中国のテレビ局体系


中国電視台放送網(CBN)から提供を受けた中国テレビ(テレビ局のことは中国語で電視台と呼ばれる)事情に関する資料を基に、中国情報局がURL(http://news.searchina.ne.jp/2001/0205/general_0205_003.shtml)または、URL(http://news.searchina.ne.jp/2001/0206/general_0206_003.shtml)または、URL(http://news.searchina.ne.jp/2001/0207/general_0207_004.shtml)などで公開している情報から推測すると、テレビ局も行政区と同じ構成で、省、自治区、直轄市という3つの基本構成からなり、省や自治区は管轄内にある数多くの市、県と農村部の村によって構成され、中国全土のテレビ局は、省級電視台-市(省会城市)電視台-地電視台(地方都市電視台)に分けられている。
また、国家テレビ局の中央電視台(CCTV/中央テレビ)も省級電視台グレードに位置づけられる。基本的に、省級電視台は各省に1局しか認められないが、上海電視台と上海東方電視台は共に省級電視台で、4直轄市と5自治区の電視台も省級電視台にあたり、北京電視台、上海電視台、上海東方電視台、広州電視台、広東電視台、遼寧電視台、沈陽電視台がある。詳細情報は中国電視台放送網(CBN)のURL(http://www.alpha-net.ne.jp/users2/cbnnet/)で知ることができる。
また、中国企業を検索できる「中国企業網」をURL(http://1cen.com/)で公開している。2002年1月28日発売の米国の雑誌「フォーチュン(Fortune)」はニューヨーク、ロンドン、香港、上海、深センにおける上場企業を対象に、企業の年間売上高や純収入、株価によって選出される中国の大手企業ランキング100社を発表した。中国情勢24は2002年9月25日に、中新網の2002年9月24日の報道として、中央電視台(CCTV)のCM収入は15カ月間連続して増加し、2002年上半期(1-6月)におけるCM収入が前年同期比31.12%増加したことを発表した。
2002年は年間で70億元(約1042億円)の新記録を達成し、1000億円産業に成長するする可能性も出てきているということである。中国情勢24は2002/12/23号で、「中新網」長沙2002年12月19日付報道として、2000年12月27日に再編を経て成立した中国初の省クラスのテレビ・エンターテイメント会社で、固定資産44億元、8つのチャンネルを通して年間8000時間の番組を制作している湖南広播影視集団(湖南テレビ)が、世界のメディア王ルパート・マードック(Rupert Murdoch)が率いるスターTVと戦略的アライアンスを締結したことを発表し、スターTV(中国)の戴杰明総裁は「協議書調印で中国における発展は保証された」と喜びの意を表明したと発表した。詳細情報はURL(http://news.searchina.ne.jp/)で知ることができる。
中国情勢242003/02/17号は「中新網」2003年2月16日付報道として、香港の鳳凰衛視(フェニックステレビ)の24時間報道チャンネル「資訊台」が2003年1月に大陸での放映を許可され、中国語による24時間報道チャンネルとなったが、中国中央電視台(CCTV/China Central Television/中央テレビ)も中国国内で24時間チャンネル「CCTV13」を2003年年5月に開設することを発表した。詳細情報はURL(http://news.searchina.ne.jp/)または、URL(http://www.chinanews.com.cn/)で知ることができる。
TVSPAYは2003年11月24日に、「What does the crystal ball hold for the future of television?」という言葉と共に、Stephen WarleyとJames Sheridanによる未来のテレビ・フォラム「The Future of Television Forum」の情報を公開した。未来のテレビ」という言葉はテレビが登場してから続いている最大の話題になるテーマですが、ここにきてかなり真実的なテーマになって来ている。詳細情報はURL(http://www.tvspy.com/nexttv/nexttvcolumn.cfm?t_nexttv_id=2001&page=1&t_content_cat_id=10)で知ることができる。
中央電視台は2004年1月21日夜から22日に放送された「春節(旧正月)」の大型総合番組「春節聯歓晩会」を中国全土で5億人が視聴し、94.5%の家庭が番組を視聴し、そのうちの78%が内容に満足していた。中央電視台の最終版「春節聯歓晩会」案内はURL(http://www.chinanews.com.cn/n/2004-01-21/26/394225.html)で知ることができる。
新華網は2004年9月6日に、中国の新しいテレビ時代として中央電視台(CCTV/中央テレビ)が2004年6月に、正式に有料のCATVが開通し、2004年7月から送信が開始された。1ヶ月で10,000人の会員を集め、2004年9月21日から初めて1ヶ月30元の受信料の徴収を開始すると発表した。詳細情報はURL(http://news.xinhuanet.com/it/2004-09/06/content_1949611.htm)で知ることができる。
新華網は2004年10月25日に、中国国内の広告エージェンシーが一堂に集まり、1年に1回だけ実施される中央電視台(CCTV/中央テレビ)2005年のテレビ広告入札の説明会が、2004年10月23日に梅地亜センターの友情ホールで開催され、2004年入札を募集では総額で44億人民元を達成したが、今年の中央テレビ局の広告の入札募集高は20%急増すると予想して、初めて50億元を突破すると報告した。また、今年中央テレビ局は、入札の最低基準価格を高め、初めて10秒の広告を出す、いくつか標識部門の時間を減らすといった、多くの項目の改革を行っているそうです。視聴率も2005年に30%高まると予想するため、入札募集プロジェクトは全部が高騰し、30%高まるとも予測している。詳細情報はURL(http://news.xinhuanet.com/newmedia/2004-10/25/content_2134654.htm)で知ることができる。
新華網は2004年11月5日に、中国の放送局で働く、美人アナウンサーを12ぺージに渡って紹介した。詳細情報はURL(http://news.xinhuanet.com/newmedia/2004-11/03/content_2172716.htm)で知ることができる。
新華網は2004年11月21日に、広電局が2004年11月21日に「21世紀広域マスコミ・トップ・フォーラム(21世紀放送メディア・サミット/二十一世紀広電伝媒高峰論断/21st Century Broadcast Media Summit)」で、2003年にスタートしたラジオとテレビのデジタル化は2005年からデジタル衛星中継の展開を開始し、2008年に地上波デジタル・テレビを全面的に広げ、2015年にアナログTVを廃止して、ラジオとテレ便の有線、衛星、無線の全国デジタル化を実現すると報告した。また、中国のテレビ・ユーザーは3億6000万人になり、世界テレビの日として、世界中がテレビで共存することが望ましく、デジタル化は自然の成り行きといえるとも報告している。詳細情報はURL(http://news.xinhuanet.com/newscenter/2004-11/21/content_2243116.htm)または、URL(http://news.xinhuanet.com/newscenter/2004-11/21/content_2243104.htm)または、URL(http://news.xinhuanet.com/newscenter/2004-11/21/content_2243102.htm)または、URL(http://news.xinhuanet.com/it/2004-11/22/content_2244477.htm)で知ることができる。
これは同時に、これまで最大のアナログTV廃棄が始まるということにもなります。新華網は2004年11月22日に、ラジオ、映画テレビ行政府(State Administration of Radio, Film and Television)が21世紀放送メディア・サミット(21st Century Broadcast Media Summit)で、2006年前半に中国は通信衛星を打ち上げ、中国は現在約3億6000万の家庭があり、そのうち約1億の家庭はCATVを保有し、残りの2億6000万の家庭に衛星放送の提供を開始すると報告した。
これまで中国は個人による衛星放送の受信を禁止してきたが、2004年7月にフランスのAlcatel社がChina Satellite Communications社(China Satcom)のChinasat'9'と契約し、2006年から中国での衛星放送を初めて開始するなど、2006年に中国での衛星放送が本格化することになったと報告した。詳細情報はURL(http://news.xinhuanet.com/it/2004-11/22/content_2244482.htm)で知ることができる。
Reporters Without Borders(国境なき記者団)は2005年7月15日に、2004年から始まった中国の電子メディアと外国メディアグループとのパートナーシップへの禁止令について、中国政府が2005年7月13日に再度発表したと報告した。今回発表した中国の電子メディアと外国メディアグループとのパートナーシップへの禁止令はSARFT(State Administration of Radio, Film and Television)によって作成され、Webサイトに掲示された。そこには、「チャンネルを外国会社に貸すことができない」「共同事業で外国メディアグループと協同することができない」「ラジオとテレビの会社が合弁事業ラジオとテレビ番組か生中継に着手することができない」という内容であったと報告した。
不思議なのは、有望な市場として海外ニュースメディアViacom社、Sony Pictures社、Rupert MurdochのNews Corporationなどの投資と、外国プログラムの合弁事業と放送は2004年に、禁止令があるにも係わらず、少しも変更しないで許可されたことですと報告している。詳細情報はURL(http://www.rsf.org/article.php3?id_article=14408)で知ることができる
。中国で外国メディアが増加している影響に関する心配から、当局はそれぞれの外国メディアグループが中国のメディア会社との1つ未満の契約に制限し、3月に初期の制限を課すように法改正しているとも報告している。
China Knowledgeは2005年8月24日に、2004年の中国TV広告がRMB309億であったが、15.3%の伸びを見せ、2005年にはRMB350億に達すると報告した。詳細情報はURL(http://www.chinaknowledge.com/news_detail.asp?cat=general&ID=871)で知ることができる。
Media Network Weblogは2007年9月18日に、中国で2番目に大きなメディア・グループ「SMG(Shanghai Media Group)」が世界に向けて、英語版24時間放送を開始する計画を進めていると報告した。「SMG(Shanghai Media Group)」はラジオ上海(Radio Shanghai)、東ラジオ上海(Eastern Radio Shanghai)、上海TV(Shanghai Television)、オリエンタルTV放送(Oriental Television Station)、上海CATV(Shanghai Cable Television)が合併されて、2001年に設立された。「Shanghai Media Group」はすでに中国政府のメディア文化セクター担当監視委員と1年上に渡って会議を続けてきていて、年末までに新しいチャンネルを開始する承認を得られると、情報筋からの状況を報告している。中国にはすでに中国中央電視台(CCTV/China Central Television/中央テレビ)の英語版国際24時間放送の「CCTV13」があり、2番目の英語版国際24時間放送になる。情報筋によれば、放送はアジア、ヨーロッパ、北米を放送マーケットにすると言われている。
まだ、正式の認可は出ていないが、「Shanghai Media Group」はすでに新サービスのために、外国人を服務英語が話せるキャスター、えでぃたー。レポーターなどを雇い始めていると情報筋は言っていると報告している。詳細情報はURL(http://blogs.rnw.nl/medianetwork/?p=8796)または、URL(http://www.smg.sh.cn/english/)で知ることができる。
Famagusta Gazetteは2007年12月6日に、ヨーロッパのEuroNews channel、中国のCCTV China、EC(ヨーロッパ委員会/European Commission)が、EuroNewsからヨーロッパの科学、宇宙活動、および技術に関して中国のCCTV Chinaで放送する権利として「Memorandum of Understanding(了解承諾書)」にサインしたと報告した。
中国のCCTV Chinaには、約5億人の潜在的な視聴者がいる。
中国市場にEuroNewsが配信されるのは初めてのことである。
「Furturis」と呼ばれるショーは、EuroNewsとEC(ヨーロッパ委員会/European Commission) DG Research and Information Societyの共同制作の番組である。
今回の調印により、中国の主な放送局と国営ネットワークの16テレビ・チャンネルで連夜放送されることになる。詳細情報はURL(http://www.famagusta-gazette.com/default.asp?sourceid=&smenu=106&twindow=Default&mad=No&sdetail=663&wpage=&skeyword=&sidate=&ccat=&ccatm=&restate=&restatus=&reoption=&retype=&repmin=&repmax=&rebed=&rebath=&subname=&pform=&sc=2350&hn=famagusta-gazette&he=.com)で知ることができる。
Media Network Weblogは新華社からの情報として2008年5月2日に、中国の国営放送CCTV(China Central Television/中国中央TV/中国中央電子台)のテレビ・ニュースキャスターによる誤った発音は罰金に値するが、失言は許されるかもしれないと報告した。
2008年4月26日に、CCTVの午後のニュースショーで有望な若いニュースキャスター郭志堅(Guo Zhijian)が同じ単語で複数の異なった発音があることから、不運にも1つの単語で間違えた発音で3回繰り返して放送してしまった。
CCTV Newsの活動監視コーディネーターのLiang Ruiniは、Guo Zhijianを怠慢として罰金を課せられると言っている。
規定によれば、単語の発音を間違えると50元から200元の罰金になる。
別のニュースキャスターXu Wumeiは視聴者によって失言が指摘された。
Xu Wumeiは、ニュース番組の冒頭で、通常「こんにちわ」というところをほとんど理解できない言葉で不用意に挨拶した。
ところがある人が、あまり使われないネイティブな中国語で挨拶したと解読した。
胥午梅(Xu Wumei)の記事は、ローカル・ニュース記事であったことから、技術的な誤りではないと言うことで、Liang Ruiniは、罰金が課せらなかった。
Liang Ruiniは、「私たちのニュースショーに関する細心な注意を向けて頂いて、私たちの聴衆に感謝します、そして、私たちはニュースキャスターにこれらの警告を循環させるつもりです」と言っている。詳細情報はURL(http://blogs.rnw.nl/medianetwork/chinese-newscasters-to-be-fined-for-erroneous-pronunciation)で知ることができる。
日本民放でこんなことをすると、誰かさんは月末に給料がもらえないかもしれない。
そういえば、2008年5月5日のネプリーグの番組でフジテレビのアナウンサーは、ビリであった。
Xinhuaは2008年11月2日に、中国の国営放送CCTV(China Central Television/中国中央電視)-Eがスペイン語圏で中国を理解させるため、スペイン語チャンネルを開始し、2008年11月1日土曜日にからスペインで放送を開始したと報告した。
スペイン語チャンネルは、1日24時間放送され、現在のニュースに焦点を合わせて、文化、特別レポート、およびテレビ・シリーズ番組を配信する。
中国の中国国営ラジオ、映画、テレビ局(State Administration of Radio, Film and Television of China)のヘッドWang Taihuaは開局セレモニーで、Telefonica de EspanaのImagenio IPTVプラットフォームを経由して、「'世界中のすべてのスペイン語を話す聴衆が中国に関してもう少し知るように、新しい窓を開けた。」
「スペイン語は、世界で最も広く話される言葉の1つで、2つの国でスペイン語放送の架け橋が相互理解を促進することにおける特別な役割となり、2つの国で民族間の友情を果たすとき、それらの公用語として20以上の国によって使用された世界で、CCTV-Eが働くしょう」と挨拶した。
問題は、中国自身がどこまで背か標準に近づくことができるかと言える。
中国は、その革命にもがいているが、確実に進化している。詳細情報はURL(http://news.xinhuanet.com/english/2008-11/02/content_10294848.htm)で知ることができる。