デジタル時代のNHK懇談会


2005年6月30日に初会合をNHK放送センターで開催した、デジタル化時代のあり方と受信料体系について、情報セキュリティ大学院大学長の辻井重男、東京大法学部教授の長谷部恭男など、有識者が議論した懇談会の名称。
2001年9月11日以降に巨額を掛けた米国国土安全保護対策は、ハリケーンKaterinaで見事に粉砕され、ニュー・オリンズから落第点を報告されてきたが、今回は米国中枢にあるCenter for American Progressが2005年9月14日に、Mark Lloydの「The Wolf at the Door(入り口に居たオオカミ)」と言うコメントを紹介した。詳細情報はURL(http://www.americanprogress.org/site/pp.asp?c=biJRJ8OVF&b=1043053)で知ることができる。
これからは、巨額を掛けた米国国土安全保護対策が失敗しているのに、「イラクの平和などと言っている場合ではない」と言う意見が強くなることが予測される。
Mark Lloydの意見は厳しく!「ハリケーンKatrinaは、米国のリーダーが最悪の場合に備えることができなかったという疑いを残した。
洪水(または強風)またはテロ攻撃の場合、まだ動くことができる通信システムを確立するための新しい何もできていなかった。地元で連邦緊急応答者の間でコミュニケーションの信頼できる手段を確立するための新しい何もできていなかった。
ハリケーンKatrinaが全てを掃除したあと、レセプションが壊れたあと、「彼らが当然のことと思って来た生命線なしで、数100万人ははコミュニケーションシステムなしで残されました。新聞、テレビとラジオ放送は利用できませんでした。
発電機(電話回線の原動力)の燃料が尽きたのか、あふれた基本電話サービス、携帯電話サービスとインターネットサービスはできなかった。
最低限、我々は安全な場所でより多くの非常システムによる先進の通信ネットワークを必要とします。スペクトル(通信帯域)は、非常応答者である衛星テクノロジーのためにとっておかれなければなりません。
入口のオオカミと生命の危険の中で、我々は市場の気まぐれまで、我々の保護を残すことができなかった。
これらについて、混乱があってはなりません。
メキシコ湾岸への、そして、ニューオリンズの荒廃は予想されていました。我々の基本的国家通信基盤に関する問題は、9/11で露出しました。
スペクトル(通信帯域)のより知的な使用の要請は、あまりにも長い間この管理によって、そして、議会によって顧みられなくなりました。
我々は、最も高い入札者以外のために、公共利益で確立される通信方針を必要とします。我々は、当然のこととして通信を確保できることに戻れますか?」
リードハント(Reed Hundt/連邦通信委員会前議長)は「我々は、常に同じものを発見します」「我々は国家非常通信ネットワークを必要とします、そして、我々はそれを一つも持っていません。」と言っていた。」と報告した。
これは、NHKなどにも言えることで、くだらない紅白歌合戦や、のど自慢、大河ドラマなどの娯楽番組(くだらない民放との競争意識に溺れた番組)に巨額の資金と人材を使い、今回はその娯楽番組編成部分で事件が起こっている。
NHKは国会、ニュース、ドキュメント、国家非常通信ネットワークなど、焦点を絞った、視聴率を意識しない番組だけにすべきで、そこに焦点を当てる場合、現在の収入で十分運営可能で、もし、BBCのようなドラマが作りたければ、スポンサーになってくれる団体や政府機関を探すべきである。
馬鹿な幹部が自己資産の拡大をもくろみ、権威主義、利権主義に溺れた結果で、BBCのテレビドラマ・シリーズ「SPOOKS」は、政府のスパイ促進広報予算で作られている。HKのドラマ制作は、国民洗脳組織として政府の「豚」になりきることで、それができないならドラマ部門は廃棄すべきである。これまでの経緯から、偽善的な正義など、NHKに国民は期待していない。
NHK関連営利団体は、全て独立させ、独立営利企業としてNHKの名称使用を禁止すべきであり、NHKで人員削減といっても、どうせこれらのNHK関連営利団体に流れるだけで、何も変っていない。馬鹿げた三文役者のような演技は不要である。
もし、このままNHK関連営利団体を残すなら、それらの収支はNHKと一緒に公開し、利益は全てNHKに譲渡すべきで、経理の誤魔化しが見つかったら、国賊として詐欺罪で処罰すべきである。詳細情報はURL(http://www.nhk-grp.co.jp/index.html)で知ることができる。
今の似非民放に成り下がったNHKが、今度は民事で訴えると騒いでいるが、全ての組織改編か、番組改編ができなければNHKの存続意義はないといえる。
OSI(Open Society Institute)のGeorge Sorosはレポート「Television Across Europe」を公開し、基礎民主主義におけるテレビの役割は、民間放送局と競争するために、社会奉仕のPSBs(Public Service Broadcasters/公共放送)へのプレッシャーと同様にメディア集中から脅威に直面していると報告した。
公共放送が、民間放送局と競争するからおかしくなるのであって、本質を忘れているようで、ヨーロッパ20ヵ国のテレビの状態について、OSIの「European Union Monitoring & Advocacy Program」によって評価されました。OSIは、公共放送によって民主主義とヨーロッパの文化に関する「特別な尊重(special esteem)」を楽しむことができると報告している。
しかしながら、デジタル化、集合、および民間放送局からの圧力はプログラムの品質と内容に関して公共放送とスポンサー提供のテレビ番組の区別をぼかしていると報告している。詳細情報はURL(http://www.soros.org/initiatives/media/articles_publications/publications/eurotv_20051011)で知ることができる。
出演料が安いといって、NHKのドラマを杉田かおるが降板したようだが、タレントや歌手の宣伝をやって、あの恥も外聞もない馬鹿どもを有名人で知識人にしてしまった責任は、NHKにもある!NHKでドラマや歌番組を作るのは、戦後の沈んだ世間を盛り上げるのには効果的であったが、今では汚職、賄賂、無駄遣いの温床になっている。
総務省が2006年4月11日に、NHK受信料義務化を検討を開始したと報告すると、ほぼ同時にNHKで報道局スポーツ報道センターの大下哲史チーフプロデューサー(43)が札幌放送局放送部に勤務していた2001年1月から5年以上に渡ってカラ出張を242件も申請し、1762万円を不正に着服していたと発表した。
これは2004年に明らかになった元芸能番組部チーフプロデューサーの番組制作費着服事件で大騒ぎしていた時もカラ出張を申請し、不正着服していた確信犯であり、NHKの体質として染みこんだ甘えの構造ともいえることから、懲戒免職にしたり、幹部が頭を下げたり、減給するといったことではなく、現幹部を更迭し、NHKを完全解体することも検討すべきで、NHK受信料義務化などはもってのほかといえる。
通信・放送の在り方に関する懇談会は2006年5月16日に、公共放送であるNHKが制作した過去の番組をインターネットで全国に配信する仕組みを整えるべきとの意見で一致したと報告した。
Broadcasting&Cableは2006年6月7日に、 New America Foundationのイベントでヒラリー・クリントン(Sen Hillary Clinton/(D-NY)が、Vチップ、いろいろなCATV、TiVoなど、個人をコントロールする機能を持ち、米国の実験の中で、テレビは社会的な親代わりになっていると警告したと報告した。
たった2ヶ月間ライブドアの堀江に脅されただけで、あのタモリ、サンマ、たけしの3人が一生涯恥をかき、さげすまれ、必死になっても稼げない500億円以上を支払って、今になって告訴するといっても「のれん」になんとかで、どうにもならない。そんなフジテレビの会長さんや役員さんが作り出す番組が、子供の親代わり?
お笑い番組が安くできるというと、ほとんど教育なんて言葉を忘れ、ほとんどどこの番組もお笑いタレントだけになるテレビ局が親代わり?国営放送は、タレントを支援して紅白歌合戦や大河ドラマを作って、そこで社員国民の支払ったお金をピンハネし、それが子供の親代わり?クリントンは、その技術が与える子供への効果や影響が何であるかを測ることが重要である理由として、両親がテレビを監督する時間が見て、片親にとって、指数関数的チェックすることは困難で、わかりにくいと言い、技術がそれに応じる私たちの能力をしのいだと言っている。もう検閲と言論の自由の間のイデオロギーの分水嶺を理解し、皆には越えるべきである役割がもうあるべきときであると言いった。
彼女は、V-チップとTiVoの親コントロール機能を理解しているような技術で助けるために、両親のメディアガイドを求めて、Webサイトにそれを掲示している。また、様々なメディアが子供への効果と影響について長期にわたって調査する国立衛生研究所の研究に資金も求める「the Children and Media Research Advancement Act」を作成した。クリントンはすぐに議員投票にかけられることを期待していると言っている。詳細情報はURL(http://www.broadcastingcable.com/article/CA6341731?display=Breaking+News)で知ることができる。
NHKは2006年6月13日に子会社21社と関連会社4社を含めた2005年度連結決算を発表した。
一連の不祥事の影響で受信料収入が400億円近く減ったことに加え、韓流ドラマのDVDや書籍などの売り上げが55億円減少したことが響いて経常事業収入は7471億円(前年度比146億円減)で3年ぶりの減収、収支差金は70億円(同76億円減)で2年連続の減収となった。日本放送協会平成17年度連結決算報告書の詳細情報はURL(http://www3.nhk.or.jp/pr/keiei/renketu/r17/index.html)、NHKと関連団体との取引に関してはURL(http://www3.nhk.or.jp/pr/keiei/dantai/kijyun.html)で知ることができる。
イギリスのThe Independentは2007年10月17日に、BBCのジャーナリストが巨大なコスト削減で、ニュースの品質に大きく影響することをますます心配していると報告した。今週BBCは、費用を節減する計画を公開するが、BBC長官のマーク・トンプソン(Mark Thompson)は、最も悪影響を受けるのはニュースであることを予測したと報告した。
ニュースの品質を落とさないで、コスト削減ができないというのは予算への脅迫でであり、くだらない番組を止めて、ニュースに集中し、無駄な人員を削減すればすむことで、BBC長官は、全面的な一年の予算を3%削減することになっているが、ニュースでは5年間で20%上昇していると報告してる。
BBC長官のマーク・トンプソンは2007年10月17日に、BBC Trustを提示し、その後の2007年10月18日に、プランを発表するとき、500の仕事からニュースで3,000人のスタッフを解雇することを明らかにすると予想されている。
BBCでは、約2,800の仕事が削減され、それを補うために新たな1,000の新しいポストが作成されることになる。BBCがテレビで「統合ニュース編集室(integrated newsroom)」に近づくとき、BBCラジオとオンライン部門でジャーナリストを節約するために一点に集められるオンライン・ニュース操作は「テレビに接収(TV takeover)」されるという警告になる。マルチメディア・ニュース編集室に動くことによって、コア化したBBCニュースは25%の削減を実現し、専門取材スタッフは15%を節約する。
ニュースのボスは現在の状況から、主要なニュース記事が放送されると、いくつかの異なった番組からのジャーナリストが、同じ情報を追求することを遠ざけることを視野に入れている。代わりに、個々の番組はエディタを保有し、ニュース生産は合理化され、そして、ジャーナリストには、テレビ、ラジオ、オンラインの3メディア環境で働くことが訓練されることになる。
マルチメディアには当然のことで、今までが、国営放送と言うことで贅沢に慣れて、怠惰な組織になったと言うことであり、同じことは、NHKにも言える。もっとも、NHKのニュースの品質を検討する前に、NHKのニュースの品質がどうだったのかという疑問は残る。詳細情報はURL(http://news.independent.co.uk/media/article3063803.ece)で知ることができる。
2007年12月21日に、改正放送法が参院本会議で可決、成立した。施行は2008年春になる。
NHKは2008年1月17日に、NHKのジャーナリストなど3人が、取材記者の入手した外食産業牛丼チェーン「すき家」などを展開する「ゼンショー」が、回転ずしチェーン「カッパ・クリエイト」をグループ会社化する資本・業務提携情報の特ダネ情報を元に、株を売買していた疑いが明らかになり、証券取引等監視委員会がインサイダー取引の疑いで調査を開始した。
NHKの橋本会長が記者会見を開き、インサイダー取引の疑いが持たれているのは、報道局テレビニュース部制作記者(33歳)と岐阜放送局放送部記者(30歳)、水戸放送局放送部ディレクター(40歳)の3人であることが判明し、証券取引等監視委員会は2008年1月16日に3人から任意で事情を聴取していた。
記事内容は経済部の出稿で、記事内容を知ることができていた。3人は自宅のパソコンや携帯電話を使って、インターネットでカッパ・クリエイト株1,000株〜3,000株程度の買い注文を出し、株価が上昇した翌日に売り抜けで利益を得ていた疑いが持たれている。
証券取引等監視委員会とNHKの内部調査で、報道局の制作記者は放送内容を知って株を売買したことを否定し、ほかの2人は不正を認めていると報告している。詳細情報はURL(http://www3.nhk.or.jp/pr/keiei/otherpress/080117.html)で知ることができる。
フィンランドのHelsingin Sanomatは2008年5月1日に、フィンランドの公共TV局YLE(Finnish Broadcasting Company)が営利会社との厳密な協力を始めると決めたと報告した。
少なくともスポンサー提供のテレビ番組チャンネル「MTV3」、インターネット・サービス・プロバイダ「エリーサ(Elisa)」および他の多くの会社と、他の話題の中で、スポーツプログラム、ハイビジョン放送、およびインターネット・サービスの統合的なな購入について議論し、交渉されました。
また、YLEは、例えば、潜在的のモバイルTV会社などの営利会社に、放送局が著作権を持っている番組を持たせ、フリー・アクセスでも構わないと考えている。
現状では、広告が全くこれらの番組にないないかもしれない。
オーディオ・アーカイブは、すぐに無料ですべての市民と施設に利用可能になる。
YLE専務理事Mikael Jungnerは、「計画された協力の目的はお互いに有利な状況を獲得することです。市民は、より多くの番組に近づく手段を得ます。そして、彼らの供給を増加させます。YLEの番組は、より多くの視聴者を手に入れます。」と言っている。
Jungnerは、番組から、より多くのお金を作りたがっていない理由として、市民がライセンス料金の形で一度既にYLEのテレビ・コンテンツの代価を払っていることを、さらに注意している。
ライセンス料金を取って、それを再度金にするため、下部組織の営利企業として、出版社やアーカイブ、さらには管理会社などを作っているNHKのあり方をフィンランドのTV局YLE(Finnish Broadcasting Company)はしない。
まず、絶対的な信頼と、視聴者の確保で、存続の必要性を訴える。
YLEのJungnerの説明は連続したキリスト受難劇と同じで、従業員のストライキ、免許料金収入の突発性の虚脱、デジタル化プロジェクトに関する問題、いらいらしている聴衆、締められた働くペース、さらに一時解雇と続いている。
現在のところ、2月に設立された議会委員会はYLEの将来の基金を考えている。
作業班は本年度の終わりまでに提案を提示することになっている。
フィンランドの国営放送局として当座予算は、およそ37,000万ユーロである。詳細情報はURL(http://www.hs.fi/english/article/Finnish+Broadcasting+Company+YLE+to+join+forces+with+commercial+companies/1135236088639)で知ることができる。
IT先進国であるノルウェー、スウェーデン、フィンランドは公共放送局が苦しみながら、論理的に正当性を守り、進化しようとしている。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9653)で知ることができる。
Varietyは2008年6月12日に、ドイツの政府リーダーがEU委員会(EU Commission)からの高まる圧力の結果、ドイツの国営公共放送ARDとZDFの拡張インターネット活動を制限するのに同意したと報告した。
ドイツの16州の連邦首相は、2008年6月12日木曜日にベルリンで公共放送局のオンライン活動について議論し、ARDとZDFが独立している「電子プレス(electronic press)」と呼ばれる操作ができないかもしれないと結論を下した。
EU委員会は、長い間ARDとZDFのオンライン拡大を批評し、ドイツの政府に公共放送局のインターネット活動に限界を置くように要求していた。
ドイツの民間放送局と新聞も、オンラインニュース操作でARDとZDFをとがめ、公共放送局のTVニュース番組の如何にかかわらず、電子プレスの構成に通じることができたと警告した。
国の放送規則修正案の一部として、州知事は公共放送で容認できないと考えっれた、商業リンクを含んだインターネットのリストを作成した。
例えば、テレビの料理ショーのWebサイトは、レシピを記載できるが、料理の本を購入するためにリンクを含んではいけない。
また、インターネットに掲載されたエンターテインメント番組を狙いた。
州のリーダーは、EU委員会とメディア規制者と共に相談に続いて、秋に最終決定をすることになるが、ARDとZDFのインターネット・コンテンツをTV番組関連のサイトで制限することを計画している。
ヨーロッパでは、とくに公共放送局のダブルスタンダードは、全体に許さない傾向がある。
現状にようなNHKでは、絶対に許されないだろう。詳細情報はURL(http://www.variety.com/article/VR1117987389.html?categoryId=18&cs=1)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10057)で知ることができる。
NHKは2008年9月11日に、年末に始める有料の番組配信サービスについては当面、配信対象をテレビとパソコンに限定すると明記した、インターネットを使った各種事業の運営基準「放送法第9条第2項第2号)業務の基準」見直し案を公表した。
2013年度末までに累積損失の解消を目指し、料金設定などを含め事業のあり方を点検することになっている。詳細情報はURL(http://www.nhk.or.jp/css/internet/)で知ることができる。


BBCの未来に向けた挑戦「生きるべきか、死ぬべきか!」
FISMA(Federal Information Security Management Act)
CAMRA(the Children and Media Research Advancement) Act
通信・放送の在り方に関する懇談会
一人の印刷版新聞読者に相当する100人のWeb版新聞読者!
新聞の読者は増えている!
放送法第33条
放送法第32条
放送法第35条
NHKは洗脳放送局か?公共放送局か?
放送における公正の原則
洗脳放送
乱数放送局
Alhurra
脅し、恐怖を与え、稼ぎ出すビジネス
タウンミーティング
ボイス・オブ・アメリカ
自由ヨーロッパ放送
テレビ・マルチ
短波放送
アストラ衛星
スピル・オーバ
情報戦争
アラブ首長国連邦のインターネット規制
中東教育情報リサーチ研究所
Computer Security Enhancement Act
情報操作
情報操作/2001年
情報操作/2002年
情報操作/2003年-1
情報操作/2003年-2
情報操作/2004年-1
情報操作/2004年-2
情報操作/2004年-3
情報操作/2004年-4
情報操作/2004年-5
情報操作/2004年-6
情報操作/2004年-7
情報操作/2005年-1
情報操作/2006年
ローテク・ハイコンセプト・テロ-5
誤解を招く、単語の並べ方
CNA(Computer Network Attack)
Stratcom(U.S. Strategic Command)
情報セキュリティ監査制度
情報防衛センター
Towards Freedom TV
IBB(International Broadcasting Bureau)
BBG(Broadcasting Board Governors)
CATaC(Cultural Attitudes towards Technology and Communications)
This World: One Day of War
情報操作/2006年
公共放送と民間放送
総務大臣がNHKの短波ラジオに北朝鮮拉致報道を指示!
デジタル冷戦時代
米国コンピュータ・セキュリティ成績表
インサイダー