ダイレクト電子メール

Direct E-mail marketing


ダイレクトメールの電子メール版の総称。インターネットやパソコン通信などを使って実施され、通信費の受け取り側負担問題など、迷惑になるメールが増えることからジャンク電子メールとも呼ばれている。富士通とドゥ・ハウスは、利用者を登録し、企業は電子メールでのダイレクトメールや各種リサーチが行える。返信メールには、ポイント制の「謝礼」を支払う電子メールを利用したマーケティング事業iMiを1996年9月13日から開始した。iMiに関する詳細情報はURL(http://www.imi.ne.jp/imi/)で知ることができる。また、ダイレクト電子メールが迷惑メールになることも多いことから、拒否キャンペーン「Stop! E-DM」というホームページも登場した。リムネットの会員が大手パソコン通信サービスのユーザー宛てに大量の商用ダイレクト電子メールを送信した。
リムネットは1997年5月20日に、事実関係を調査した後、その会員と連絡をとり、会員規約にあるリムネットの承諾なしに営利目的の活動を禁止していることを伝え、その会員が約束を守らなかったという理由から、強制退会の処置をとった。企業向けサービスを展開していた日本法人のPSINet社は、1998年9月に国内大手で老舗プロバイダのリムネットを買収し、本格的に個人ユーザーの取り込みに入った。最近トラブルが多かったリムネットであったが、技術的に優秀なPSINetが資本参入することで安定したサービスの提供が可能になると予測されたが、米国最大の独立系インターネット接続プロバイダであるPSINetが現金不足に陥って、2000年度の決算報告書の提出を延期すると発表し、株価も19セントになり、$1以下になった場合には上場廃止基準に該当したためNASDAQも2001年4月2日に取引を停止し、破産保護法を申請する可能性があると各報道機関が一斉に報道した。
PSINetに買収されていた日本の個人向けISPの先駆者であるリムネット(1987年3月設立)は、米国に本社を置き、15ヶ国でインターネット接続事業およびポータル事業を展開している在日外国人中心のISPトウィックス(1984年設立)と合併し、2001年1月1日に世界規模で展開する個人向けのISC「インタードットネット」のグループとして新しいスタートを迎え、1998年8月からPSINet Inc.のグループとして運営してきたが、2001年3月2日にMBO(Management BuyOut)し、最悪の経営状態になったPSINetから正式に分離独立した。
あらゆるインターネット関連企業も参入しようとするが、スパム・メールの問題が浮上し、見合わせているのが現状といえる。2002年4月11日に衆議院本会議で、悪徳業者には50万円以下の罰金を課す「迷惑メール防止法」が可決した。「迷惑メール相談センター」は2005年7月12日に、「不幸の手紙」のように、他人に送信しなければ不幸になるなどの文句で、不特定多数に転送が拡大していく「チェーンメール」への対策として、10種類の専用アドレスを設置した。詳細情報はURL(http://www.dekyo.or.jp/soudan/9chainmailsouhu.htm)で知ることができる。
Pew Internet & American Lifeはサーチ・エンジンの2005年11月レポートを公開し、サーチ・エンジン使用は、主要なインターネット・アプリケーションとして昨年と比較して急上昇し、サーチ・エンジンは、米国のインターネット・ユーザーのオンラインでますます重要な部分になり、ごく最近のcomScore Media Metrixの消費者調査結果から、約6,000万人の米国の大人が典型的にサーチ・エンジンを使用していることを示したと報告している。集計された調査結果は、2004年中頃ではサーチ・エンジン利用者が30%であったのが、2005年9月には41%と急激な増加を示し、これは平均毎日サーチ・エンジンを使用している数が2004年6月の約3800万から2005年9月に約5900万まで成長したことを示し、別途調査した comScore データでは、2004年9月から2005年9月までのサーチ・エンジンの一日平均使用が4930万人のユーザーから6070万人のユーザーと23%も増加していたとも報告し、この結果から、サーチ・エンジンの活用法が、主要なインターネットとして利用されてきた電子メールににじり寄っていることを意味している。
しかし、The Pew Internet Project dataによれば、インターネットの毎日の利用で電子メールはまだ一番上位で、2004年6月の45%から、約52%の米国インターネット・ユーザーは、電子メールを毎日送受信していると報告している。詳細情報はURL(http://www.pewinternet.org/PPF/r/167/report_display.asp)または、URL(http://www.pewinternet.org/pdfs/PIP_SearchData_1105.pdf)で知ることができる。
メルマガに関わる仕事が非常に多いフューチャーステージの代表取締役社長長木元和が「メルマガ2008年問題 メルマガを取り巻く環境の激変 」のPDFを2007年12月公開し、2008年メルマガ業界予測として、最近のクレーム情報などから、
1)アフィリエイトがスパム扱いに
2)リスト集めが困難になる
3)情報商材の見極めが厳しくなる
4)新しい分野でのアフィリエイトがブレイク
5)勝者と敗者がより顕著に現れる
6)ネットビジネスの参入障壁が更に高くなる
について開設した。電子メール情報が、どんどん過疎化し始めているということを伺える情報であった。
そして、ある一定の割合で迷惑メール申請がされると、」迷惑メール送信サーバーとして認定されことになり、電子メールの送信が不可能になる。さらに、「未承諾広告の全面禁止」時代へと移行し、曖昧なパーミッションのアドレスにメルマガを送信する事により、発行者側が罰せられる法律が出来る可能性が高くなり、メルマガアフィリエイト自体がスパム扱いとなる可能性まで噂されるようになっている。
そこで、フューチャーステージの長木元和は、「1対1」に近いコミュニケーションが必要になって来ると予測している。
そこで重要なのが送信者の明確な表示と言うことになるが、最近では偽送信者名を使ったスパムの増加で、その偽物を見つけるために送信者のメール・アドレスを見ることになるが、さらにスパム業者の中には、メール・アドレスまで偽装し始めているのが現状で、メルマガ=スパムメールの図式が電子メール利用者に定着し始めている。
つまり、送信する「メルマガ」時代から、利用者が読みたいときに利用する「ブログマガ」時代へと移行している。
つまり、電子メールでのビジネス=スパム業者という時代も近いと言うことになる。
2008年1月15日にMarketingChartsは、2012年までの非営利DMは6.8%拡大すると予測したDMA(Direct Marketing Association)の予測レポートを紹介している。
2007年に、会員組織がダイレクト・マーケティングに費やしてUS$14.47に復帰し、2012年まで着実に拡大すると予測している。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/direct/nonprofit-dm-driven-sales-to-grow-68-a-year-through-2012-3071/#more-3071)または、URL(http://www.the-dma.org/cgi/dispannouncements?article=951)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8462)で知ることができる。
これについては「MarketingChartsが2008年1月10日に公開したチャート」でも紹介したが、電子メールは衰退したといわれているが、広告収入では33%(US$2億7320万)とダントツであった。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8398)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年3月4日に、DMA(Direct Marketing Association)のQBR(Quarterly Business Review)を紹介し、2007年第4四半期は成長したが、2008年第1四半期は経済的問題が反映することが予測されるにもかかわらず、成長が期待されていると報告した。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/direct/dma-despite-q4-dm-growth-q1-expectations-reflect-economic-concerns-3703/#more-3703)または、URL(http://www.marketingcharts.com/direct/dma-despite-q4-dm-growth-q1-expectations-reflect-economic-concerns-3703/#more-3703)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8984)で知ることができる。
2008年5月7日にCenter for Media Researchは、Lyris社からの最新の電子メール・デリバリー調査研究レポートを紹介し、米国のISPに送られた電子メールのダイレクト・メッセージで4分の1はそのままジャンク・メール・フォルダで廃棄され、わずか76%だけが招待されたメールとして、ユーザーの受信トレイに届けられていると報告した。
調査は、米国、カナダ、ヨーロッパ、およびオーストラリアの許可ベースのメール・マーケティング・メッセージ43万6558をモニターした「the HQ ISP Deliverability Report Card (Q4, 2007)」を発表し、最も高い受信トレイ配送率は米国のISPであるAIM.comで、渡されたメッセージの93%が受信トレイに到着していると報告した。
RoadRunner SoCalが2番目で、92%が受信トレイに到着していた。
それ以外のトップ10は80%台で、Hotmailは最下位から2番目で、57%が受信トレイに到着していた。
招待された電子メールをダイレクト・メール・フォルダに最も左遷しそうな米国のISPはXO Concentricで、提供された許可ベースのメッセージの合計62%をダイレクト・メール・フォルダに送った。
そして、SBC Globalはメッセージの23%をダイレクト・メール・フォルダに送った。
MSN Network、Hotmail、およびYahooはすべて、約21%をダイレクト・メール・フォルダに送った。
AOLが提供したメールは、1.2%がダイレクト・メール・フォルダに到着している。
米国以外では、オーストラリアの14%とカナダの10%比べて、ヨーロッパのISPは19%で最も高い率でダイレクト・メールを配送していた。
Lyris社のマーケティングSVPであるブレイン・マチュー(Blaine Mathieu)は、「スパム定義はスパム規制法がどれだけ認識されていないか、予期していなかったか、または求められていないメッセージも含むという法的必要条件を超えて動いた。」
「これは、メッセージを認識して、予想して、欲しい人に電子メール送る送付者に重荷になる。」
「招待されたメールは、大量のフォルダに渡され続けるでしょう。」
と指摘した。
1,716のサンプルからのユニーク・メールは、どうISPスパム・フィルタに対して測定するかを見るのにSpam Assassin Rule Setを使用することで、満足できるスコア・アプリケーションで走行した。
頻繁に最も引き起こされた「赤旗(red flags)」トップ3は、
*画像だけで、テキストがない電子メール。
*偽の'from'名。
*60%以上のHTMLメッセージ。
Pollardは、「メッセージがどこに送られるかを決定する際に、メッセージ内容は送付者の評判と同じ重さで運びません」と結論づけている。
電子メール・ダイレクト・マーケッターにとっては、届いて欲しいと思い。
受信する側は、無断で送信しないで欲しいスパム・メールが増えたと感じる。詳細情報はURL(http://blogs.mediapost.com/research_brief/?p=1700)または、URL(http://www.lyris.com/company/news/2008/NEARLY-18-PERCENT-OF-INVITED-EMAIL-LANDS-IN-JUNK/BULK-FOLDERS-NEW-LYRIS-ISP-DELIVERABILITY-STUDY-REVEALS-1172/)または、URL(http://www.lyris.com/media/pdf/reports/ISP_Deliverability_Q4-2007.pdf)で知ることができる。
問題は、一度許可を取ると、永遠だと考える詐欺のような業者や、まったく許可を取らないで、勝手に許可されたと言い出す業者、まったく別の意味で許可を得る業者など、すべてを取り締まることができない限り、電子メール・ダイレクト・サービスを利用することは、詐欺に掛かると言うことでしょう。
電話勧誘を禁止する「DNC(Do-Not-Call)」のような法的規制がある環境が必要になっている。
私は、資料としてなるべくすべてを受信し、こちらのメール・フィルターで分類しているが、最近読まれもしない日本語のスパム、とくにスケベ・ダイレクト電子メールが急増している。
それらは一気にゴミ箱に捨て、同時に添付ファイル、キャッシュ、パーツ・フォルダも掃除をしているが、時に重要なメールも捨てることが増えた。
なるべく返事を書くようにしているが、返事が来ない重要なメールは、廃棄されたと考えるのがだとうかもしれない。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9662)で知ることができる。
2008年5月15日にCenter for Media Researchは、Accentureが100人以上のメディアとエンターテインメント産業の先任リーダーと意思決定者から調査した年次報告「Accenture 2008 Global Media Content Survey」を紹介し、新しいコンテンツ・デリバリー市場は急成長が期待できるが、ハードルは非常に高いと報告している。
年次報告「Accenture 2008 Global Media Content Survey」では、70%の応答者が今日何らかの収入に新しい代替のフォームとして、ダウンロード、ウオッチ「オン・デマンド」のテレビ番組、デジタル広告、またはユーザーが発生しているコンテンツに由来していることを示した。詳細情報はURL(http://www.accenture.com/NR/rdonlyres/B70007BC-F0C5-4DF8-BD97-109FAF3AD274/0/ChallengeofChange.pdf)で知ることができる。
参加企業に基づいたAccentureのデータによると、わずかな率(10%未満)が代表して、実際に物凄い成長で、そして現在、これらの新しいフォームのメディアはかなりの収入を得ている。
*82%の応答者は、コンテンツの開発がマルチ・プラットフォーム配信により、消費が増加していると感じていた。
*61%は、「オープン・モデル」配信に移行していると言った。
*7%だけが、P2P(peer-to-peer/ピア・ツー・ピア)がオンライン・コンテンツを配信する唯一の実行可能な長期技術であると答えた。
今回の調査は、強いコンセンサスが今後の成長に関して追い立てることを明らかにした。
収益の成長の4つの源、優位なビジネスは、現在から5年間以下をモデル化することであると予測された。
*66%の応答者は、収益の成長でコンテンツを提供する新しいプラットホームが最大のドライバーとして新しい方法であると答え、24%は新しいコンテンツ・タイプ、および10%は、新しい市場を引用した。
応答者の63%は、「マルチスクリーン」流通戦略を追求すると言った。この場合の流通戦略は、テレビ、オンライン、そしてモバイルの配送を含んでいる。
*38%の応答者は、ショート・フォーム・ビデオ、2番目に18%がオンラインポータル/出版、3番目に23%がテレビゲームで、最もすばらしい成長を生成すると感じた。
*68%の応答者は、高度成長の機会としてソーシャル・メディアとユーザーが発生しているコンテンツを特定し、そして56%は何らかの容量で、既にソーシャル・メディアにかかわっていると答えた。
*予約購読に基づくサービスを引用した25%、および1プレーあたりの有料サービスを引用した11%と比べて、62%の応答者は、広告でサポートされたビジネス・モデルが今後5年間でナンバーワンになると答えた。
Accenture's Media & Entertainment practiceのデジタル・メディア・リーダーであるギャヴィン・マン(Gavin Mann)は、「報道機関が主要な成長地域の一貫した戦略に視点を発生することは、すばらしいニュースです。」「明確に、必要な能力を適所に置くための巨大な努力は残っています。タスクのサイズがまだ完全に理解されているというわけではないのは、明らかです。」 と言った。
調査研究は、モバイル・マーケットへのいくつかのバリアがあると結論を下した。
調査された幹部社員の51%は、消費者準備がずっとモバイル・マーケットの大規模理解力にバリアであると感じた。
応答者の37%は、コンテンツ保有者と携帯電話会社/ネットワークの両方の準備不足で、そのバリアで成功に係わると言い、応答者の42%は、会社の管理者が一貫したユーザー・エクスペリエンスを提供できないことが重要なバリアであると感じていた。
マルチ・プラットフォーム配信は重要なキーワードですね!
とくに、現在のように携帯電話会社が、携帯電話コンテンツを管理している状態では、将来的なコンテンツは負け組になることでしょう。
その考え方は、携帯電話会社自体を収縮させる。
「オープン・モデル」配信を実現し、多くのコンテンツが新規に参入できる環境が、携帯電話コンテンツを飛躍的に成長させ、同時にモバイル広告市場を活性化することでしょう。
なにしろ、通信事業者の保守的な考えは世界共通で、せっかくの市場を見逃している。詳細情報はURL(http://blogs.mediapost.com/research_brief/?p=1706)または、URL(http://www.accenture.com/2008contentstudy)または、URL(http://newsroom.accenture.com/article_display.cfm?article_id=4674)または、URL(http://www.accenture.com/Global/Research_and_Insights/By_Industry/Media_and_Entertainment/ContentStudy2008.htm?c=cht_mecontentpr1_0508&n=pr1-1)または、URL(http://www.accenture.com/NR/rdonlyres/B70007BC-F0C5-4DF8-BD97-109FAF3AD274/0/ChallengeofChange.pdf)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9652)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9748)で知ることができる。
2008年6月3日にCenter for Media Researchは、Habeas Inc.のために調査会社Ipsosによって、2008年5月に実施された電子メールに対する消費者態度とビジネスとのオンライン相互作用の調査研究を紹介し、67%の消費者が個人的、ビジネスにおけるコミュニケーションのプライマリ・メソッドとして電子メールを好み、65%は、オンライン脅威の上昇と、他の通信チャネル、Web2.0のアプリケーション出現にもかかわらず、将来も電子メールを好み続けると予測した。
HabeasのCEOであるデス・カーヒル(Des Cahill)は、「消費者は互いとの関係のためのメールにさらに依存するようになっています。この調査研究は、電子メールがオンライン生態系の中に持っている関連性と寿命を例証しています。」と言っている。
調査研究のハイライト
*未来の将来、消費者の意見として、ビデオ会議(19%)、インスタント・メッセージング(17%)、SMSテキスト・メッセージ(12%)、およびWebミーティング(12%)への期待を超えて、登録された電子メールについて重要と言った。
*18〜34歳の人口統計では、IMと、SMSとコミュニケーション方法として現れるにもかかわらず、65%が5年後に最も快適なビジネスとコミュニケートするために電子メールを支持すると予想した。
*メール詐欺の犠牲にされる心配について、2007年の62%から、69%に上昇した。
*調査された最大35%は、調べるためのトライで、メールする時に潜在的な危険であるかもしれないことを知らなかった。
*応答者は、「モバイル受信トレイ」の増加する使用に反映され、可能にされたスマートフォンとインターネット電話装置まで、モバイル機器へのスパムとウイルスの脅威に関する心配につていて、2007年の36%から、43%に上昇した。
*88%以上の応答者は、組織により多く受け取る選択されたメールの内容と頻度で、広告、特別な申し出、記事、ニュースレター、白書、および他の特定の満足しているオプションを含んで与えて欲しいと言った。
*メールを送るオプトイン許可を使用する組織とビジネスで、80%以上の関係者は好意的であった。
*応答者の12%だけが、承認された一つか、より多くの作成されたビジネスから購入できることを知らなかった。
*毎日のメールメッセージで、オンライン戦術としてポップアップ広告がオンライン評判として、最もダメージが大きいと格付けした。
*80%以上は、顧客の電子メール・アドレスを第三者と共有するなら企業の評判が否定的に影響を受けるのを感じた。
2008年4月にビジネス取り引きするとき、大人のインターネット・ユーザーによって好まれたコミュニケーション
Email---67%
Web site---34%
Postal mail---35%
Fixed-line voice---29%
Mobile voice---12%
Fax---13%
Text/SMS---2%
IM---5%
Web meetings---2%
Video conferencing---1.3%
Source: Ipsos/Habeas, May 2008
今年のレポートによって、信頼できるソースに別口の口座を維持し、信じない実体に異なったアドレスを与えるため、ユーザーの約60%が2つ以上の個人的な電子メールアドレスを使うことが判った。
カーヒルは、「将来のオンライン・コミュニケーションは、Web2.0と他に現れているコミュニケーション方法でおおい隠され、消費者の期待は、電子メールがワークホース・チャンネルになるとる示唆します」と結論を下した。
編集者注: B2Cコミュニケーションメソッドへの激しい関心から、AccentureのGlobal Content Study2008「The Challenge of Change: Perspectives on the Future for Content Providers」をサポートして詳述した。
詳細にエンターテインメントにおける消費者シフトを扱うPDF形式の「白書(Whitepaper)」で徹底的に分析して、消費習慣をメディアに供給した。 詳細情報はURL(http://blogs.mediapost.com/research_brief/?p=1720)または、URL(http://www.habeas.com/en-US/News/press-releases/Habeas-Study-Confirms-Strong-Ongoing-Demand-for-Email-in-Direct-Marketing-Mobile-and-Web-20-Applications/)または、URL(http://www.accenture.com/NR/rdonlyres/B70007BC-F0C5-4DF8-BD97-109FAF3AD274/0/ChallengeofChange.pdf)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9872)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9945)で知ることができる。
インターネット広告で、電子メール広告のシェアはもの凄いことになっている。
MarketingChartsが2008年3月6日に公開したチャートの「2008年1月のジャンル別オンライン広告収入・トップ10」のURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9010)
MarketingChartsが2008年2月4日に公開したチャートの「2007年12月のジャンル別オンライン広告収入・トップ10」のURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8683)
MarketingChartsが2008年1月10日に公開したチャートの「2007年11月のジャンル別オンライン広告収入・トップ10」のURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=8398)
2008年6月4日にCenter for Media Researchは、Direct Magazineの年間予測調査を紹介し、消費者の態度でマーケティング・コミュニケーション・モードに関して2008年6月3日にResearch Briefを支持して、電子メールはダイレクト・マーケターにとって、最高で中型の選択になったと報告した。
企業投票によれば、2007年より10%増加して、顧客への電子メール送信が72%になり、「見通し」で9%が引き上げられ、50%になった。
さらに、媒体を使用する人の55%は、来年はそのための予算を上げることを計画している。
レポートで、顧客に郵送するダイレクト・メールは減退しているが、強く、2番目のままで残っていると書かれている。
投票された中では、今年顧客に郵送するダイレクト・メールは66%で、2007年からの4%下落し、「見通し」は59%が顧客にメールを郵送する。 その数は2007年より1%下落した。
さらに、それらの企業は2009年に37%が顧客にダイレクト・メールを郵送し、「見通し」は39%が顧客へのメールで費やすことを計画している。
また、他のオンライン・チャンネルは、その用法で獲得した。
例えば調査によれば、サーチエンジン・マーケティングは2007年から10%上昇して、39%になり、Webサイトへの広告は41%で、2007年と同じであった。
アフィリエイト・マーケティングでは、2007年から4%上昇して、25%になった。
伝統的なメディアは、減退している。
例えばラジオ広告は、2007年の10%から、7%に下落した。
直接的な反応スペースでは、2007年の23%から、16%に下落した。
テレマーケティングでは、2007年の21%から、17%に下落した。
電話を使ったマーケティングでは、2007年の20%と同じであった。
カードの同封は、4%から10%に上昇したが、ステートメントの同封は、半減して9%になったと報告している。詳細情報はURL(http://blogs.mediapost.com/research_brief/?p=1721)または、URL(http://directmag.com/news/email_growth_0523/)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9955)で知ることができる。
Information Weekは2008年7月25日に、ABI Researchからのレポートを紹介し、携帯電話の通信市場ではまだテキスト・メッセージング、またはSMSが、最大の収入を続けていると報告した。
調査会社ABI Researchのレポート「Mobile Messaging Services」によれば、SMSが2013年にグローバルな収入でUS$1770億を提供すると予測している。詳細情報はURL(http://www.abiresearch.com/press/1194-SMS+to+Garner+83%25+of+All+Mobile+Messaging+Revenues+through+2013)で知ることができる。
この数字は、5年後に全体のモバイル・メッセージングで予測されているUS$2120億の約83%に匹敵する。
調査会社は、地域格差がWeb、広告、およびモバイル・ソーシャルネットワーキングへのメッセージング拡張で成功した主要な要因になることに注意した。
この数字から言える確かなことは、2013年になってもダイレクト電子メールが増え続け、同時にグローバルなスパム・メールは拡大し続け、減らないと言うことである。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10524)または、URL(http://www.informationweek.com/news/mobility/messaging/showArticle.jhtml?articleID=209601042)で知ることができる。
MarketingChartsの2008年8月11日版最新レポート紹介で、DMA(Direct Marketing Association)による「ダイレクト・メールとマーケター・レポート」を紹介し、マーケター、政府機関、および他の供給者の約90%は、非カタログ・ダイレクト・メールを使用すると言い、約半分(46%)は販売促進のための第一のチャンネルであると言ったと報告した。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/direct/direct-mail-is-marketers-primary-promotions-channel-5605/)または、URL(http://www.the-dma.org/cgi/dispannouncements?article=1124)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10648)で知ることができる。
MarketingChartsの2008年8月14日版最新レポート紹介で、Mintel Comperemediaによる「米国の住宅抵当ダイレクトメール・レポート」を紹介し、抵当と住宅抵当貸し手は、前年同時期と比べて国内販売、新しい法律、クレジット悲哀、および消費者不安からのためらうことで、ダイレクトメール・ボリュームを2008年の前半に50%減少させたと報告した。詳細情報はURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10679)または、URL(http://www.marketingcharts.com/direct/mortgage-home-equity-direct-mail-halved-in-2008-5649/)で知ることができる。
MarketingChartsの2008年8月15日版最新レポート紹介で、eROIによる「メール・マーケター・レポート」を紹介し、メール・マーケターはメール・デリベラビリティ(email deliverability)を増加させ、開かれることもなく、かなりの機会、クリック、および変換を逃したと報告している。
例えば、4人のメール・マーケターのうちの約3人は、件名に関して過去より厳密な注意を向けていると言い、そして、50%はそれらをより簡潔に保とうとしているが、それらを実際にテストしていると答えたのは、28%だけであった。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/direct/club-store-shopping-up-upscale-shoppers-lead-way-5658/)または、URL(http://www.retailerdaily.com/entry/club-store-shopping-up-upscale-shoppers-lead-way/)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10690)で知ることができる。
MarketingChartsの2008年9月4日版最新レポート紹介で、JupiterResearchによる「オンラインソーシャルネットワーキング、テキスト・メッセージングと携帯電話のメール・マーケティング」を紹介し、宣伝のメッセージが消費者の購買を奮い立たせると言うに中で、オンライン・ソーシャルネットワーキング、テキスト・メッセージング、および携帯電話の使用は、メールマーケティングの有効性を減少させていると報告した。
メール・ユーザーの1/5(22%)以上は、メールの代わりにソーシャルネットワーキング・サイトを使用すると言い、さらに大きい数が、メールの代わりにインスタント・メッセージング(IM)、テキスト・メッセージング、および携帯電話を使用したとJupiterResearchは言っている。
2007年に、51%のメール・ユーザーは、メールで少なくとも1つのオンライン購買を奮い立たせたと言い、47%は同じようにオフライン購買について賛成の立場であった。
2008年には、メール・ユーザーのオンライン購買のためが44%、オフライン購買のためが41%まで下がった。
市場が大きくシフトしている。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/interactive/social-networking-texting-cell-phones-cut-email-effectiveness-5863/)または、URL(http://www.jupiterresearch.com/bin/item.pl/research:vision/81/id=100507/)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=10889)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年10月28日に、バル州立大学(Ball State University)のCMD(Center for Media Deisgn)とExactTargetによる「若者のオンライン広告意識レポート」を紹介し、MySpaceやFacebookなどのソーシャルネットワークのうなぎ登りの人気にもかかわらず、18歳〜34歳のヤングアダルトは、ソーシャル・ネットワークの広告かマーケティング・メッセージより、メールとダイレクト・マーケティング・メールで影響を及ぼされたと報告した。
また、それらを若者の人口統計で他場合の調査研究は、ソーシャル・ネットワークがマーケターでない友人のためのものであり、マーケターが伝える中型の消費者使用で広告を出す最も良い手段であると仮定するべきでないと言っている。
コミュニケーションの好みによる研究によって、大部分の人が、メールよりむしろ電話を通して友人、家族とコミュニケートするのを好んで、この好みが明確に世代が関連することが判った。
しかし、65歳以上のの8%はSMSを使用し、4%はソーシャル・ネットワークに加入している。
さらに、十代の42%は、SMSを通って交信することを好むが、販売促進を受ける好みは、メールが62%に対し、SMSは1%だけであったと報告している。
友人同士で楽しんでいるところに、広告が土足で入ってきても拒否するだけと言うことかもしれない。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/direct/youth-say-%e2%80%98no%e2%80%99-to-marketing-on-social-networks-more-receptive-to-email-ads-6524/)または、URL(http://email.exacttarget.com/Company/Press/Detail/Default.aspx?id=2302)または、URL(http://email.exacttarget.com/lp/lp.aspx?id=2256)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年11月19日に、Return Pathによる「退会(Unsubscribe)後も送られてくる案内メール・レポート」を紹介し、企業の信用問題にも関わる問題は、トップ・ブランド・マーケターの20%がメール・マーケティング・リストから「外す」ように要求した後も案内メールを送るミスを犯していると報告した。
「Keeping the Subscriber Experience Positive After 'Unsubscribe Me」というレポートで、65%の企業がミスを犯していたことが判った。
中には、また簡単にユーザー・フレンドリーな方法で、即座に、メールリストから取り除かれるというユーザー願望に従うために、かなりの割合のマーケターがプロセスで失敗していることを発見した。
退会(Unsubscribe)要求を受け取った後に、1つ以上の追加メールを送った20%の会社では、多くがReturn Pathがブランドと顧客の関係を弱体化させる習慣になるという、4回以上の追加メッセージを送っていた。
また調査では、11%の会社が、米国のスパム規制法の違反に相当する、確認の10日以上後にまだ加入者にメールしていたと報告している。
信頼関係だけではなく、犯罪者でもあった。
これは不完全なメール・プロセスで、スパム苦情をもって彼らの総合的なメール評判を破損することで危険なマーケターに指定したと報告している。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/direct/one-fifth-of-marketers-send-emails-even-after-consumers-unsubscribe-6889/)または、URL(http://www.returnpath.net/blog/press.php)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年12月10日に、eROIによる「学生とマーケティング・メールのレポート」を紹介し、現在の高校生と大学生は13歳から電子メールを使用し始め、8年間の歴史があり、平均して2.4のEメールアドレスを持っている。
そして61%はは、マーケティング・メールについて、絶対に読まないか、滅多に読まないと答えた。
研究調査によって、学生の大部分が、企業からのメールが彼らと直接話していると感じないことが判った。そして、16%の学生だけが'頻繁に受け取るマーケティング・メールを読むと言った。
好まれた形のコミュニケーションに関しては、学生の中でメールが最も多く利用され続け、37%がコミュニケーションで、テキスト・メッセージングが好きなフォームで、26%はメールを利用していた。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/direct/only-16-of-students-read-marketing-email-7136/)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=11862)で知ることができる。


米国の電子メール利用量予測(1999〜2003年)
オプトイン・メールと一般電子メールの増加予測
SPAMの缶詰
SPAMの調理法
このSPAMの賞味期限2001年11月12日
CATSの投票用紙-1
CATSの投票用紙-2
インターネットユーザーのオンライン金融の利用率
Webショップのプライバシーに対する情報掲載
A Brief History of the InternetのTimeline
2000年7月18日に発表したUCE Act 2000のリリース
2000年5月〜6月のオンライン・ショップの数と売り上げの伸び
オンライン・ショップ・リピーターの意識
イギリスのNCCが発表したオンライン・ショップの拒否原因
インターネットを活用した収入額別の割合
インターネット・ショップの継続年数と全体の割合
世界における1999年と2000年年末のオンライン小売り予測
米国の年齢別インターネットユーザーの利用時間
米国の18歳以上で、1998年と2000年にオンライン・ショップ利用経験者
各国のカテゴリー別オンライン・ショップの分布
2000年6〜10月のオンライン・セールス推移と業種
2000年年末米国における日曜ごとの売り上げ比較
電子メール広告とHTML電子メール
2000年に米国で電子メール・アドレスを変更した割合
米国企業のユーザーに対する返信の時間と種類
E-Mailと著作権
電子メールニュースとクーポンに関する2000年9月と2001年3月の比較
オールドとニュー・コミニケーション・ツールの使い分け
IMT Strategies調査による米国ユーザーのスパム・メールに対する対応
カナダ人が感じる迷惑なメール
Yankee Groupの自宅パソコン・ユーザーがインターネットを止めた理由調査
Oxfordの独英/英独事典のセンターの手紙の書き方の最後に登場した電子メールの書き方
1859年8月20日にニューヨークに配達された世界最古のAir Mai
米国で1912年に最初に発行された航空便の切手
携帯用チェーンメールの転送先
Pew Internet & American Lifeのサーチ・エンジン2005年11月レポート
Lyris社からの最新の電子メール・デリバリー調査研究レポート
年次報告「Accenture 2008 Global Media Content Survey」

メール・デリベラビリティ
バルク・メール
電子メールを使いやすくするホームページ
電子メール
ジャンク電子メール
サイバーDMシステム
インターネットの就職・転職情報
電子ネットワーク協議会のルール&マナー集
ハイブリッド郵便
マルチメディア広報システム
コンピュータ不正アクセス対策基準
コンピュータ緊急対応センター
電子メールの保管期間
iMi
AL-Mail
メール・アドレス検索サービス
POP3
IMAP4
ひるねっと
INN
ProntoMail
亀レス
インターネット起業情報
タイムマシン・メーリングサービス
スパム・メール
Remailer
コミュニティー・ミネルバ
インターネット上のねずみ講
CIACのSpamming & Urban Legends
インターネット上のワイセツ画像摘発
WhoWhere
HTMLスレッティング提案
通産省経由のスパム・メール
静岡県インターネットプロバイダー生活安全協議会
電子メール署名運動
MathML
反スパム法
USC法
CAUCE
V-Lite
ビデオメール
Royal One
ネチズン保護法
レンダリング・エンジン
ネットに必要な10の法案
MHTML(Multilingual HTML)
MHTML(MIME Encapsulation of Aggregate HTML Documents)
The12-hour ISBN JPEG Project
NetAction
uuencode/undecode
郵政省の迷惑メールの苦情処理機関
Wild@Start
IIJ4U
スマートボックス
プッシュ・アウト・メーリング
Pocket Mailer
Sun Internet Mail Server
Dream Mail
正直者が嘘をつくことは正しいこと?
iMi-net
ハイブリッドめーるサービス
MyEZmail
インターネット利用のルールとマナー集
maillion
パーミッション・マーケティング
オプトイン・メール
ポイントカード顧客管理システム
海底からの電子メール送信
電話でできる電子メール
H-1Bビザ
RECA(Responsible Electornic Communications Alliance)
JPEG-2000
unsolicited Email
cyber pollution
電子メールのヘッダー部分の意味
BissMail
迷惑メール防止法案
PaperlessPOBox
DARTmail
AvatarMail
seven dirty words
DMCRA(Digital Media Consumers' Rights Act)
JAS Net(Japan Asia Solution Networks)
情報セキュリティ監査制度
情報防衛センター
TCPA(Telephone Consumer Protection Act)
情報産業の人手不足
セールス電話拒否運動
SmartScreen
ケイタイポイント
INBOX
電子メールが死ぬ日
電子メール自由の日
企業通貨
日本インターネットポイント協議会