テレコミューティング

telecommuting

在宅勤務/電子通勤

在宅勤務やサテライト・オフィスでの勤務など、ネットワークを利用して勤務をすること。電話、ファックス、パソコンなどのOA機器を会社と通信回線で結び、テレビ会議システムや双方向通信などを利用することによって、あたかも会社で仕事をしているような環境を自宅や会社の別荘などに作り、大都市集中型の緩和、通勤地獄の回避、会社の騒音などから逃れ、より効率的な環境を構築できるシステムの総称。
ただし、会社の人間的コミュニケーションに乏しいという欠点も指摘されている。岐阜県は1997年9月8日から2カ月間、通勤時間が長かったり、子供を保育園へ送迎する負担が重いなどの事情を抱えている総務部女性政策課、同行政管理室、民生部障害福祉課、衛生環境部医務課の女性職員4人を対象に、試験的に在宅勤務制度を導入した。今後、属課の意見も聞きながら本格的な導入を検討していく。これまで、岡山県や岩手県などで研究職にフレックスタイム制を採用した例はあったが、自治体での在宅勤務制度導入は初めてである。
telecommuting普及を目的として、DOC(米国商務省/U.S.Department of Commerce)、EPA(United States Environmental Protection Agency/環境保護庁)、代替通勤奨励団体ACT、大手電話会社AT&Tなどが協賛し、1997年10月20日から24日までTelecommute America Weekが全米各地で開催された。詳細情報はURL(http://www.att.com/Telecommute_America/)で知ることができる。
日本法人のインテル社は1998年11月10日に、企業などがコンピュータを導入するためのコンピュータ・システム導入の稟議書作成支援資料集を公開した。GAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2001年7月11日にTelecommuting:Overview of Potential Barriers Facing Employersを公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?gao-01-926)で知ることができる。
米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2003年9月29日に、EPA(Environmental Protection Agency)が必要とする地球規模で環境を規制する巨大管理システムの必要性を訴えた報告書「Grants Management: EPA Needs to Strengthen Efforts to Address Persistent Challenges. GAO-03-846」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-846)で知ることができる。
米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2004年2月2日に、通勤電車の情報ガイダンス「Commuter Rail: Information and Guidance Could Help Facilitate Commuter and Rail Access Negotiations. GAO-04-240」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/highlights/d04240high.pdf)で知ることができる。
米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2004年3月4日に、EPAが2002年に受け入れた巨大非営利事業についてのレポート「Grants Management: EPA(Environmental Protection Agency) Actions Taken Against Nonprofit Grant Recipients in 2002. GAO-04-383R」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-383R)で知ることができる。
ガートナー ジャパンのITデマンド調査室は2004年2月に、「在宅勤務とITに関するユーザー」に関する調査を実施し、その結果を2004年3月18日に公表した。詳細情報はURL(http://www.gartner.co.jp/press/pr20040318-01.pdf)で知ることができる。外務省は2005年5月10日に、地球規模問題に関する意識調査を公開した。詳細情報はURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/i_chosa.html)で知ることができる。
The Christian Science Monitorは2007年2月1日に「Telecommuting as energy saver」を公開し、米国には2,800万〜3,200万の在宅勤務者がいて、オフィス通勤の往復を止めたことから、オフィスまでを平均23マイルとした場合、ガソリンでほとんど1年あたりUS$1,000を節約し、大気へ6,000ポンド以上の二酸化炭素を避けることができていると報告した。
関係者の中には、リモート従業員がオフィスで起こる重大な嵐、テロ攻撃、または他の非常時に行動することを可能にするのに注意した人もいた。また、何人かの両親は在宅勤務は、仕事と家族のバランスをとるよい助けになったと報告している。
それは、年取った労働者が引退の延期を可能にして、金を儲けるより多くの方法を田舎の居住者に与えている。同時に、それは身体障害者のために就業機会を広くし、支持者は諸手当が生産性と、よりすばらしい従業員満足を改良しました。
また、在宅勤務はアウトソーシングへの代替手段になっているとも報告している。
2001年9月11日の同時テロのとき国際貿易センタービルで仕事をしていなかった死なずにすんだ。とくに、最近は六本木ヒルズなど高層ビルに住み、ヒルズ族などと言っているようだが、テロの攻撃目標として考える場合、危険性の高いところに住んで、高額を支払っていることになる。詳細情報はURL(http://www.csmonitor.com/2007/0201/p08s02-comv.html)で知ることができる。
米国のCEA(Consumer Electronics Association)は2007年9月26日に、マサチューセッツ州ケンブリッジのTIAX LLCに依頼して実施した調査レポート「just one day of telecommuting saves the equivalent of up to 12 hours of an average household's electricity use.」を公開し、米国には、約390万人の在宅勤務者がいる。その在宅勤務者は、まとめて約1400万トンの二酸化炭素排出と約8億4000万ガロンのガスを削減している。それは毎年、道路を走行する200万台の自動車の排出量に等しい。在宅勤務者が電子装置を使用すると、1年間で全米の100万件の家庭が消費するエネルギーを節約することになるとも報告している。これはもちろん在宅勤務者が、労働を保持するため、高速コンピュータと迅速なインターネット・アクセスを必要とすることになる。すでに多くの企業が在宅勤務制度を導入しているが、まだ、社員の生産性に悪影響すると恐れている企業も多いのが実態と報告している。詳細情報はURL(http://www.ce.org/Energy_and_Greenhouse_Gas_Emissions_Impact_CEA_July_2007.pdf)で知ることができる。
InfoWorldは2007年11月27日に、リモート・サポート・サービスを提供しているCitrix Onlineによって報告されたレポートから、米国の労働者の23%が事務所以外のどこかで定期的に仕事をして、全体の62%が事務所以外で仕事がしたいと希望していると報告した。
これだけ通信が発達すると、定期的に毎日事務所に出かけて仕事をすると言う環境は、無意味になって機あっと言うことで、とくに調査によって、米国ではストックオプションか現場環境を変更し、在宅勤務を尊重し始めたと報告している。
米国の金融会社ためのオペーレーティング・エンジニアリング・マネージャーで、副社長であったMike Ambleは、在宅勤務が法人のIT部門での任務によく収まると言っている。
彼は最も熟練した従業員が一つには、その近くの地域に住まないかもしれないし、絶えず呼び出され、「24時間労働」になると言っている。
アトランタに拠点を置くトレーニング、およびサポート会社WorkLifeBalance.comの創設者で最高経営責任者のJim Birdは、在宅勤務には、「正しい考え方と正しいスキルセット」を必要とすると言っている。
まず、決して仕事を中止しないこと。
仕事を完了させることができ無い場合は、自身で仕事を継続する。
Jim Birdは、在宅勤務をしない人のでも、その人の家族は家で働いている。
それを見れば判るように、彼らは何時でもメールに返事をし、週末も働き続けていると、言い足した。
この調査は、世論調査会社が. 現在働いている600人を抽出して、100人の中小企業経営者にインタビューしてまとめられた。詳細情報はURL(http://www.infoworld.com/article/07/11/27/Survey-quarter-US-workers-telecommute-regularly_1.html)または、URL(http://www.citrixonline.com/)で知ることができる。
TelecomWebは2008年8月12日に、Workplace Index Surveyを紹介し、高いガソリン価格で、在宅勤務(telecommuting)の知識が強調されている現状でも、新しい調査は、大部分が、在宅勤務で彼らの職業的な成功に害を与えると恐れていると答えていると報告した。
しかし、半数以上は、会社が在宅勤務オプションを是認することが有益であると答えている。
Workplace Index Surveyの具体的な応答者の反応は、約半分が、会社は在宅勤務を3番目の利点として許容すると言った。
ほとんどが、会社のオフィス環境(72%)を制御して、生産性(71%)の衰退を防ぐためにオフィスを好むと感じた。
さらに、応答者の80%は、在宅勤務が次の5年間も成長し続ける傾向にあると答えている。
そして、在宅勤務のほとんどの社員は、どんな躊躇にもかかわらずも、オフィスの外で働く好印象があった。詳細情報はURL(http://www.telecomweb.com/tnd/261220.html)で知ることができる。
会社経営者が、社員を束縛しようとしたり、会社に出勤している人同士が、変な仲間意識を持つと、在宅勤務は簡単に崩壊する。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10709)で知ることができる。

[EPSが提供している環境保護テストの技術的のガイドライン]
General and Multi-Medianiついて

●EMSL-Cincinnati's The Manual of Manuals: Laboratory Analytical Chemistry Methods ManualsのURL(http://www.epa.gov/nerlcwww/methmans.html)
●Environmental Monitoring Methods Index, Version 2.0のURL(http://www.epa.gov/gils/records/a00200.html)
●Good Automated Laboratory PracticesのURL(http://www.epa.gov/irmpoli8/irm_galp/index.html)

Airついて

●Compilation of Air Pollutant Emission Factors (AP 42), Volume I
●Emission Measurement Center, Office of Air Quality Planning and Standards, Test Method Information
●Mobile Source Test Procedures and Laboratory MethodsのURL(http://www.epa.gov/OMSWWW/testproc.htm)

Pesticides and Toxic Substancesついて

●OPPTS Harmonized Test GuidelinesのURL(http://www.epa.gov/OPPTS_Harmonized/)

Solid Wasteついて

●Office of Solid Waste Methods TeamのURL(http://www.epa.gov/SW-846/)
●including SW-846 On-line Test Methods for Evaluating Solid Waste Physical/Chemical MethodsのURL(http://www.epa.gov/epaoswer/hazwaste/test/main.htm)
●Criteria for Solid Waste Disposal Facilities GuidelinesのURL(http://www.epa.gov/epaoswer/non-hw/muncpl/criteria.htm)
●Petroleum Hydrocarbons - (Underground Storage Tanks)のURL(http://www.epa.gov/swerust1/cat/samb-1.htm)

Waterついて

●Drinking Water - Analytical Test MethodsのURL(http://www.epa.gov/OGWDW/methods/methods.html)
●Microbial Methods via the EPA Microbiology Home PageのURL(http://www.epa.gov/nerlcwww/)
●Office of Science and Technology (Water) Analytical MethodsのURL(http://www.epa.gov/OST/Methods/)
●Surface Water - Analytical Test MethodsのURL(http://www.epa.gov/OW/regs/an.html)
●Whole Effluent Toxicity MethodsのURL(http://www.epa.gov/OST/WET/)

[EPSの判例詳細情報(Dockets)に対する連絡先]
●Air and Radiation Docket and Information Center: (description)
1-202-260-7549
email: a-and-r-docket@epamail.epa.gov
URL(http://www.epa.gov/oar/docket.html)
●Emergency Planning and Community Right-to-Know Act (EPCRA):Material pertaining to the Office of Pollution Prevention and
Toxics (OPPT) - OPPT DocketのURL(http://www.epa.gov/earth100/records/oppt.html)
Material pertaining to the Office of Solid Waste and Emergency Response (OSWER) - RIC DocketのURL(http://www.epa.gov/earth100/records/a00116.html)
●Enforcement Docket (database): (description)のURL(http://es.epa.gov/oeca/datasys/dcksys.html)
●Federal Agency Hazardous Waste Compliance Docket:(description)
1-800-548-1016
URL(http://es.epa.gov/oeca/fedfac/oversight/oversight.html)
●Federal Insecticide, Fungicide, and Rodenticide Act (FIFRA)
●Docket (Pesticides Docket): (description)
1-703-305-5805
email: opp-docket@epamail.epa.gov
URL(http://www.epa.gov/pesticides/docket/)
●Office of Water Docket (Water Docket): (description)
1-202-260-3027
email: OW-Docket@epamail.epa.gov
●Resource Conservation and Recovery Act Docket and Information Center (RIC): (description)
1-703-603-9230
email: RCRA-Docket@epamail.epa.gov
URL(http://www.epa.gov/epaoswer/osw/infoserv.htm#info)
●Superfund Docket: (description)
1-703-603-9232
●Toxic Substances Docket (OPPT DOCKET): (description)
1-202-260-7099
●Underground Storage Tanks Docket: (description)
1-703-603-9230
URL(http://www.epa.gov/swerust1/resource/docket.htm)


米国のインターネットを使う子供と、使わない子供の比較
子供達がよく使うソフト
米国における8〜12歳の子供とインターネット
GAOが2001年7月11日に公開したTelecommutingレポート
NASAが実施している火星と地球のTelecommunication
米国のDoCのU.S. Census Bureauが公開した1999年年末から2001年までの電子商取引
GAOが2001年11月30日に公開したLeading Commercial Practices for Outsourcing of Services
DOC(米国商務省)が2002年4月12日に公開した米国の2000年出資報告書
ロサンゼルスで活用されているコミュニティの開発に関する免除事項
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1997
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1998
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1999
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1999の付録
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2000
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2000の付録
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2001
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2002
GAOが2003年3月18日に公開したITサービスにおける契約書について
GAOが2003年3月18日に公開した中小企業の契約書
GAOが2003年9月25日に公開したる地球規模の巨大環境規制管理システム
GAOが2004年2月2日に公開した通勤電車の情報ガイダンス
ガートナージャパンが2004年2月17日に公開した自治体文書管理機器導入状況と職員のユーザー満足度
EPAが2002年に受け入れた巨大非営利事業についてのレポート
ガートナージャパンの在宅勤務とITに関するユーザー調査結果
外務省が2005年5月10日に公開した、地球規模問題に関する意識調査
米国のCEAが2007年9月26日に公開した、TIAX LLCに依頼して実施した調査レポート