シニア・ネット

SeniorNet


米国の老人向けネットワークの名称。シニア・ネットには、全米に75の老人向けコンピュータ教室があり、そこでボランティアからコンピュータの操作を習い、インターネットで投資情報から、オンライン教育コース、料理の講習、休暇のアイデア、知人の消息などが交換されている。ユーザーは55歳から101歳まで、5万人以上が参加している。老人になると外に出るのが面倒になり、自宅にこもりがちで、孤独な生活をする人が多かったが、最近ではこもシニア・ネットで多くの人とコミュニケーションを取り、老人はコンピュータに弱いといった定説を覆そうとしている。詳細情報はURL(http://www.seniornet.org)で知ることができる。日本でもシニア・ネット・ジャパンを発足させるために、発足準備会「電子情報通信学会ICS研究会」を発足させ、1996年10月22日に韓国の高齢者パソコン通信共同体「元老坊」とのテレビ会議を開催した。また、1998年1月1日には、人と情報の流動化を促進し、会員相互の情報交換、研修会の実施、業界にあふれる資料のライブラリ化、新人教育や社内教育の講師紹介などを行っていく会として、半導体シニア協会(SSIS)が発足した。シニア・パワーを見せてくれる組織になることを期待する。間違えても政界にある元総理のご意見番のような活動にならないことを期待する。富士通ラーニングメディアは、55歳以上を対象にしたパソコン講座「シニア倶楽部(くらぶ)」を横浜市など30カ所で開設した。1998年4月15日からNTT中国支社・広島県双三郡君田村・NTT中国メディアサプライの3団体は、人口約2000人で世帯数は653、高齢化率が34.6%の広島県双三郡君田村で高齢者を対象に、TVIQというシート状のリモコンを組み合わせたタッチパネルで操作できるWindows 95対応のパソコンを無料配布し、福祉情報を提供したり、自宅から訪問介護を依頼したり、電子メールを使って住民同士が交流できるマルチメディア実験「高齢者福祉のコンテンツ流通に関する共同実験」を本格スタートした。この実験ではサービス運用やビジネス性、技術的検証、端末の使い勝手などを調べ、高齢者福祉向けコンテンツの問題点を明らかにするために2000年3月まで約2年間実施される。日本にも眠っているパソコンをリサイクルして、中古パソコンを障害者などで希望する人達に寄付するOTE(Oakland Technology Exchange)のようなボランティア・グループがある。詳細情報はURL(http://www.ffn.ne.jp/end/index.html)で知ることができる。このようなグループには、各メーカーや郵政省(当時)、通産省(当時)、文部省(当時)、厚生省(当時)が全面バックアップすべきである。とくにメーカーには無尽蔵の使われなくなった古いパソコンや部品が眠っているはずである。それらを産業廃棄物として廃棄するより、お金を渡してでもリサイクルに活用すべきである。ただし、このようなことを書くと、すぐに公官庁の天下りグループなどで組織された悪徳産業廃棄物処理業者が参入することも考えられるので、注意したい。スイスでは、55歳以上向けのインターネット教室「スイス・ウェブ・ページ(SENIORWEB.CH/Internet fuer Menschen ueber 55)」が1998年5月22日から始まった。開始当日は時間前に120人の席を用意したところ1,000以上の老人が集まり、長蛇の列ができた。スイスのシルバーパワーを感じるSENIORWEB.CHの状況の解説が、40枚以上の写真で紹介した詳細情報はURL(http://www.seniorweb.ch)で知ることができる。通商産業省(当時)は1998年10月23日に、高齢者や障害者にも使いやすい情報機器やシステム開発の支援のための事業として、「高齢者・障害者支援型情報システム開発事業の開始について」を発表した。また視覚障害者のための文字コードの歴史についてはURL(http://www.nyise.org/blind/)にHistory of Reading Codes for the Blindというホームページがある。リムネットは、1999年2月21日から、65歳以上の高齢者向けに、月額利用料、超過時間接続料がそれぞれ半額になる「高齢者割引制度」を実施すると発表した。経済産業省は2002年7月31日に「高齢者対応機器の設計のための高齢者特性の解明に関する調査研究(ミレニアム・プロジェクト)の報告について」を発表した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0003003/)で知ることができる。2002年9月27日には経済産業省が「高齢者のIT利用特性データベースの構築等基盤設備整備事業について」を発表した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0003172/)または、URL(http://www.meti.go.jp/policy/human-design/New_Folder/it-database1.html)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2003年2月26日に、2000年と2007年の白人とマイノリティのSES(Senior Executive Service/シニア向け行政サービス)を比較したレポート「Senior Executive Service: Enhanced Agency Efforts Needed to Improve Diversity as the Senior Corps Turns Over. GAO-03-34」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-34)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2003年2月27日に、シニアの労働に関する米国とその他の国々の比較レポート「Older Workers: Policies of Other Nations to Increase Labor Force Participation. GAO-03-307」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-307)で知ることができる。経済産業省は2003年3月20日に、「高齢者・障害者に配慮した国際指針「ガイド71」のJIS規格の制定について」を公開した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0003831/)で知ることができる。政府は2003年6月10日に、65歳以上の人口は前年比76万人増の2363万人(2002年10月1日現在)で、そのうち75歳以上の人口は同51万人増の1004万人で、初めて1000万人を超えた、高齢化の状況と対策をまとめた2003年版の「高齢社会白書」を決定したと発表した。経済産業省は2003年6月17日に、高齢者・障害者への配慮に係る標準化の進め方について(提言書)-ISO/IECガイド71と新しいルール作りに向けて-を公開した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0004153/)で知ることができる。経済産業省を高齢者と公共空間の色彩計画について「高齢社会における公共空間の色彩計画調査報告書」を公開した。詳細情報はURL(http://www.mlit.go.jp/crd/tayo/koureika/koureika.html)で知ることができる。福祉用具の利用者がサービス内容の比較ができず、十分なサービスが得られない場合があったことから、メーカー、卸、小売業にアンケート調査、ヒアリングをした結果、利用者に合わせて福祉用具の調整などを行うフィッティングサービスや福祉用具の消毒・保管などのメンテナンス・サービスに業界標準規定を設けるべきであるという回答を多く得たことから、経済産業省商務情報政策局流通政策課は2003年11月10日に、福祉用具産業の流通に関する商慣行改善調査についての資料を配付した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0004681/)で知ることができる。米国の調査会社ニールセン(Nielsen-Netratings)社は2003年11月20日に、「米国の年代別インターネット・ユーザー」を発表し、55 64歳のユーザーが前年同月比15%増加し、65歳以上の高齢者ユーザーは25%増加し、インターネット・ユーザーのうち65歳以上の人の割合は前年同月の5.9%から7%に上昇したと、発表した。65歳以上の男性と女性を比較すると、男性が495万人で同20%増だったのに対し、女性は460万人で30%増を記録したことを報告した。詳細情報はURL(http://www.nielsen-netratings.com/pr/pr_031120.pdf)または、Mediapost.comが2003年11月21日に報道した「Old Is New For Online User Base」のURL(http://www.mediapost.com/dtls_dsp_news.cfm?newsID=227164)で知ることができる。で知ることができる。経済産業省経済産業政策局調査統計部産業統計室は2004年1月15日に、商業販売/大規模卸売店販売/大型小売店販売/コンビニエンスストア販売について、業種別商業販売額及び前年(度・同期・同月)比情報として、「商業販売統計確報(平成15年11月分)」をexcelデータで公開した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/statistics/data/h2s1010j.html)で知ることができる。Kaiser Family Foundationは2005年12月12日に、米国のシニア(65歳以上)の層で3分の1(31%)未満が、今までにオンラインを利用したことが無いが、次世代のシニア層(50-64歳)では2/3(70%)以上がオンラインを利用し、インターネットが健康管理に大きなリソースとして活躍し、この年齢の違いが、これからのシニア層とインターネット・マーケットに大きな影響を与える可能性があると報告している。シニア層全体では21%の人が健康情報をオンラインで探したことがあり、次世代のシニア層(50-64歳)では、53%の人が健康情報をオンラインで探したことがある。シニア層全体では8%の人が健康情報をオンラインで非常に多く探し、50-64歳では、24%の人が健康情報をオンラインで非常に多く探している。シニア層全体では26%の人がインターネットからの情報を信じ、50-64歳では58%になっている。50-64歳では健康情報はオンラインで探す5番目に位置していると報告しています。この調査は無作為に選んだ50歳以上の1,450人、65歳以上の583人から得た調査であると報告している。詳細情報はURL(http://www.kff.org/entmedia/entmedia011205pkg.cfm)で知ることができる。厚生労働省の国立社会保障人口問題研究所は2005年8月25日に、2025年に世帯主を65歳以上とする「高齢世帯」が全世帯に占める割合が2000年の1.6倍の1842万世帯となり、全世帯の37%を占め、都道府県別で東北が青森、秋田、山形、北陸が新潟、富山、近畿が奈良、和歌山、中国が鳥取、島根、山口、四国が全4県、九州が福岡を除く6県の計20県が40%を超えると予測した「都道府県別世帯数の将来推計」を発表し、大都市圏の高齢世帯の急増について、同研究所は「高度成長期に地方から大都市圏に出てきた団塊の世代(1947 49年生)が高齢化するため」と分析した。詳細情報はURL(http://www.ipss.go.jp/pp-pjsetai/j/hpjp2005/t-page/t-page.html)で知ることができる。シンクレイヤは2005年11月7日に、CATV/ADSL/FTTH等のインターネット回線を利用して「在宅ヘルスケア」「安否確認」「施設内健康管理」という3つのシステムから構成された高齢者向け健康管理ネットワークシステムを2005年11月下旬より販売開始すると発表した。詳細情報はURL(http://www.synclayer.com/jpn/press/press16.html)で知ることができる。米国の南カリフォルニア大学(University of Southern California)のAARPは2006年3月に、老いるという事実を米国人がどれほど認識しているかを知るために、人が老いることと知識に関する調査をし、レポート「Images of Aging in America 2004」を公開した。これまで、多くの認識として長老を敬い、その知識を若い世代に残すという考えがあり、同時にそのような考えは古いとして排除する傾向も増えてきているなど、急速な変化の時代に老いるということを科学的に調査し、多くの誤解を解明している。また、2007年問題や少子化問題など、これから大きな社会問題になることが明確になった現在、老いるということを知らないで対応できるとは考えられないことから、貴重な調査報告書といえる。詳細情報はURL(http://www.aarp.org/research/reference/publicopinions/aresearch-import-926.html)または、URL(http://assets.aarp.org/rgcenter/general/images_aging.pdf)で知ることができる。Center for Media Researchは2006年5月17日に、The Media Auditからの情報として、米国では今後12ヶ月間で1億3740万人の大人と、大学レベルコースとして2540万の計画が87の大都市で行われ、 International Demographics社の社長ボブ・ジョーダン(Bob Jordan)は、「大学レベルコース2540万を受ける18〜34歳の人は57.7%で、残りの42.3%トは35歳以上です。」と説明し、ジョーダンは、ビジネスウィーク誌が、「好評な大学にもかかわらず、現在の大学は多くの退職が住宅で勉強できるように活発に退職者を募集している。または教授陣とスタッフはキャンパスに隣接した空間で多くに楽しめるようにしている」と書いていると報告した。少子化社会と2007年問題を大学として対応するための方策が考えられ始めた。65歳以上の58万人以上の大人達が、大学コースを取るのを計画し、75歳以上の16万5000。35歳までのあらゆる年齢層で大学に通うことを計画しているのは、男性より多くの女性がいる。75歳以上で大学のコースに通う人は、女性が8万8000人で、男性は7万7000人。50歳以上では、56.4%が既に少なくとも1度以上大学コースに通った経験社で、28.5%は現在通っている。50歳以上では、たった15.1%が初めて大学に通うと報告している。詳細情報はURL(http://www.centerformediaresearch.com/cfmr_brief.cfm?fnl=060517)で知ることができる。調査会社のHitwiseが2007年5月17日に、イギリスで、55歳以上の「シルバー世代」によるインターネット利用者が2006年調査から40%、2005年と比較すると54%も増え、利用全体の22%を占めたと報告した。詳細情報はURL(http://www.hitwise.com/press-center/hitwiseHS2004/demographics.php)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年1月2日に、Nielsen Onlineからの分析情報として、25未満のインターネット利用者数を犠牲にして、イギリスのもっとも大きなブランド100で「シルバー・サーファー (Silver surfers)」がより大きなシェアを獲得していると報告した。
若者は小さな文字が読めるので、携帯電話を使ってコンテンツを楽しみ、「シルバー・サーファー(Silver surfers)」は自宅でインターネットを使ってコンテンツを楽しみ始めていると言うことは以前から聞いていたが、イギリスでその数字が完全に明らかになってきた。
ニールセンの調査結果の中で、
2006年10月から2007年10月までの調査結果で、25未満のイギリスのインターネット人口のシェアで29%から25%に減り、16%の低下を記録した。
それに対して、55歳以上のイギリスのインターネット人口のシェアは16%から19%まで増加して、22%の拡大になった。
従って、イギリスのインターネット人口の平均年齢は、2006年の35.7歳から37.9歳に上昇した。
Nielsen OnlineのアナリストAlex Burmasterは、「特定の聴衆が世代でにどう構成されるかを見るとき、いくつかの割合に従ったシェア変化は実際にかなり基本的なシフトを表す。」「年齢構成は、何年間もにわたってわずかに発展する傾向があるので、1年間で大規模な変更を見るのは、インターネット人口が重要な年になった過程を経ていることを示しています。」と言っている。
インターネットは、高齢者に優しく、携帯電話は若者に便利な時代になってきた。
これは、インターネットを利用した市場を狙っている企業にとって重要なことで、この傾向を把握していないと無駄なインターネット広告を展開し、同時にその先にいる重大な顧客を逃がすことになる。
彼も、「新しいオンライン提供と技術は、通常若者をターゲットにしますが、将来この経路を続けるなら、ブランドは好機を見逃しているかもしれない。」と言っている。
最も若くて、最も年取った聴衆がいるブランド
オンラインゲーム・ポータルのMiniClipには、平均年齢28.1歳と、最も若いイギリスのオンライン・オーディエンスを記録し、小売業者マークス・アンド・スペンサー(Marks & Spencer)には、平均年齢46.5歳と、最も年取ったオンライン・オーディエンスを記録している。
これが同じネットに存在している。
最も若い平均年齢のオンライン・ブランド・トップ10の内、5がエンターテインメント関連であり、4はソーシャル・ネット関連である。
ここには若者をターゲットにした広告が適している。
最も高齢のオンライン・ブランド・トップ5は、身近な本道のブランドになっている。
もしかすると、Googleのユーザーは、若者ではなく、「シルバー・サーファー(Silver surfers)」なのかもしれない。
Alex Burmasterは、「世代は別として、最も若くて、最も年取った聴衆がいるブランドの間には、2つの非常に明白な区別があります。」
「まず第一に、若い聴衆ブランドは、楽しむか、または友人を作ることに関する傾向があり、高齢の視聴者ブランドは製品とサービスに関するものです。」
「第二に、最も若い聴衆がいるものは、純粋なオンライン・プレーヤーである傾向があり、最も高齢聴衆がいるブランドは、リアル世界に存在している人々によって運営されている。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/interactive/internet-populations-average-age-quickly-increasing-in-uk-2892/%3Cbr%20/%3E)または、URL(http://www.nielsen-netratings.com/pr/pr_071218_UK.pdf)で知ることができる。
2008年3月6日にCenter for Media Researchは、Media Auditからの情報を紹介し、現在、引退に近づいている大人達は人口統計として米国で最速増加の1つになっている。
すべての米国の大人達で、17.9%は現在退職し、ここ5年間で6%増加し、ベビーブーマーがこの数10年間に渡って仕事を止めるのに従って急速に増加する。
彼らが、より高いレベルの教育を達成して長生きするので、より裕福であり、それが退職していることで何を意味するかを再定義しているということで、アメリカ人の年寄り消費習慣は、前任者のものと非常におそらく異なっている。
*米国の退職した大人達では83%が、家を所有している。
*退職した大人達の30%はUS$10万以上、そして今まで報告された中で最も高い数字で現金、株、およびCDを持っている。
*5年前の11.1%と比べて、新車購入者の中で13.1%は退職している。 5年前の6.4%と比べて、8.3%は退職して車のローンを持っている。それは約30%増加している。
*5年前の14.7%と比べて、ホテルを頻繁に利用している中で16%は退職していつ。それは約10%上昇した。
*5年前の11.3%と比べて、頻繁なビール消費者の中で13%は退職している。
*フルサービス・レストランでは、退職した大人達が普通の米国の大人より6%頻繁に外食し、そして現在、退職者が、頻繁に外食するすべての大人達の約20%を占めている。
*翌年に、大洋航海することを計画している14.3%は、退職している。
目の手術を計画している5人に1人は、退職している。
普通の大人より5%多く、目の外科手術を計画してる。
レポートは、今日退職した大人達で、普通の米国の大人と比較した結果をさらに明らかにしている。
*約30%が、より多くの時間、放送テレビを見るのに費やしている。
*14%が、より多くの時間、ケーブルテレビを見る。
*25%が、より多くの時間、日刊新聞を読む。
退職した大人達は今日、オンラインで1日あたり89分を過ごし、オンラインで1日あたり123分を過ごす普通の米国の大人より26%少ない。
もっとも、退職者の次世代が、より多くのコンピュータとインターネットに好意的であると予想され、45から64歳の間のベビーブーマーが1日あたり123分と、オンラインでかなり多量の時間を過ごす。
ワシントンDCなどのより大きい市場で、最も裕福な退職者を見つけることができる。
そこでは、普通の退職した大人で家計所得として、US$6万4,000を稼ぐ。
家計所得では、US$5万以上の都市としてカリフォルニア州サンノゼ(San Jose, California)、フロリダ州フォートマイアーズナポリ(Fort Myers- Naples, Florida)、カリフォルニア州サンフランシスコ(an Francisco, California)、およびニューヨーク州ロングアイランド(ong Island, New York)と続く。
そして、現在の米国で上位退職者市場として、最も高い退職した大人達がいる割合は、
*フロリダ州オカラ(Ocala, Florida)(36%)
*フロリダ州フォートマイアーズナポリ(Fort Myers- Naples, Florida)(34%)
*フロリダ州デイトナビーチ(Daytona Beach, Florida)(33%)
*フロリダ州ウェストパームビーチ(West Palm Beach, Florida)(31%)
*フロリダ州メルボルンタイタスビルココア(Melbourne-Titusville-Cocoa, Florida)(29%)
米国人の退職者がフロリダに集まっている。詳細情報はURL(http://www.themediaaudit.com/)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9009)で知ることができる。
米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2008年3月21日に、CBO(Congressional Budget Office/議会予算局)が2008年1月にアップデートした長期財政見通しシミュレーションを公開し、シミュレーションは、長期の財政の見通しが維持不可能であることを例証し続けたと報告した。
総合予算赤字における3年の衰退にもかかわらず、連邦政府はまだ主として上昇している健康管理コストによって動かされ、大きくて増加している構造的な赤字と知られている人口統計学的傾向に直面している。
2008年2月にベビーブームに生まれた人は初めて社会保障退職金を要求し、そして、この群は3年未満後に老人医療健康保険制度利益のために適任になる。
およそ8000万人の米国人が適任になる社会保障総局によると、社会保障引退は次の20年間、1日あたり1万平均に以上になる。
社会保障はサイズで重要だが、長期の財政の見通しの本当の問題は医療費である。
ともに大きく、老人医療健康保険制度と低所得者医療扶助制度が、将来どんどん伸び続けると予測されたと報告した。
これは、日本の方が大きな問題であり、対応は日本の方が遅れている。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-08-591R)または、URL(http://www.jiten.com/index.php?itemid=9175)で知ることができる。
ICDRI(International Center for Disability Resources on the Internet/国際インターネット身体障害者対応センター)は2008年9月3日に、米国大統領候補者のバラック・オバマ(Barack Obama)、ジョン・マッケイン(John McCain)、ボブ・バール(Bob Barr)、アラン・ケイズ(Alan Keyes)、ラルフ・ネーダー(Ralph Nader)のそれぞれが関係しているWebサイトで、米国の障害者がアクセスしやすいかをテストし、失望したと報告した。詳細情報はURL(http://www.icdri.org/WebAccess/Pres08/PResidentialPR08.htm)で知ることができる。


SENIORWEB.CHのロゴ
SENIORWEB.CHの授業風景-1
SENIORWEB.CHの授業風景-2
SENIORWEB会場前の行列
SENIORWEBのお陰で無関係といわれたコンピュータ雑誌のコーナーに老人も集まるようになった
コーヒーを飲みながらの堅さがないセミナー参加者
美人で若いAntonia Jann文化庁の先生
ディレクターのMartin Mezgerの挨拶風景
挨拶を聞く聴衆
プロジェクタを使った解説風景
Royal National Institute for the Blindが視覚障害者のために開発した初期の点字
1840年〜1847年にLaas d'Aguanが製作した世界最初の視覚障害者用地図
A Brief History of the InternetのTimeline
2000年になって登場したオンライン・ビジネス
米国の学校に接続されたインターネットの数と利用環境
親と学生による教育に必要な要素比較
米国のシニア・マーケット予測と、ほかの世代の比較
半導体が支えるマルチメディアの世界
マイクロプロセッサーの発達史
米国の電子メール市場動向
イギリス人が望むインターネット・サービスランキング
高年齢層が多いカナダのインターネット・ユーザー
e-Learningとして利用されているツールや状況
SFSUが公開した身体的に不自由な人をサポートする歴史
米国の教育とメディアに関するIDCの調査報告(2001年9月現在)
コンベアーで送られる中古パソコン
中古パソコン再生工場内部-1
中古パソコン再生工場内部-2
中古パソコン再生工場内部-3
中古パソコン再生工場内部-4
中古パソコン再生工場内部-5
「高齢者のIT利用特性データベースの構築等基盤設備整備事業について」
2002年9月27日に経済産業省が発表した高齢者のIT利用特性実験概要
2002年9月27日に経済産業省が発表した高齢者のIT利用特性研究
高齢者のIT利用特性-1
高齢者のIT利用特性-2
NISTが触覚化したデジタル画像とディスプレイ
2000年と2007年の白人とマイノリティのSES比較
GAOが公開したシニアの労働に関する米国とその他の国々の比較レポート
高齢者・障害者に配慮した国際指針「ガイド71」のJIS規格の制定
GAOが2003年4月23日に公開した社会保証とマイノリティのレポート
FCCによる米国インディアンの居留地における電話保有に関する調査
高齢者・障害者への配慮に係る標準化の進め方について(提言書)概要
高齢者・障害者への配慮に係る標準化の進め方について(提言書)
高齢社会における公共空間の色彩計画調査報告書/目次
高齢社会における公共空間の色彩計画調査報告書/本文
# 参考-1高齢社会における公共空間の色彩計画の必要性
参考-2フィールドサーベイ調査の報告
参考-3黄変化早見表
高齢社会における公共空間の色彩計画調査報告書/奥付
経済産業省が公開した福祉用具産業の流通に関する商慣行改善調査についての資料
Illustrirte Zeitung1845年2月1日号に掲載されたLachmann教授が開発した点字
Lachmann教授が開発した視覚障害者用幾何学文字
Lachmann教授が開発した視覚障害者用数学文字
Lachmann教授が開発した視覚障害者用計算機
Illustrirte Zeitung1845年3月1日号に掲載された視覚障害者用タイプライター
Illustrirte Zeitung1845年3月1日号に掲載された1838年崩壊したPesthの視覚障害者施設
Pesthの視覚障害者施設再建に努力したAnton Dolezalek
Pesthの視覚障害者施設再建に努力したValentin Hauy
再建されたPesthの視覚障害者施設
Pesthの視覚障害者施設にある視覚障害者訓練装置-1
Pesthの視覚障害者施設にある視覚障害者訓練装置-2
Illustrirte Zeitung1850年9月28日に掲載された英国製コーヒー焙煎器
Illustrirte Zeitung1850年9月28日に掲載されたPaternoster社コーヒーミール
Illustrirte Zeitung1850年9月28日に掲載された顕微鏡画像
Illustrirte Zeitung1850年9月28日に掲載された
Illustrirte Zeitung1850年9月28日に掲載されたコーヒー豆の断面
PIP Seniors Online 2004
Illustrirte Zeitung1851年8月23日号に掲載された義手-1
Illustrirte Zeitung1851年8月23日号に掲載された義手-2
Illustrirte Zeitung1851年8月23日号に掲載された義手-3
Illustrirte Zeitung1851年8月23日号に掲載された義手-4
Illustrirte Zeitung1851年8月23日号に掲載された義手-5
Illustrirte Zeitung1851年8月23日号に掲載された義手-6
Illustrirte Zeitung1851年8月23日号に掲載された義足-1
Illustrirte Zeitung1851年8月23日号に掲載された義足-2
Illustrirte Zeitung1851年8月23日号に掲載された義足の足首
Illustrirte Zeitung1851年8月23日号に掲載された義足や義手の関節部分
Illustrirte Zeitung1852年4月17日号に掲載された眼鏡
外務省が2004年7月9日に公開した障害者権利条約の作成議論概要
Kaiser Family Foundationが2005年12月12日に公開した報告書
Illustrirte Zeitung1856年5月10日に公開された分解画像眼鏡広告
ステレオ眼鏡広告
厚生労働省が2005年5月10日に公開した「障害者自立支援法案について」
国立社会保障人口問題研究所が2005年8月25日に発表した「都道府県別世帯数の将来推計」
「都道府県別世帯数の将来推計」概要
日本の世帯数の将来推計(全国推計) 2003(平成15)年10月推計概要
シンクレイヤが2005年11月7日に公開した高齢者向け健康管理ネットワークシステムのリリース
Images of Aging in America 2004
Hitwiseが2007年5月17日に公開したリリース
Nielsen Onlineからのイギリスシルバー・サーファー分析情報
GAOが2008年3月21日に公開した、CBOが2008年1月にアップデートした長期財政見通しシミュレーション

シニア関連のURL
ボランティアに関するホームページ
バリア・フリー関連のURL
難聴者のためのURL
パーソナル・コミュニケータ
IR
エンジェル
ホワイトハウスの教育関連の政策
シルバー・ホットライン
バリア・フリー
家庭用インターフェイス委員会
安否確認システム
D-pal
シルバー・チャンネル
老テク
PCエスコート
ボランティア情報システム
CompuMentor
フォーラムを利用した採用内定者教育
TVIQ
La Main a la Pate
Project EASI
通産省のマルチメディア・コンテンツの公募
アクセシビリティ
OPEN
NCSH
NetPrep
GLD2
Scout
コンピューターおばあちゃんの会
教員向けのインターネット教育番組
米国の先生がインターネットを勉強するためのURL
J-NET
ToSTNeT
チャレンジド
ユニバーサル・デザイン
GiveToCharity.com
アルキメデス・プロジェクト
eNavigator
E/PASO
通産省の高齢者・障害者支援情報システム開発開始
「高齢者・障害者支援型情報システム開発事業」
電子協の支援対象プロジェクト一覧
ECHONET
大川センター
オペレートナビ
谷汲村バリアフリー・テレワークセンター
BrookesTalk
Win-BES 99
パソマルマルチ
トーキングエイド
JiJiBaBaPet
マルチメディア・コンテンツにおけるムーアの法則
SICAS
VRVプロジェクト
VDTS
One for All
Click Learn
身体障害者などにも配慮したWebの標準規格
W3C
Effective Web Design Considerations for Older Adults
高齢新人類
EMIT
IFA
コンピュータ技術者の定年
徘徊者保護システム
クロスエイジング・ウィーク
Sun StorEdge Instant Image
スカベンジャー
AOLに対する全米視覚障害者連合の抗議文
ロバート事業開発基金
TODCO
Dobell Eye
NALC-KYOWA生活研究アドバイザー制度
DID
歩行者ITS
障害者・高齢者等情報処理機器アクセシビリティ
Jini
SearchToHelp.com
Coke credits
Sagevision
オリンピックとメディア
教科書とURL
シルバー世代のためのアクセス環境
中国愛心インターネット学校
Braille reader
電子情報技術産業協会
高齢社会NGO連携協議会
交通バリアフリー法
スマートクルーズ21
MacTreasures
リユースPC寄贈支援プログラム
中古パソコン寄付を促進する新法
ウェルエイジ
FHS(Free Hand System)
Dial-a-Coke
Cレシピ
TeleOlympics
IReader
e-learning
サイバー便所
インターネットやコンピュータの歴史があるURL
コミュニティ・レストラン
WISE(Web-based Inquiry Science Environment)
歪シリコン・トランジスタ
ガイド71
中古パソコンを生き返らせる工場
交通バリアフリー化促進バーチャル協議会
コレクティブ・ハウジング
シルバーハウジング
循環型社会
Multi-University Research Laboratory
万人のための教育
Sun ONE Studio 4
Einfach fuer @lle
eyechip
触覚式ディスプレイ
高齢者向けTV/FM/AMラジオ「RA-BF1」
eラーニング
ハッスル倶楽部
パソパル
超強化版ガラス製タッチパネル
PSS(Personal Sound System)
自由利用マーク
EYEマーク
EYPD(European Year of People with Disabilities)
ISO/IEC ガイド71
SB(Senate Bill) 20
EU Transport Research Knowledge Centre
MORANE(Mobile Radio for Railways Networks in Europe)
GSM-R(GSM-Railway)
Tormes
拡大生産者責任
資源有効利用促進法
バイオメトリクスセキュリティコンソーシアム
vOICe(voice Oh I See!)
オンライン・コンテンツ
Tyflos
IBMシニアプロコミュニティー
JAWS
自律移動支援プロジェクト
ストックホルム渋滞税計画
ITスカベンジャー
メディア・スカベンジャー
小皇帝
ICDRI(International Center for Disability Resources on the Internet)