電子情報技術産業協会

JEITA>>Japan Electronics and Information Technology Industries Association


日本電子工業振興協会(JEIDA)と日本電子機械工業会(EIAJ/Electronic Industry Association of Japan)が統合され、2000年11月1日に発足した団体の名称。両団体の従来の組織体系を見直し、情報システム、電子デバイス、パーソナル情報などの分野を、各社の会長・社長級の幹部が務める9人の副会長がそれぞれ担当して、会長を補佐しながらさまざまな課題に取り組むことになる。詳細情報はURL(http://www.jeita.or.jp/)で知ることができる。ここでもITが登場し、IT革命のために統合した団体といえる。JEITAは2000年11月21日に、世界半導体生産能力・稼働率の2000年第3四半期(7-9月)の統計数値を公表した。詳細情報はURL(http://www.jeita.or.jp/japanese/press/2000/1121/index.htm)で知ることができる。電子情報技術産業協会は2000年12月22日に、デジタルカメラ、パソコンや電子部品など電子工業製品の2000年の国内生産金額が前年比10.1%増の25兆9127億円に達する見込みだと発表した。詳細情報はURL(http://www.jeita.or.jp/japanese/press/2000/1222/index.htm)で知ることができる。SIAは2001年11月7日に、2001年の世界半導体売上は1410億ドルで前年比31%減の大幅減であったが、世界の半導体市場が01年第4四半期から回復に転じ、2002年を通して成長を維持するという見通しを発表した。電子情報技術産業協会は2003年1月23日に、2年連続の減少で、国内17社の合計出荷台数は1066万台(前年比11%減)、合計出荷金額は1兆7710億円(同11%減)と、いずれも過去最大の減少幅となった、2002年のパソコン出荷実績を発表した。詳細情報はURL(http://it.jeita.or.jp/statistics/pc/h14_3q/index.html)で知ることができる。

[電子情報技術産業に関する世界の5業界団体]
●EECA(European Electronic Component Manufacturers Association/欧州電子部品工業会)
●JEITA(Japan Electronics & Information Technology Industries Association/電子情報技術産業協会)
●KSIA(Korea Semiconductor Industry Association/韓国半導体産業協会)
●SIA(Semiconductor Industry Association (of the US)/米国半導体工業会)
●TSIA(Taiwan Semiconductor Industry Association/台湾半導体産業協会)