電子インク

Electronic Ink

デジタル筆記具

米国のマサチューセッツ工科大学で考案され、1999年5月3日に最初のデモンストレーションを実施したことで有名になった、紙またはプラスチックの層の上にごく小さなカプセルに包まれたドットを配置し、電荷値を与えることによって、このドットがモノクロの場合は黒や白、カラーの場合はRGBを表示し、テキストや画像が表示できる電子のドットです。

>> さらに詳細な情報はこちら