天気予報サービス


気象業務法の改正で、1995年5月から各テレビ局は独自の天気予報が出せるようになり、気象予報士に国家試験の義務化とともに、登場したサービスです。

>> さらに詳細な情報はこちら


2000年11月11日にEarthBrowserで北極上空から見た世界の天気予報
1999年12月から2000年11月までのTRMMがとらえた地球のRainfall
気象図制作システムCLIMVIS(Climate Visualization system)
CLIMVISサンプル画像
CLIMVIS Palmer
CLIMVIS複合情報
気象庁のゴーズ利用に関するリリース
ひまわり5号とゴーズ9号の画像比較
BBCが2005年5月14日に導入すると報告した3Dシステム
GAOが2005年9月28日に公開した、ハリケーンに対応するため、ポンチャートレン湖とその付近に出動した陸軍工兵隊のレポート
GAOが2005年9月28日に公開した、ハリケーンKatrina発生時の対応と見落としに関するレポート
1950 - 2004年に米国に上陸したハリケーン地図
SGIが2006年5月8日に公開した米国連邦破産法第11条申請リリース
GAOが2006年6月8日に公開した、2006年のハリケーン・シーズンを前にFEMAと赤十字の間のコーディネートを改良したレポート
GAOが2006年6月14日に公開した、Gregory D. KutzによるハリケーンKatrinaとRitaに対する不当性に関する証言
GAOが2006年6月16日に公開した、詐欺と乱用に露出した緊急支援レポート
GAOが2006年7月11日に公開した、NOAAの次世代機能に関するレポート
GAOが2006年7月14日に公開した衝撃的な天気予報の変化に関するレポート
GAOが2006年9月29日に公開した、静止気象衛星の次世代ステップについてのレポート
David A. Pownerによる静止気象衛星についての下院委員会報告
GAOが2006年9月28日に公開した、ニューオリンズで地域の病院入院患者と救急対応に関するレポート
GAOが2007年7月9日に公開した、米国気象庁の天気予報に関するレポート