鉄腕アトムのロボット法

ロボット法

天馬博士によって鉄腕アトムが2003年4月7日に誕生したのを受け、少年1965年10月号 1966年3月号(光文社)「鉄腕アトム」青騎士(The Blue Knight)の巻に登場する、手塚治虫が考え出した世界法規で2003年に制定された法律の名称。製造は科学省、管理はロボット省が行うことになっている。ただし、生体と機械における制御と通信についての理論と研究として、米国のマサチューセッツ工科大学(MIT/Massachusetts Institute of Technology)の数学者ノバート・ウィナー(Nobert Wiener 1894 1964)教授が1948年に提唱した「サイバネテックス」が、人を殺戮する戦争などに利用される可能性が高くなり、人道主義者や宗教学者などから多くの批判を受けたことを背景に、それらに考慮して人間を中心にした法律(ロボット奴隷法)になっていると考えられる。青騎士はこの身勝手な奴隷扱いする「ロボット法」に怒って、すべてのロボット法を破りにかかったということである。詳細情報はURL(http://febmarch.pobox.ne.jp/aibobbs/bbs-j1/messages/67.html)または、URL(http://febmarch.pobox.ne.jp/aibobbs/bbs-j1/messages/69.html)または、URL(http://www.nurs.or.jp/~kneo/m_ro.html)で知ることができる。また、ロバート・ハインライン、アーサー・C・クラークと並ぶSF界の巨匠アイザック・アシモフ(Issac Asimov)がAstounding Science Fictionの編集者John Campbellと話し合って、当時2つの雑誌「Super Science Stories」「Astonishing Stories」に連載していた原稿をまとめて、米国ロボット(US Robots)の悲劇を描いて1939年に初版を出版した「Robbie」の第3作「Astounding(1941)」に、登場人物のDr. Susan Calvinと、Milton Asheが孤独な「Robbie」に対する思いやロボット制作に関するそれぞれの考え方から、基本的な「ロボット法三原則(Three Laws of Robotics/ロボット工学の3原則)」が登場している。詳細情報はURL(http://www.asimovonline.com/oldsite/Robot_Foundation_history_1.html)で知ることができる。フジテレビ系では、アトムの誕生日の前日にあたる2003年4月6日(日)午前9時半からの毎週放送する新番組「アストロボーイ・鉄腕アトム」が、最新CGも駆使して復活することになった。ただし、その場合も1965年に発表された「鉄腕アトムのロボット法」が有効かどうかは不明である。また、米国の分子生物学者で、ハーバード大学教授、1968年にはコールド・スプリング・ハーバー生物学研究所所長(Cold Spring Harbor Laboratory)になったウォトソン(James Dewwy Watson/1928 )とイギリスの分子生物学者クリック(Francis Harry Compton Crick/1916 )によって、2重螺旋構造のモデルを提唱し、確立し、1953年4月25日にDNAを発見してから2003年が50周年(DNA 50th Anniversary)ということで、記念して4月25日は米国のDNAの日(National DNA Day)と制定された。米国のPew Internet & American Life Projectは2004年4月7日に、信仰とインターネットに関する調査として「Faith Online」を公開し、米国人は64%の人が精神や宗教にインターネットを使っているという結果を報告した。調査レポートのPDFはURL(http://www.pewinternet.org/reports/pdfs/PIP_Faith_Online_2004.pdf)でダウンロードができる。アイザック・アシモフの思想「ロボット法三原則(Three Laws of Robotics/ロボット工学の3原則)」に反するような状況で2035年に起きた殺人事件をデス・スプーナー(Del Spooner)刑事(ウィル・スミス/Will Smith)が捜査するスーザン・ガルヴィン(Susan Calvin)博士(ブリジッド・モイナハン/Bridget Moynahan)、USロボティクス社会長のランス・ロバートソン(Lance Robertson)(ブルース・グリーンウッド/Bruce Greewood)などが出演する20世紀フォックスの映画「i, Robot」が、2004年9月18日に日本で公開された。詳細情報はURL(http://www.irobotmovie.com/)で知ることができる。Live Scienceは2006年5月26日に、日本の経済産業省は世界で初めて政府機関が、史上初めてアイザック・アシモフのロボット法三原則(Issac Asimov's Three Laws of Robotics)を制定しようとしていると報告した。経済産業省が次世代ロボットのための新しい安全ガイドラインに取り組んでいるが、これは現実の世界で初めて政府機関が制定するアイザック・アシモフ (Issac Asimo)が提案した正規の「ロボット法三原則(hree Laws of Robotics)」にかわる原則なり、少なくとも人間がロボットによって危害を加えられないと述べる最初の試みになると述べている。詳細情報はURL(http://www.livescience.com/scienceoffiction/060526_robot_rules.html)で知ることができる。経済産業省は、いつもの官僚的な考えではなく、世界中のロボット・ファンを納得させる原則を作らないと、世界中から馬鹿にされ、笑いものになることだろう。

[鉄腕アトムのロボット法]
●ロボットは人間に尽くすために生まれてきたものである。
●ロボットは人を傷つけたり殺したりしてはいけない。
●ロボットは作った人間を父と呼ばなくてはならない。
●ロボットは何でも作れるがお金だけは作ってはいけない。
●ロボットは海外へ無断で出かけてはならない。
●男のロボット女のロボットは互いに入れ替わってはいけない。
●無断で自分の顔を変えたり別のロボットになったりしてはいけない。
●大人に作られたロボットが子供になったりしてはいけない。
●人間が分解したロボットを別のロボットが組み立ててはならない。
●ロボットは人間の家や道具を壊してはいけない。

[アイザック・アシモフの作品に登場したロボット法三原則]
1.A robot may not injure a human, or allow a human to be injured.
第一条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。また何も手を下さずに人間が危害を受けるのを黙視していてはならない。
2.A robot must follow any order given by a human that doesn't conflict with the First Law.
第二条 ロボットは人間の命令に従わなくてはならない。ただし第一条に反する命令はこの限りではない。
3.A robot must protect itself unless that would conflict with the First or Second Laws.
第三条 ロボットは自らの存在を護(まも)らなくてはならない。ただし、それは第一条、第二条に違反しない場合に限る。


Norbert Wiener-1
Norbert Wiener-2
Norbert Wiener-3
Nobert Wiener著:Cyberneticsの表紙
Norbert Wienerの「いろいろな行動の流れ」
Norbert Wienerの「感情の流れ」
Pierre Jaquet-DrozとLeschotが1771年に作った文字を書くロボット
1880年に描かれた植字ロボット
Pierre Jaquet-DrozとLeschotが1771年に作ったロボットが書いた文字
タッチおじさんロボット
ソニー・ワンダー・テクノロジー・ラボのロゴ
ソニー・ワンダーの入り口とロボット
ソニー・ワンダーのロボットのGIFアニメ
医療ロボットZeusの操作風景
Nadrian C.Seeman Lab.がDNAで開発したナノ・ロボットoctahedron
Ken Edwardが作ったDNAで開発したナノ・ロボットoctahedronの活躍想像図
ハローキティズのマスコットロボット
Boris Artybasheffが1966年に描いた自動人間
19世紀に作られた自動人形
Poyetが19世紀に考えた万能コンピュータThe Forget-Me-Not Computer
Wiredの2000年2月号の表紙
産業革命に影響された1890年にLouis Poyetが描いた「発明する頭」
1908年にLouis Poyetが描いた「Dr.Marageの写真と声」
1900年にCaptain Chevalierが作った「電器の標的」
1919年にRaoul Hausmannが作った「時間のスピリット」
Oxford大学のLuciano Floridiが公開したWhat is the Philosophy of Information?
GAOが2001年11月30日に公開したLeading Commercial Practices for Outsourcing of Services
Walter Benjamin著The Work of Art in the Age of Mechanical Reproduction, 1935
NASAが開発した「人工股関節」
NASAが開発した「人工聴覚」
ロボットマーケット市場報告書「2003 World Robotics survey」
Illustrirte Zeitung1852年4月3日に掲載されたKirtlandのモルモン教会
Illustrirte Zeitung1852年4月3日に掲載されたミズーリのモルモン教徒
Illustrirte Zeitung1852年4月3日に掲載されたモルモン教の教会
Illustrirte Zeitung1852年4月3日に掲載された北米を旅するモルモン教徒
Illustrirte Zeitung1852年4月17日に掲載されたモルモン教徒の隊列
Illustrirte Zeitung1852年4月17日に掲載された北米のモルモン教徒の村
Illustrirte Zeitung1852年6月19日に掲載された北米の黒人司教
Illustrirte Zeitung1852年8月7日に掲載された足を洗う米国の信仰儀式
映画「i, Robot」の巻頭ページ
Illustrirte Zeitung1856年4月19日に掲載された当時の最新技術を駆使した世界最長の砲身

サイバネティックス
人工知能
認知科学
サイバースペース
セル・オートマトン型人工脳
インテリジェント・ブロックトイ
ROBOTRONIKA
the Robot World Cup
エルゴノミクス
SRL(Survival Research Laboratories)
バボット
知的車椅子
完全自律搬送車
進化するエビ型歩行ロボット
MiMIC
Khepera
EMRoS
早稲田大学ヒューマノイドプロジェクト
ロボット関連のURL
インターネット・ロボット関連のURL
SYNWORLD
Norbert Wiener and Cybernetic Anxiety-1
Norbert Wiener and Cybernetic Anxiety-2
Norbert Wiener and Cybernetic Anxiety-3
Norbert Wiener and Cybernetic Anxiety-4
Norbert Wiener and Cybernetic Anxiety-5
バイオニクス
バイオテクノロジー
Moccasin
ワクチン君
ニャームコ
マッピー
DC06
サイボーグ
Robot-ism 1950-2000
インビジブル・コンピュータ
PONG
日常活動型ロボットコンソーシアム
利己的な遺伝子
Palm Pilot Robot
hopper
リアルタイムLinux協議会
アクアロイド
Flo
認知発達
認知機能の脳内メカニズム
Aaron
バーチャル・ブレイン・ヘッド
ハプティックス
BUI(Bio-adaptive User Interface)
Robo-roach
SlugBot
MEMS(MicroElectroMechanical Systems)
レスキューロボットコンテスト
ペタ・コンピューティング
RWC(Robotic Work Crew)
シンギュラー・ポイント
組織培養と芸術
スーパーコンピュータ
ER1
バイオテクノロジー戦略会議
Multi-University Research Laboratory
DNA記念日
NueROMA
戦争が生み出す新しいマッド・サイエンティスト
冷凍「方舟」プロジェクト
ソニー・インテリジェンス・ダイナミクス研究所
Def Tech
CSAIL(Computer Science and Artificial Intelligence Laboratory)
宗教とメディアとコンピュータとインターネット
昆虫サイボーグ
次世代ロボット安全性確保ガイドライン
Robot Hall of Fame