情報通信コングロマリット-2006年


The Nationは2006年2月1日に、Jeff Chesterのコラム「The End of the Internet?(インターネットの終焉?)」を公開し、Verizon、Comcast、Bell Southおよび他のコミュニケーション巨人は、サイバースペースでの広大なデータ収集における私たちのあらゆる移動に関する情報を追跡し、保存する戦略と、その展開と流通機構の範囲は、国家安全保障局と競い合うことができるところまで来てしまったと報告した。そういえば、以前雑誌「TIME」で日本の民間企業のスパイ活動は、CIAをしのぐこともあるという特集を組んだことがあり、現在ではインターネットを利用した情報収集で米国司法省が、GoogleやYahoo!などの集めたアクセスリストを要求するようになっている。現在ケーブル、電話、および電気通信事業で循環する白書によると、最も深いポケットがある会社、利益団体、および主要な広告主は、都合のよい処理を行い、全米の国民をコントロールできるようになると予測し、これらのプロバイダからのコンテンツは、私たちのコンピュータとテレビ画面に最優先を持ち、情報P2Pコミュニケーションなどのように望ましくないのを見るか、低速車線に左遷されたか、または単に入らないようにすることまでコントロールできるようになった。彼らが考えているプランの下では、コンテンツプ・ロバイダーから個々のユーザーまでの私たちは皆、オンラインでサーフィンするか、ビデオを流すか、またはメールを送るのさえさらに支払うことになる。業の立案者はさらに、オンライン経験を制限する新規申込みプランを熟考させて、「プラチナ」を設立して、送ったか、または受け取ることができたダウンロード、メディアストリームまたはメールメッセージさえの数で制限を加える「ゴールド」と「シルバー」レベルのインターネット・アクセスを考えている。彼らは連邦政府に、私設のネットワークとしてインターネットと他のデジタル通信サービスを操作するのを許可を要求し、 本当に、議会と連邦通信委員会の両方がインターネットの未来に広範囲な影響を持っている提案を検討していると報告し、1996年のあさはかな通信関連法「Telecommunications Act of 1996」の10年後に、電話とケーブル企業は、ターボチャージャを取り付けられたデジタル小売のマシンにインターネットを打倒するように感染しているか手掛かりのない議員を説得するのに、同じ政治上のいんちき薬を使用していると言っている。政府に逆らうと、高速インターネット接続の利用権まで規制されるようになる。詳細情報はURL(http://www.thenation.com/doc/20060213/chester)または、URL(http://www.democraticmedia.org/issues/netneutrality.html)または、URL(http://www.wirelesscommunity.info/2006/01/31/grand-rapids-requires-network-neutrality-in-municipal-wireless-network/)または、URL(http://gigaom.com/2006/02/01/just-say-nothing/)または、URL(http://techdirt.com/articles/20060202/024219_F.shtml)で知ることができる。Washington Postは2006年1月22日に、Medley Global AdvisorsのChristopher Sternによるコラム「The Coming Tug of War Over the Internet(インターネットの来たべき綱引き)」を公開し、「Google or Yahoo?」「Amazon or eBay?」と、我々は1日間に、何かに基づいて何度かこれらの種類の決定をしているが、国の最も大きい電話会社には、新しい経営計画があり、それが起こるなら、Yahooが突然はるかに速く検索結果にこたえること発見し、Googleへの親近感をくつがえしかねない。その逆もあり、または、eBayと比べて、そのAmazonのウェブサイトはのろく見えるかもしれなし、その逆もあると報告していた。詳細情報はURL(http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/01/21/AR2006012100094.html?nav=rss_technology)で知ることができる。イギリスのボーダフォン(Vodafone)社は2006年3月3日に、ソフトバンクが日本国内では「ジリ貧」の状況のボーダフォン日本法人の買収交渉を始めたと報告した。詳細情報はURL(http://www.vodafone.com/article_with_thumbnail/0,3038,OPCO%253D40000%2526CATEGORY_ID%253D210%2526MT_ID%253Dpr%2526LANGUAGE_ID%253D0%2526CONTENT_ID%253D277138,00.html)で知ることができる。平成電電は2006年4月18日に、スポンサーのドリームテクノロジーズが支援を中止し、資金繰りがつかなくなったため、再生を断念すると発表した。詳細情報はURL(http://www.hdd.co.jp/news/news20060418.html)で知ることができる。米国の下院司法委員会(House Judiciary Committee)は2006年5月25日に、20対13で高速インターネット・ネットワーク・プロバイダが属しないサービス、コンテンツ、およびアプリケーションを差別するのを防ぐ法律「Internet Freedom and Nondiscrimination Act」を承認したと発表した。詳細情報はURL(http://judiciary.house.gov/media/pdfs/Ifreedomcmtepass52506.pdf)で知ることができる。Rupert MurdochのNews Corp.は2006年6月28日に説明会で、2006年度のインターネット事業売上高が約US$3億5000万になるとの予測を披露し、UBSのresearch noteは2006年6月29日に、2007年度の同社のインターネット事業の売上高が約US$5億に上る見込みだと明らかにした。その背景には2005年7月18日にNews Corp.がUS$5億8,000万で買収したMySpace.comをインターネットで最も急成長する資産の1つへと変えたことを指摘している。詳細情報はURL(http://www.newscorp.com/news/news_305.html)または、URL(http://194.69.181.46/1/e/ubs_ch/wealth_mgmt_ch/research/specials.html)で知ることができる。ニューヨーク・タイムズ(New York Times)のWayne Arnoldは2006年10月2日にコラム「Telecom Deal by Singapore Roused Thais(シンガポールによる情報通信企業の買収はタイ人を目覚めさせた)」を発表し、タイ・クーデターの原因はそれだけではないと言いながら、シンガポールの投資家によって率いられたグループが、タイのテレコミュニケーション・コングロマリットShin社の企業支配権をUS$19億で買収しようとしたことで、国家主義的な暴挙としてクーデターが起こったとも書いている。そのうえ不正で起訴された首相の家族からそれを買うというので、9月19日に大規模な抗議デモは誘発され、タイ人のリーダーであったタクシン・チナワット(Thaksin Shinawatra)が軍事追放されたと報告している。詳細情報はURL(http://www.nytimes.com/2006/10/03/business/worldbusiness/03singapore.html?_r=1&adxnnl=1&oref=slogin&adxnnlx=1159934794-x2xQwN5ZJJA87nKd7rBCFQ)で知ることができる。Technology Dailyは2006年11月9日に、AT&T、Microsoft社、Time Warner社をはじめとする、深く隠れた技術巨人は中間選挙を見据えて火曜日の11月7日から一気に、民主党下院議員のキャンペーン用金庫をいっぱいにしていると報告した。受取人はカリフォルニアの下院少数党院内総務(House Minority Leader)のナンシー・ペロシ(Nancy Pelosi)とミシガン州のDemocrat on the House Energy and Commerce Committee(米国下院エネルギーおよび商業対策委員会の民主党員)ジョン・ディール(John Dingell)などで、また、マサチューセッツのエドワード・マーキー(Edward Markey)下院議員(下院エネルギー・商業委員会通信とインターネット小委員会の民主党員/Democrat on the House Energy and Commerce Telecommunications and the Internet Subcommittee)は科学技術関連産業のお金を掻き集めていると報告している。キャンペーン資金を出す産業巨獣の多くと仲たがいして、インターネット規則をサポートする可能性があることから、この3人の議員がかなり大きい寄付を引き受けている。Public Knowledge代表でウオッチドックのGigi Sohnは、「明らかに、賭け金を分散投資して危険を防いでいる。私は、選挙資金のすべてがそれらを得るためのアクセスであると思う。」と言っている。詳細情報はURL(http://www.njtelecomupdate.com/lenya/telco/live/tb-QPAY1162899874427.html)で知ることができる。さらに詳しくは「米国の選挙と全米放送協会の寄付の割合!」のURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=4733
オンラインでは共和党の方が、民主党より多い!」のURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=4731
)または、「メディアの新しいご主人様」のURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=4728)または、「利権に狂ったお金(Mad Maney)!」のURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=4640)または、「帝国のインターネット!?」のURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=4609)または、「Webがもつれている!?」のURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=4230)または、「ネット中立で政治献金をねだる米国の国会議員達」のURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=4209)または、「ネットの中立は、本当はそれほど中立ではない!」のURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=4172)または、「インターネットの賭けに対する弾圧でイギリス人逮捕!」のURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=4152)または、「ベル一家の「賭」保証!「US$2000億スキャンダル」」のURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=4116)または、「「悪の枢軸」は以外と身近にいるものです。」のURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=3944)または、「インターネットへのアクセスは、権利?それとも特権?」のURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=3913)または、「米国のネット中立法とネット・ギャンブル禁止法承認」のURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=3884)または、「インターネットの長期戦」のURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=3874)または、「サイバー世界の外出禁止令!」のURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=3860)または、「ネット時代に起こってしまった「エデンの園」の幻想」のURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=3495)または、「ネットワーク・アーキテクチャと価格」のURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=3475)または、「米国の新しい通信法案は5月に成立するか?」のURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=3380)または、「Washington Postの提言「ネット中立」」のURL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=3353)で知ることができる。