スマートダスト

smart dust

知的なほこり

米国のカリフォルニア大学バークレー校(UCB/University of California at Berkeley)のクリス・ピスター(Kris Pister)電子工学(electrical engineering)教授を中心とした科学者達が開発していることを2001年7月25日に発表した、1つ1つにワイヤレスの通信機器が取り付けられ、多数を互いに近づけると、自動的にネットワークを形成するモート(mote/粒)という、周囲の明るさと温度を測定できる大量の砂粒大のセンサーの名称。このモートが全部一緒になって、スマートダストの巨大なセンサー・ネットワークを形成し、エネルギーがどのように使われていて、どのような節約策を採ることができるかが研究できる技術でもある。また、スマートダストを利用することで、スマートダスト対応の建物では、コンピュータによって、使われていない部屋の照明を消したり、温度管理機能を切ったり、エネルギー利用がピークとなる時間帯には、サーバーを冷やすエアコンの自動的に切り、サーバーの温度が上がりすぎたらまた電源を入れたり、エネルギーを監視し、コントロールできるようになる。詳細情報はURL(http://robotics.eecs.berkeley.edu/~pister/SmartDust/)または、URL(http://www-bsac.eecs.berkeley.edu/~warneke/SmartDust/index.html)または、URL(http://robotics.eecs.berkeley.edu/~pister/)または、URL(http://www.timezone.com/WebPages/Features/PastTime/SelfWindingWristWatchHistory/)で知ることができる。cellular-newsは2007年6月29日に、ABI Researchからの情報として、2011年までにビルの3G無線データサービスの実現に向けて18万以上のビルが無線化されると予測している。ABI ResearchのアナリストであるDan Sheyは「3Gネットワーク、高度な能力、モバイル・アプリケーションを搭載した受話器などから、強い顧客の必要性への組み合わせにより、事業者がモバイル・データ・サービスを利用している顧客を保有するためにビルの中で、適用範囲を確立しながら焦点を合わせる必要性が出てきている」「私たちは、この市場が2011年までに約20%の合成年間成長率を示すと予想します。」と言っている。とくに欧米をはじめとするビル群は、容易にLANが構築できないことから、無線環境への依存度は高くなることでしょう。顧客のためにアプローチは、1顧客あたり1個のベースで、より高いキロビットレートを要求するデータサービスを利用することで、キャリヤーがマクロネットワークから適用範囲を広げながらビルに焦点を合わせ、3Gネットワークと共に焦点を合わせられるまで結果を制限してしまう。「伝統的なDASとリピータシステムは屋内の適用範囲を確立する際にまだ大きな役割を果たしている」「現在のシステム構築の取り替えを補うだけではなく、ますます重要な役割を果たすためにFemtocellsとpico cellsを探すことになる」と、Sheyは言っている。そして、Femtocellsとpico cellsの技術開発と革命的進化が、古いビルを再生し、欧米式の石でできたビルでは、各コーナーごとにFemtocellsかpico cellsを設置し、無線環境を構築することになり、夢の「スマートダスト」として、Femtocellsをターミナルに、pico cellsが撒かれ、日本で叫ばれている「ユビキタス」ではなく、PARC(パロアルト研究所Palo Alto Research Center)で叫ばれた「ユビキタス・コンピューティング」が実現できることになる。詳細情報はURL(http://www.cellular-news.com/story/24645.php)で知ることができる。BBC Newsは2007年10月18日に、カリフォルニア大学(University of California0チームが人間の髪の毛の直径より数1,000分の1のナノ・サイズで、音によって振動する探知機を開発し、ナノ・サイズの探知器が働くラジオ・システムで、初めて実施説明が行われたと報告した。多くの企業が宣伝文句で使ってきた、偽のユビキタス・コンピューティングではなく、真実のユビキタス・コンピューティングが実現する可能性が大きくなってきました。ピーター・バーク(Peter Burke)とクリス・ルーテグレン(Chris Rutherglen)は顕微鏡で、探知器を完全なラジオ・システムに組み入れた。彼らは、iPodからスピーカーまでクラシック音楽無線を音楽プレーヤーからの数m離れたところに伝えるのにそれを使用した。 それらの調査結果の一部始終は2007年11月、American Chemical Society(米国化学協会)の「Nano Letters」で発行される。それには、「私たちがナノチューブ(復調)から全体のラジオシステムの重要な要素のデモをするだけでしたが、すべてのコンポーネントがナノ・サイズであるかもしれないことは、将来想像することができます。その結果、本当にナノ・サイズ無線ネットワークが実現できます。」と書くことになっている。そのような砂粒より小さいクラスタ装置の開発は、光、温度、または振動などを検出することができる無線通信を備えていたという、「スマートダスト」の概念をサイエンス・フィクションよりむしろ現実の分野に提供することになる。今まで、「Femtocell」を補助する「pico cells」が本当に、「スマートダスト(smart dust)」として実現することは、サイエンス・フィクションで、夢のように感じながら、でも、もしかしてと考えてきた。ただし、「RFID(Radio Frequency Identification)タグ」が埃の大きさになると言うことでもかのうで、これらの利用には十分に注意する必要がある。早く、これらの適用範囲を規定した法律を作らないと、とんでもないことになる。将来の用途は気象学、地球物理学、そして、生物学的な研究センサーを含むかもしれない。また、離散的な軍事の監視かどこでもアクセスしやすい分配されたインターネットを作成するのにそれらを使用することができる。さらに、悪用なら、無数の可能性がある。詳細情報はURL(http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/7050477.stm)で知ることができる。