炭素税

carbon tax>>Environmental tax


地球温暖化の主な原因物質とされている二酸化炭素の排出抑制のため、化石燃料の売買の際、炭素含有分に応じて石油や石炭などに課税する方式の総称。ヨーロッパでは1990年代から「炭素税」が導入され始めている。詳細情報はURL(http://www.eic.or.jp/term/syosai.php3?serial=131)で知ることができる。似た考え方として、エントロピーを基準以上に増大させた場合に、犯罪として取り締まるエントロピー増大規制法がある。第10回Royal Highness' Business and the Environment Programmeでイギリスのブレア首相(British Prime Minister Tony Blair)は地球温暖化問題に触れ、「the world's greatest environmental challenge,(世界で最も大きな環境への挑戦)」と表現した講演を行った。全文はURL(http://politics.guardian.co.uk/green/story/0,9061,1305030,00.html)で知ることができる。この地球温暖化の始まりは、18世紀の終わりにイギリスで起こった産業革命であり、21世紀になって産業革命の反省をイギリスの首相が講演ではなしたことは注目できるが、現在起こっている電子産業革命の反省は、まさか23世紀まで持ち越されないことを期待したい。ENS World Newsは2004年11月23日に、オーストラリアの研究者、環境機関、全国産業協会などが、過去の開発で廃棄された有害物質の排除と清掃を訴えて、オーストラリア産業、と安全で健康な環境の生成を開発するための構想を求めて調査した結果、有害物質が廃棄された地域は10万カ所に上ったと報告した。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/index.asp)で知ることができる。ENS(Environment News Service) World Newsは2005年12月9日に、WHO(the World Health Organization)が「Ecosystems and Human Well-being: Health Synthesis」を公開し、地球の地球生態系で生命を維持するために提供する淡水、清浄な空気、たくさんの野生生物、および比較的安定した気候は 60%に低下しているとレポートしていると報告した。WHOのディレクターDr. Lee Jong-wookは「過去50年間、人間は人間の歴史のどんな匹敵する期間よりもさらに急速に手広く自然生態系を変えている。(ver the past 50 years, humans have changed natural ecosystems more rapidly and extensively than in any comparable period in human history)」と報告している。また、レポート制作に参加したインドのPurdue Universityのthe Department of Agricultural and Biological Engineering助教授Dr. Carlos Corvalanは、科学者が人間の健康への生態系退行の有害な結果が既に感じられていて、次の50年間でさらに悪くなるかもしれないと警告している。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/ens/dec2005/2005-12-09-02.asp)または、URL(http://www.who.int/globalchange/ecosystems/ecosystems05/en/)で知ることができる。ENS(Environment News Service) World Newsは2006年10月24日に、WWFとthe Global Footprint Networkが新しいレポート「Living Planet Report 2006」を発表し、地球の自然循環スピードより人類は多くを要求するようになり、その要求は1961年から3倍になったと報告した。「Living Planet Report 2006」によれば人類の要求は2050年までに地球の自然循環スピードの2倍になると予測している。つまり、まったく新しい考えを人類が選ばなければ、人類は地球に対して借金まみれになり、返却不能で自滅することになる。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/ens/oct2006/2006-10-24-01.asp)で、また「Living Planet Report 2006」は、URL(http://www.panda.org/news_facts/publications/key_publications/living_planet_report/index.cfm)で知ることができる。ENS(Environment News Service) World Newsは2007年5月4日に、IPCC(Intergovernmental Panel on Climate Change)がタイのバンコックで開催された国連気候変動委員会で、過度の経済原価なしで悲劇的な地球温暖化を避けるために世界はすぐに行動し始めなければならないと訴え、「Climate Change 2007: Mitigation of Climate Change, Summary for Policymakers」を公開したと報告した。国際社会は、次の数10年間で費用対効果に優れた方針と、現在の技術を利用することによって、地球温暖化ガスのグローバルな放出を遅くして、さらに減少させることができると言った。IPCC作業部会の共同議長で、オランダのBert Metzと共にthe Netherlands Environmental Assessment Agencyのレポートを作成したSierra LeoneのOgunlade Davidsonは、「私たちが現在していることを継続するなら、大きな問題になる場所にいます。」「このレポートは気候変動の解決策に関するものです。」と言った。最新の放出モデル、経済学、方針、および技術で同輩によって見直された資料に基づいて、増加している収入と人口レベルに従って、政府、産業、および一般が一緒にできるレポートは世界経済のエネルギーと炭素強度を減少させる。世界気象機関と共にIPCCを設立したUN Environment ProgrammeのAchim Steinerは、「メインで、無活動のコストと比べると、明確に低いコストで放出の減少を達成できる。」「本当に、2020年までに放出を30%減少させるなど、実際にGDPで貢献できます。」「メカニズムと経済で財政的で技術的な市場の巧みさと創造性を解き放つ誘因を紹介することは、現在、社会的で環境の利得から政府次第です。」と言った。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/ens/may2007/2007-05-04-01.asp)で知ることができる。ENS(Environment News Service) World Newsは2007年6月19日に、オランダのNetherlands Environmental Assessment Agencyがこれまで世界一であった米国を抜いて、二酸化炭素排出量でも中国が世界一になって、第2位に米国が後退したと報告した。中国は携帯電話ユーザーでも世界一になり、インターネット・ユーザーももうすぐ世界一になるが、最悪の二酸化炭素排出量でも世界一になってしまった。2005年には中国の二酸化炭素排出量は米国より2%低かったが、2006年には米国より8%も多かった!セメント硬質煉瓦生産は中国の二酸化炭素排出の主要な源で、この数字は、BP(British Petroleum)セメント生産データと同様に、BPからの最近発行されたエネルギーデータを使用することでNetherlands Environmental Assessment Agencyが算出した。グローバルなセメント生産シェアで中国は、2006年に44%に達した。全国的な中国の二酸化炭素排出セメント産業シェアは約9%で、CO2の合計は約6200メガtから550メガになる。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/ens/jun2007/2007-06-19-04.asp)または、URL(http://www.mnp.nl/en/service/pressreleases/2007/20070619Chinanowno1inCO2emissionsUSAinsecondposition.html)または、URL(http://www.iea.org/w/bookshop/b.aspx?Subject=CO2%20Emissions)で知ることができる。
GoogleニュースはAFPからの情報として2007年11月26日に、EC(European Commission/欧州委員会)の委員長ホセ・マヌエル・バロッソ(Jose Manuel Barroso)がドイツの新聞「Bild」のインタビューで2007年11月25日日曜日、EUが計画しているCO2削減を尊敬するのであれば、守れなかった自動車メーカーは「損害賠償」を支払わなければならないだろうと言ったと報告した。
建設的な限界を尊敬できないものはそれ相応の結果が待ち受けるのは当然であると言って、ホセ・マヌエル・バロッソは「制裁」という言葉が使いたくはないが、「彼らは損害賠償を支払わなければならない。さもなければ、全体のシステムがそれほど確かにならない。」と言っている。
2007年12月19日に公開されるヨーロッパの草稿規則の下では、2012年までに新車の場合、平均した二酸化炭素排出を1kmあたり現在の160gから120gを切らなければならない。
ヨーロッパの自動車会社は、それは非現実的であると言って、この計画を攻撃した。
例えば、高性能で空気に有害なより多くの放出を発生させる自動車を生産するドイツのポルシェは、が現在のところ1kmあたり平均289gであり、乗り物の各カテゴリにそれ自身で、別々の限界が必要があると訴えている。
もしかすると、ヨーロッパからポルシェが閉め出される危険性もある。
ポルシェは、EUコミッションが譲歩しないなら、訴訟するとほのめかした。
以前からなんども指摘し、書いているが、「F1」などを始め、自動車産業の頂点はもうすぐ下降路線に入り、21世紀を担える企業から墜落する可能性が非常に高い。
自動車産業が大切か?
人間の存続か?
その答えを悩むようであれば、あなたは自己満足の餓鬼といえる。詳細情報はURL(http://afp.google.com/article/ALeqM5hqWvtvYu2lgn--HTX9LVjQoLQPpA)で知ることができる。
New Scientistは2008年5月1日に、多くの気候学者がIPCC(Intergovernmental Policy for Climate Change/気候変動に関する政府間パネル)が発表した気象変化を予測の既存気候モデル能力を疑い始めていると報告した。
来週、世界中からの気候モデル作成者は、気候がどう局所的に、そしてグローバルに影響を受けるかを予測することを許容する測定を含んで、予測能力を改良するために会議を開くと報告した。
ティム・パーマー(Tim Palmer)は、「政治家は、科学が完全な取引になっている。」「IPCCが極秘に誤魔化したとは思いませんが、特に地方の気候変動予測は、非常に不確実です。」と言っている。
ティム・パーマー(Tim Palmer)は、イギリスのthe European Centre for Medium-Range Weather Forecasts in Readingの主な気候モデル作成者で、彼は、IPCCが全地球的気候変化の問題で、世界に警告を喚起しながら良い仕事をしたことに疑問は持っていない。
しかし、彼と彼の仲間気象学者は、グローバルな変化がどう局地気候に影響するかに関するIPCCの予測が、ただの当て推量であることを鋭く意識している。
彼らはまた同時に、IPCCの予測が間違っていると判明した場合、信用における危機を引き起こし、全体の気候変動討論がひそかに害されること恐れていると報告している。詳細情報はURL(http://environment.newscientist.com/channel/earth/mg19826543.700?DCMP=NLC-nletter&nsref=mg19826543.700)で知ることができる。
科学的調査の問題点が、ここでも明らかになる可能性が高い。
つまり、まず目標があり、その目標に合わせるように科学的調査を実施した結果が公表されることが多くなっているが、そこで別の目標を設定した科学的調査と、多くの点で誤差が出てくる。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9609)で知ることができる。
IPCCについてはURL(http://www.ipcc.ch/)で知ることができる。
これまで企業中心に、気候変動を軽視してきた米国連邦政府のブッシュ政権であったが、米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2008年6月9日に、気候変動に対する経済学として専門家意見を紹介し、政策選択を提示したレポート「Climate Change: Expert Opinion on the Economics of Policy Options to Address Climate Change. GAO-08-605」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-08-605)で知ることができる。
Times Onlineは2008年9月15日に、Google社のサーチ・エンジンを最大11km沖合のはしけの上にスーパー・コンピュータを設置することを考えていると報告した。
Google社は、コストを削減のため、波のエネルギー・パワーを使用し、コンピュータは海の水で冷やす「water-based data centres(水をベースにしたデータセンター)」をの考えている。
さらに、データセンターは陸上にないので、固定資産税を支払う必要もない。
一般的なWebサイトで発生する大規模な情報の流れに対処するのに必要なデータセンターの増加する数は、ランニング・コストを減少させるために過激な思想をうながした。
サッカー競技場サイズになるかもしれないデータセンターに収容されたスーパー・コンピューターは、オーバーヒートしないことを保証するために大規模な量の電気を使用している。
つまり、その結果、インターネットはそれほど自然に優しい環境ではないのが現実である。
データセンターは、2005年に世界の電気の1%を消費した。
マッキンゼー(McKinsey)とシンクタンクのUptime Instituteによる最近の研究調査によれば、2020年までに、インターネットを走らせるコンピュータの炭素排出量は空の旅よりさらに大きくなると予測した。詳細情報はURL(http://technology.timesonline.co.uk/tol/news/tech_and_web/the_web/article4753389.ece)で知ることができる。
テレビなどで、CO2削減に努力していると宣伝しているが、現実には、その努力ではまったく足らない!詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11004)で知ることができる。
MarketingChartsの2008年9月16日版最新レポート紹介で、GfK Roper Consultingによる「米国のビジネスと産業の環境保護意識レポート」を紹介し、およそ70%の米国人は、ビジネスと産業が環境を保護する責任を実現させていると考えていないと報告した。
さらに、69%の米国人は、ビジネスが、それらのイメージを促進する環境に優しい行動に従事すると考えないで、29%だけが、環境の利益のため、そのような行動に従事していると言ったと報告した。
インフレーションと高い価格は世界人口(41%)の中で関心のリストを上回り、環境汚染上の心配は世界中で上昇し、2007年の22%からの2008年に25%へと増えた。
日本は汚染がナンバーワンの関心で、気候変動がそれに続いた。
対照的に米国の関心のリストでは、汚染がNo.11で、気候変動がNo.15であった。
これは、まったく意識が違うと言うことで、このような国と友好関係が継続できるのか心配になる。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/topics/asia-pacific/skeptical-americans-think-environmental-efforts-all-for-show-6019/)または、URL(http://www.gfkamerica.com/newsroom/press_releases/single_sites/003001/index.en.html)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11013)で知ることができる。
NASAのJPL研究所(Jet Propulsion Laboratory)は2008年10月9日に、地球の中間地域のジェット気流や気象システムのような地球の中間の対流圏での二酸化炭素の分布が、大規模な大気中の循環パターンによって強く影響を及ぼされたことが判ったと報告した。
また、二酸化炭素分布パターンは多くの人が住む北半球の陸地と、南半球の間で有意差があるのが判った。
南半球は海洋で主に二酸化炭素分布パターンをカバーしていた。
この地図は、2002年9月〜2008年7月までのNASAのAqua宇宙船に搭載されたAIRS(Atmospheric Infrared Sounder)によって集められたデータに基づいている。
機器科学の班長であるMoustafa Chahine、「研究機器が地球の大気の中で二酸化炭素の輸送過程のモデルを洗練するために科学者によって使用された。」
「これらのデータは時間がたつにつれて、二酸化炭素分布のグローバルな変化を得ることがます。」
「これらの変化は二酸化炭素がどこで作られ、格納されるかを決定するのに使用される4つの化学物質輸送モデルだけで表されていません。」と言っている。
Chahineは、地球の炭酸ガス・サイクルと気候を研究する今度の衛星任務と同様に、AIRSデータが存在の補足となると言って、二酸化炭素の地面と航空機測定値を計画していた。
新しい衛星任務に含まれているのは、2009年1月に着手するために計画されているNASAのOrbiting Carbon Observatoryがある。
科学者はAIRSとOrbiting Carbon Observatoryからの二酸化炭素データの組み合わせることで、地球の表面の下層大気における二酸化炭素の分配を決定できる。
彼は、「二酸化炭素を測定して、追跡するのは難しいです。」
「どんな場所も影響に免疫がありません。」
「多くの独立している測定値を取り、隠れて居る部分を導き出して、創造から格納まで進化を追跡するためにAIRSのデータを含んでいます。」と、言いました。
新しい地図は、北半球ジェット気流が北緯30〜40度のバンドで、南半球の二酸化炭素が高められ、濃縮を明らかにした。
これらの高められた集中は、北半球の中間地域で汚染が記録されたベルトに対応していた。
チームはこれを、西北大西洋上に暖かい大気中の「コンベヤベルト」が、東南米国から輸送された放出で検出された増加するレベルの二酸化炭素の結果と考えた。
これらのベルト中央、そして、上側の対流圏に地球の表面から二酸化炭素を持ち上げた。
北米、ヨーロッパから生じて、地図で表示したAIRSは地中海上空で二酸化炭素を高めた。
東アジアからの二酸化炭素が太平洋上空を流れたが、南アジアからの二酸化炭素は中東上空で終わった。
南半球では、二酸化炭素の高められた濃縮を含む中間対流圏の空気ベルトが南緯30〜40度で現れた。
この研究で使用される4つの化学輸送モデル・ベルトはこれまでに、見られたことがなかった。
研究者は、植物の呼吸などのように、合成燃料生産と発電に使用される山火事と施設と同様に、南米の高いアンデス山脈にわたるこのベルト状の空気の流れが地球の表面の主要なソースから二酸化炭素を剽窃すると言っている。
この持ち上がっている二酸化炭素の一部が、次に中間の対流圏まで運ばれて、急速に世界中に輸送される。
そこでは、中間の緯度ジェット気流で捕らえられるようになる。
Chahineは、「対流圏は公海に似ています。」 「1つの場所で作られ、ほかの場所に移動するでしょう。」と言った。詳細情報はURL(http://airs.jpl.nasa.gov/)または、URL(http://airs.jpl.nasa.gov/story_archive/Measuring_CO2_from_Space/)またアニメーションは、URL(http://svs.gsfc.nasa.gov/search/Animator/LoriPerkins.html)で知ることができる。
また、JPLの歴史研究家エリック・コンウェイ(Erik Conway)は、この出来事で系列の概観を提供している。詳細情報はURL(http://airs.jpl.nasa.gov/story_archive/Measuring_CO2_from_Space/History_CO2_Measurements)で知ることができる。
すべてが、地球は壊れ始めていることを証明し、かなり読み応えがある検証を提供している。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11272)で知ることができる。


炭素税研究会提案Ver.4 (2002.12)
地球温暖化対策推進のための「炭素税」の早期導入に向けた制度設計提案
Illustrirte Zeitung1851年9月27日に掲載されたLavaterとSokrates
Illustrirte Zeitung1851年9月27日に掲載された貝の化石-1
Illustrirte Zeitung1851年9月27日に掲載された貝の化石-2
Illustrirte Zeitung1851年9月27日に掲載された貝の化石-3
Illustrirte Zeitung1851年9月27日に掲載された化石と地質の関係図
Illustrirte Zeitung1851年9月27日に掲載され地質と地層図
Illustrirte Zeitung1851年10月4日に掲載された貝の化石-1
Illustrirte Zeitung1851年10月4日に掲載された貝の化石-2
Illustrirte Zeitung1851年10月4日に掲載された魚の化石
Illustrirte Zeitung1851年10月4日に掲載された木の化石
Illustrirte Zeitung1851年10月18日に掲載されたライプチッヒの植物園
Illustrirte Zeitung1852年3月20日に掲載された化石-1
Illustrirte Zeitung1852年3月20日に掲載された化石-2
Illustrirte Zeitung1852年3月20日に掲載された化石-3
Illustrirte Zeitung1852年3月20日に掲載された化石-4
Illustrirte Zeitung1852年3月20日に掲載された化石-5
Illustrirte Zeitung1852年3月20日に掲載された化石-6
Illustrirte Zeitung1852年3月20日に掲載された化石-7
Illustrirte Zeitung1852年3月20日に掲載された化石-8
Illustrirte Zeitung1852年3月20日に掲載されたDinotherium
Illustrirte Zeitung1852年3月20日に掲載されたKeuperperiode
Illustrirte Zeitung1852年3月20日に掲載されたMuschelkaikperiode
Illustrirte Zeitung1852年3月20日に掲載されたTuraperiode
Illustrirte Zeitung1852年4月3日に掲載されたGrotteの地図
Illustrirte Zeitung1852年4月3日に掲載されたProteus
Illustrirte Zeitung1852年4月3日に掲載されたSraffa島
Illustrirte Zeitung1852年4月3日に掲載されたStaffa島内部
Illustrirte Zeitung1854年3月11日に掲載されたMystriosaurusの化石
Illustrirte Zeitung1854年2月11日に掲載されたProf. Paul Taugott Meissner
Illustrirte Zeitung1854年2月11日に掲載された植物扶養システム
Illustrirte Zeitung1854年2月11日に掲載された植物用空気清浄機
Illustrirte Zeitung1854年2月11日に掲載された植物用炭酸カリ
Illustrirte Zeitung1856年4月19日に掲載されたZwickauの植物園
蓮の花
Ecosystems and Human Well-being: Health Synthesis
WWFとthe Global Footprint Networkが新しいレポート「Living Planet Report 2006」
Climate Change 2007: Mitigation of Climate Change, Summary for Policymakers
オランダのNetherlands Environmental Assessment Agencyが公開した世界のCO2
オランダのNetherlands Environmental Assessment Agencyが公開した世界のガス
レポート「Climate Change: Expert Opinion on the Economics of Policy Options to Address Climate Change」
Aqua宇宙船のビデオ
地球のカーボンの動きアニメーション
地球のCO2の動きアニメーション
AIRS(Atmospheric Infrared Sounder)によって集められたCO2-1
AIRS(Atmospheric Infrared Sounder)によって集められたCO2-2
AIRS(Atmospheric Infrared Sounder)によって集められたCO2-3

エントロピー増大規制法
地球温暖化問題
地球温暖化問題/2004年
地球温暖化問題/2005年
地球温暖化問題/2006年
地球温暖化問題/2007年
地球温暖化問題
地球温暖化問題/2004年
地球温暖化問題/2005年
地球温暖化問題/2006年
地球温暖化問題/2007年
地球温暖化問題に関するURL
Ecotourism
地球科学関連のURL
地球科学と災害関連のURL
地球科学と海・水関連のURL
地球科学と空・空気関連のURL
地球科学と宇宙関連のURL
地球科学と気象関連のURL
宇宙に関するインターネット上のURL
衛星画像に関するURL
天体観測に関するURL
ADEOS-2
ADEOS
ALOS
DRTS
フリーサット
EOC-IS
CEOS
CEOS-PID
GOIN
EOS
RADARSAT
ニューロ・コンピューティング
衛星写真
海洋気象情報サービス
マルチスペクトル走査計
インターネットによる気象衛星画像の入手
AVNIR
OCTS
INTELSAT
リモート・センシング
未来科学技術情報館
COSMIC
恐竜関連ホームページ
動物関連ホームページ
鳥関連ホームページ
昆虫関連ホームページ
海や川などの生物関連ホームページ
その他の生物関連ホームページ
趣味・オン・デマンド-不思議
古代史関連のサイト(一般)
古代史関連のサイト(一般)-2
古代史関連のサイト(一般)-3
古代史関連のサイト(エジプト)
古代史関連のサイト(中国)
古代史関連のサイト(ギリシャ・ローマ)
古代史関連のサイト(インカ・マヤ・アズテック)
古代史関連のサイト(メソポタミア・中東)
古代史関連のサイト(インダス・古代インド)
Deep Blue
ゴビ砂漠での恐竜発掘調査プロジェクト
歴史を教える先生のためのURL
歴史的に有名な人に関連したURL
毎日の記念日やイベントを知るURL
SETI@home
クリマアトラス
高分解能衛星リモート・センシング研究会
連合大学院構想
すばる
高校生天体観測ネットワーク
MISR
Viking project
CLIMVIS
Jason-1
特定交通情報提供事業
MODIS
JPL(Jet Propulsion Laboratory)
森林火災情報システム
WISE(Web-based Inquiry Science Environment)
Kyoto Protocol
Ikonos
QuickBird
QuikSCAT
GRACE(Gravity Recovery and Climate Experiment)
EARTHDAY
循環型社会
NEPTUNE Project
EPC(Economic Policy Committee)
ネット・アート作品と関連展示会のURL
GEF(Global Environment Facility)
エントロピー
UNEP(United Nations Environment Programme)
電子レンタル本
化学天気予報システム
ESMF(Earth System Modeling Facility)
エコ・エコノミー
100万人のキャンドルナイト
メディアと衛星画像
GLOBCOVER project
炭素万博 2005
CCB Standards
CloudSat
COOL BIZ
エコロジカル・フットプリント
携帯電話端末を利用したリアルタイム世界環境データベース
携帯電話健康モニタリング・システム
気候変動に対応するための長期的協力の行動に関する対話
地球再生能力を超え、地球が枯渇して人類は自滅!
好適環境水
屁の税
気候変動(climate change)と経済学(Economics)
Project BlackBox