森林火災情報システム

Wildfire Area Simulator


米国のロッキー地方をはじめとする、多くの森林ではキャンプ・ユーザーや自然発火による森林火災が毎年起こり、甚大な被害を起こしている。さらに火災が起こった地域の住民やキャンプ・ユーザーなどに連絡が取りづらく、また、山林火災は初期消火が被害を最小限に止める最大の方法であることから、モンタナ州ミネソタのUSDA Forest Service's Missoula Fire Sciences Laboratoryは森林火災情報システムとして、Fire Area Simulatorを開発した。詳細情報はURL(http://farsite.org/)で知ることができる。また、米国農務省森林サービスUSDA(U.S. Department of Agriculture) FS(Forest Service)の関連情報を検索できるresearch publishesはURL(http://www.msstate.edu/dept/forestry/USDAFSresearchpubs.htm)で知ることができる。カリフォルニアのパサデナにあるNASA(National Aeronautics and Space Administration/米国航空宇宙局/ナサ)のJPL研究所研究所(Jet Propulsion Laboratory/ジェット推進研究所)研究所(Jet Propulsion Laboratory/ジェット推進研究所)は、2002年3月13日のスマトラの森林火災による煙の衛星画像を公開した。詳細情報はURL(http://www.earthobservatory.nasa.gov/Newsroom/NewImages/images.php3)で知ることができる。また、世界の森林情報に関しては「World forestations」のURL(http://www.fao.org/forestry/fo/country/nav_world.jsp)で知ることができる。ENS(Environment News Service) World Newsは2002年10月22日に、「National Audubon Society」が、米国に古くからいる在来種の鳥生態調査を実施し、その生態バランスの変化から危険信号を発表したと報告した。詳細情報はURL(http://ens-news.com/ens/oct2002/2002-10-22-07.asp)または、「Audubon's WatchList」のURL(http://www.audubon.org/bird/watchlist)で知ることができる。インターネット上にはNorth Carolina State Library Special Collections DepartmentとThe Biltmore Company、the Forest History Societyが協力して、Carl Alwin Schenckが構築した 米国の森林調査「Birthplace of American Forestry」が公開されている。詳細情報はURL(http://www.lib.ncsu.edu/archives/forestry/index.html)で知ることができる。2003年7月16日に起こり、2003年7月27日に沈下した、19000エーカーに及んだ実際に米国で起こった自然発火の森林火災(the Coyote Fire)では1,700人の森林火災消防隊と10機のヘリコプターが出動し、CDF(California Department of Forestry and Fire Protection/カリフォルニア森林火災保護局)がUCSD(the University ofCalifornia, San Diego/カリフォルニア大学サンディエゴ校)の協力を得てHPWREN(The High-Performance Wireless Research and Education Network)と接続して構築した、米国のNSF(全米科学財団/National Science Foundation)が資金援助した無線通信環境を写真と共に紹介した。以前、野外で火を焚いて表現するカリフォルニアのアートグループ「バーニング・マン(Burning Man)」の会場で1998年に交通事故が発生し、外の世界と連絡を取ることが大変であったことから、2000年8月28日からネバダ州のブラックロックで始まった「Burning Man」では、ワイヤレス・カードを装備したノートパソコンを装備していればどこからでもインターネットに接続できるように、タキオン(Tachyon)社の衛星インターネット接続を利用したプラーヤネット(PlatyaNet)というイントラネットをボランティアが導入するために活躍したが、それをさらに発展させ、軍隊が野営無線局を構築するような緊急災害対策高速無線ネットワークを構築したというニュースがNSF Newsで2003年7月28日に配信された。写真はURL(http://hpwren.ucsd.edu/Photos/20030717/)または、URL(http://hpwren.ucsd.edu/Photos/20030719/)で入手できる。農林水産省は2003年8月15日に、「森林資源現況調査結果の概要について(速報値)」を公開した。詳細情報はURL(http://www.rinya.maff.go.jp/puresu/h15-8gatu/0812sigen.htm)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2003年9月15日に、森林火災の管理に関するレポート「Wildland Fire Management: Additional Actions Required to Better Identify and Prioritize Lands Needing Fuels Reduction. GAO-03-805」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-805)で知ることができる。ENS(Environment News Service) World Newsは2005年12月9日に、WHO(the World Health Organization)が「Ecosystems and Human Well-being: Health Synthesis」を公開し、地球の地球生態系で生命を維持するために提供する淡水、清浄な空気、たくさんの野生生物、および比較的安定した気候は 60%に低下しているとレポートしていると報告した。WHOのディレクターDr. Lee Jong-wookは「過去50年間、人間は人間の歴史のどんな匹敵する期間よりもさらに急速に手広く自然生態系を変えている。(ver the past 50 years, humans have changed natural ecosystems more rapidly and extensively than in any comparable period in human history)」と報告している。また、レポート制作に参加したインドのPurdue Universityのthe Department of Agricultural and Biological Engineering助教授Dr. Carlos Corvalanは、科学者が人間の健康への生態系退行の有害な結果が既に感じられていて、次の50年間でさらに悪くなるかもしれないと警告している。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/ens/dec2005/2005-12-09-02.asp)または、URL(http://www.who.int/globalchange/ecosystems/ecosystems05/en/)で知ることができる。ENS(Environment News Service) World Newsは2006年1月23日に、国連によって任命された世界の19の国からの約1,360人の科学者と専門家により、4年以上の研究成果として、「Millennium Ecosystem Assessment(ミレニアム生態系査定)」の「Living Beyond Our Means」が公開され、世界の生態系の最初の主要なグローバル査定は、人間がどう地球の人生を可能にする生態系を誤用するかに関する厳格な警告の中に人類の楽観的な見解を提供したと報告した。ウィスコンシン大学(University of Wisconsin)の湖沼学(limnology)の教授で研究者、「Millennium Ecosystem Assessment」の「Living Beyond Our Means」巻頭コメントの著者Steve Carpenterは、「安定したグローバルな衰退に似ているものにもかかわらず、これは希望の話です。私たちには、必要とするツールがあり、政治意志があるなら、私たちには、世界的規模でそれらを実行する能力がある。(Despite what looks like steady global decline, this is a story of hope, We have the tools we need. If we have the political will, we have the ability to implement them on a global scale.)」と解説している。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/ens/jan2006/2006-01-23-10.asp)で知ることができる。「Millennium Ecosystem Assessment」はURL(http://www.millenniumassessment.org/en/index.aspx)にある。


森林火災情報サイト
森林密度と火災
Landsatによる森林火災画像
Landsat森林火災跡3D画像
Fire Area Simulator
1948年と1997年のオゾン層の比較-1
1948年と1997年のオゾン層の比較-2
2000年2月1日から5月30日までのオゾン層アニメーション
NASA JPL研究所が公開した2002年3月13日のスマトラの森林火災
1860〜2000年までの地球環境変化Summary for Policymakers
NSFが公開した森林火災保護と無線通信の写真-1
NSFが公開した森林火災保護と無線通信の写真-2
NSFが公開した森林火災保護と無線通信の写真-3
NSFが公開した森林火災保護と無線通信の写真-4
NSFが公開した森林火災保護と無線通信の写真-5
NSFが公開した森林火災保護と無線通信の写真-6
NSFが公開した森林火災保護と無線通信の写真-7
NSFが公開した森林火災保護と無線通信の写真-8
NSFが公開した森林火災保護と無線通信の写真-9
NSFが公開した森林火災保護と無線通信の写真-10
NSFが公開した森林火災保護と無線通信の写真-11
NSFが公開した森林火災保護と無線通信の写真-12
NSFが公開した森林火災保護と無線通信の写真-13
NSFが公開した森林火災保護と無線通信の写真-14
NSFが公開した森林火災保護と無線通信の写真-15
森林資源現況調査結果の概要について(速報値)
森林資源現況調査結果の概要について(速報値)資料
GAOが2003年9月15日に公開した、森林火災の管理に関するレポート
GAOが2003年11月17日に公開した「大学の実態調査報告」
Illustrirte Zeitung1856年6月21日に掲載されたコンスタンツのライン橋火災
Ecosystems and Human Well-being: Health Synthesis
「Millennium Ecosystem Assessment」の「Living Beyond Our Means」