ダイナブック

Dynabook


米国Alan C. Kayが1968年に示した個人用のコンピュータの理想の姿で、A4サイズほどのノートのような大きさで、ダイナミックに活用できる本という意味からダイナブックと名付けられました。

>> さらに詳細な情報はこちら