中国印刷業管理条例


印刷業者を管理するために、1997年に公布された中国印刷業管理条例を改訂して、中国国務院が2001年8月21日に公布した、条例の名称。同時に1997年に公布された中国印刷業管理条例は廃止された。新しい条例は合計7章48条からなり、総則を含み、印刷企業の設立、出版物の印刷、装飾印刷品の印刷、その他の印刷品の印刷、罰則、付則から構成され、印刷業経営者が法律を厳守し、社会への効果と利益を考え、反政府・ひわい・迷信を含む内容と国が禁止した内容の印刷物の印刷禁止を明確に規定している。さらに、この条例には商標標識印刷の管理措置や学歴証書などの証明書類の印刷管理制度についても明確化され、簡単な行政手続きによる印刷業管理制度を確立し、印刷業者の違法犯罪に対しての取り締まりを強化する方針が明記されている。また、この条例が施行される前に設立された印刷企業は、施行から180日以内に出版行政部門で「印刷経営許可証」を取得し、許可証に基づいて、法律に応じて得るコスト以外のすべての費用を得てはならないことになる。また、中国企業を検索できる「中国企業網」をURL(http://1cen.com/)で公開している。2002年1月28日発売の米国の雑誌「フォーチュン(Fortune)」はニューヨーク、ロンドン、香港、上海、深センにおける上場企業を対象に、企業の年間売上高や純収入、株価によって選出される中国の大手企業ランキング100社を発表した。新華網が2004年11月1日に、庶民生活法改訂など中国で36冊に渡るほとんどの分野で法律が改正され、施行したと報告し、全文と附属全文が公開した。詳細情報はURL(http://news.xinhuanet.com/legal/2004-11/01/content_2163630.htm)で知ることができる。