通信傍受法

Communications Interception Bill


「盗聴法」という表現について、イメージが悪いから誤解を招くという考で、政府がイメージを変えるために使用した名称で、実質的な違いはありません。

>> さらに詳細な情報はこちら


通信白書フォーキッズのページ
フランスの郵便料金の歴史
イギリスの郵便料金の歴史
米国の郵便料金の歴史
米国のCATVと携帯電話の伸び比較
1997年の世界の電話産業比較
米国の電報と電話の伸びの歴史
米国の電報の地域価格差の歴史
政府の組織犯罪対策法可決成立を伝えるページ
CATVユーザーとiTV(interactive TeleVision)
総務省による情報公開法の施行後1年間の速報
米国警察による1992-2000の犯罪報告
ニューヨーク州検事総長Eliot SpitzerがFCCに提出した文書
FBIの2004年 2009年計画
Italian GSM provider warns: too many wiretaps
Italy and the Netherlands top wiretap chart
Max Planck Instituteの盗聴レポート
2003年イギリスの盗聴レポート
2003年から2005年末までの死者数レポート
犯罪捜査のための通信傍受に関する法律第29条の規定
警察庁と法務省が2006年2月3日に公開した、2005年の盗聴捜査報告書-1
警察庁と法務省が2006年2月3日に公開した、2004年の盗聴捜査報告書-2
警察庁が2007年2月16日に公開した通信傍受法第29条に基づく年次報告
警察庁が2008年2月5日に公開した、「通信傍受法第29条に基づく平成19年における通信傍受等に関する国会への報告について」
法務省が2008年2月5日に公開した、通信傍受等に関する国会への報告
厚生労働省が2008年2月5日に公開した、通信傍受等に関する国会への報告
海上保安庁が2008年2月5日に公開した、通信傍受等に関する国会への報告