月刊「自然と人間」声明
イラク人質事件(メディア情報)
劣化ウラン反対キャンペーン共同声明
イラク人民主化潮流の4/12付け緊急声明
イラク日本人拉致に対する小泉内閣メールマガジン
ロジスティクス
ビットとアトム
物流と情報通信
グローバル・ウォッチの緊急声明6
グローバル・ウォッチの声明7と声明7付記
米兵・自衛官人権ホットライン連絡センターの緊急連絡
JVJAが公開したイラクの友へのメッセージ
「自己責任」論への批判声明
解放後の3人
TUP-Bulletin
マスメディアの崩壊と存続への道
マスメディアの崩壊と存続への道-2
マスメディアの崩壊と存続への道-3
マスメディアの崩壊と存続への道-4
マスメディアの崩壊と存続への道-5
マスメディアの崩壊と存続への道-6
イラク人質事件:メディア報道傾向と世論調査
反差別国際運動(IMADR )の声明(2 回目)
イラクで人質になった人への非難・中傷を止める訴え
インターネット上のお墓
メディアとしての国旗と国歌
イラク情勢とメディア情報
アメリカ軍による拷問・虐待関連情報まとめ
世界社会フォーラム日本連絡会
デジタルカメラが戦争を変えた!
イスラーム世界からのメッセージ
イラク米軍の武力行使中止、自衛隊の撤退
Deja Vu
マスメディアの崩壊と存続への道
paranoia
米国国防総省の10-30-30計画
Intelligent Island
ゲノム分析-2
ドイツで禁じられたナチス用語
ドイツで禁じられたナチス用語/2001年
ドイツで禁じられたナチス用語/2002年
ドイツで禁じられたナチス用語/2003年
ドイツで禁じられたナチス用語/2004年
ドイツで禁じられたナチス用語/2005年
ドイツで禁じられたナチス用語/2006年
ドイツで禁じられたナチス用語/2007年
ホロコースト関連のURL
This World: One Day of War
イラク湾岸戦争シンドローム
メディアザウルス
FUD
スピン・ドクター
E! Online
Cat and Dog
宗教とメディアとコンピュータとインターネット
アラブ世界に押し寄せるITの波
MEMRI(The Middle East Media Research Institute)
コンテンツのタブー
コンテンツのタブー-2
イスラム教関連問題とURL
The Light of Al-Aqsa
毎日jp
MSN産経ニュース
ANY