ツインCPU


1つのCPUで、通信環境から画像表示環境までを管理させると、携帯電話などではCPUに付加がかかり過ぎることから、通信用のベースバンドチップと、画像表示用や特殊な音声、Javaなどのアプリケーションを管理するCPUを搭載するなど、目的の違うCPUを2個利用したハード環境です。

>> さらに詳細な情報はこちら