電子図書館/2006年

Electronic Library/EL/Cybrary>>Digital Library

イー・エル>>サイバー電子図書館>>サイブラリー

EC(European Commission/欧州委員会)は2006年3月2日に、2005年9月30に発表したヨーロッパの書籍や文献をインターネットで公開する欧州デジタルライブラリ構想(plans for European digital libraries)に基づき、2008年までに書籍、映画、写真など200万点を公開し、2010年までには最低でも600万点を公開する計画を発表した。詳細情報はURL(http://europa.eu.int/rapid/pressReleasesAction.do?reference=IP/06/253&format=HTML&aged=0&language=EN&guiLanguage=en)または、2005年9月30に発表されたヨーロッパの書籍や文献をインターネットで公開する欧州デジタルライブラリ構想のURL(http://europa.eu.int/rapid/pressReleasesAction.do?reference=IP/05/1202&format=HTML&aged=0&language=en&guiLanguage=en)で知ることができる。
コーネル大学図書館(Cornell University Library)のKaren Calhounは2006年3月17日に、地球環境変化に関する図書館のカタログ化と発見ツールの構築に向けた未来のカタログのあり方に関する最終レポート「The Changing Nature of the Catalog and its Integration with Other Discovery Tools」をPDFで公開した。詳細情報はURL(http://www.loc.gov/catdir/calhoun-report-final.pdf)で知ることができる。USC Librariesは図書館に関する用語集「Glossary of Basic Library Terms」を公開した。詳細情報はURL(http://dotsx.usc.edu/repository/read/book/37)で知ることができる。
ALA(American Library Association/米国図書館協会)は2006年10月12日に、図書館員の多様性に関するレポート「American Library Association releases national study of diversity in library workforce」を公開した。詳細情報はURL(http://www.ala.org/Template.cfm?Section=News&template=/ContentManagement/ContentDisplay.cfm&ContentID=140188)で知ることができる。
BBCは2006年10月19日に、歴史の最も偉大な科学者のひとりチャールズ・ダーウィン(Charles Darwin)の全集がオンラインで公開されたと報告した。ケンブリッジ大学(Cambridge University)によって運営されていたプロジェクトは、テキストで刊行された約5万ページと、デジタル化されたオリジナルの約4万のイメージをすべて、検索できるようになると報告した。 ユーザーはMP3プレーヤーを利用することで、オーディオファイルをダウンロードできるようにもなる。
プロジェクト・ディレクターのジョン・バン・ディーヘ博士(Dr John van Wyhe)は、ダーウィン自身の素材、自然主義者に関して書かれた作品のコピー、自然淘汰に関する考えのために地球上を捜すのに過去4年を費やした。その中には初版のJournal of Researches [or Voyage of the Beagle](1839)
The descent of Man (1871)
The Zoology of the Voyage of H.M.S. Beagle (1838-43)
第2版、第3版、第4版、第5版なども含まれる。もちろん全て無料で利用できる。ほとんどのテキストはカラーのオリジナルとして見ることができるか、または同じくらい完全にフォーマットされた電子転写である。また、参照作品から現代のダーウィンの本、死亡記事、および回想のレビューまでが含まれ、それぞれがドイツ版、デンマーク版、ロシア版など、ユーザーは150以上の言語でテキストで読むマルチランゲージを可能にしている。
現在、このサイトでは出生の200年祭の2009年)までに供給される素材の約50%が含まれていると報告している。詳細情報はURL(http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/6064364.stm)で知ることができる。「The Complete Works of Charles Darwin Online」はURL(http://darwin-online.org.uk/)にある。
米国のALA図書館(全米図書館協会図書館/The Library of the American Library Association)は2006年12月5日にプロの司書向けツールとして、「Librarian's E-Library(司書の電子図書館)」と「Professional Tips(プロのチップ)」wikiを公開した。「Librarian's E-Library(司書の電子図書館)」は、ツール「Google Co-Op」を使用してカスタム設計されたサーチエンジンを作成できるツールで、情報ライブラリで働く司書が125以上のE-ライブラリ検索で主要な用語を検索できるようにした情報豊富なウェブサイトで、仕事に活用できるように設計され、「Professional Tips(プロのチップ)」wikiは、ALAのウェブサイトにある豊かなリソースを使用するために提供され、各分野から受けた質問に対するALA図書館の応答をコンパイルして用意されている。そして、恐らく最も重要なライブラリ共同体が、司書の職の習慣を進行するための新しいリソースを共有することを可能にした。この wikiでは既に「分類された司書の職における話題」「ALA歴史スケジュール」「より長い記事へのリンクがあるQ&A領域に関する記事」の3つの主な領域が提供されている。詳細情報はURL(http://www.ala.org/ala/pressreleases2006/debember2006/ALALibraryWebtools.htm)または、URL(http://www.ala.org/librariantools)または、URL(http://wikis.ala.org/professionaltips/)または、URL(http://wikis.ala.org/professionaltips/index.php/Main_Page)で知ることができる。

[これまでの蔵書記録]
●200万冊のコレクションを1946年に構築したワシントンのHenry De Wolf Smythの「A General Account of the Development of Methods of Using Atomic Energy for Military Purposes Under the Auspices of the United States Government, 1940-1945」
●400万冊のコレクションを1966年に構築したLycophronの「Alexandra. Poema Obscurum」
●500万冊のコレクションを1975年に構築したマサチューセッツのCambridgeの「The Holy Bible: Containing the Old Testament and the New. Translated into the Indian Language」
●600万冊のコレクションを1982年に構築したJohn Flamsteedの「Historiae Coelestis」
●700万冊のコレクションを1986年に構築したマインツのBernhard von Breydenbachの「Peregrinatio in Terram Sanctam」
●800万冊のコレクションを1992年に構築したFrank Lloyd Wright and William Herman Winslowの「The House Beautiful」
●900万冊のコレクションを1998年に構築したドイツの「Practica et Arte di Cavalleria」