電磁波

electromagnetic wave


電界と磁界の震動が空間や物質中に伝わる波のことで、波長によって電波、赤外線、紫外線、エックス線、ガンマ線などに分類されています。

>> さらに詳細な情報はこちら


電磁波防止器(左)と電磁波検知器(右)のセットZONE KI-101
ZONE KI-102の接続例-1
ZONE KI-102の接続例-2
電磁波の波長と技術開発
電磁波の種類
ガンマ線
X線とガンマ線で見た地球の比較
電磁波の種類と利用
オンラインでの健康、美容、エイズ、薬情報販売の予測
B2Bと医療及び健康産業の予測
FDAのSAR解説と規定
米国の携帯電話の経緯と未来
B2Bの2000年と2001年の変化
2001年イギリス人のオンライン環境
米国のB2Bユーザーが利用している雑誌とWebの利用比較
北米で開発者がB2Bで利用したサービス
Imperial Cancer Researchが公開したX線で見た癌細胞
携帯電話などで利用するインターデビット決済の構造
eTForestsによるPDAを利用した無線インターネット接続予測
携帯電話の危険性を訴えた「Citizens' Initiative Omega」のページ
体電磁環境研究推進委員会の平成12年度研究報告書
体電磁環境研究推進委員会の平成13年度研究報告書
GAOによる薬の広告規制に関するレポート
電磁波セキュリティガイドラインのドラフト
電磁波セキュリティガイドラインのドラフト(英語版)
総務省が2003年12月12日に公開した、携帯電話の電波が脳微小循環動態に及ぼす影響のリリース
生体電磁環境研究推進委員会の研究結果
ACAが2003年12月22日に公開したリリース
ACAが公開したfsc87 Electromagnetic radiation and 3G mobile phones
NRPBが2005年1月11日に公開したリリース
NRPBが2005年1月11日に公開した調査報告者
Illustrirte Zeitung1856年1月26日に掲載された化学者Justus von Liebig
ミュンヘンのJustus von Liebig研究所
Justus von Liebigの階段教室
KDDIが2005年4月26日に公開した 電波の生体への影響を調べるための共同検討中間結果報告
WHOが公開しているEMF情報
総務省が2005年12月14日に公開した、生体電磁環境研究推進委員会の研究結果
パンフレット「電波と安全な暮らし」
電波の安全性が確認されたと2007年1月24日に発表したリリース
UPCIが2008年7月23日に公開した研究報告
UCLA公衆衛生大学院が2008年5月21日に公開した子供と携帯電話の調査報告