通信・放送の融合と展開を考える懇談会


1996年6月に報告された「21世紀に向けた通信・放送の融合に関する懇談会」の報告書で整理された論点や今後の通信・放送の展開を視野に入れた課題について具体的な対応などを総合的に検討するために、1996年10月から2年間の計画で設立された郵政省(MPT/Ministry of Posts and Telecommunications/当時)の懇談会の名称。1997年6月16日に中間報告をまとめた。中間報告では、とくに2000年までに全ての学校をインターネットに接続することを政策目標として推進すべきという提言が注目された。ドイツではドイツテレコム(Deutsche Telekom/DT/ドイツ電信電話会社)が1997年9月1日にデジタル放送事業者の免許を取得し、ケーブル網を利用した「放送」を開始することになった。ただし、教育分野に群がる1円落札、メーカー選定など、教育という正当性を利用したメーカーのえげつない販売戦略に多くの研究会が振り回されないように、教育者は充分に監視する必要も出てきている。2000年4月1日にシンガポールが通信史上の大幅自由化に乗り出し、携帯電話などの分野でも新たに国内外の58社に免許を交付し、国内固定電話事業にも日本企業などが出資するなど、新規参入が急激に盛んになり、今後はサービス、料金などの競争激化へ拍車が掛かることだろう。Broadcasting&Cableは2006年6月7日に、 New America Foundationのイベントでヒラリー・クリントン(Sen Hillary Clinton/(D-NY)が、Vチップ、いろいろなCATV、TiVoなど、個人をコントロールする機能を持ち、米国の実験の中で、テレビは社会的な親代わりになっていると警告したと報告した。たった2ヶ月間ライブドアの堀江に脅されただけで、あのタモリ、サンマ、たけしの3人が一生涯恥をかき、さげすまれ、必死になっても稼げない500億円以上を支払って、今になって告訴するといっても「のれん」になんとかで、どうにもならない。そんなフジテレビの会長さんや役員さんが作り出す番組が、子供の親代わり?お笑い番組が安くできるというと、ほとんど教育なんて言葉を忘れ、ほとんどどこの番組もお笑いタレントだけになるテレビ局が親代わり?国営放送は、タレントを支援して紅白歌合戦や大河ドラマを作って、そこで社員国民の支払ったお金をピンハネし、それが子供の親代わり?クリントンは、その技術が与える子供への効果や影響が何であるかを測ることが重要である理由として、両親がテレビを監督する時間が見て、片親にとって、指数関数的チェックすることは困難で、わかりにくいと言い、技術がそれに応じる私たちの能力をしのいだと言っている。もう検閲と言論の自由の間のイデオロギーの分水嶺を理解し、皆には越えるべきである役割がもうあるべきときであると言いった。彼女は、V-チップとTiVoの親コントロール機能を理解しているような技術で助けるために、両親のメディアガイドを求めて、Webサイトにそれを掲示している。また、様々なメディアが子供への効果と影響について長期にわたって調査する国立衛生研究所の研究に資金も求める「the Children and Media Research Advancement Act」を作成した。クリントンはすぐに議員投票にかけられることを期待していると言っている。詳細情報はURL(http://www.broadcastingcable.com/article/CA6341731?display=Breaking+News)で知ることができる。総務省は2007年6月20日に、「通信・放送の総合的な法体系に関する研究会中間取りまとめ」を公開し、パブリック・コメントを募集した。詳細情報はURL(http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=Pcm1010&BID=145207094&OBJCD=100145&GROUP=)で知ることができる。


21世紀に向けた通信・放送の融合に関する懇談会
CAI
情報教育支援事業
教育ソフトウエア開発・利用促進センター
CoSN
インターネット・エデュケーション・プログラム
LOGO
100校プロジェクト
スペース・コラボレーション・システム事業
通信衛星教育振興協会
教育とコンピュータ利用研究会
POEM
IMA
HESWP
MLS
GIIジュニアサミット
知育コンピュータ
コースウェア
マルチメディア教育
エンターケーション
エデュテインメント
Western Governors University
教育ミシュラン
コンピュータ・リテラシー
SkillNavigator
マルチブック
MOLI
マルチメディア英語教育
フリーネット・プロジェクト
マルチメディア・ユニバーシティ・パイロット事業
ホワイトハウスの教育関連の政策
Netday96
Card de Net
ローランド・ハーモニー・プロジェクト
サイバー・ストーカー
CAI
文部省学習用ソフトウェア研究開発事業
こねっと・プラン
Project Rescue
OTE
子どもの権利宣言
ポップチルドレン
KIDS STATION
KIDS WEB JAPAN
Cyber Kids
Kids GoGoGo
キッズキットPC
キッズ・カルチャー
Reuters Teen MagNet
My Personal Tutor
キッズランド
Child Research Net
教育分野におけるインターネットの活用促進に関する懇親会
過疎地や教育機関の遠距離通信割引制度
EOE
インターネットに関する研究会
YN
中古パソコン寄付を促進する新法
ころんねっと
ASDリソース・ガイド
Cisco IP/TV
Nilesat
CHALK
母と子のマルチメディア推進委員会
La Main a la Pate
Project EASI
通信衛星事故
通産省のマルチメディア・コンテンツの公募
OPEN
NCSH
NetPrep
GLD2
Digital Kids
DTM(Deutsche Telecom Mobil GmbH)
Scout
Web66
JavaPC Engine
教員向けのインターネット教育番組
KIDSPLAZA
Humorous 'letter'
米国の先生がインターネットを勉強するためのURL
ThinkQuest
EU Netd@ys
ブレインサーチ
T-Online
MindStorms
学習環境デザイン研究工房
大川センター
Beginners' Central
La Main a la Pate
学生サポートサービス
フランス文化通信省、公共図書館の「ネット化」提言
グラモーガン大学の科学とSF研究課程の内容
PIC(Peripheral Interface Controller)
POV-Ray
テトリス
オンライン・キッズ
文部省のIT革命
郵政省のIT革命
学内通信ネットワーク
International Literacy Day
国民運動としてのIT革命
IT受講カード
Techies Day
導電性ポリマー
教えて!インターネット
e-learning
教育とコラボレーション
Grid Engine Project
学校インターネット3
中古パソコンを生き返らせる工場
マーブルタウン
クレバーアイランド
.kids.us
Multi-University Research Laboratory
KidSmart
GGF(Global Grid Forum)
Online UC(Online University Consortium)
Digital Cultural Institutions Project
通信・放送融合技術・サービス開発協議会
携帯電話と無線LANの融合
インターネットとテレビの融合
CAMRA(the Children and Media Research Advancement) Act