スポーツ・コンテンツ

スポーツ情報内容

全世界がスポーツ・コンテンツをターゲットにし、米国の大リーグは野茂、佐々木、パリーグで7年連続首位打者のイチロー、12球団中もっとも弱いがもっとも熱血ファンが多い阪神の宝、新庄までが大リーグで2人目の日本人野手としてニューヨーク・メッツに移籍した。さらに日本プロ野球からのドラフト指名を断って、大リーグに挑戦する大学生まで登場しているにも係わらず、世界の誰も知らないON監督の日本シリーズで沸いていた日本の状況を見ると、日本のプロ野球がいかに「ノー天気」で、将来を考えず、目の前の試合だけを視野に入れているかが見えてくる。つまり、単純で明快なスポーツをコンテンツと考えた場合、テレビの時代はもうすぐ終演し、世界ターゲットにしたコンテンツ制作のためにベースボールが必要と考えた米国の作戦として、大リーグが一軍であり、日本をはじめ韓国、台湾などの野球は二軍というコンテンツ・プランが明確になってくる。また、スポーツ・コンテンツは一軍だけが巨額の金を稼ぎだし、二軍から下は、金を稼ぐための下積みコンテンツということが世界中で浸透している。このコンテンツ・プランは、野球だけではなく、オリンピックにも触手を伸ばし、アトランタ・オリンピック以降はスポーツの祭典というより、ネットワーク管理されたスポーツ・コンテンツの構築という側面が見えてくる。大阪もオリンピックに立候補していたが、実現すれば大阪のネットワーク環境は、飛躍的に成長し、世界で比べものがないほど完備された。また、甲子園で朝日新聞が主催している夏の高校野球、毎日新聞が主催している春の高校野球などは、新しいコンテンツとして成長させる前に、人気が薄れ、思いでコンテンツ程度に縮小してしまった。これも朝日新聞と毎日新聞が、早くからコンテンツとして成長できる可能性があったにも係わらず、握り潰してしまったとアナリストは解説している。矢野経済研究所では、2000年10月1日〜2001年1月15日に・卸売業・小売業約300社に関して、スポーツ用品分野ごとに代表的な企業を抽出し、調査・分析した「2001年版 スポーツ産業白書」を公開している。詳細情報はURL(http://www.yano.co.jp/press/pressrelease.htm)で知ることができる。IBMは1998年2月23日に、長野オリンピックの公式ウェブサイトが、1996年のアトランタ・オリンピックが1億8,700万ヒットであったのに対し、16日間の期間中に全世界から合計6億以上のヒットを記録し、1日最大ヒット数が5,600万ヒットであったことを発表した。最近では詳細に渡ったヒット数がギネスブックの世界記録として認定されるようになっている。ただし、これらの記録もテニスのウィンブルドン選手権の公式サイトが1分間に約14万5,000ヒットを記録し、すぐに塗り替えられた。フランスのワールドカップ(World Cup in France)の1次予選では、1998年6月26日にオフィシャルサイトの累計ヒット数が4億5千万を記録し、1998年6月15日には5,900万ヒットを記録し、ヒットの記録から世界170ヶ国1,000万人が利用したことが明確になった。詳細情報はURL(http://www.france98.com/english/news/cpweb226.htm)で知ることができる。さらにSybase社は1998年9月28日に、World Cup in Franceが開催された6月12日から7月12日にかけて11億3721万8296ヒットを記録したことを発表し、1日当たり最大ヒット数が1998年6月30日に7303万828ヒット、1時間当たり最大ヒット数が6月29日に1029万429ヒット、1分間当たり最大ヒット数が6月29日に23万5356ヒットと、それぞれ記録を更新した。このようにイベントごとに記録を塗り替えるメディアとしてのインターネットの威力は実証されているが、このメディアを広告業界が充分に利用しているとはまだ言えない。2002年に日本と韓国で行われるサッカーのWorld Cupでは、どのようなメディアが台頭するか、今から楽しみである。そのためにもフランスで開催されるサッカーのWorld Cup in Franceにテレビ業界がどのような巻き返しをするのかにも注目されている。フランスWorld Cupのメディア対策は、米国のシステム・インテグレーターEDS(Electronic Data System)社が実施している。また、1998年5月20日にWorld Cup in Franceの公式オンラインストアで、iCatエレクトロニックコマース(iCat Electronic Commerce Suite)スイートが独占的電子商取引用ソフトウェアとして使われたことを発表した。詳細情報はURL(http://www.icat.com/)で知ることができる。World Cup in Franceの公式オンラインストアはURL(http://www.store.france98.com/)である。この巻き返しの対策方法から、電通を代表とする広告業界全体のマルチメディアに対する理解度が推測できる良い機会になる。これまで実施してきたような対策のままでは大手広告業界の中の幾社かは完全に沈没することになるだろう。1998年4月15日にWorld Cup in Franceのコンピュータ・ネットワーク・システムなどテクノロジー・プレス・セミナーが東京で実施された。日経BP社は、「BizTech」上で「ワールドカップを支える技術」という、World Cupを裏側で支えている様々なコンピューターシステムを紹介していた。まだ、フランスのWorldCupの決勝戦が行われていた時点で、日本が予選で敗退したせいか、日本では氏家斉一郎日本民間放送連盟(民放連)会長が社長を務める日本テレビ放送網の1998年6月30日の定例会見で、2002年のWorldCup日韓共催大会のテレビ放映権にオリンピックと同じジャパン・コンソーシアム(JC)方式を採用し、NHKと民放連が共同獲得することで原則合意したことを発表した。しかし、既に2002年、2006年のWorldCupの世界的な放映権は、ドイツの複合メディア企業ドイツのキルヒ(Kirch)社とスイスのISLグループがFIFA(国際サッカー連盟)から獲得している。両大会の放映権は28億スイス・フラン(約2660億円)と、従来の国際公営放映連合(ITC)の獲得額に比べ10倍以上に高騰した。ジャパン・コンソーシアム(JC)は今後、両社との交渉になるが採算が合うように日本の放送局に対し巨額の放映権を提示してくることだろう。フランスのWorldCupで日本が支払ったのは6億円弱であったが、2002年大会は200億円から300億円程度になると予測されていることから、NHKは独占放映をすでに断念していた。郵政省は韓国と共同で衛星回線を使ってサッカーワールドカップ(W杯)を近未来のテレビ技術とされる超高精細映像や3次元立体映像で中継する実験に取り組む方針を1998年9月に発表した。また、PGA(日本ゴルフ協会)から内紛分裂して1999年に発足し、1999年のゴルフツアー32試合のうち、28試合を主催した「日本ゴルフツアー機構」の全てのスポンサーとして、わずか257人の従業員で、連続売り上げ600億円を超えるパソコンのディスプレイ・メーカー飯山電機が1999年11月22日に、15億円で浮上した。2000年からは、日本ゴルフツアー機構が主催する全てのツアーマークのロゴやゴルフ中継に飯山電機の名前が登場することになりそうである。ところで、米国でもっとも注目されるスポーツとして野球、バスケットも有名であるが、されに注目されるアメリカン・フットボールがある。とくに全米1位を競う「スーパーボール(Super Bowl)」のテレビ中継は全米で1億3500万人の視聴者が見込めることから、毎年膨大な広告費を稼ぎ出すドル箱と呼ばれている。1967年1月15日に第1回「AFL-NFL World Championship Game」の名称で開催したSuper Ballは、2000年の30秒スポット広告が210万$から300万$と高額にも係わらず、そのほとんどは、AutoTrader.com、Britannica.com、computer.com、E-Trade.com、HotJobs.com、KForce.com、LifeMinders.com、Monster.com、Netpliance.com、OnMoney.com、OurBeginning.com、Pets.com、LastMinuteTravel.comと、ドット・コムのオンパレードで占められた。Super Bowlの広告専門サイトのURL(http://www.superbowl-ads.com/)も登場し、米国のYahoo!では、このSuper Bowlをスポーツではなく、CFを見るためだけのストリーミング・ビデオを1週間にわたって公開した。1998年のドット・コム企業スポンサーは、Autobytel.comだけで、1999年はトラフィック数は45万から230万ページビューへと増加させることに成功したHotJobs.com、インターネット下着ファッションショーを開催したVictoria's Secret.com、Monster.comなどあった。HotJobs.comの成功実績から、Super Bowlはドット・コム企業の発達史を明確にするスポーツ・イベントへと躍進した。過去には1984年に「1984」でアップルがMacintoshのデビューを告知するのに大きく貢献した実績もあり、まさにパソコンの発達と全盛時代、ネットワーク時代へとマルチメディア環境の変化と共に成長してきたスポーツ・イベントといっても過言ではない。2001年1月28日に開催されるSuper Bowlの広告料金は30秒スポットで平均240万$といわれ、過去最高だった2000年1月の30秒スポット220万$からさらに9%上昇すると予測されている。独占中継権を持つ米国のCBSは試合中と前後のスポット広告をパッケージで販売し、2000年のSuper Bowlで得た推定1億3000万$を約15%上回る広告収入があると予測されているが、ドット・コム・バブルがはじけ、大騒ぎになっていることから、2001年のSuper Bowlのスポンサーの顔ぶれは大きく様変わりすることだろう。講談社は2000年10月19日に、世界96カ国で公式ガイドブックなどの書籍を出版する2002年日韓W杯サッカーの独占出版権を取得した。(スポーツ・コンテンツ/2001年へつづく)


NHK紅白歌合戦の視聴率の流れ
1936年のBerlin Olympicポスター
Atlanta Olympicの公式ホームページ
アトランタ・オリンピックで聖火をサポートしたThinkPad
Atlanta Olympicのスポンサー
Atlanta Olympicのスポンサー料上位10社
オリンピックと国内カラーTV出荷台数の推移
長野オリンピック冬季競技大会のネットワーク図
オリンピックとIBMの歴史
腕時計型PHS-1
腕時計型PHS-2
小型の通話装置MiMie-1
小型の通話装置MiMie-2
長野オリンピック冬季競技大会の公式ホームページ-1(オープニング)
長野オリンピック冬季競技大会の公式ホームページ-2(トゥデイ)
長野オリンピック冬季競技大会の公式ホームページ-3(ウェルカム)
長野オリンピック冬季競技大会の公式ホームページ-4(ニュース)
長野オリンピック冬季競技大会の公式ホームページ-5(会場)
長野オリンピック冬季競技大会の公式ホームページ-6(競技)
長野オリンピック冬季競技大会の公式ホームページ-7(参加国)
長野オリンピック冬季競技大会の公式ホームページ-8(長野情報)
長野オリンピック冬季競技大会の公式ホームページ-9(キッズ)
長野オリンピック冬季競技大会の公式ホームページ-10(バーチャルツアー)
スコー・バレー冬季オリンピック公式ポスター
ローマ・オリンピック公式ポスター
インスブルック1964年冬季オリンピック公式ポスター
東京オリンピック公式ポスター
グルノーブル冬季オリンピック公式ポスター
メキシコ・オリンピック公式ポスター
札幌冬季オリンピック公式ポスター
インスブルック1976年冬季オリンピック公式ポスター
モントリオール・オリンピック公式ポスター
レイク・プラシッド冬季オリンピック公式ポスター
モスクワ・オリンピック公式ポスター
サラエボ冬季オリンピック公式ポスター
ロサンゼルスオリンピック公式ポスター
カルガリー冬季オリンピック公式ポスター
ソウル・オリンピック公式ポスター
アルベールビル冬季オリンピック公式ポスター
バルセロナ・季オリンピック公式ポスター
リレハンメル冬季オリンピック公式ポスター
アトランタ・オリンピック公式ポスター
札幌冬季オリンピック公式ポスター
長野パラリンピック冬季競技大会のホームページ-1
長野パラリンピック冬季競技大会のホームページ-2
DVC PRO
オリンピックとDigicam
2000年シドニーオリンピック公式ウェブサイトの巻頭ページ
2002年FIFAワールドカップのマーク
2002年FIFAワールドカップの組織図
2002年FIFAワールドカップのキャラクター
2002年FIFAワールドカップのマスコット
シドニー・オリンピックのページ(2000年2月18日現在)
IOCの巻頭ページ(2000年2月18日現在)
サッカー2002年W杯のポスター
2002年FIFAワールドカップ日本組織委員会のロゴ
日本のサッカー2002年W杯会場ドーム
1877年10月6日にScience Americaで発表されたBell's New Telephone
A Brief History of the InternetのTimeline
IBMが構築し、23億4000万ビューを記録したWinbledonの公式サイト
Telstraのシドニー・オリンピック・サイト
Telstra Millennium Networkのページ
Telstra Millennium NetworkのMapページ
IBMのシドニー・オリンピック・ページ
IBMのe-businessとオリンピック解説ページ(InternetExplorer)
日本語が表示できないe-businessとオリンピック解説ページ(Netscape)
USOlympicTeam.comに採用されているIPIX
シドニーオリンピックでIPIXが採用されたサイト案内
西欧のインターネット状況
シドニー・オリンピック後のIOC巻頭サイト
IOCサマランチ会長と松下電器産業陣の握手
1998〜2003年の電子メール広告の効果結果と予測
ロシアとヨーロッパのインターネット・ユーザーの伸び
米国のインターネット広告掲載タイプ要求と提供タイプの比較
e-businessの販売とプロモーションの1999年/2000年の伸びの比較
どの業種と何処のドット・コム企業が脱落したか
ドット・コム企業が1999年から広告で得た収入
Super Bowl XXXVの巻頭ページ
USATodayが2001年1月27日に発表Super Bowlの広告歴代ベスト10
1984年のApple社テレビ広告-1
1984年のApple社テレビ広告-2
1984年のApple社テレビ広告-3
1984年のApple社テレビ広告-4
1984年のApple社テレビ広告-5
2002World Cupのロゴ
ドット・コム企業の閉鎖の流れ
韓国で2001年3月19日から発売した2002年W杯サッカー・コイン
Viisage社のトップページ
ドット・コム企業に対する米国の男女の考え方の違い
ISL社の経営破たんに対するFIFAのステートメント・ページ
ISL社の解説ページ
ISMMグループ
Clientizeの500電子メール・ニュース調査
中田英寿のnakata.netの巻頭ページ
米国の2000年と2001年の第1/4半期パソコン販売比較
IFCCが2001年5月に発表したオークションのカテゴリーカタログ調査
オンラインで支払う不安と問題
2001年5月にCSISが発表したマイクロチップとスーパーコンピュータ
大リーグのAllStar投票で新人トップになったイチローの中間発表
北京の2008年オリンピック立候補を風刺したポスター
偽W杯サイトworldcupjapan.com
首位打者になったイチロー
イチローがトップに選ばれた2001年大リーグ・オールスター・ファン投票結果
2001年イギリス人のオンライン環境
2人のレポータが訴えた「No to the Olympics in Beijing」
Privacy Foundationの雇用者による従業員のインターネット監視情報
インターネットを始める前に利用していたメディアと始めた後の状況
イギリス人が望むインターネット・サービスランキング
Googleが公開した2001年9月11日の同時多発テロ関連アクセス・ログ
日本アバイアが2001年10月30日に公開したのリリース
米国のGAOが2001年11月8日に公開したオリンピック計画
東芝のLibretto adidas edition
ソルトレイク冬期オリンピックの巻頭ページ
ソルトレイク冬期オリンピックの聖火地図
Jonathan CalvertによるHow to buy the Olympics
メディア・コンテンツ産業活性化研究会の2001年3月報告書
NASAのJPL研究所が公開したソルトレイク3D画像+地名
NASAのJPL研究所が公開したソルトレイク3D画像
NASAのJPL研究所が公開したソルトレイク3D画像鳥瞰
NASAのJPL研究所が公開したソルトレイクパノラマ3D画像
NASAのJPL研究所が公開した夏のソルトレイク
NASAのJPL研究所が公開した冬のソルトレイク
NASAのJPL研究所が公開した広域夏と冬のソルトレイク
NASAのJPL研究所が公開した広域ソルトレイク
ALTERnet.orgの「Bush's Sickening Super Bowl Propaganda」ページ
2002FIFAワールドカップ韓国日本オフィシャルカード・サイト
扇国土交通大臣のコメント
2002FIFAワールドカップ韓国日本オフィシャルカード
Nielsen//NetRatingsが2002年1月18日に公開したsupewbowl.comのトラフィック情報
ドイツの雑誌Sternの表紙もなったLeo Kirch
世界のメディア王とまでいわれたLeo Kirch
疲れた様子のLeo Kirch
(1-1)超大画面高精細映像によるワールドカップのデモンストレーション
(1-2)衛星デジタル放送によるデジタル放送の特性を活かした放送の実施
(1-3)文化・観光等の情報発信の充実
(1-4)ワールドカップ期間中におけるITイベントの実施
(2-1)成田エクスプレス車内での世界初の高速インターネットの実現
(2-2)第3世代携帯電話(IMT-2000)の展開
(2-3)日韓ワールドサッカーに合わせた携帯電話の新サービス
(2-4)地上から地下街の経路の立体案内モデルシステムの実現
(3-1)2002年ワールドカップサッカー大会開催に伴う電波監視体制の強化
(3-2)大会用無線システムの円滑な運用の支援
FIFAのスイスの子会社KirchSport unitに権利を移管承認リリース
2002年ワールドカップサッカー大会一般観客輸送需要予測最終予測値
チケット販売情報の追加入力と海外販売残余分の日本人購入
海外・日本を移動する一般観客総数(片道)
移動手段別一般観客国内広域移動数
Japan and South Korea FIFAworldcup.comオフィシャル・サイト巻頭
IPv6普及・高度化推進協議会の成田エクスプレス無線LAN実証実験案内
特別版直前2002ワールドカップ近未来年表
2002ワールドカップの予測と結果の比較
ワールドカップで登場したGoogleのロゴ
日立製作所が作った阪神タイガースの乾電池
RoboCup-2002 Fukuoka/Busan巻頭ページ
RoboCup-2002 Fukuoka/Busan概要
KirchGruppe最後のリリース
イギリスのGuardianが2002年6月20日に公開したFIFATicket問題とサイト
FIFAの歴史
WorldCupの記録
WorldCupの最高記録
WorldCupのマスコットの歴史
FIFAが公開しているFIFAの歴史ページ
2002年5月民生用電子機器の国内出荷表
民生用電子機器の国内出荷グラフ
WorldCup決勝戦当日のオンライン賭博掛け率
WorldCup決勝戦最終ドイツとブラジル、引き分けの掛け率
麻薬から子供を守るためのガイドブック
ITはWorld Cup成功への鍵(IT a key to World Cup success)
2002年サッカー・ワールドカップ共同開催成功日韓首脳共同メッセージ
2002年ワールドカップサッカー大会開催に伴う電波監視の結果
Walter Benjamin著The Work of Art in the Age of Mechanical Reproduction, 1935
PIPが公開した米国の大学生が利用する生活でのインターネット・レポート
古物営業法施行規則の一部改正試案
インターネット・オークションにおける盗品等の処分状況
EUが公開した2005年〜2008年デジタル・コンテンツ開発予算
日本・中国・韓国文化コンテンツ産業フォーラム〜 副大臣級政府間会合の結果について 〜

スポーツ・コンテンツ/2001年
スポーツ・コンテンツ/2002年
スポーツ・コンテンツ/2003年
スポーツ・コンテンツ/2004年
スポーツ・コンテンツ/2005年
スポーツ・コンテンツ/2006年
スポーツ・コンテンツ/2007年
スポーツ・コンテンツ/2008年
$1 One Day Premium Pass
ドット・コム
オリンピックとメディア
IBMのシドニー・オリンピックのITに関する情報
オリンピック関連のホームページ
趣味・オン・デマンド-スポーツ(全般、あ〜こ)
趣味・オン・デマンド-スポーツ(さ〜の)
趣味・オン・デマンド-スポーツ(は〜ん)
EyeVision
Viisageが公表したスタジアムでの個人情報収集技術
TeleOlympics
人間の顔を認識した個人認証
顔面認識
Yellow Fever
未来の敵
ISL社の経営破たんに対するISMMグループのリリース
TOPlay
WWW永田町日記
上海シフト
CERT
日韓IT光コリドー・プロジェクト
インターネット市民集会
第140回国会提出予定法律案
郵政改革
COMPUTEX TAIPEI
スポーツ&カルチャーSky-A
性とメディア
パーソナライズド・ガン
インターネット協会
FERET計画
FERET計画
衛星データ配信サービス事業
DSL(Design Science License)
インターネットやコンピュータの歴史があるURL
経団連の「今後のメディア制度の課題(中間報告)」-1
ローテク・ハイコンセプト・テロ
米国同時多発テロ事件補足資料
Robo-roach
Speedometer
Show the Flag!
電子チケット
GOVNET
ANDROS
レスキューロボットコンテスト
FlexTicket
インターネット列車
アクセス権
Google
Chick-F
Multi-University Research Laboratory
ロボカップ
2050年、Worldcup優勝チームとロボットがサッカーで闘う
有料コンテンツ
電子情報技術産業協会
手の平静脈パターン個人認証
Pal-Viewシステム
中国インターネット・アクセス規制チェック
モバイル電子チケット・会員証サービス基盤
貧乏人ほどインターネットが必要
歩き方認証
「e-エアポート」構想
e+ Judge System
知的情報検索センター
PPP(Public Private Partnership)
India's Telephone Man
Ashok Jhunjhunwala
Simputer
e-airportプロジェクト
放送倫理・番組向上機構
タイの「人民のためのPC」プロジェクト
指静脈認証技術
IVP(Information Village Project)
AOP(Association of Online Publishers)
オンライン・コンテンツ
オンライン・コンテンツ
コンテンツ
スポーツとIT技術の融合
TOP(The Olympic Programs)
テレビンピック
巨大メディアと下品番組の関連性
ネット・ユートピア思想
昆虫サイボーグ
脅し、恐怖を与え、稼ぎ出すビジネス
毎日jp
MSN産経ニュース
ANY
クリエイティブ産業