帝国のインターネット!?


独占者は、心配しないように私たちに言い、彼らは、私たちの世話をして、公益が光栄に思っていて、最も顕著な技術で民主主義に役立つように気をつけるといい、インターネットを完全支配したがっていることから登場した俗称。なんか、ローマ時代の陰謀を見ているようで、TomPaine.comはBill MoyersとScott Fogdallが公開した「Against An Imperial Internet」を2006年10月16日に紹介し、米国人はローマ人のように経済の強さと、社会の移動性に役立つとして、港、鉄道、不規則に広がったインフラストラクチャを築き上げる技術を使用した。しかし、これらが重要であるように、インターネットの可能性に見劣りがすると報告し、FCCの上のブッシュ政権の大部分が、インターネットの風通しの良いのと非区別の基本的なDNAをはぐか、または元に戻すために大きなケーブルと電話会社の関心に協力することを約束したと報告している。はBill Moyersは、独占者が民主主義に役立つように気をつけるという言葉は、ラジオ、テレビに関して同じことを言ったと歴史を振り返っている。 インターネットは、ほぼ夜通し、情報の送受信をすることが簡単になった。それは考えの広大な新しい市場を開き、そし商業と文化を変え、民主主義を生き返らせるかもしれない。最も民主的なメディアであることから、インターネットは革命と呼ばれ、革命に参加するために必要なことは、コンピュータと接続だけであった。テレビ、ラジオ、ケーブルと異なって、われわれはただ見るだけではなく、すべての市民が潜在的にプロデューサーになり、参加し、共同して作成する。ケーブルの雇い人はインターネットでそれら理由から私たちを対象にしたコンテンツを作成した。まさに民主主義の会話は私たちのものであった。しかし、その十分に開かれたアクセスは、インターネットの設立原則です。しかし、ケーブルの雇い人は私たちの指を滑り抜けてくるかもしれないと警告している。FCCの上のブッシュ政権の大部分が、インターネットの風通しの良いのと非区別の基本的なDNAをはぐか、または元に戻すために大きなケーブルと電話会社の関心に協力することを約束した。したがって、インターネットは驚異的な発展で重要な交差点に達していると分析している。詳細情報はURL(http://www.tompaine.com/print/against_an_imperial_internet.php)で知ることができる。歴史や映画で見たローマ時代の陰謀のようなことが、現実に米国で起こっていることで、この流れはいずれ日本にやって来る。映画「帝国の陰謀」を見ている観客であったときは喜んでいたが、侵略されるのが我々ということになった。
SFGate(San Francisco Chronicle)はAP通信からの情報として2008年9月3日に、調査会社TeleGeographyが2008年9月3日水曜日に国際的なインターネット・トラフィックは、過去1年間成長し続けたが、拡大ペースが以前より遅くなり始めたと報告した。
TeleGeographyは、トラフィックが2006年中頃〜2007年中頃の61%の成長率から、2007年中頃〜2008年中頃に53%もどした報告した。
多大な増加はインターネットがそれほど熟していない領域に入った。
例えば、米国57%から54%に成長率が低下したのに対し、ラテンアメリカの間のトラフィックは94%から99%に成長している。
日本や韓国、台湾、中国が含まれる東アジア地域では、さらに59%から52%に低下して、最も成長率が低かった。詳細情報はURL(http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/n/a/2008/09/03/financial/f123350D08.DTL)または、URL(http://www.telegeography.com/cu/index.php?day=03&month=09&year=2008)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10916)で知ることができる。


Washington Postの提言「ネット中立」
US$2000億スキャンダル
スペクトルの豚
Verizonはネットワーク豚か?
Googleが食ってきた無料の昼飯の時間は終わった
インターネットの終焉?
地上波デジタルTV
デジタルTV
デジタルTVグループ
冬の時を迎えたテレビ業界?
冬の時を迎えたテレビ業界?2004年-1
冬の時を迎えたテレビ業界?2004年-2
冬の時を迎えたテレビ業界?2005年-1
冬の時を迎えたテレビ業界?2006年-1
冬の時を迎えたテレビ業界?2006年-2
HERO Act
放送における公正の原則
米国メディアが売春婦である理由
マスメディアの崩壊と存続への道
マスメディアの崩壊と存続への道-2
マスメディアの崩壊と存続への道-3
マスメディアの崩壊と存続への道-4
マスメディアの崩壊と存続への道-5
マスメディアの崩壊と存続への道-6
TI世界腐敗バロメーター
日本のニュースは世界で最も信頼できないメディア?
ブラック・ジャーナリズム
検閲ジャーナリズム
タニマチ記事
FUD
スピン・ドクター
E! Online
Cat and Dog
10代をターゲットにしたテレビの衰退!?
情報通信コングロマリット-2006年
メディア・コングロマリット/2006年
Telecommunications Act of 1996
情報戦争
メディア戦争
ICT(Information and Communication Technology)
ICT教育推進プログラム協議会
IS(Information Science)
IT(Information Technology)
IT(Information Technology)2003
IT(Information Technology)2004
IT(Information Technology)2005
IT(Information Technology)2006
IT(Information Technology)2007
u-Japan構想
メディア・リテラシー関連のURL
デジタル・デバイド
e-Europe
明らかにされた読者の目の秘密
アウトソーシング
オンデマンド・アウトソーシング・サービス
ADIOS(Automatic DIstillation of Structure)
IEEE(the Institute of Electrical and Electronic Engineers)
IEC(International Electrotechnical Commission)
ICSR(International Center for Standards Research)
GRIID(The Grand Rapids Institute for Information Democracy)
情報操作/2006年
Wi-Fi税
広帯域革命2006年
ネット・ユートピア思想
ネットワーク・アーキテクチャと価格
モバイル・コンテンツ・クリエーターのための4つのプライオリティ定義
無料の無線LANインターネット接続サービスを許可する前に!
コンテンツ・スナック
US$2000億スキャンダル
CRI(Customer Respect Index)
もつれたWeb!?
the Communications Opportunity, Promotion, and Enhancement Act of 2006