デプロイメント・ツール

deployment tool


deployとは、軍事用語で「部隊を展開する」「部隊や装備を配備する」という意味があり、ネットワークで接続されたコンピュータを安全に運営する目的で、データのバックアップを取り、事故やウイルス、DoS攻撃、サーバーの乗っ取りなどによる障害も自動回復して対応できる体制を確保するなど、クライアントを管理し、いつでもビジネスの戦闘態勢を確保するための集中管理ツールの総称。通信総合研究所(CRL)は2002年11月12日に、ヘッダーの内容を詐称した不正パケットを模擬的に発生させて、DoS攻撃を再現してサーバーやネットワーク機器の耐久性能を検証できる、倫理的ハッカーが利用することが可能な「不正パケット模倣装置」を開発したと発表した。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2003年8月13日に、未来の戦闘システムとして計画すべき構築案「Issues Facing the Army's Future Combat System Program. GAO-03-1010R」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-1010R)で知ることができる。このような計画案の中にでてくる用語をインターネットで検索し、読み込むことにより、かなり具体的な計画の進行状況を知ることがでる。また、そこに隠された、個人に影響する規制まで読みとることができる。