地球科学と空・空気関連のURL


環境省は2007年4月19日に、中韓、モンゴルが連携して測定地点を拡充し、黄砂の拡散状況の解明につなげる目的で、日韓両国への黄砂飛来状況をリアルタイムで提供するサービスを始めた。詳細情報はURL(http://soramame.taiki.go.jp/Kousa/)で知ることができる。ENS(Environment News Service) World Newsは2007年4月26日に、「Nanotechnology: How Green Can It Be?」を公開し、ナノテクノロジーを使用して汚染を抑え、資源を節約する活動レポート「Green Nanotechnology: It's Easier Than You Think」を紹介した。新しいレポートは、「あなたが思うより簡単です。」と書いているが、自然保護派はナノテクノロジーを利用したグリーン化作戦には反対している。すべてのnanoparticlesが人間の健康と環境に有害であるというわけではないが、何かが有害であるということは確かで、ナノテク評論家は、政府見落としがなければ、産業が有害な粒子を空気と水に放出するかもしれないと恐れている。今回のレポートはナノテクノロジーと、緑色の化学と工学の潜在的に有益な関係を探っている。とくに工学は過程と製品における資源保護と無駄の排除で環境影響を最小にすることを目指している。レポートは、2006年に開かれたa national American Chemical Societyシンポジウムと4つのワークショップに議事をまとめ、Woodrow Wilson International Center for Scholars and The Pew Charitable Trustsが実施しているthe Project on Emerging Nanotechnologiesのために科学ライターのカレン・シュミット(Karen Schmidt)が書いた。シュミットは、ナノテクノロジーと原則の「強い絆」、緑色の化学と環境技術の習慣が「21世紀に環境面で持続可能な社会を建てるのに、鍵を握る」と書いている。Project on Emerging NanotechnologiesのディレクターDavid Rejeskiは、「米国は緑化ナノテクにおけるグローバルなリーダーであることが妥当であると思います。」「政府の研究開発ポートフォリオはこの目標に向けられるべきです。」「環境を保護することを助けるだけではなく、緑化ナノテクノロジーが将来、米国の仕事と企業利潤の源でもあるかもしれないと信じています。」と言っている。化学者のヴィッキー・コルビン(Vicki Colvin)と、ライス大学(Rice University)の彼女の同僚は、例えば、有害廃棄物サイトを掃除するのにナノテクノロジーを利用できると言い、オクラホマ州立大学 (Oklahoma State University)の彼らの対応者が10億あたりの部品レベルで汚染物質を検出することができるnanoscaleセンサーを設計したが、磁気 nanoparticlesが砒素の99%以上を取り除くことができることを発見した。また、オレゴン大学の化学者ジェームス・ハチソンはシリコンチップに関するナノサイズ・ビル・パターンの過程でDNA分子を使用し、ナノテクノロジーは安価な太陽電池を作って、性能を向上させて、未来の車とトラックのために燃料費、エネルギー源を下げる新しい道を切り開いた。他の研究者は、エレクトロニクス製造で鉛と他の有毒物質を取り替えるためにナノサイズ・アプローチを調査している。遠くの事例を紹介している。問題は、現状維持をいかに続けるかという発想であり、時代は急速に進化し、開発が終わるまでに環境は飽和状態になり、開発が完成したときには手遅れであることがこれまでにも多く、研究は進めるが、それが否合理的であった場合は廃棄し、同時に未来の車とトラックのために燃料費を考える前に、現在の車とトラックを削減することを考えるべきともいえる。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/ens/apr2007/2007-04-26-01.asp)で知ることができる。「Green Nanotechnology: It's Easier Than You Think」はURL(http://www.nanotechproject.org/116/4262007-green-nanotechnology-its-easier-than-you-think)でダウンロードできる。
これまで企業中心に、気候変動を軽視してきた米国連邦政府のブッシュ政権であったが、米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2008年6月9日に、気候変動に対する経済学として専門家意見を紹介し、政策選択を提示したレポート「Climate Change: Expert Opinion on the Economics of Policy Options to Address Climate Change. GAO-08-605」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-08-605)で知ることができる。
WWFは2008年10月29日に、「Living Planet Report(惑星の健康の主な評価)」の最新版を発行し、世界が地球が支えることができるように要求している。
世界のおよそ1/3の自然資本で生態の貸し渋りに向かっている。
レポートは、世界の人々の四分の三以上が現在、生態の債務者である国で生活していることを示した。そこでは、国家の消費が、彼らの国の生物学的容量を追い越したということである。
ただし、朗報はもし意志があるなら、私たちが私たちの幸福と生態系を保証している間、私たちの惑星の収入の中で暮らすことができるということを証明していることになる。詳細情報はURL(http://www.panda.org/news_facts/publications/living_planet_report/lpr_2008/index.cfm)また、レポート「Living Planet Report(惑星の健康の主な評価)」の最新版はURL(http://assets.panda.org/downloads/living_planet_report_2008.pdf)で知ることができる。

●Earth & SkyのURL(http://www.earthsky.org/)
●The Center for American Progressとthe Center for Progressive Reformが公開した大気汚染レポート「Paper Tigers and Killer Air: How Weak Enforcement Leaves Communities Vulnerable to Smog.(張り子の虎と殺人者:弱い実施はどう共同体をスモッグに傷つきやすい状態にしているか)」があるURL(http://www.americanprogress.org/issues/2006/11/paper_tigers.html)
●経済産業省産業技術環境局地球環境対策室が2006年1月11日/12日に開催した「クリーン開発と気候に関するアジア太平洋パートナーシップ」第1回閣僚会合の情報があるURL(http://www.meti.go.jp/press/20060112003/20060112003.html)
●UNU( United Nations University/国連大学)の専門家によるUN Day for Disaster ReductionのURL(http://www.unisdr.org/)または、URL(http://www.unisdr.org/eng/public_aware/world_camp/2005/press-kit-english.pdf)
●UNU-EHS(UNU's Institute for Environment and Human Security)についてはURL(http://www.ehs.unu.edu/)
●ISSE(The Institute for the Study of Society and Environment/社会環境研究所)のURL(http://www.isse.ucar.edu)
●米国のジョージア工業大学(Georgia Institute of Technology)のAthanasios Nenesが、Scripps Institution of OceanographyのGregory Robertsと共同で2004年12月17日に、 ノースカロライナ上空に発達した積乱雲がエアゾール汚染によることを実証す る新しい実験装置CCN(Cloud Condensation Nuclei)を開発したと報告したURL(http://www.nsf.gov/od/lpa/newsroom/pr_all_img.cfm?ni=15300000000132)
●海と大気の調査研究で世界一のではNOAA(National Oceanic and Atmospheric Administration)が、衛星写真だけではなく、あらゆる写真が掲載された大写真図書館を公開しているURL(http://www.photolib.noaa.gov/)
●IGES(the Institute of Global Environment and Society/地球環境社会研究所)とCOLA(the Center for Ocean-Land-Atmosphere Studies)が公開した地球環境情報データ集積サイトのURL(http://grads.iges.org/home.html)
●地球と空についてRealPlayerで楽しめる「Earth and Sky」のURL(http://www.earthsky.com/)
●米国のPNL(Pacific Northwest Laboratory/現在のPacific Northwest National Laboratory)が提供する風力エネルギーのアトラスWind Energy Resource AtlasのURL(http://rredc.nrel.gov/wind/pubs/atlas/)
●NASAが公開した1948年と1997年のオゾン層の変化比較情報があるURL(http://science.nasa.gov/headlines/y2001/ast11oct_1.htm?list73602)
●NASAの地球大気変化の情報があるURL(http://www.giss.nasa.gov/research/intro/hansen.05/)
●NASAの地球大気汚染情報があるURL(http://earthobservatory.nasa.gov/Study/Pollution/)
●空気清浄のAir Quality Sciences社のURL(http://www.aqs.com/)
●ニューメキシコ、テキサス、カンサス、コロラド、オクラハマで1931年から8年間起こった全てを埋め尽くす砂嵐「Dust Bowl」現象の情報があるURL(http://www.english.uiuc.edu/maps/depression/dustbowl.htm)
●米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)が2003年5月28日に公開した、世界で起こっている3つの空気汚染として、硫化水素による酸性雨、オゾン層破壊、カーボンについての調査報告「Climate Change: Information on Three Air Pollutants' Climate Effects and Emissions Trends. GAO-03-25」があるURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-25)
●米国のGAOが2003年8月25日に公開した、「Clean Air Act: EPA Should Use Available Data to Monitor the Effects of Its Revisions to the New Source Review Program. GAO-03-947」のURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-947)
●米国のGAOが2003年10月22日に公開した、「Clean Air Act: New Source Review Revisions Could Affect Utility Enforcement Cases and Public Access to Emissions Data. GAO-04-58」のURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-58)
●米国のGAOが2004年3月11日に公開した、ディーゼルと空気汚染の調査「Air Pollution: EPA Could Take Additional Steps to Help Maximize the Benefits from the 2007 Diesel Emission Standards. GAO-04-313」のURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-313)
●米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)が2004年2月6日に公開した「Clean Air Act: Key Stakeholders' Views on Revisions to the New Source Review Program. GAO-04-274」のURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-274)
●米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)が2004年2月6日に公開した「Survey of State and Local Air Quality Officials Opinions on the Impacts of the Impacts of the Environmental Protection Agency's Revisions to the Clean Air Act's New Source Review Program. GAO-04-337SP」のURL(http://www.gao.gov/special.pubs/gao-04-337sp)
●米国のGAOが2006年7月11日に公開した、NOAAの次世代機能に関するレポート「NOAA: Next Steps to Strengthen Its Acquisition Function. GAO-06-594」のURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-06-594)
●米国のGAOが2006年7月26日に公開した、EPAによるAir Toxics Program管理レポート「Clean Air Act: EPA Should Improve the Management of Its Air Toxics Program. GAO-06-669」のURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-06-669)
●外務省が2003年7月10日に公開した、日本及びブラジルの共同議長(美根地球環境問題担当大使及びバルガス外務省局長)の下で、世界の温室効果ガス排出量の80%近くを占める主要先進・開発途上国(16カ 国及びEC。各国参加者は別添)の政府高官等が参加して開催された非公式会合「気候変動に対す る更なる行動」の情報の情報のURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/kiko/hkaigo_gh.html)または、URL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/kiko/hkaigo_s.html)
●NSF(National Science Foundation/全米科学財団)から研究援助を受けて、海の中にある生物などのゲノム調査をすることで、自然界に起こっている破壊と 変化を知ることができるという研究の情報がある「DOE/Joint Genome Institute Genomes of tiny microbes yield clues to global climate change」のURL(http://www.eurekalert.org/pub_releases/2003-08/dgi-got081303.php)


外務省が公開した「地球環境関連条約・国際機関等一覧」
NASAが2003年4月7日に公開した世界の夜の衛星画像
米国のGAOが2003年5月28日に公開した、世界で起こっている3つの空気汚染調査報告書
非公式会合「気候変動に対す る更なる行動」の情報
GAOが2003年8月25日に公開した「Clean Air Act」報告書
国内初の不法投棄「衛星監視システム」の概要
GAOが2003年10月22日に公開した「Clean Air Act」報告書
世界銀行環境局が公開した気象変化調査レポート
GAOが2004年2月6日に公開したClean Air Act関連資料-1
GAOが2004年2月6日に公開したClean Air Act関連資料-2
米国のGAOが2004年3月11日に公開したディーゼルと空気汚染の調査
Illustrirte Zeitung1853年1月15日に掲載された気球の空中鏡現象
「気候変動に対する更なる行動」に関する非公式会合の概要と評価
Worldwatchが公開した気象変動に関する政府間パネル
Worldwatchが公開した米国地理学協会の地図製作者と連携した、中米自然エリア保護
Worldwatchの20周年記念版「State of the World 2003」
ノースカロライナ上空に発達した積乱雲
エアゾール汚染によることを実証す る新しい実験装置CCN
実験装置CCNの開発者
2004年にこれまでで最大の北半球でオゾン後退衛星画像
OSIRIS(Optical Spectrograph and InfraRed Imager System)
大気層の図解
Wallops Island - 60 Years of Exploration
UN Day for Disaster Reduction
GFMCPressRelease-Final
気候変動、クリーンエネルギー及び持続可能な開発に関する対話」について結果概要
カナダ人の環境汚染状況レポート「Toxic Nation: A Report on Pollution in Canadians」
氷芯でとらえられる小さい気泡のためのドーム
トーマス・シュテッカー(Thomas Stocker)
2005年11月25日発行のジャーナル「Science」表紙
2005年11月25日発行のジャーナル「Science」の内容
Ecosystems and Human Well-being: Health Synthesis
クリーン開発と気候に関するアジア太平洋パートナーシップ第1回閣僚会合結果
「Millennium Ecosystem Assessment」の「Living Beyond Our Means」
レポート「children's health and environment indicators in North America」
CHEIndicators background
TS CHE brochure
The Changing Nature of the Catalog and its Integration with Other Discovery Tools
GAOが2006年7月11日に公開した、NOAAの次世代機能に関するレポート
GAOが2006年7月26日に公開した、EPAによるAir Toxics Program管理レポート
WWFとthe Global Footprint Networkが新しいレポート「Living Planet Report 2006」
Paper Tigers and Killer Air
Smoke, Mirrors & Hot Air---How ExxonMobil Uses Big Tobacco's Tactics to Manufacture Uncertainty on Climate Science
European Science Foundation-Marine Boardが2007年3月2日に公開した最新レポート
環境省が公開している「黄砂のパンフレット」
NASAが公開した黄砂の画像から作ったGIFアニメ
黄砂の衛星画像-1
黄砂の衛星画像-2
黄砂の衛星画像-3
Green Nanotechnology: It's Easier Than You Think
「Mongolian media landscape Sector Analysis」
レポート「Climate Change: Expert Opinion on the Economics of Policy Options to Address Climate Change」
Aqua宇宙船のビデオ
地球のカーボンの動きアニメーション
地球のCO2の動きアニメーション
AIRS(Atmospheric Infrared Sounder)によって集められたCO2-1
AIRS(Atmospheric Infrared Sounder)によって集められたCO2-2
AIRS(Atmospheric Infrared Sounder)によって集められたCO2-3
2008年度版レポート「Living Planet Report(惑星の健康の主な評価)」

エコロジカル・フットプリント
Ecotourism
地球科学関連のURL
地球温暖化問題
地球温暖化問題/2004年
地球温暖化問題/2005年
地球温暖化問題/2006年
地球温暖化問題/2007年
地球温暖化問題に関するURL
地球科学と災害関連のURL
地球科学と海・水関連のURL
地球科学と宇宙関連のURL
地球科学と気象関連のURL
宇宙に関するインターネット上のURL
衛星画像に関するURL
天体観測に関するURL
ADEOS-2
ADEOS
ALOS
DRTS
フリーサット
EOC-IS
CEOS
CEOS-PID
GOIN
EOS
RADARSAT
ニューロ・コンピューティング
衛星写真
海洋気象情報サービス
マルチスペクトル走査計
インターネットによる気象衛星画像の入手
AVNIR
OCTS
INTELSAT
リモート・センシング
未来科学技術情報館
COSMIC
恐竜関連ホームページ
動物関連ホームページ
鳥関連ホームページ
昆虫関連ホームページ
海や川などの生物関連ホームページ
その他の生物関連ホームページ
趣味・オン・デマンド-不思議
古代史関連のサイト(一般)
古代史関連のサイト(一般)-2
古代史関連のサイト(一般)-3
古代史関連のサイト(エジプト)
古代史関連のサイト(中国)
古代史関連のサイト(ギリシャ・ローマ)
古代史関連のサイト(インカ・マヤ・アズテック)
古代史関連のサイト(メソポタミア・中東)
古代史関連のサイト(インダス・古代インド)
Deep Blue
ゴビ砂漠での恐竜発掘調査プロジェクト
歴史を教える先生のためのURL
歴史的に有名な人に関連したURL
毎日の記念日やイベントを知るURL
SETI@home
クリマアトラス
高分解能衛星リモート・センシング研究会
連合大学院構想
すばる
高校生天体観測ネットワーク
MISR
Viking project
CLIMVIS
Jason-1
特定交通情報提供事業
MODIS
JPL(Jet Propulsion Laboratory)
森林火災情報システム
WISE(Web-based Inquiry Science Environment)
Kyoto Protocol
Ikonos
QuickBird
QuikSCAT
GRACE(Gravity Recovery and Climate Experiment)
EARTHDAY
循環型社会
NEPTUNE Project
EPC(Economic Policy Committee)
ネット・アート作品と関連展示会のURL
GEF(Global Environment Facility)
エントロピー
関東全域での大停電
OPEC(Organization of Petroleum Exporting Countries)
UNEP(United Nations Environment Programme)
国際測地学・地球物理学連合総会
SARS(Severe Acute Respiratory Syndrome)
コイヘルペス
化学天気予報システム
ESMF(Earth System Modeling Facility)
エコ・エコノミー
100万人のキャンドルナイト
3次元ジオマティクスシステム
メディアと衛星画像
GLOBCOVER project
炭素万博 2005
CCB Standards
CloudSat
気候変動に対応するための長期的協力の行動に関する対話
ロハス
地球再生能力を超え、地球が枯渇して人類は自滅!
好適環境水
ナノ・テクノロジー2007年〜
気候変動(climate change)と経済学(Economics)