自然環境フォーラム an online NGO


1993年9月1日に設立された、自然保護のためのコンピュータ・ネットワークによる宣伝・支援を目的とする団体の名称。自然環境フォーラムでは、34,000件の環境情報を50テーマ3000見出しに分類、必要な情報を容易に捜して読むことのできるホームページを構築している。詳細情報はURL(http://www.nifty.ne.jp/forum/fenv/indexm.htm)で知ることができる。また米国にはHistorical Data on the Foreign-Born Population in the United States -- US Census BureauのURL(http://www.census.gov/population/www/documentation/twps0029/twps0029.html)もある。2005年日本国際博覧会(愛知万博)の見直し問題で2000年7月24日に、会場計画を事実上決める「愛知万博検討会議」が開かれ、焦点となっていた会場予定地「海上(かいしょ)の森」(愛知県瀬戸市)について、南地区の造成を大幅に縮小する計画案で合意した。また、米国のリサイクルデー(America Recycles Day)は、11月15日と言うことである。ワシントンD.CのEPA(the Environmental Protection Agency)ではリサイクルデーを前にした2000年11月13日に、使い捨てに対して注意警報を発令した。詳細情報はURL(http://www.zerowasteamerica.org/)で知ることができる。ただし、2001年3月28日に米国のワシントンD.CにあるEPA(the Environmental Protection Agency)長官のChristie Todd Whitmanは、地球温暖化防止京都会議(UNPCCC COP3)で提案されたKyoto Protocolについて、「We have no interest in implementing that treaty,」と拒否する姿勢を表明した。また、世界の森林情報に関しては「World forestations」のURL(http://www.fao.org/forestry/fo/country/nav_world.jsp)で知ることができる。外務省のNGO支援についてはURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/seisaku/seisaku_4/sei_4f.html)で知ることができる。また、紙をリサイクルするためのワーキング・グループ「Paper Recycling Working Group by Progress in Paper Recycling」も「紙のリサイクル」情報を提供している。ENS(Environment News Service) World Newsは2002年10月22日に、「National Audubon Society」が、米国に古くからいる在来種の鳥生態調査を実施し、その生態バランスの変化から危険信号を発表したと報告した。詳細情報はURL(http://ens-news.com/ens/oct2002/2002-10-22-07.asp)または、「Audubon's WatchList」のURL(http://www.audubon.org/bird/watchlist)で知ることができる。コロンビア大学(Columbia University)のJonathan BachとDavid Starkは2002年2月に、NGOとインタラクティブ技術の進化について調査した「The Coevolution of NGOs and Interactive Technology」をPDFで公開した。詳細情報はURL(http://www.coi.columbia.edu/pdf/bach_stark_lsi.pdf)で知ることができる。インターネット上にはNorth Carolina State Library Special Collections DepartmentとThe Biltmore Company、the Forest History Societyが協力して、Carl Alwin Schenckが構築した 米国の森林調査「Birthplace of American Forestry」が公開されている。詳細情報はURL(http://www.lib.ncsu.edu/archives/forestry/index.html)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2003年5月13日に、2010年までに実施される原子力非拡散物質処理に関する現実レポート「Nuclear Nonproliferation: DOE Action Needed to Ensure Continued Recovery of Unwanted Sealed Radioactive Sources. GAO-03-483」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-483)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2003年5月21日に、これからの農業に必要な規制に関する調査報告書「Agricultural Conservation: USDA Needs to Better Ensure Protection of Highly Erodible Cropland and Wetlands. GAO-03-418」と、農業の調査レポート「Agricultural Research: USDA's Outreach to Minority-Serving Institutions Could Improve Grant Competition. GAO-03-541」、五大湖周辺で必要な環境規制調査報告書「Great Lakes: An Overall Strategy and Indicators for Measuring Progress Are Needed to Better Achieve Restoration Goals」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-418)または、URL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-541)または、URL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-515)で知ることができる。外務省は2003年6月3日に、「海洋環境とタンカーの安全G8行動計画」の仮訳骨子と全文仮訳を公開した。詳細情報はURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/summit/evian_paris03/kaiyo_k.html)または、URL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/summit/evian_paris03/kaiyo_z.html)で知ることができる。農林水産省は2003年8月15日に、「森林資源現況調査結果の概要について(速報値)」を公開した。詳細情報はURL(http://www.rinya.maff.go.jp/puresu/h15-8gatu/0812sigen.htm)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2003年9月29日に、EPA(Environmental Protection Agency)が必要とする地球規模で環境を規制する巨大管理システムの必要性を訴えた報告書「Grants Management: EPA Needs to Strengthen Efforts to Address Persistent Challenges. GAO-03-846」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-03-846)で知ることができる。ドイツのハンブルグで2003年10月16 19日に、世界劣化ウラン/ウラン兵器会議(World Uranium Weapons Conference 2003)が、イラク、アフガニスタン、オーストラリア、日本、米国、カナダ、イギリス、スウェーデン、アイルランド、フランス、ドイツ、スイス、ベルギー、オランダ、オーストリア、デンマーク、イタリア、スペイン、アルジェリア、キューバの5大陸から20カ国を代表する科学者、医療関係者、イラクの医学や環境保護の専門家、独立した研究者、国際法の専門家、軍事専門家、核兵器研究室の内部告発者を含む200人以上の関係者が参加して開催された。World Uranium Weapons Conference 2003では、Dr. Jawad Al-Ali(イギリス)、「核のない未来賞」と10,000ユーロの賞金を受賞したDr. Souad Al-Azzawi(イラク)、Dr. Antonietta M. Gatti(イタリア)、John LaForge(米国)、Heike Schroeder(ドイツ)、Philip Steele(オーストラリア)、Dai Williams(イギリス)がプレゼンテーションを実施した。詳細情報はURL(http://www.uraniumweaponsconference.de)で知ることができる。世界銀行環境局(World Bank's Environment Department)は2003年11月に、地球環境保護プログラム(Global Environment Facility Program)の一環とした「気候の変化(Climate Change)」について、Science, Technology, and Public Policy Program Belfer Center for Science and International Affairs John F. Kennedy School of Government Harvard UniversityのDebyani GhoshとAmbuj Sagar、Biomass Energy Technology Applications TERI(The Energy and Resources Institute) and TERI School for Advanced StudiesのV. V. N. Kishoreが調査した「Scaling UP Biomass Gasifier use: Applications, Barriers and Interventions」をPDFで情報を公開した。詳細情報はURL(http://lnweb18.worldbank.org/ESSD/envext.nsf/46ByDocName/ClimateChange)で知ることができる。経済産業省は2004年1月29日に、2004年不公正貿易報告書「掲載検討案件リスト」し、公害・地球環境問題懇談会(公害・地球懇/JNEP)が提出したEUの「EuP指令案(エネルギー使用製品に対するエコデザイン要求設定枠組み指令案)」は結果的に他国の環境政策を妨害するため報告書不掲載、「REACH(化学品規制案)」は環境政策上画期的なものである上に、報告書に掲載することで結果的に他国の環境政策を妨害するため報告書不掲載、RoHS(電気電子機器中の特定有害物資の使用制限に関する指令)及び廃電池指令改定案リスト「WEEE(廃電気電子機器指令)」は報告書に掲載することで結果的に他国の環境政策を妨害するため報告書不掲載という意見を報告した。詳細情報はURL(http://www.meti.go.jp/feedback/data/i40129cj.html)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2004年3月4日に、EPAが2002年に受け入れた巨大非営利事業についてのレポート「Grants Management: EPA(Environmental Protection Agency) Actions Taken Against Nonprofit Grant Recipients in 2002. GAO-04-383R」を公開した。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-04-383R)で知ることができる。外務省は2004年8月2日に、架空の国家間の係争を題材とする模擬法廷で、国内予選で上位に入賞した日本人学生チームと、アジア諸国から来日する学生のチームが、それぞれ原告、被告に扮し、弁論を行う国際法模擬裁判「2004年アジア・カップ」を2004年8月28日と29日に開催すると発表した。詳細情報はURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/event/2004asia_cup.html)または、URL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/16/rls_0818a.html)で知ることができる。第10回Royal Highness' Business and the Environment Programmeでイギリスのブレア首相(British Prime Minister Tony Blair)は地球温暖化問題に触れ、「the world's greatest environmental challenge,(世界で最も大きな環境への挑戦)」と表現した講演を行った。全文はURL(http://politics.guardian.co.uk/green/story/0,9061,1305030,00.html)で知ることができる。この地球温暖化の始まりは、18世紀の終わりにイギリスで起こった産業革命であり、21世紀になって産業革命の反省をイギリスの首相が講演ではなしたことは注目できるが、現在起こっている電子産業革命の反省は、まさか23世紀まで持ち越されないことを期待したい。外務省は2004年9月15日に、国際法模擬裁判「2004年アジア・カップ」結果と概要を公開した。詳細情報はURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/event/asiacup_kg.html)で知ることができる。外務省は2004年9月22日に、「気候変動に対する更なる行動」に関する非公式会合の概要と評価を公開した。詳細情報はURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/kiko/hk040915_gh.html)で知ることができる。Worldwatchは「World Watch Magazine: March/ April 2003」で、気象変動に関する政府間パネルとして「Long-Range Forecast」、米国地理学協会の地図製作者と連携した、中央アメリカの自然エリア保護に関する「Mapping Diversity」を公開した。詳細情報はURL(http://www.worldwatch.org/pubs/mag/2003/162)で知ることができる。2004年6月に行なわれたテストから、欧州連合に加盟する13カ国の14大臣の血液は、数10年前に禁止された多数の産業化学薬品で汚染されいたことが判明した。WWFによって2004年10月19日火曜にリリースされた情報によれば、彼らの血液は平均37の産業化学薬品を保有してした。詳細情報はURL(http://www.panda.org/campaign/detox/news_publications/news.cfm?uNewsID=15893)または、URL(http://www.panda.org/downloads/toxics/badbloodoctober2004.pdf)で知ることができる。ENS World Newsは2004年11月23日に、オーストラリアの研究者、環境機関、全国産業協会などが、過去の開発で廃棄された有害物質の排除と清掃を訴えて、オーストラリア産業、と安全で健康な環境の生成を開発するための構想を求めて調査した結果、有害物質が廃棄された地域は10万カ所に上ったと報告した。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/index.asp)で知ることができる。ビジネス白書シリーズを発刊している日本ビジネス開発は、2004年11月26日に「環境ビジネス白書2004年版」を発刊し、3万9900円 で発売した。詳細情報はURL(http://www.jbd-corp.co.jp/)で知ることができる。外務省は2005年5月10日に、地球規模問題に関する意識調査を公開した。詳細情報はURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/i_chosa.html)で知ることができる。外務省は、2005年8月22日、23日に、三田共用会議所で国際法模擬裁判「2005年アジア・カップ」を主催すると報告した。詳細情報はURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/17/rls_0801b.html)で知ることができる。外務省は2005年9月5日に、国際法模擬裁判「2005年アジア・カップ」結果と概要を公開した。詳細情報はURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/event/asiacup_2005kg.html)で知ることができる。外務省は2005年11月9日に、ロンドンで2005年10月31日及び11月1日に開催された「気候変動、クリーンエネルギー及び持続可能な開発に関する対話」について結果概要を公開した。詳細情報はURL(http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/kiko/kc_0511.html)で知ることができる。ENS(Environment News Service) World Newsは2005年12月9日に、WHO(the World Health Organization)が「Ecosystems and Human Well-being: Health Synthesis」を公開し、地球の地球生態系で生命を維持するために提供する淡水、清浄な空気、たくさんの野生生物、および比較的安定した気候は 60%に低下しているとレポートしていると報告した。WHOのディレクターDr. Lee Jong-wookは「過去50年間、人間は人間の歴史のどんな匹敵する期間よりもさらに急速に手広く自然生態系を変えている。(ver the past 50 years, humans have changed natural ecosystems more rapidly and extensively than in any comparable period in human history)」と報告している。また、レポート制作に参加したインドのPurdue Universityのthe Department of Agricultural and Biological Engineering助教授Dr. Carlos Corvalanは、科学者が人間の健康への生態系退行の有害な結果が既に感じられていて、次の50年間でさらに悪くなるかもしれないと警告している。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/ens/dec2005/2005-12-09-02.asp)または、URL(http://www.who.int/globalchange/ecosystems/ecosystems05/en/)で知ることができる。ENS(Environment News Service) World Newsは2006年1月23日に、国連によって任命された世界の19の国からの約1,360人の科学者と専門家により、4年以上の研究成果として、「Millennium Ecosystem Assessment(ミレニアム生態系査定)」の「Living Beyond Our Means」が公開され、世界の生態系の最初の主要なグローバル査定は、人間がどう地球の人生を可能にする生態系を誤用するかに関する厳格な警告の中に人類の楽観的な見解を提供したと報告した。ウィスコンシン大学(University of Wisconsin)の湖沼学(limnology)の教授で研究者、「Millennium Ecosystem Assessment」の「Living Beyond Our Means」巻頭コメントの著者Steve Carpenterは、「安定したグローバルな衰退に似ているものにもかかわらず、これは希望の話です。私たちには、必要とするツールがあり、政治意志があるなら、私たちには、世界的規模でそれらを実行する能力がある。(Despite what looks like steady global decline, this is a story of hope, We have the tools we need. If we have the political will, we have the ability to implement them on a global scale.)」と解説している。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/ens/jan2006/2006-01-23-10.asp)で知ることができる。「Millennium Ecosystem Assessment」はURL(http://www.millenniumassessment.org/en/index.aspx)にある。ENS(Environment News Service) World Newsは2006年11月30日に、The Center for American Progressとthe Center for Progressive Reformが公開した大気汚染レポート「Paper Tigers and Killer Air: How Weak Enforcement Leaves Communities Vulnerable to Smog.(張り子の虎と殺人者:弱い実施はどう共同体をスモッグに傷つきやすい状態にしているか)」を紹介し、あまりに多くの大気汚染者、あまりにわずかな検査官について報告し、米国の大気汚染ワースト・トップ10の州を発表した。ニュージャージー州では、あらゆる地域がオゾン汚染の連邦規格、スモッグの主要な成分を満たしていない。カリフォルニア州では、94%の地域で規格を満たしていない。ペンシルバニア州では、居住者の8%がオゾン汚染の連邦規格を満たさない地域で生活している。ニューヨーカー州では、85%が危険なレベルのスモッグを吸い込んでいる。the Center for Progressive Reformのメンバーで、メリーランド大学の法学部教授(a law professor at the University of Maryland)Rena Steinzorは、「オゾン汚染のことになると、巡査は逃げ出す。励行されない法は尊敬されません。」といっている。大気汚染ワースト・トップ10(In 10 of America's most populous states)
California(カリフォルニア州)
Georgia(ジョージア州)
Illinois(イリノイ州)
Michigan(ミシガン州)
New Jersey(ニュージャージー州)
New York(ニューヨーク州)
North Carolina(ノースカロライナ州)
Ohio(オハイオ州)
Pennsylvania(ペンシルバニア州)
Texas(テキサス州)
オゾン汚染を放つ場所が15万8000以上あるのに、検査官は1,100人未満で、一人で平均は145の認可工場を点検するのに責任がある。テキサス州では、検査官一人あたり352の認可工場を点検する責任があり、カリフォルニアでは、検査官一人あたり166の認可工場を点検する責任がある。にもかかわらず、ブッシュ大統領(President Bush)は2007の予算US$1億7270万の中にある当座予算からUS$1560万の削減をを求めている。大気汚染は、呼吸困難、心臓病、肺病、癌の悪化、および死に直結することが明らかになっている。これは、米国民に対するブッシュ大統領の殺人テロ行為といえる。詳細情報はURL(http://www.ens-newswire.com/ens/nov2006/2006-11-30-04.asp)または、URL(http://www.americanprogress.org/issues/2006/11/paper_tigers.html)で知ることができる。米国のGAO(General Accounting Office/米国連邦会計監査院)は2007年7月27日に、チェルノブイリ原子炉への保護工事スケジュールが大幅に遅れていることを報告したレポート「Nuclear Safety: Construction of the Protective Shelter for the Chernobyl Nuclear Reactor Faces Schedule Delays, Potential Cost Increases, and Technical Uncertainties. GAO-07-923」を公開した。チェルノブイリ原子炉のシェルター工事はほぼ終わったが、新しいシェルター工事は7年遅れていると報告した。過去2、3年間にわたって、工事契約が成立しないことが遅れている主な理由で、工事契約の不成立は、ウクライナとEBRD(European Bank for Reconstruction and Development/欧州開発銀行)で発生している不一致が生んだ結果だと報告している。チェルノブイリ原子力発電所ディレクターは2006年後半に、契約問題が解決されるまでプロジェクトへの少しの追加貢献もするべきでないとGAOに言った。また、さらに、新しいシェルター工事に関連して、技術的な不明確なことが、計画にずれを発生させ、さらにプロジェクトを遅らせると脅かしている。現在、チェルノブイリの「Shelter Project」を完成する予算はUS$12億で、より高い費用見積りは、特に労働と材料の価格を徐々に拡大している。また、放射性原子炉燃料の取り外しを含むようにプロジェクトの範囲を広げなどなど、他の多くの要素がさらにコストを上げるかもしれないと予測している。米国は、プロジェクトのためにUS$2億300万ドルを誓約したが、現在の委任を満たすためにまだUS$4900万を提供しなければならなくなったと報告している。さらに、米国がいくつかのドナー政府が提供資金を持っていないかもしれないか、またはもう追加基金を提供することを望まないかもしれないため、誓約されたUS$2億300万ドルを超えて資金を出すようにおそらく要求されるとも予測している。詳細情報はURL(http://www.gao.gov/cgi-bin/getrpt?GAO-07-923)で知ることができる。
MarketingChartsは2008年11月18日に、MarketTools, Inc.による「米国の経済と自然志向製品レポート」を紹介し、米国人の58%は、経済が低い点に達したと感じ、約半分の47%が、しばらく今後も滞在すると感じていると報告した。
ほとんどすべてがレストランでの美食への情け深い貢献から支出削減をうながし、製品の手入れをして、消費者としての大きいフリーク・ファイター/戦場のダーティ・ヒーローが自然に優しい食品を減らして、やり過ごそうとしている。詳細情報はURL(http://www.marketingcharts.com/topics/behavioral-marketing/restaurants-green-products-big-losers-as-pessimistic-consumers-cut-back-6868/)または、URL(http://www.markettools.com/pdfs/press_releases/release_20081113.pdf)で知ることができる。

[自然環境フォーラム an online NGOのテーマ一覧]
「気候変動(地球温暖化)」
「オゾン層破壊と特定フロン」
「海洋生態系および漁業問題」
「クジラをめぐる問題」
「グリーンピースのこと」
「森林破壊や紙の大量消費」
「水辺や湿地の保全と水問題」
「環境にやさしい生活」
「生物の管理 生態  系破壊と増減」
「企業活動と環境(ISO14000ほか)」
「有害化学物質による環境汚染」
「社会の制度/一般」
「社会の制度/自然の権利訴訟」
「原子力・核問題」
「省エネルギーと代替エネルギー」
「持続可能な社会の実現」
「第三世界の環境問題とわたしたち」
「ゴミ問題とリサイクル」
「農業と畜産」
「自然保護の運動論」
「環境と交通」
「環境と観光」
「環境教育」
「雨の酸性化(酸性雨)」
「電磁波の問題」
「人口問題」
「光害と星見」
「開発問題(一般)」
「農林水産省の公共事業」
「九州和白干潟開発計画」
「愛知万博と海上の森」
「名古屋藤前干潟」
「徳島吉野川可動堰計画」
「細川内ダムとダム日記」
「小笠原空港計画」
「北海道の開発(千歳川他)」
「九州川辺川ダム計画」
「奥只見電源開発」
「長良川河口堰」
「豪州ウラン開発ジャビルカ」
「足羽川ダム計画」
「呉羽丘陵開発計画」
「静岡空港計画」
「辰巳ダム計画」
「沖縄の開発(ヘリ基地含む)」
「神奈川相模大堰」
「岐阜徳山ダム建設計画」
「兵庫大阪武庫川ダム計画」
「メディアウォッチ(テレビ・雑誌など本以外)」
「メディアウォッチ(本の紹介と書評)」
「その他」

[自然環境フォーラム an online NGOの情報提供団体等一覧(情報提供が止ってしまっている団体を含みます)]
「アフリカゾウ国際保護基金日本支部 AEF-J」
「岩倉ナチュラリストクラブ」
「エコハウス」
「オオセッカ村」
「小笠原の航空路を考える会」
「小笠原ネイチャーフォーラム」
「沖縄珊瑚礁環境ネット」
「オランウータン基金」
「カカポ基金」
「柿田川みどりのトラスト」
「川辺川を守る県民の会」
「「環境・持続社会」研究センターJACSES」
「環境情報ネットワーク」
「財団法人・環境情報普及センター」
「環境庁」「気候フォーラム」
「郡上八幡清流カレッジ」
「クリーン・オーシャン・パーソンズ」
「グリーンクロスジャパン」
「グリーンピース・ジャパン」
「兼六園・辰巳用水/ダム建設を阻止する会」
「公園のクロムを考える会」
「公害・地球環境問題懇談会」
「国際動物福祉基金IFAW」
「相模川キャンプインシンポジウム」
「サラワク・キャンペーン委員会」
「市民コンピュータコミュニケーション研究会」
「市民フォーラム2001」
「ジャパンエコロジーセンター」
「週刊「エネルギーと環境」
「世界自然保護基金日本委員会WWFJ」
「第二京阪国道関連2団体」
「日本チェルノブイリ連体基金」
「地球の友・日本FOEJ」
「釣り糸から野鳥を守る会」
「東京動物園協会」
「徳山ダム建設中止を求める会」
「富山大学環境講座ネットワーク」
「長崎の自然と文化を守る会」
「長良川河口堰建設に反対する会」
「長良川源流クラブ」
「日本自然保護協会NACS-J」
「日本鳥類保護連盟」
「日本ヒマラヤン・アドベンチャー・トラストHAT-J」
「日本野鳥の会」
「熱帯林行動ネットワークJATAN」
「ノーニュークス・アジアフォーラム」
「ノーニュークスプラザたんぽぽ舎」
「緑の地球ネットワーク GEN」
「みどりネット/福井県環境情報ネットワーク」
「水俣・東京展実行委員会」
「未来バンク事業組合」
「野生動物救護獣医師協会 WRV」
「ラブ・グリーン・ネパール」
「和白干潟を守る会」

●NASAの地球大気変化の情報があるURL(http://www.giss.nasa.gov/research/intro/hansen.05/)
●NASAの地球大気汚染情報があるURL(http://earthobservatory.nasa.gov/Study/Pollution/)
●米国のGarbage(ゴミ)のページのURL(http://www.learner.org/exhibits/garbage/intro.html)


チェルノブイリ原発事故直後の衛星写真(提供/RESTEC)
世界と日本の年平均地上気温の変化(1880〜1998年)
1850年からの大気の変化
米国東海岸の公害状況
OpenDXを利用した3Dオゾン層研究画面
3D化のためのデータ思想-1
3D化のためのデータ思想-2
1987年のオゾン基礎データ
オゾン基礎データのカラー・データ
オゾン基礎データカラー3D化
極地平面地図データの立体化
地球全体に覆い被したオゾン基礎3Dデータ
地球の温度差データ
地球全体を覆った温度差データ
地球を覆うガス情報
地球全体から見たガスの状況
南極のガスの状況3D画像
極地成層圏の気流の流れ
アジアのインターネット利用環境
アジアのインターネット・ジャンキー
2000年9月のアジアe-commerce環境
1999年12月から2000年11月までのTRMMがとらえた地球のRainfall
NetValueが2000年12月15日に発表したアジアのインターネット状況
1926〜1927年頃のネパールKathmanduの地図
WWFの地球環境地図Global 200 Ecoregions
Kyoto Protocolの環境庁翻訳
地球温暖化防止京都会議(UNPCCC COP3)の会場-1
地球温暖化防止京都会議(UNPCCC COP3)の会場-2
地球温暖化防止京都会議(UNPCCC COP3)の切手
米国エネルギー省が公表しているmap of cyberspace
米国エネルギー省が公表しているmap of the ecology of cyberspace
米国エネルギー省が公表しているmap of industrial power
米国エネルギー省が公表しているmap of democratic power
米国の2001年エネルギー白書(US National Energy Policy May 2001)
総合資源エネルギー調査会原子力安全・保安部会廃止措置安全小委員会報告書(案)
MSNBCが2001年6月に調査したオンライン上で有害といわれるサイトへの反応
経団連が2001年9月19日に公開した「地球温暖化問題へのわが国の対応について」
1948年と1997年のオゾン層の比較-1
1948年と1997年のオゾン層の比較-2
2000年2月1日から5月30日までのオゾン層アニメーション
e-Learningとして利用されているツールや状況
外務省が2001年10月の米国紙からまとめた米国の原子力事情
GAOが2001年12月12日に公開したNNSA報告
GAOが2001年11月27日に公開したNASAのアーカイブ構築プラン
NASAが公開した2001年9月11日のフロリダ沖のトルネイド
農家のパソコン・インターネット利用状況アンケート結果
Global Warmingの巻頭ページ
CyberAtlasが提供している世界の人口と電子マーケット情報
1860〜2000年までの地球環境変化Summary for Policymakers
アフリカの情報会議 Bamako 2002 Conferenceの内容
GAOが2002年7月3日に公開したNNSAのレポート
外務省の経済協力局
外務省の日本NGO支援無償資金協力の概要
外務省の日本NGO支援無償資金協力
The Coevolution of NGOs and Interactive Technology
2003年1月9日に発表された米国の自然エネルギーに関する資料
米国農務省が公開した2000〜2002年の農業報告書
GAOが2003年5月13日に公開した原子力非拡散物質処理レポート
GAOが公開した、これからの農業に必要な規制に関する調査報告書
GAOが公開した、農業の調査レポート
GAOが公開した、五大湖周辺で必要な環境規制調査報告書
海洋環境とタンカーの安全G8行動計画
森林資源現況調査結果の概要について(速報値)
森林資源現況調査結果の概要について(速報値)資料
Parks AssociatesのTrends in Residential Energy Management白書
Parks AssociatesのPutting Consumer Research to Work白書
GAOが2003年9月25日に公開したる地球規模の巨大環境規制管理システム
World Uranium Weapons Conference 2003のロゴ
World Uranium Weapons Conference 2003のポスター
World Uranium Weapons Conference 2003のリーフレット
World Uranium Weapons Conference 2003の内容案内
World Uranium Weapons Conference 2003の概要
World Uranium Weapons Conference 2003が開催された場所
World Uranium Weapons Conference 2003のプレス発表-1
Dr. Jawad Al-Aliのプレゼンテーション資料
Dr. Souad Al-Azzawiのプレゼンテーション資料
Dr. Antonietta M. Gattiのプレゼンテーション資料
John LaForgeのプレゼンテーション資料
Heike Schroederのプレゼンテーション資料
Philip Steeleのプレゼンテーション資料
Dai Williamsのプレゼンテーション資料
世界銀行環境局が公開した気象変化調査レポート
EPAが2002年に受け入れた巨大非営利事業についてのレポート
Illustrirte Zeitung1855年11月3日に掲載されたミュンヘン工業博覧会会場で開催された第1回南ドイツ音楽祭
Illustrirte Zeitung1855年11月3日に掲載されたパリ工業博覧会を訪ねたナポレオン皇太子
Illustrirte Zeitung1855年5月16日に掲載されたパリの水晶宮
国際法模擬裁判「2004年アジア・カップ」開催報告
国際法模擬裁判「2004年アジア・カップ」結果と概要
「気候変動に対する更なる行動」に関する非公式会合の概要と評価
Worldwatchが公開した気象変動に関する政府間パネル
Worldwatchが公開した米国地理学協会の地図製作者と連携した、中米自然エリア保護
Worldwatchの20周年記念版「State of the World 2003」
WWFが2004年10月19日に公開した、欧州連合職員産業化学薬品汚染レポート
Illustrirte Zeitung1856年1月26日に掲載された化学者Justus von Liebig
ミュンヘンのJustus von Liebig研究所
Justus von Liebigの階段教室
Illustrirte Zeitung1856年6月28日に公開されたパリ工業博覧会
外務省が2005年5月10日に公開した、地球規模問題に関する意識調査
外務省が2005年8月1日に公開した国際法模擬裁判「2005年アジア・カップ」開催情報
外務省が2005年9月5日に公開した、国際法模擬裁判「2005年アジア・カップ」結果と概要
気候変動、クリーンエネルギー及び持続可能な開発に関する対話」について結果概要
Ecosystems and Human Well-being: Health Synthesis
「Millennium Ecosystem Assessment」の「Living Beyond Our Means」
Paper Tigers and Killer Air
GAOが2007年7月27日に公開した、チェルノブイリ工事、大幅な遅れの理由と現状
MarketTools, Inc.による「米国の経済と自然志向製品レポート」

地球科学関連のURL
NTT自然とマルチメディア
世界無線化計画
AiR
学習環境デザイン研究工房
APC
JCA-NET
マイクロソフトの小、中、高校向けプラン
高校生の窓
TRAC
マルチメディアの教育活用研修会
マルチメディア人材・教育センター
マルチメディア教育
ネットパス
子どもの権利宣言
経済活動の電子化による環境負荷低効果に関する調査会
教員向けのインターネット教育番組
教育用コンピュータ新整備計画
教育ミシュラン
教育分野におけるインターネットの活用促進に関する懇親会
教育とコンピュータ利用研究会
教育総合展
韓国のサイバー教育奨学金制度
Hatch
Global Warming
Antenna
農業、漁業、畜産、園芸に関連のURL
「インターネット地球環境基金」構想
スカベンジャー
空想家電
ネイチャー・ネットワーク構想
MSDS
PRTR
龍馬ストーリー作成プロジェクト
環境エンリッチメント
エコロンピック
Coke credits
学内通信ネットワーク
OpenDX
自然エネルギー推進市民フォーラム
農業、漁業、畜産、園芸に関連のURL
「インターネット地球環境基金」構想
スカベンジャー
空想家電
ネイチャー・ネットワーク構想
MSDS
PRTR
龍馬ストーリー作成プロジェクト
環境エンリッチメント
エコロンピック
Coke credits
学内通信ネットワーク
OpenDX
ネイチャー・インタフェーサ
エコロンピック
空想家電
龍馬ストーリー作成プロジェクト
ネイチャー・ネットワーク構想
PRTR
MSDS
ゼロエミッション
環境エンリッチメント
Dial-a-Coke
AgXML
Kyoto Protocol
ネット文化
e-learning
特定交通情報提供事業
森林火災情報システム
PowerMizer
ブログ
EARTHDAY
循環型社会
リニモ
地球温暖化問題
地球温暖化問題/2004年
地球温暖化問題/2005年
地球温暖化問題/2006年
地球温暖化問題/2007年
地球温暖化問題に関するURL
GEF(Global Environment Facility)
IFAD(International Fund for Agricultural Development)
エントロピー
情報エントロピー
OPEC(Organization of Petroleum Exporting Countries)
CATaC(Cultural Attitudes towards Technology and Communications)
SB(Senate Bill) 20
拡大生産者責任
UNEP(United Nations Environment Programme)
資源有効利用促進法
「e-むらづくり計画」
3R(Reduce, Reuse, Recycle)
リデュース・リユース・リサイクル推進月間
Digital Cultural Institutions Project
CyberTracker
ESMF(Earth System Modeling Facility)
ESMF(Earth System Modeling Facility)
エコ・エコノミー
This World: One Day of War
100万人のキャンドルナイト
MTCR(Missile Technology Control Regime)
WEEE(Waste of Electrical and Electronic Equipment) law
炭素万博 2005
CCB Standards
COOL BIZ
エコロジカル・フットプリント
REACH規則案
ディープスロート
ロハス
ITスカベンジャー
メディア・スカベンジャー
世界終末時計
冷害予測システム