デジタルTV/2004年


米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2004年2月10日に、有線情報通信におけるコンシューマの選択について調査したレポート「Telecommunications: Wire-Based Competition Benefited Consumers in Selected Markets. GAO-04-241」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-241)で知ることができる。2004年2月11日には米国議会でケーブル・テレビに関する価格について公聴会「Cable Competition - Increasing Price; Increasing Value?」が実施された。詳細情報はURL(http://judiciary.senate.gov/hearing.cfm?id=1041)で知ることができる。APA(American Psychological Association/米国心理協会)は2004年2月23日に、カリフォルニア大学サンタバーバラ校(University of California, Santa Barbara)のDale Kunkel, Ph.D.、ネブラスカ大学(University of Nebraska)のBrian Wilcox, Ph.D.、ダビッドソン大学(Davidson College)のEdward Palmer, Ph.D.、ウイスコンシン大学マディソン校(University of Wisconsin, Madison)のJoanne Cantor, Ph.D.、ハワイ大学(University of Hawaii)のPeter Dowrick, Ph.D.、ハーバード大学(Harvard University)のSusan Linn, Ed.D.が全米及びカナダで実施した調査結果から、テレビ・コマーシャルは年間US$120億の売上げを記録しているが、子供に悪い習慣を植え付けていると報告した。詳細情報はURL(http://www.apa.org/releases/childrenads.html)で知ることができる。FCCが2003年11月4日に、デジタルTVの海賊行為を防ぐ目的で、デジタルテレビ信号を受信できる機器はすべて「放送フラグ(broadcast flag)」に対応しなければならないと定めた規制に対し、ALA(American Library Association/米図書館協会)、消費者連合(Consumers Union)、EFF(Electronic Frontier Foundation/電子フロンティア財団)などの団体が共同でFCCを訴え、ワシントンの連邦控訴裁判所(U.S. Court of Appeals in Washington)に、訴訟について概説した最初の書面を提出した。この規制は2005年7月から施行される予定であった、スーパー・ボールでオッパイを出してしまったジャネット・ジャクソンの問題は、さらに発展し、National PTAとCable in the Classroomがレポートを公開するなど、子供とテレビに関して、これから始まるデジタルTVとメディア・リテラシーのあり方をテーマに、米国中が大騒ぎになっている。詳細情報はURL(http://online.wsj.com/article/0,,SB108112981691674019,00.html?mod=todays_us_marketplace)または、URL(http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A50301-2004Apr4.html)または、URL(http://www.usatoday.com/usatonline/20040405/6080001s.htm)または、URL(http://www.ciconline.com/Enrichment/MediaLiteracy/NavigatingMediaLandscape/default.htm)または、URL(http://www.childrennow.org/media/medianow/mnspring2004.pdf)または、URL(http://www.childrennow.org/newsroom/news-04/mb-02-17-04.pdf)で知ることができる。デジタルTV時代の本格的な到来で、米国の調査会社In-Stat/MDR社は2004年4月12日に、2004年だけで1,700万台のデジタル・テレビジョンが出荷され、2008年までに9,300万台が出荷されると予測したレポートを発表した。詳細情報はURL(http://www.instat.com/press.asp?Sku=IN0401231ME&ID=931)で知ることができる。米国のNAB(National Association of Broadcasters)と4大テレビ局が作るMSTV(Association for Maximum Service TV)は2004年4月15日に、アナログTVからデジタルTVへの移行に関するコミッションの考え方には根本的に欠落があるとFCCのMichael Powellに書簡状を提出したと報告した。詳細情報はURL(http://www.broadcastingcable.com/article/CA411141?display=Washington)または、URL(http://www.nab.org/Newsroom/PressRel/Filings/LetterReFerreePlan041504.pdf)で知ることができる。BBCは2004年5月4日に、イタリア公共放送(Italian public broadcaster)の女性議長Lucia Annunziataがベルルスコーニ(Silvio Berlusconi)首相の独断的見解を主として反映したことに抗議して、重役会議の30分前に辞職したと報告した。詳細情報はURL(http://news.bbc.co.uk/1/low/world/europe/3683843.stm)で知ることができる。新社会システム総合研究所は2004年6月に、ヨーロッパのデジタルTV市場は2003年の3,100万世帯から2007年には8,900万世帯になると予測した「デジタルテレビ市場2004:2008年までの欧州・北米市場予測の英語版(Digital TV markets 2004:development of the Western European and US markets to 2008)」を発表した。詳細情報はURL(http://www.ssk21.co.jp/repo/R_R03B0023.html)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office)は2003年7月21日に、ドイツと米国のデジタルTVへの移行に関する比較調査レポート「Telecommunications: German DTV Transition Differs from U.S. Transition in Many Respects, but Certain Key Challenges Are Similar, by Mark L. Goldstein, director, physical infrastructure, before the Subcommittee on Telecommunications and the Internet, House Committee on Energy and Commerce. GAO-04-926T」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-926T)で知ることができる。Datamonitorは2004年6月8日に、ヨーロッパのデジタルTV世帯の数についての報告書「Digital TV Markets 2004」を公開し、現在のディジタル世帯は6300万で、2006年には米国を抜き、2008年末までには8900万に成長し、2003年末が3100万世帯であったことから、約3倍に成長すると予測した。詳細情報はURL(http://www.datamonitor.com/~dd4eb72474e54e30bf34a9ee86a85ce8~/industries/research/?pid=DMTC0980&type=Report)または、URL(http://www.c21media.net/news/detail.asp?area=1&article=21219)で知ることができる。米国上院が2004年3月5日にFCC(Federal Communication Commission/米国連邦通信委員会)に対し、テレビの番組内容と子供への影響調査を要求していたが、FCCはTelecommunication 1996の見直しを目的とした、子供への悪影響番組は増えているか?減っているか?Vチップの効果、テレビ番組の社会的支持と影響など、パブリック・コメントの募集を2004年7月15日から開始したと2004年9月28日に報告した。詳細情報はURL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/FCC-04-175A1.pdf)で知ることができる。2004年7月22日に、米国上院商業委員会(Senate Commerce Committee)は、2007 2011年度をカバーする公共放送企業の再認可を承認したが、デジタルTVへの移行に関する会計年度2005年と2006年のUS$5000万の支援、2007年度のデジタル・ステーション設備およびデジタル・プログラミング予算US$4000万、2008年度のUS$3000万と2009年度のUS$2000万の要求、新しいラジオおよびテレビ相互連結システムのためのUS$1億7700万、2005年度の通商部許可プログラムのために要求されているUS$5000万、公共テレコミュニケーション設備は許可をプログラムとして要求されている2011年度まで毎年4%の支援、公共テレコミュニケーションの定義などの法案は取り上げられなかった。詳細情報はURL(http://current.org/cpb/cpb0413auth.shtml)または、URL(http://current.org/pbpb/legislation/cpbreauthSenate2645-2004.html)または、URL(http://commerce.senate.gov/hearings/witnesslist.cfm?id=1265)で知ることができる。FCCは2004年8月4日に、アナログからデジタルへのテレビ変換を推進するにあたって、実施する6項目を発表した。9月11日が近づき、米国政府周辺全体で法案とレポートが多くなって多2004年9月8日に、The 9/11 Commissionのレポートで、デジタルTVに移行するに当たって、Sens McCain(R-AZ)とLieberman(D-CT)が2004年9月7日に提出した、アナログTVで使用していた700MHzの帯域をデジタルTVで使用することを無効にして、緊急連絡用に使用することを提案した法案を推薦した。この法案では2007年1月1日までに公安サービスのために764-776MHzおよび794 806MHzの帯域を割り当てるようにFCCに命令している。さらに法案では、テロリスト攻撃の兆しを一貫して」行うために、都市のエリアの相互運用可能なコミュニケーションを開発するために、FCCと米国国防総省とが共同で母国セキュリティ部を創設する必要を訴えている。法案では、第1の応答者が軍当局および病院を含む様々な実体との相互運用可能なコミュニケーションを持つべきであると提言しています。法案では、さらに議会に潜在的な誘因の評価と同様に、放送メディアを使って外国のイスラム教徒視聴者にその考えを知らせるため、米国政府の戦略に関する報告書をアラビアと他の適切な言語に翻訳し、現在よりはるかに広いイスラム教徒視聴者にそれらのプログラムを提示し、イスラム教界の中で放送されているニュースと公務のプログラムに影響を与えるように米国のキャスターを激励して、関連した予算を大統領に要求している。法案はURL(http://www.cdt.org/security/usapatriot/20040907implement.pdf)でダウンロードできる。FCCは2004年9月7日に、8月に続いて、第2のデジタルTV周期的な調査を公表 し、デジタルTV実現に向けて実施する8項目を発表した。詳細情報は URL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/FCC-04-192A1.pdf)で知ることができる。FCC議長マイケル・パウエル(Michael Powell)は2004年9月8日に、アナログTV帯域の返却を2009年に設定するデジタルTV推移提案を上院商業委員会に提出した。詳細情報はURL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/DOC-251933A1.pdf)または、URL(http://commerce.senate.gov/hearings/witnesslist.cfm?id=1300)で知ることができる。FCC(Federal Communication Commission/米国連邦通信委員会)は2004年9月9日に、社会的な貢献する「New Educational Television Rules」としてテレビが3時間の子供向け番組と、 3時間のデジタル・マルチキャスト・チャンネルを提供する義務を新しいルー ルに加えることを発表し、またデジタル番組とアナログ番組を識別するため。 テレビ画面に「symbol E/I」を表示することを義務化するルールを加えるよう に修正すると発表した。詳細情報はURL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/DOC-251972A1.pdf)で知ることができる。「Children Now」はFCCの決定を賞賛し、「 (国立放送協会/National Association of Broadcasters)」は公益義務を果たす多くの方法のうちの1つであることを認識しているが、CATVなどにも義務を化することに提供した。「Common Cause」はこの提案をさらに改革させ、進化させるべきであるとコメントを公開した。詳細情報はURL(http://www.childrennow.org/newsroom/news-04/pr-09-09-04.cfm)または、URL(http://www.nab.org/Newsroom/PressRel/statements/090904childrensdtv.htm)または、URL(http://www.commoncause.org/news/default.cfm?ArtID=386)で知ることができる。FCCは2004年9月9日に、新しい「KIDSZONE」の提供を「www.fcc.gov/kidszone」で開始した。詳細情報はURL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/DOC-251992A1.pdf)で知ることができる。Benton Foundationは2004年9月16日に、食糧確保がうまく管理されているから米国では食事をし、栄養を確保しているように、個人やコミュニティが共有ファイルとしてより多くの情報を提供し、その情報をユーザーフレンドリーにオンラインで利用できるように要求する嘆願書をFCCに提出した。詳細情報はURL(http://www.broadcastingcable.com/article/CA453826?display=Breaking+News&referral=SUPP)で知ることができる。嘆願書はURL(http://www.benton.org/issues/broadcasters.pdf)にある。米国の各メディアが2004年9月22日に、FCC(Federal Communications Commission/連邦通信委員会)は、スーパーボウル(Super Bowl)でジャネット・ジャクソン(Janet Jackson)とジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake)が起こした、おっぱいぽろり事件で、あきらかに不謹慎基準を超えていることから、CBSにUS$55万の罰金刑を言い渡したト報道した。しかし、あれはたった1秒間に満たない事件であり、それが罰金約6000万円とは、かなり全米で問題になったことが判る。FCC(Federal Communications Commission/連邦通信委員会)は2004年9月22日に、プレスリリース、命令書、Powellは米国の憲法は自由な表現の保護に寛大だが、行き過ぎは厳しく処分すべきであるとするステートメントを公開し、Coppsは不謹慎な内容について、CBSの系列会社が罰金を科されたべ きであるとするステートメントを公開し、Martinはハーフタイム・ショーの別の番組を用意すべきであったとするステートメントを公開し、Adelsteinは71/2秒でUS$550,000の罰金は軽いと非難されるかもしれないが、542,000を越える苦情から1つの苦情当たり約US$1として算出したとステートメントを公開した。詳細情報はURL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/DOC-252384A1.pdf)または、URL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/FCC-04-209A1.pdf)または、URL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/FCC-04-209A2.pdf)または、URL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/FCC-04-209A3.pdf)または、URL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/FCC-04-209A4.pdf)または、URL(http://hraunfoss.fcc.gov/edocs_public/attachmatch/FCC-04-209A5.pdf)で知ることができる。米国のKaiser Family Foundationは2004年9月23日に、子供とテレビに関するレポートを公開し、親が子供に対して気になる番組はセックスが60%、暴力が53%、親の63%がこれらの番組を見せたくないと考え、完全に反対しているのは35%であったと報告した。また、午前のテレビ番組中にセックスおよび暴力の量を制限するために、新しい規則をすることに賛成すると答え、インターネットの16%、映画の10%、音楽の7%、ビデオゲームの5%というと比較して、他のメディアの中でよりもテレビ上の不適当な内容についてもっと関心を持っていると34%の親が感じていると報告しています。子供たちはそれらの1/4(24%)がみていると答え、彼らの子供がそれらを見ることやめさせるために、テレビ格付けを使用したと言い、2001年から始まったVチップの使用を7%の親が使用したいと答えているそうです。ただし、全体の親の15%はそのまま放置し、4/10(42%)がVチップを装着したと報告した。詳細情報はURL(http://www.kff.org/entmedia/entmedia092304nr.cfm)または、URL(http://www.kff.org/entmedia/entmedia092304pkg.cfm)または、URL(http://www.kff.org/entmedia/loader.cfm?url=/commonspot/security/getfile.cfm&PageID=46689)で知ることができる。イギリスのindependentは2004年10月1日に、イギリスのメディア調整機関Ofcomが2004年9月30日に、イギリスのBBCに対抗できる革新的な内容で、広帯域インターネットを利用して、できるだけ広く配信する要求されるPVRs、携帯電話ネットワーク及びケーブル、衛星及びデジタルTVを利用した新しいPSB(Public Service Broadcaster/公共事業放送会社)の創設するために提案した「News release: A new framework for Public Service Broadcasting」を公開し、30億ポンドの予算を請求した。この新しいサービスは、BBCを除く現在の放送会社、メディア会社、独立した生産者、下部組織オペレータによる競争入札によって実施されると報告した。日本でも、このところのNHKの不祥事を見た場合、NHKの独占的公共放送ということが大きな問題であり、NHKに対抗し、NHKのおごった行為に真っ向から対決できる、全く別のインターネットを利用した公共放送局が必要なのかもしれない。詳細情報はURL(http://news.independent.co.uk/uk/media/story.jsp?story=567652)または、URL(http://www.ofcom.org.uk/media_office/latest_news/20040930_nr)で知ることができる。新華網は2004年11月21日に、広電局が2004年11月21日に「21世紀広域マスコミ・トップ・フォーラム(二十一世紀広電伝媒高峰論断)」で、2003年にスタートしたラジオとテレビのデジタル化は2005年からデジタル衛星中継の展開を開始し、2008年に地上波デジタル・テレビを全面的に広げ、2015年にアナログTVを廃止して、ラジオとテレ便の有線、衛星、無線の全国デジタル化を実現すると報告した。また、中国のテレビ・ユーザーは3億6000万人になり、世界テレビの日として、世界中がテレビで共存することが望ましく、デジタル化は自然の成り行きといえるとも報告している。詳細情報はURL(http://news.xinhuanet.com/newscenter/2004-11/21/content_2243116.htm)または、URL(http://news.xinhuanet.com/newscenter/2004-11/21/content_2243104.htm)または、URL(http://news.xinhuanet.com/newscenter/2004-11/21/content_2243102.htm)で知ることができる。これは同時に、これまで最大のアナログTV廃棄が始まるということにもなります。ロイターは2004年11月23日に「Mobile firms hope for TV junkies」で、ユーザーが2006年までに携帯電話でデジタルTVを見ることができるようになることを期待しているという調査報告書を公開した。調査報告書では調査グループが、ユーザーは携帯電話で見るテレビに300億ドル(3兆1,023億円)を毎年費やすことを予測している。詳細情報はURL(http://www.reuters.co.uk/newsArticle.jhtml?type=internetNews&storyID=6893087§ion=news)で知ることができる。Media Network Weblogが2004年12月1日に、オランダで2つの公共デジタルTVが近く開始される予定であると報告した。一つは、全部ニュースが提供される24時間テレビ「NOS Journaal24」で、早く開始する予定であったが、予算がとれなくて遅れ、もう一つはHolland Doc TVというVPROが提供するニュー・ドキュメンタリー・チャンネルで、これも24時間放送になる。詳細情報はURL(http://medianetwork.blogspot.com)で知ることができる。SuperBowlでジャネット・ジャクソンがやってしまったオッパイぽろり事件で、NBCがFCCから罰金刑を言い渡されましたが、New York Postが2004年12月14日に、アテネで開催された2004年8月13日のオリンピック・オープニングで行われた7時間に渡った人類の誕生をテーマにしたショーでは、ほとんど裸同然のグレーに塗られたダンサーが登場し、明らかに疑似性器を備え、トップレスの女性も登場し、性器を強調したセレモニーもあり、同じNBCが放送したにもかかわらず、あのショーはなぜ不謹慎ではなく、罰金刑に値しないかということが話題になっている。ダンサーは裸でも全国放送できて、ジャネット・ジャクソンは数秒でもオッパイを出したら不謹慎というのもおかしな話で、今回のFCCの罰金刑決定は、米国の常識かもしれませんが、アテネのオリンピック・オープニングは全世界で放送され、どこも問題にしていないのでは無いでしょうか?FCCの職員は、コメントを避けていると報告している。詳細情報はURL(http://www.nypost.com/entertainment/36403.htm)で知ることができる。オリンピック・オープニングで登場した明らかに疑似性器を備えた写真があるURL(http://123india.santabanta.com/gallery1.asp?mid1=7805VolunteersperformduringashowattheopeningceremonyoftheAthens2004OlympicGames)また、オリンピック・オープニングで登場した性器を強調したダンスの写真があるURL(http://123india.santabanta.com/gallery1.asp?mid1=7806ArtistssymbolisingancientGreeceperformduringtheopeningceremonyoftheAthens2004OlympicGames)また、オリンピック・オープニングで登場したトップレスの女性の写真があるURL(http://123india.santabanta.com/gallery1.asp?mid1=7807AnartistsymbolisingancientGreeceperformsduringtheopeningceremony)で確認できる。NY Postは2004年12月15日に、NBCはFCCにギリシャで開催された米国だけで約5600万人が見たオリンピックのオープニング映像データを本当に提出していたと報告した。詳細情報はURL(http://www.nypost.com/business/32737.htm)で知ることができる。FCCは、この矛盾を解決するため、オリンピックの映像は超現実的(moresurrealaspects)で、anatomically correct ancient Greek art/(解剖学的に正確な古代ギリシア芸術)という言葉で許可するというのであれば、ジャネット・ジャクソンは、anatomically correct American POP art/(解剖学的に正確な米国のポップ芸術)と言うことになる。


米国の有線情報通信におけるコンシューマの選択について調査したレポート
APAが2004年2月23日に公開した子供とテレビ・コマーシャルの調査報告書
子供とテレビ・コマーシャルの密接な関係(implications)
子供とテレビ・コマーシャルへの忠告(recommendations)
子供とテレビ・コマーシャルに関するsummary
FCCが2003年11月4日に公開した規制
ワシントンの連邦控訴裁判所に提出された書面
Children Nowが公開したThe Promise and Peril of Digital TV for Kids
Children Nowが公開したDigital Television: Sharpening the Focus on Children
In-Stat/MDR社が2004年4月12日に公開したデジタル・テレビジョンの2008年までの伸び予測
NABとMSTVが公開したFCCのMichael Powellへの書簡状
ドイツと米国のデジタルTVへの移行に関する比較調査レポート
Digital TV Markets 2004の案内パンフレット
FCCが2004年7月28日に公開した子供への悪影響番組調査開始報告書
Current.orgが2004年7月22日に公開したリリース
Current.orgが公開しているPublic Broadcasting Reauthorization Act 2004
FCCが2004年8月4日に公開したアナログからデジタルTVへの移行に関する取り組み
Sens McCain(R-AZ)とLieberman(D-CT)が提出した法案
FCCが2004年9月8日に公開したアナログからデジタルTVへの移行に関する取り組み第2弾
FCC議長Michael Powellが2004年9月8日に公開した、2009年にアナログTV帯域の返却設定報告
FCCが2004年9月9日に公開したリリース
Powell長官のステートメント
Abernathyのステートメント
Coppsのステートメント
Martinのステートメント
Adelsteinのステートメント
FCCが2004年9月9日に発表した、「KIDSZONE」提供のリリース
Benton Foundationが2004年9月16日に、FCCへ提出した嘆願書
FCCが2004年9月22日に公開したリリース
FCCが2004年9月22日に公開した命令書
Powell Statement
Copps Statement
Martin Statement
Adelstein Statement
Kaiser Family Foundationが2004年9月23日に公開したレポート
Ofcomが2004年10月1日に公開したリリース
Ofcomが2004年10月1日に公開したレポート
American Idolのロゴ