ダダ

Dada/Dadaisme

ダダイズム

第1次世界大戦中の1916年にスイスのチューリッヒで起こり、大戦と不安の虚無の中で、全ての伝統と既成の権威的な芸術形式を否定し、破壊することを目的とした芸術運動で、DADAとは、詩人Tristan Tzara、Jean Hans Arp達が偶然ラルース辞典から拾った言葉で、幼児語で「馬(child's hobby-horse)」という単語です。

>> さらに詳細な情報はこちら


機関誌「DADA 1」(1917年)
機関誌「DADA 6」(1920年)
ジュネーブのFESTIVAL DADAのポスター(1920年)
第1回国際DADAメッセのポスター(1920年)
ユーゴスラビアで開催されたDadaのポスター(1922)
MISE EN ACCUSATION ET JUGEMENT DE M.MAURICE BARRES PAR DADA(1921年)
SALON DADA EXPOSITION INTERNATIONALE(1921年)
Marcel Duchamp
何の変哲もない既製品の男性用便器「泉(Fountain)」を展示したMarcel Duchampの作品(1917年)
Francis Picabia
Man Ray
Richard BioxのDAD(New YorkのDADAグループ/1921年)
Hery TyrrellのDADA(1924年)
Cabaret Voltaire(1916年)
グロスのLady Hamiltonの扉
グロスのLady HamiltonのHamilton夫人の完成ヌード挿絵-1
グロスのLady Hamiltonのグロスがヌードモデルを描いている挿絵-2
グロスのLady Hamiltonの服を脱ぐモデルの挿絵-3
グロスのLady Hamiltonの下半身も露な踊り子を見て喜ぶグロス自身の挿絵-4
Lady Hamiltonのグロスの自画像の挿絵-5
グロスのLady Hamiltonのなぜか扇子を持った挿絵-6
グロスのLady Hamiltonの下半身も露な踊り子の挿絵-7
グロスのLady Hamiltonのなぜか扇子を持った下半身も露な挿絵-8
ゲオルグ・グロス(George Grosz/1891〜1859)
若い頃のマルク・シャガール(Marc Chagall/1887〜1985)の家族(左上)
全盛期のマルク・シャガール
マルク・シャガールの家族肖像写真
くつろぐマルク・シャガールの家族
晩年のマルク・シャガール
若い頃(1906年)のピカソ(Pablo Ruiz y Picasso/1881〜1973)
制作中のピカソ(1949年)
生前最後のピカソの写真(1972年)
パウル・クレーの「彩色平面の基本星型あるいは統合星型」の指示で彩色
The Art Newspaper.comが発表した2002年展覧会入場者ランキング