石城警視


中国の南京警察署が凶悪犯罪をドキュメンタリーで撮影し、毎週土曜日に20分間テレビ放送されている高視聴率の番組の名称。撮影スタッフは警察官で、ピストルをビデオカメラに持ち替え、捜査陣と共に犯罪の流れを取材し、逮捕現場にも出向き、撮影されたビデオはテレビ局並みに設備が整った警察署のビデオ編集室で20分間にまとめられている。取材する警察官を中国メディア刑事、またはメディア・コップと呼び、俳優やタレントが演技する警察物語とは違い、リアリティがあって、どこで事件が起こっているかも判ると、市民からは支持され、事件の予防に役立っているということである。ただし、警察が流す犯罪捜査や逮捕現場であり、一般メディアが流す公平性からいって、日本などではこのような番組は放映できないことだろう。また、多くのドキュメンタリー・メディア関係者も陥りやすい、中国メディア刑事が高視聴率を継続するというパラドックスにはまり、視聴者にショックを与え、見た目の重要さを求めるあまり、情報操作をする心配もある。