電子私書箱

elecrotonic POBox

メッセージ自動分類システム

企業からの各種取引書類などのメッセージを、普遍的な「ユニバーサルアドレス」に送信すると、それぞれの指定された受信媒体に自動変換し、必要とするアドレスに自動送信するサーバー・システムの俗称。電子政府構築に向けた実験の一環として、総務省は野村総合研究所と共同で、2002年1月から3ヶ月間の予定で、企業からの各種取引書類などのメッセージを、電子私書箱サーバーを用い、電子メディアによって個人に送付する社会実験を実施することを2001年9月3日に発表した。実験に参加する企業は、日本信販や東京三菱銀行、ベネッセコーポレーション、日本生命など約10社と1万人程度の実験モニターで、郵便で送られている利用明細書・契約書・請求書などの重要書類や、会報・広告などのダイレクトメールを、電子媒体で送付する実験に参加する。詳細情報はURL(http://www.nri.co.jp/news/2001/010903.html)または、URL(http://spd.nri.co.jp/message/index.html)で知ることができる。